販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

十五夜

月を観賞する習慣は、中国から伝わったようです。旧暦の8月15日の十五夜は特に『中秋の名月』ともよばれますが、中華文化圏では中秋節として盛大にお祝をし、月餅を食べながら月を愛でるそうです。日本ではススキをかざり、月見団子、里芋、栗などを盛って、お酒も供えて月を眺めました。十五夜の頃、里芋が収穫時期であることから芋名月とも言われます。また、十五夜の前を待宵(まつよい)、後を十六夜(いざよい)という言葉もあり、十五夜前後の月も愛でます。

お月見を言うときに『十五夜』と共に旧暦の9月15日の『十三夜』も含められることも多く、『十三夜』は、日本独自で、大豆、栗などを供えることから、豆名月とか栗名月とよぶこともあると言うことです。江戸時代には、十五夜と十三夜の両方の月をお祝いしないと片見月といって縁起がわるいとされたということ。・・・これは江戸時代、遊郭で有力な客を二度目の通いを確実に行なうための風習(十五夜に誘われた人は、十三夜にも来なければならないため)からきているようです。

今年(2010年)の『十五夜』は9月22日、そして、『十三夜』は10月20日です。ススキと季節の花を活けて、秋の作物をお供えしてお月見・・・自然に感謝する気持ちとともに、風情のあるゆったりとした夜を時にはすごしてはいかがですか?

2010年9月21日

広島ブログ

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方