販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ【実施報告】

みなさま、こんにちは。9月も後半に入り10月も目の前です。

少し遅くなりましたが、今月初旬に農林水産省の次世代国産花き産業確立推進事業を活用して開催した「街にみどりをくらしに花を」in 紙屋町シャレオの様子をお伝えしたいと思います。
今年は、ご存知の通り、新型コロナウイルス感染拡大のため、開催すべきかどうかたいへん迷いましたが、皆様のご理解をいただいて、開催することができました。
やはりこのような時期ですので、以前のコロナウイルスの影響のなかった時期の人通りと比べると、少し寂しい紙屋町シャレオ中央広場周辺でした。しかし、それにもかかわらず、イベントを楽しんで帰っていただいた方はたくさんいらっしゃいました。

正直なところ、イベントを終えて2週間たつまでは、保健所などから連絡が入ったらどうしよう。。。というような不安を抱えていました。だけど、その時期も明け、何の連絡も入らなかったので、気分良くイベントの様子をお伝えする気分になりました!!

この記事では、まず、目玉イベントでした「広島の著名人によるいけばな展 with 高校生」と最初のオープニングイベント「広島ドラゴンフライズ」の谷口大智選手のトークショー、そして「サンフレッチェ広島」の森崎和幸C.R.M.と森崎浩司アンバサダーのトークショーを中心にご紹介しますね。

松井広島市長の作品

松井市長いけばな作品

ご自分で活けられたんですよ。

テレビ局の取材も入ってニュースにも流れました。

上仲広島県農林水産局長の作品

いけていらっしゃるところを激写するのを忘れてました。
(><;)
すごい!まとまってる!!と思って伺うと、以前、習っていらっしゃったとのこと。。。足元の枝は、広島県特産のレモンの切り枝です。
是非、作品に活けたいと持参されました。

サンフレッチェ広島 森崎和幸クラブリレーションズマネージャーの作品

昨年に続き、二回目のいけばな。

この日、サンフレッチェはアウェイ(札幌)で試合があったのですが、その試合の勝利を願いながら、その思いを込めていけていただきました。
3対1でサンフレッチェの勝利!・・・これが、オフィシャルフラワー「ムーンダスト」が3本活けられているところにサンフレッチェの得点 3。対戦相手のコンサドーレ札幌のチームカラー赤なので、赤いカーネーション1本で表現されましたよ。得点 1。・・・で3-1。実際の結果は、2-0でサンフレッチェの勝利でした♥

 

サンフレッチェ広島 森崎浩司アンバサダーの作品

こちらの作品にも思いが込められています。

紫のカーネーションは、オフィシャルフラワーのムーンダストでサンフレッチェ広島。赤い色が見えるのは、トウガラシで、広島カープをイメージ。そして、オレンジのガーベラは、広島ドラゴンフライズ。コロナの影響で少しくらいイメージが社会に広がっているけれど、こんな時だからこそ、広島の主要スポーツチームが突き抜けて元気を届けるんだ!!という気持ちを込めて活けたとのことです。

 

 

広島ドラゴンフライズ 谷口大智選手の作品

今年、初めて参加いただき、いけばなに挑戦していただきました。
本当に初めての体験だったそうです。イベント参加が決まった後、誰かに教えてもらおうかと思ったけれど、「やっぱり、先入観なしで活けよう!」と思ったそうです。
やっぱり、選んだ色はチームカラーをイメージして、オレンジ系の花を集めての作品。広島ドラゴンフライズは、今シーズンからB1昇格。このいけばな作品を活ける時とと同じように、気負うことなくのびのびとドラゴンフライズらしさを発揮して、戦っていただきたいと感じました。

このいけばな展は、” with 高校生” ということで、高校生の作品も展示されました。
参加いただいたのは、広島工大高等学校の日本文化部の生徒さん。
花器は持ってきてもらいましたが、たくさんある花材の中から自分たちでその場で選び、作品を仕上げていただきました。

 

  

普段はこのような大きな作品を活けることはないですが、チームで挑戦してもらいました。

この秋、全国高校生花いけバトルが開催される予定です。広島工大高等学校は、エントリーの常連校。広島大会の優勝チームも出したことのある高校です。少しは、その予行演習にはなったかもしれませんね。

長くなったので、この度はこのへんで。。。
他にも盛りだくさんのコーナーが会場にはあって、会場に足を運んでいただいた皆様は、思い思いに楽しまれていた様子でした。
次回の記事でも会場内の様子をお知らせしますので、おたのしみに。

2020年9月25日

広島ブログ

「街にみどりをくらしに花を」in 紙屋町シャレオ

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

9月に入りましたね。新型コロナの状況も落ち着かず・・・いろんなことがこれまでの当たり前が当たり前ではなくなっていますね。。。

こんな中、開催についてたいへん迷いましたが、新型コロナウイルス感染拡大予防策をできる限り実施して、タイトルの「街にみどりをくらしに花を」in 紙屋町シャレオを開催いたします。こんな時だからこそ、花や緑の力を皆様に感じていただきたいと思います。

コロナ禍前の計画段階では、県外からも数名ゲストをお招きしたりして、花と緑の情報を皆様にお伝えしたり、楽しんでいただいたり・・・と思っていたのですが、この状況ではそれも難しいので、特別セミナーの先生を除いて、ほぼ、県内の皆様で実施することといたしました。

もともと自然や動物・植物を長い間共生してきた私たち人類は、そのつながりを求めているということを肌身で実感し、改めて自然や植物の力を求めているのではないでしょうか?
日頃のくらしや都市生活環境のなかに、花や緑をとりいれ、力をもらう、ゆたかな暮らしを提案いたします。

2020年9月2日

広島ブログ

ひろしまはなのわ2020カウントダウンイベント

来年、広島では全県の市・町が主催者となって、全国都市緑化フェア広島大会、愛称「ひろしまはなのわ2020」が開催されます。

yahooニュースでもとりあげられました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00402100-rccv-l34

期間は上記画像のとおり、8カ月間!

11月30日、広島市中区の紙屋町シャレオにおいて、カウントダウンイベントが開催されました。
開会式には、全国都市緑化ひろしまフェア実行委員会の名誉会長である湯崎広島県知事、会長である松井広島市長をはじめ、このイベントからは、「ひろしまはなのわ2020」のアンバサダーに就任したSTU48から新谷野々花さん、矢野帆夏さんが代表で出席。カウントダウンボードの序幕などを行いました。

 

記念演奏は、広島翔洋高等学校吹奏楽部が担当。イベントを盛り上げました。

紙屋町シャレオの中央広場から、「ひろしまはなのわ2020」のメイン会場である旧広島市民球場跡地までつながるシャレオ西通りが、今回のカウントダウンイベントを機にメイン会場への通りらしく衣替え!

この季節らしく赤い華やかなポインセチアとグリーンのプランターとハンギングバスケットで飾られた通りとなりました。

ひろしまはなのわ2020のメイン会場へつながる、まさに「はなのわ通り」♪期間中は、メイン会場につながる施設であることからサテライト会場としてイベントも計画中とか♪
天候にも左右されないので、いいですよね。
季節ごとに変わっていく花も楽しみです。

2019年12月2日

広島ブログ

街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ Part4

令和元年9月7日~8日に開催された「街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ」。

これは、農林水産省 次世代花き産業確立推進事業を活用した花きの需要拡大推進を目的とした事業です。

会場を彩った花や緑。。。その装飾をご覧ください。

IMG_5450  IMG_5449

 広島初登場 植物を立体的に360℃全方向から楽しめる グリーンシャンデリア

IMG_5430 広島県花き商業協同組合によるメイン装飾

IMG_5524

サンフレッチェ広島のオフィシャルフラワー ムーンダストを使った紫のスタンドの前で、この度のイベントに参加していただいたサンフレッチェ広島の森崎兄弟のお二人ももちろんこちらのスタンドの前で記念写真♪

IMG_5366
生け花の材料として用意したお花も、会場装飾のお花に。。。

IMG_5482  IMG_5480

IMG_5481

ワークショップが終了したテーブルには、広島発の飾り方提案 「イレカエール」

IMG_5369

中国電力グループで開発された屋内緑化システム Esola(エソーラ)

 69571834_2212991502146180_8121828064914046976_n 緑とせせらぎの音と一緒に癒されましょう。
株式会社西条庭園のPuzz-Green (パズグリーン)
アクアリウムの水槽の上部には観葉植物が植えられています。観葉植物は竹炭に植え付けてあり、水槽内のお水は循環して竹炭の部分をとおり、ろ過されます。きれいになったお水は再び水槽に返され、水替えがほとんど必要ない低メンテナンスな水槽です。
この水槽とパズルのように観葉植物を植栽したユニットを組み合わせて、室内で緑も楽しめるパーテーションにもなります。

2019年9月28日

広島ブログ

街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ Part3

令和元年9月7日~8日に開催された「街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ」。

これは、農林水産省 次世代花き産業確立推進事業を活用した花きの需要拡大推進を目的とした事業です。

この度イベントを開催した場所は、広島市中心部にある地下街の中央広場。都市の中には、建物の中、建物の影、地下街・・・など、太陽がさんさんと降り注ぐ場所ばかりではありませんよね。でも、そんなところでも花や緑を活用して心安らぐ場所がたくさんあるといい。また、最近では、働き方改革にも花やみどりを活用することで、仕事の能率も上がる!!ということも、研究が進み証明されてきています。

このイベントの会場内の装飾やセミナーで、屋内での花や緑の飾り方や活用の仕方を紹介しました。

バイオフィリックデザインによるオフィス空間創造事業 COMOREーBIZ。
会場内にもCOMORE-BIZ(コモレビズ)事業の紹介コーナーを設けましたが、パソナ・パナソニックビジネスサービス株式会社 事業推進・支援本部 本部長  下村卓爾 氏によるセミナーも開催しました。

IMG_5467 IMG_5479
便利になった都会の生活・・・その一方、ストレスを受けやすい場面がいっぱいの都会の生活。
人類の歴史は500万年から700万年といわれているが、都市生活の年数は人類の歴史全体から見るとほんの0.01%だとか。。。日本でいうと都会生活は、どの時代からをさすのでしょうか?明治時代?江戸時代?江戸時代からを都市生活とするとしても500年にもなりませんね。明治時代からだとすると150年にもならない!それ以前は人は常に自然のいっぱいの中で過ごしてきたわけで、植物が周りにあるのが当たり前。そう考えると、都市生活はストレスいっぱいの生活なんです。
そのストレスでいっぱいの生活は花と緑によって救われる部分が大いにある・・・と学んだセミナーでした。
IMG_5470  IMG_5469

2019年9月28日

広島ブログ

街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ Part1

令和元年9月7日~8日に「街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ」が開催されました。

これは、農林水産省 次世代花き産業確立推進事業を活用した花きの需要拡大推進を目的とした事業です。
広島市中心部、紙屋町シャレオ地下街の中央ひろばで開催されました。何回かにわたってイベントの様子をお伝えします。

 

 

広島の著名人によるいけばな展

出品者とその作品の紹介

IMG_5375 IMG_5376-1
広島市長 松井一實 氏

IMG_5362 IMG_5365
広島県副知事 田邊昌彦 氏

IMG_5395 IMG_5407
サンフレッチェ広島 アンバサダー 森崎浩司 氏

IMG_5394 IMG_5412
サンフレッチェ広島 クラブ・リレーションズ・マネージャー 森崎和幸 氏

IMG_5414
全国高校生花いけバトル栗林公園杯優勝チーム「生花潮流」
IMG_5422 広島市立基町高等学校 3年 今村稀美 氏

IMG_5427 広島市立広島市立基町高等学校 3年 貫目優美 氏

 

2019年9月26日

広島ブログ

街にみどりをくらしに花を パンフレット

 

2019年9月4日

広島ブログ

街にみどりを くらしに花を in 紙屋町シャレオ

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

2019年9月3日

広島ブログ

緑のカーテン in シャレオ

みなさま、こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です♪

梅雨に入ったものの、あまり梅雨らしいお天気ではないですね。今年は。。。
今週末は、雨予報が出ているものの、その後の予報は☀(張れ)マークがずらり並んでいる広島の週間天気。
このまま梅雨が明けるのでは。。。という人も!
そうだったら、困りますよね。。。ちゃんと雨も降ってもらわないとこの夏の水不足を心配しないといけません。

さて、広島市の中心部には少しだけ地下街があります。
広島は、三角州にある街です。基本的に山から流れてきた砂がベースだと思われます。
なので、広島市には地下街が作れない、地下鉄も作れない。。。って、小学生の時に社会科で聞いたような記憶があります。
でも、砂地の街でも技術の進歩で地下街も出来ていますし、新交通システムの電車の駅も一部地下に出来ています。
IMG_8764地下へ向かう入り口。。。ちょうど広島県庁の前から地下街に入るところに、最近設置されました。

←緑のカーテンを育てていまーす♪・・・とのPOP。

地下街の入り口の石の壁面に緑のカーテンを作ろうと、植物を育てているんです。

育てている植物はPOPにもあるように3種類。
● マンデビラ
● オーシャンブルー(琉球朝顔)
● フーセンカズラ
IMG_8763植えて間もないときの様子がこんな感じでした。

5月の終わり頃です。

向かって左に「マンデビラ」のプランター2個、真ん中に「オーシャンブルー」、右側に「フーセンカズラ」のプランター2個。

全部で11個のプランターが置いてありますが、真ん中のオーシャンブルーの植えてあるプランターが一番多くて7個です。

IMG_8861

 

← 6月の10日ごろ行って見るとこんな感じになっていました。

 

 

 

IMG_8864 IMG_8866

真ん中のオーシャンブルーがぐんぐん元気よく育っていました。
そして、昨日、近くまで行ったので、様子を見に行ってみると。。。
IMG_9059← こんなになっていました。(H30年6月27日)

すっごいですね!オーシャンブルーの成長!
ネットもオーシャンブルーの部分は、両側のマンデビラとフウセンカズラよりも高い位置まで張ってあります。IMG_9054 IMG_9056 IMG_9055

植物の種類が違うので、同じように伸びる・・・というのには難しいですが、どんどん緑のカーテン成長中です。

次に行く時には、涼しげな緑の壁面にだいぶなっているかもです。

広島では2020年、オリンピックイヤーに広島都市緑化フェアを開催することが決定いたしました。
その機運醸成のためにもまずこの緑のカーテンを設置しました。
屋外の緑化ももちろん必要ですが、最近では室内の緑化も環境面だけでなく、健康面にも大きな影響力を及ぼしますし、仕事の能率にも大きな影響を与えるという研究成果もあがってきています。

2020年。。。オリンピックイヤーには広島にもたくさんの人が来られるに違いありません。
屋外は当然のことながら、殺風景になりがちな地下街でも雰囲気は暖かく、目には涼しくお客様をお迎えしたいものです。

2018年6月28日

広島ブログ

国境の無い花たち展 2017

今年も原爆の日が近づいてきました。
8月6日、静かに続けられている花展、「国境の無い花たち展 2017」が今年も開催されます。国境の無い花たち展2017

いけばなの流派を問わず、花を活けるジャンルも問わず、プロであろうとアマチュアであろうとどなたでも出展出来る花展です。

「平和であればこそ花をいけることが出来る。
ナイフを武器としてではなく、平和を紡ぐ道具として。」

出展される皆様ひとりひとりの思いが作品にも添えられています。

8月6日一日だけの平和への思いを込めた花展・・・、入場無料で平和公園のすぐ近くの地下街、「紙屋町シャレオ 中央広場」で開催されていますので、お近くにおいでの際はどうぞお立ち寄り下さい。

(2016年の様子です)

DSC_1829

00300005

昨年、出展された方のメッセージにとても心に残ったフレーズがありました。

明日も花がいけられますように

DSC_1814

2017年7月30日

広島ブログ

Facebookページはこちら

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方