販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

ゆりフェスタ

中村農園 ゆりフェスタ先々週,旧知の宇田さんから連絡があり,高知の中村農園で開催された「ゆりフェスタ2010」の視察に行きました。中村農園では,写真のように,オランダの育種業者が育成した数百の最新品種が一斉に開花しており,大きな衝撃を受けました。中でも,初めて見た覆輪の品種の斬新性に驚きました。・・・つづきは、「勝谷情報」で・・・写真もご覧いただけます。

2010年6月23日

広島ブログ

季の風(ときのかぜ)

トルコギキョウの品種の多くは,数輪の小花が硬い花梗の上にスプレイ状に咲きますが,「季の風」という品種は,カスミソウのように,しなやかな花梗に青色の小花が多く着生します。兄弟品種として,「季の風」よりも明るい花色の「季の明」があります。つづきは→こちらから

2010年4月30日

広島ブログ

ブラウンの話し

から10数年前のことであるが,福島県の友人(生産者)から花弁が厚くて緑色のトルコギキョウ(A)が届いた。触ると,プラスチックのようにカサカサと音を立てていた。このようなタイプのトルコギキョウはそれまでに見たことがなく,衝撃的であった。つづきは→こちらから

2009年12月11日

広島ブログ

別木さん再訪

勝谷デスクより新着情報届きました。 「ブラウン花色についてお話をする予定でしたが、9月初めに別木さんの新品種を勉強するために出雲へ出かけました。
皆さんにもお知らせしたいので、予定を変更して新品種を紹介します。・・・」続きは→こちらから

2009年10月16日

広島ブログ

ピンク色品種の改良

これまでに、覆輪品種(パステル)、逆覆輪(逆パステル)を紹介しました。今回は桃色単色品種について紹介します。桃色と一言で表現していますが、トルコギキョウの桃色品種の発色は単純でなく、その色合いの広がりと深さは表現が不可能なほどです。ここでも日本の文化に基づいた生産者の感性と育種技術の高さを見ることが出来ます。今回紹介しました八重の桃色品種は、これまでに私が出会った中では最高の品種です。もちろん、トルコギキョウ専門農家が育成した品種です。気品ある花形、明るい桃色、さらに透明感のある純白の八重品種を含めると、トルコギキョウは「切り花の新しい領域」の花きに発展したように感じます。 ??私事ですが、3月末で広島県職員を定年退職しました。4月から、広島市にあるIWAD環境福祉専門学校に勤務しております。新しく 農業ビジネスコースが設置されましたので、花きの担当教官として栽培技術を講義するとともに、学生と一緒に花を栽培して技術の習得を分かち合っています。??→勝谷情報はこちらから

2009年6月5日

広島ブログ

逆覆輪品種の出現

トルコギキョウの需要を爆発的に喚起した覆輪品種が出現した後に,国内では農家による品種育成の大競争が始まりました。表があれば裏がある。正があれば逆がある。このような例えがピッタリの品種が,ある日,高知県の育種の天才によって育成されました。それは,覆輪の逆タイプで「逆パス」と呼ばれる品種群であり,朝顔のような色合いです。地色が紫や桃色で弁先は白色となる品種ですが,シンプルだった地色の形が星形や縦長にへとバリエーションが増え,さらに花弁の先をフリンジ化させた質感のある品種へと発展しました。個人的には,何故かヒトデのイメージと重なるのです。→勝谷情報はこちらから

2009年2月24日

広島ブログ

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方