販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

「花活」シンポジウム

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

国産花きイノベーション推進事業に広島でも取り組んで4年目。
先般も開催をご紹介していたこの事業内で継続している「花活」シンポジウム。
花の効用を少しでも多くの人にお知らせする機会として続けてきています。

IMG_6537これまでは、年度の初めにシンポジウムを開催していたのですが、
今年は年度の終盤、今年度の事業が終了してその報告も兼ねて
1月24日にメルパルク広島で開催いたしました。

毎年継続してきた教育施設や福祉施設での「花活」講習会。
今年は竹原市的場会さまの施設で、補助事業での講習会だけでなく
花活講習会のプログラムが有効かどうかを測るために
一回きりの講習ではなく継続して実施し、その効果を測るという
事業をされました。
IMG_6557歳を重ねれば、程度の差はありますが、認知機能が衰えてきます。
だれもが出来るだけ身体も頭も出来るだけ長く健康でいたいものです。
シンポジウムでは、基調講演の他に
花を使ったアレンジメントが認知機能を保ったり、
衰えたものが改善したりする期待がもてるかどうかを検査したこの事業の発表もかねて
パネルディスカッションも行われました。

IMG_6569

竹原市のこの取組は講習会実施の段階から新聞でも取り上げられていて
注目を浴びていたといっても良いかと思います。
シンポジウムを前に、その概要が新聞記事にも掲載され、ちょうど良い
告知にもなりました。
その記事のおかげで、一般の方からの問い合わせも多く、
新聞の持つ力もあらためて感じさせられた次第です。

この度は、ディスカッションの後の質疑応答がたいへん盛り上がりました。
フラワーアレンジメント法という吸水スポンジに印をつけて、
それをガイドにアレンジメントを作るという手法を使って、
講習会を実施しているのですが、それに対して、

「単調で飽きてしまう」という言う意見も出れば、
「健常だからそうかもしれないが、認知症が進んだ人にとっては、
毎回が新鮮でそれが楽しいトレーニングになっている。」・・・とか
「この事業で終わりにせず、継続できるシステムを構築していくべき」
「花屋さんの理解と関わりが必要」・・・など、
これまでに無い意見がたくさん出ました。
継続してきた成果がみなさんに認知され、イベントではなく日常に、
嗜好品ではなく必需品に・・・花や緑がなっていくことで
需要に繋がっていくことを願って、地道にこの事業を続けていかなければ・・・と
一層感じた今回のシンポジウムでした。

この花活シンポジウムの様子を大田花き花の生活研究所のブログ
花研コーヒーブレイクでも紹介いただきました。

⇒ その記事はこちら

IMG_6597

2018年2月2日

広島ブログ

広島県ラン展 今年も開催されます♪

H30ポスター

新年の恒例の花やみどりの催し・・・「広島県ラン展」。

今年は35回目の開催となります。

会場はいつものように福屋広島駅前店、8階大催し物会場。

会場いっぱいのランで皆様をお迎えします。

ご来場をお待ちしております。

2018年1月21日

広島ブログ

「花活」シンポジウム2018開催のお知らせ

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

広島花きイノベーション事業推進協議会では、
今年度も「花活」シンポジウムを開催いたします。(参加費:無料)
花や緑に触れたり、フラワーアレンジメントをすることによる
「脳の活性化」機能に着目し、医療・福祉へ活用していくことを提案しています。

植物とヒトとのつきあいは、人類が誕生して以来のもの。
植物とヒトとは、切っても切れない関係にあります。
ヒトとしてこの地球上に誕生したときから現在までの長さを100とすると
人間社会の都市化の中の生活の長さは、100のうちの0.1にも満たないとか。。。
それだけ自然との、植物とのつながりは長いのです。

ここで、あらためて植物と人間とのつながりを
花と緑が人間にもたらす効果を考えてみませんか?

参加ご希望の方は、広島市中央卸売市場中央市場花き部 株式会社花満 内
広島花きイノベーション事業推進協議会事務局(担当:和田・中村) まで
ご一報下さい。
TEL 082-279-2611 FAX 082-279-5429
「花活シンポジウム参加希望」と氏名・ご住所・ご連絡先をお伝え願います。
なお、懇親会参加希望の方は、会費が別途必要です。

花活シンポジウム2017チラシ

2018年1月11日

広島ブログ

2018年 明けましておめでとうございます。~双葉園~

明けましておめでとうございます。
岩国の花屋 双葉園です。

皆様良いお正月を過ごされましたか?
当店では、毎年、干支のアレンジメントを制作しておりますが、
今年も平田支店のスタッフが、画面のワンちゃんを考えてくれました。

100匹限定販売でございましたが、
お客様にとても好評で、早々に完売でございました。

26055784_1398565510242260_5369809342441021612_n IMG_6309

IMG_6314  IMG_6313

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年1月8日

広島ブログ

2018年、新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます♪
花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

2018年、平成30年のお正月はいかがでしたか?
広島はとても穏やかな、比較的暖かい三箇日ではなかったかと思います。
今年は「平成」の丸一年ある最後の年。
次の年には元号が変わります。
区切りの年ですね。

広島市中央卸売市場では、今年の取引が始まりましたよ。

IMG_6254 1月4日 切り花初市
各売り場の前にはお重ねのお餅がありますね。
IMG_6259 取引が始まる前、市場長のご挨拶。
その後、業界関係者のあいさつがあり、取引が始まりました。

IMG_6279 IMG_6280
一番最初に販売する商品と一緒にお餅もつきます。
最初の商品にはお餅もつくので、セリに参加するお花屋さんはご祝儀相場で競り落とします。
次の日1月5日は切り花に続いて鉢物の初市。
IMG_6283
お餅の下に書いてある「寿」という字。
当日販売担当セリ人が書きます。
IMG_6296

広島市中央卸売市場の初市は、1月5日と決まっているのですが、
今年、花き部は、一足早く初市を行いました。
市場全部の部が取引が始まった1月5日には、
中央市場の関係者が集まって新年互礼会も行われました。
IMG_6303

市場で営業する業者代表して市場連合会長のごあいさつ。

IMG_6304

市場の開設者である広島市を代表して広島市長のごあいさつ。
広島市とその周辺地域に生鮮品を供給する役割をあらためて認識して
広島の市場は動き始めました。

2018年1月7日

広島ブログ

2017年大晦日

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

今日は12月31日、大晦日。
今年のお仕事も終了し、テレビでは今。。。紅白歌合戦。
今年もいよいよ終わります。
来年は2018年。。。平成のまるまる一年ある最後の年。。。ってことが
もう既に決まっていますね。
ひと区切りの年をこれから迎えると言ってもいいでしょうね。

皆様、今年はどんな年でしたか?
来年はどんな年にしたいですか?

IMG_6139

この前の記事でも紹介しましたが、これが広島西部地区のしめ飾りです。
今はデザインされたおしゃれなしめ飾りというかリースと言ってもいいような
しめ飾りがたくさんありますが、各地域にはその土地独特な
新しい年に向けての祈りが込められたしめ飾りがあります。
そして、門松。歳神様をお迎えする目印となるよう各家々の前に飾られていましたが、
最近は住宅事情もあり、門松が描かれた印刷物。。。残念ですが。。。
でも、門松にも歳神様の依り代というだけでなく、これから来る年が
幸多い年になるようにと言う願いが込められた日本人の深い思いのこもった
すばらしい文化の一つです。
IMG_6225 広島の花市場の門松。
若松ではなく、老松を使います。

IMG_6195 お正月には定番のお花だったり、

IMG_6161 IMG_6164
春の香りいっぱいの草花など、お部屋に飾って
新年を迎える準備をされたご家庭も多いことでしょう。

花を飾って迎える新年。。。その続きも花のある暮らしを続けませんか?
きっと季節の花々は幸運を運んできてくれるはずです。

2018年が平和で美しい年でありますように。
皆様良いお年をお迎えください。

2017年12月31日

広島ブログ

お正月を前に、縁起の良い植物いろいろ

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪
今年も残すところあと一週間とすこし。
今週末はクリスマスを楽しんだら、いよいよ年末ですね。
前回の記事で、お正月用の商品、松、千両のお話しをしましたが、
その他にもこれから来る年が、幸多き一年となるよう
願いを込めて飾る縁起の良いとされる植物は他にもたくさんあります。

IMG_5614 (1) 門松。
家の前の門松の松を目印に
歳神様がおりてこられると言うことから
以前は各家々の入り口に門松が多く飾られていました。
最近では各家の前では見なくなりましたが、
印刷物で配布されるお正月の飾り。。。
家の入り口に貼り付けているおうちもたくさんあります。
これには必ず松が描かれていますよね。
松だけでもいいので、本物を飾って
歳神様をお迎えしたいものです。
他にも縁起の良いとされる植物。。。松と来れば次は。。。
IMG_6058 竹
IMG_6060 梅

松竹梅♪ 鉢植えの盆栽もあります。
IMG_5610

他に縁起の良い植物は・・・

IMG_6059 南天
難を転じて福となす。
IMG_6070 ゆずりは
広島県西部では、譲り葉の葉っぱをしめ飾り(輪飾り)の飾りにも使います。
親から子へ、子から孫へ譲って活けるように。。。という思いを込めて。
松とヤブコウジをユズリハの葉で撒いたものが
↓ これです。
IMG_6076
これを。。。輪飾りの三連の輪と角の間に飾って。。。
IMG_6127 (1)
これ(↑)が広島の・・・というか、安芸地域の輪飾りです。
松は神様の依り代、ヤブコウジは「お金に困らないように」との
願いをこめて。
裏白(しだ)は裏の白い方を表にして、
白髪が生えるまで長生きできるようにとの願いを込め、
三連の輪は「親・子・孫」を表し、
その間に橙の実を飾り付けて、代々子孫が繁栄するようにと願うのです。

皆様の地域では、また違った形のしめ飾り(輪飾り)がある事と思います。

新しい年の幸せを願って思いが込められているものに違いありません。

2017年12月23日

広島ブログ

新年を迎える準備 千両・松特別市

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

この冬はラニーニャ現象が起こっているとか。。。
ラニーニャ現象・・・赤道近辺の海水温が低くなっている影響で
日本付近を通る偏西風のルートがかわって
寒気がぐぐっと南の方に下がってくるんだそうですね。
おかげで、今年の冬は寒い。。。らしい。
今のところそれはぴたっと的中だと思わざるを得ないこの頃。
来週12月最終週も一段と冷えるとか。。。?
皆様ご自愛いただいて、忙しい年末を乗り越えて下さい。

さて、全国の花市場ではお正月用の特別商品といってもいい
松、千両などの特別市はこの時期すでに終了しています。
え?こんな時期にお正月用品目が終了・・・?って思われるでしょうね。

お正月用品の松のセリは、12月の前半に。。。
赤い実の付いている(黄色意味もありますが)千両は12月の半ばまでには
終わるんですよ。
まず、広島の松市に出荷された松です♪
IMG_5880 IMG_5874 IMG_5887 IMG_5897

 

 

IMG_5885 IMG_5894

若松の他にも老松、五葉松、大王松、値引き松・・・そして、幸来松などなど・・・
年が明けたらその年の歳神様がおりてくる依り代と言われるがいろいろ勢揃いです。
用途、飾り方によっていろんな松があります。

セリの様子を少し。。。

IMG_5905 人の身長よりもずっと大きな松!!

IMG_5901 広島 地元の松 幸せが来る松「幸来松」。いい名前でしょ♪

IMG_5909 若松のセリです!
松をお正月に飾るのは、松が神様の依り代だと言われているからです。
その年の歳神様が、松を目印に天からおりてこられるのだとか。
新しい年を神様をお迎えしてお祝いし、その年の家内安全や繁栄、
商売であれば繁盛を願います。
松の内が過ぎて、とんどなどの催しがあると思いますが、
そこでお正月飾りを燃やし、その煙と共に神様は天に帰られる。。。と聞きました。
地域によってもいろんな風習や言い伝えもあるでしょうね。

週が明けて、千両市がありました。
今年の千両の生産者さんにはたいへんな苦労があったんです。
千両の大産地、茨城・千葉を台風場通過したために
煙害の被害がありました。
台風が通過した後、被害が出ないように生産者の皆様は努力されましたが、
全国一時期にある需要に応えるための畑全部に対応しようとすると
自然の猛威には。。。なかなか対処来ないという現実。
そんななか、出来るだけのことは生産者さんにはしていただいています。
皆様♪千両の葉先がちょっと茶色いのは台風のせいです。
しかし、今年の実付きはとてもいいようですよ。
自然の大いなる力には勝てませんから、今年はおゆるしいただければ幸いです。
IMG_5951 IMG_5955

これらは立派な千両です。

千両は、お正月の縁起物の植物。
「お金に困らないようにという願い」を込めて飾ります。
黄色い実の千両は、その年にご不幸があった家では赤い実が飾りにくいことから
黄実の千両を飾るとも聞きます。

お正月の飾りは、松、千両の他にもいろいろありますが、それぞれに願いを込めて飾るんですよ。
お正月飾りには思いがいっぱいです。

2017年12月20日

広島ブログ

12月12日 今日は何の日?

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪
今日・・・ものすごく寒い・・・というか、冷たい広島です。
皆様のお住まいの地域は、いかがですか?
昨日夕方から、白いものがチラチラ。。。
今朝起きたら真っ白か?と思いましたけど、
それはなかったのでホッとしましたが、とっても冷たい朝でした。
午後になっても気温は上がらず。。。そんな12月12日ですが。。。

タイトルをご覧下さい!!
「今日は何の日?」でしょう。

調べてみると、今日は「漢字の日」なんですね。
だから、今日、清水寺で「今年の漢字、一文字」が発表されるのですね。
今年の漢字は「北」だということです。
この文字のついた国にはらはらドキドキさせられたし、
これからも心配ですね。。。

でも、お花の業界的には漢字じゃないですよ。

今日は「ダズンローズディ」です。12本のバラの日。
ヨーロッパではダズンローズのブーケを恋人に贈る事で
幸せになれると言われています。
IMG_527112本の一つ一つに意味があるとされ、
「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」を
バラが象徴し、これらを全部まとめてあなたに誓います。。。ということだそうです。
欧米では12は聖なる数字とされています。
そういえば、イエス・キリストの弟子も12使徒ですね。
男性がプロポーズにダズンローズを女性に贈り、
12本のうちの一輪を男性の胸に挿すと、そのプロポーズを
受ける応えとされています。
このことが、ブートニアの本になったとも言われているそうです。
そして、男性のスーツやジャケットの左の下の襟にあるボタンホールのようなもの。。。
これはボタンホールじゃないですよ。
これの名前は「フラワーホール」。
これもダズンローズのプロポーズに由来するものだと言われています。

 

ちょっと現実に戻って、話は変わりますが、

今年の12月12日は。。。
広島の花市場は、今日が2017年の千両市でした。
お正月に飾る赤いきれいな実がたわわに付いている
縁起が良いとされている植物「千両」の特別市です。
IMG_5951 IMG_5955
黄色い実もあります。
こちらはご不幸があった家は赤い実は飾りにくいので黄色い実を飾るとも言われています。

今年はちょっと不安になる漢字の日になってしまったので、
お花つながりの日のうんちくで、気分をあげていきましょう♪

2017年12月12日

広島ブログ

TGC(東京ガールズコレクションinひろしま)の花装飾 Making~完成!!

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

テレビでもニュースで盛んに放映されていましたが、
去る12月9日、『東京ガールズコレクション』が初めて広島で開催されました。
地方で開催されるのは、福岡に続いて2カ所目。。。ということです。
東京に出向くか、テレビでしか見られない一大イベントが広島にやってきました!

このイベントの協賛者名が並ぶフラワーボードの装飾の話が、
突然(!)花き業界にお話しが舞い込みました。
取り組むことに決まったのは、本番2週間半前くらい。
急に降ってきた仕事に、せっかく広島での開催なのだから、
なんとか広島の花き業界で形にせねば・・・!と生産者にも声がけし、
バラを中心に草花を集め、
お花屋さんたちは、若手(花き商青年会)中心に集合をかけ、
業界のみなさん、生産者~花屋さんまで協力して取り組みました。

IMG_5776
フラワーボードのベースと集まった6000本もの花を前に
作業手順の打合せをし・・・取りかかりました。
IMG_5778
中心のTGCの文字が映えるようにハートのくりぬき部分は白で。
そして、左右と上・中・下段と担当を分けて取りかかりました。
IMG_5793
うまく下側の赤~ピンク~淡いピンク。。。のグラデーションになるよう
花の色を少し離れてチェックし、花を選び・・・
IMG_5804
一輪一輪ていねいにハートの周りの埋め尽くしていきます。
IMG_5810完成が近くなりました。。。
IMG_5818 IMG_5834
このフラワーボードの前で、記念写真を撮っていただくもう一つの小道具制作。。。
IMG_5823 細か~ぃ作業のすえ、
IMG_5861 バラとかすみ草で『TGC』
IMG_5867
周りの足下にもアレンジを。
そして、少し広島らしさを。。。折り鶴のオブジェ。
TGC広島 当日は、たくさんの人がこのフラワーボードの前で
記念写真を撮っていたとのこと。
人気イベントに、まさに”花を添えられた”でしょうか。
最後に。。。

IMG_5872
最後に制作スタッフ記念写真。
生産者の皆様も、ありがとうございました。こんな素敵なボードになりましたよ。
他にもご協力いただいた方、たくさんいらっしゃいます。
皆様、ありがとうございました。

2017年12月11日

広島ブログ

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方