販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

花のキャンバス イレカエ~ル 和歌山デビュ~♪

花のキャンバス イレカエール人気急上昇♪

花のキャンバス イレカエール

和歌山市のフラワーアート ポカラ さんでデビュー♪☆

広島県以外でも イレカエールくん 徐々に増殖中♪

手も汚さず、9cmポット苗を差し込めば、まるで寄せ植え!!

季節が変われば、ポッとイレカエて、あたらしい花のキャンバスができあがり!!

お手入れも、超!簡単。 ポット苗の位置を変えるだけでも雰囲気がかわるよ。

ポット苗の他に、フラワーアレンジメントでもOK! 観葉ポット苗と切り花アレンジでも楽しい♪

飾り方もいろいろ、置き方もいろいろ。

壁に掛けたり、テーブルにおいたり。。。玄関におけば、お客様を花のキャンバスがお出迎え~♪

デビュー早々、大人気・・・!! お近くの方、是非、見に来てね。


2013年11月8日

広島ブログ

イレカエール クリスマスバージョン&お正月バージョン

イレカエール

イレカエールの写真クリスマスには、こんな組み合わせはいかがでしょうか?

こちらは、お正月のかんじで。。。

組み合わせは、あなたのお好み次第♪

すてきな組み合わせを作ってみてくださいね。

2013年11月7日

広島ブログ

花 うたかた 25

皆様 こんにちは。なんと12月に入ってすぐに広島に雪が降りました。旧広島市では初雪です。どちらかと言うと瀬戸内は降雪の少ない地域だと思います。然し12月上旬に降雪したのは・・・。冬将軍の到来です。
 
 この時期の鉢物と言えば「シクラメン」です。ポインセチアと並んで12月を代表するものです。サクラソウ科の球根草です。ギリシャ・シリアからヨーロッパ中南部に自生種があるそうです。和名をカガリビソウと言います。花が篝火のように見えることからの名付けのもとになっています。また「豚の饅頭」とも言います。それは、シクラメンの球根が豚の餌になることからその名前が付きました。
 
 日本には明治時代に伝わり岐阜で栽培方法が模索された。シクラメンは高温多湿を苦手とします。岐阜の伊藤氏により様々にご苦労をされて現在のシクラメンへと繋がっています。また平成8年に埼玉の田島氏により、耐寒性に優れた「ガーデンシクラメン」が生み出されました。シクラメン自体、冬の代表的な鉢花として定着していましたが、高度成長期頃「ガーデニングブーム」と「ガーデンシクラメン」の出現が相俟って、全国で栽培が始まり瞬く間に普及しました。(写真は、ガーデンシクラメンを花のキャンバス イレカエ~ルに入れて飾ってみました。 イレカエ~ルについてはこちら→ 「花 うたかた 22」)
 
 シクラメンの花はとてもよく持ちます。然し当然花は萎んできます。球根の為には種を付けない方が望ましいのです。どうしてもと仰る方は、為るべく少なくしてください。その萎んだ花は、球根の根本からとると良いです。取り方は、その花の茎の部分の球根に近いところを捻り、球根から捻り取ってください。そうすると球根を傷めなくて済みます。
 
 シクラメン自体はあまり香りを持たない植物です。それにかてて加えて、花が大きくてきれいなものばかりを選抜した結果です。香りを度外視したのです。然しながら、1975年(昭和50年)に布施明の「シクラメンのかほり」がヒットした結果、シクラメンの香りが注目されるようになりました。品種にもよりますが、バラ様、ヒアシンス様、スズラン様の香りを持つことが出来ました。
 
 現在は、観賞用の植物としてのシクラメンですが、古代ギリシャでは薬草として扱われ脱毛、しもやけ等に効くとされていました。また、大航海時代以前は、有毒にも拘らず塊茎の澱粉に注目されて食用とされていました。ジャガイモが南米から伝播した後は食用の習慣が無くなりました。
 
 シクラメンにも様々に私達の生活に関わりを持っています。見るだけのシクラメン。私達の周りには、私達と関わりのある植物が沢山あります。気が付かないことがまだまだ沢山あるようです。それだけ植物は私達に関わりを持っています。一つ一つそれを探っていくことを今後行って見たいと思います。(児玉)

2012年12月17日

広島ブログ

イレカエ~ル 冬バージョン

花のキャンバス イレカエ~ル

→詳しいご紹介は こちら♪

新バージョン 壁掛けタイプ

 簡易タイプです。シクラメンをいれて・・・

落ち着いた感じが・・・

  いい感じ~♪  ^^

 

やっぱり、赤のポインセチア

 華やかだよねぇ。。。

 

 

お店で見かけたら、よろしくねぇ♪

2012年12月10日

広島ブログ

花 うたかた 22

 皆様 こんにちは。最近急に寒さを感じるようになりましたね。てっきり年の所為かと思っていましたが、職場の若人も寒いと言っておりますので少し安心している昨今です。

 さて、今回は花のキャンバス「イレカエール」の紹介です。何ぞやと言うことになりますが、ポットに入った花や緑の苗をお好みに合わせて組み合わせ、それを差し込んで作るキャンバス状の器です。事の発端は、草花を扱い慣れている方やそうでない方も手軽に楽しめる方法がないものかから始まりました。森林組合の方々にも協力を仰ぎ、試行錯誤を繰り返し商品化されたものです。

 発案者の西森勝時さんは、広島県世羅郡で草花の生産をされている方です。広島県花卉園芸農業協同組合で鉢花部会の部会長もされ、県内の花卉生産者のリーダーの一人でもあります。西森さんは、これまでに広島花の祭典、春のグリーンフェスタ、ひろしまフラワーフェスティバル等様々な花卉の催しに参画され、常に思われたことが「花と緑をもっと身近に楽しんでもらいたい」と言う事だったのです。その熱意をもって、遂に特許取得商品「花の額縁」ポットキャンバスが誕生しました。

 今回は、鉢物用だけでなく切り花用の「イレカエール」も考案されました。最近の狭小空間でお花を楽しむのは、以前の「床の間」を設えた環境では可能ですが、マンション等の生活環境では非常に難しいものになっています。そこで、現住宅環境で無理なく花を飾れるのは壁面です。壁面を十分に利用することにより、コンポートを置くスペースを無くし、従来にないスペースで花を楽しむことが出来るのです。当然、鉢物と切り花アレンジを組み合わせることも可能です。壁面に花をいけることもなかなか良いものですよ。

 詳しくは、このホームページ「花と緑のコンシェルジュ」内をいろいろ検索してみてください。きっとあなたのグリーンライフに役立つ情報も盛りだくさんに掲載されていると思いますよ!楽しい緑との付き合いをしてみませんか?(児玉)

2012年11月10日

広島ブログ

この秋デビュー 花のキャンバス「イレカエ~ル」

お庭はないけど、花や緑で玄関周りやベランダをきれいに飾りたい!!
花や緑できれいにしたいんだけど・・・寄せ植えの仕方ってわからないし・・・
ガーデニングとかプランターに植えて花や緑を楽しみたいけど、やり方も詳しくないし、手が汚れるしねぇ・・・
。。。って思われている方、きっといらっしゃることと思います。
そんな方に、朗報です。

花のキャンバス「イレカエ~ル」

   <特許第5016149号>

「イレカエ~ル」は、ご想像のとおり”入れ替える”・・・から命名されています。
・・・何を入れ替えるの?・・・
ご覧のとおり、市販の3寸(9cm)ポットが差し込めるくぼみに、貴方のお好みの3寸(9cm)ポットの花や緑の苗を差し込めば、貴方好みのすてきな生きた自然のキャンバスの出来上がり。

季節も変わり、お花も元気がなくなったなぁ・・・、今の季節の草花にしたいなぁ・・・と思っても大丈夫!!だって、ポットに入った苗なんですから、今度はお好みの3寸ポットと入れ替えれば新しい季節にぴったりの花のキャンバスに大変身!!それまでがんばってくれた苗が多年草であれば、大きな鉢やお庭に植え替えてあげればまだまだ楽しめます。なんてったって、手も汚れず、お好きな花を差し替えるだけの手軽さですてきなキャンバスが出来上がるんですよ。

試行錯誤を重ね、徐々にバージョンアップして参りました。そして、この秋、花のキャンバス 「イレカエ~ル」 は、デビューいたします!! Facebookページも立ち上げました。トップページからもリンクしていますので、よろしくお願いいたします。

皆さまのところに「イレカエ~ル」が行って、いろんなキャンバスも投稿されるようになるといいなぁ・・・。どうぞよろしくお願いいたします!!

 

2012年9月23日

広島ブログ

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

広島花の祭典

FleBre[フルーブル]

広島の社長TV

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド

お花を楽しむレシピ


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方