販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

リビング・応接に生けるカジュアルフラワー

リビングは家族が団らんを楽しんだり、時にはお客様とおしゃべりを楽しんだりする場所です。プライベートな面と、場合によっては公共的な面もある部屋と言えます。
そんなリビングには、自分や家族にとってはもちろんですが、お客様にとっても心地よい楽しめる花がおすすめです。
くつろいだり楽しい時間を過ごしたりする部屋であることを意識して、家族の好きな花、季節感のある花、香りがよい花など、その時々でいろいろな花を楽しみましょう。

コーディネートのコツ

お花や花器の色をリビングのアクセントとなるように、ソファーやカーテン、カーペットなどと対照的な色にすると華やかで楽しい雰囲気に、ベースカラーや色味を合わせると落ち着いた調和した雰囲気になります。
食器やテーブルクロスなどと色を揃えるのもセンスよく見せるコツです。さりげなくカーテンやクロスの花柄と同じお花をいけるのも面白いですね。
お花もインテリアの一部として考え、イメージや色などを統一させるとよいでしょう。
素敵に見せるポイントは、お花をいれてみてから少し離れて眺めてみることです。
リビングに入った瞬間にどう見えるか、ソファーに座ってみた時にどう見えるかなど、様々な角度から眺めてチェックしてみてください。

おすすめカラー

家族やお客様が集う場所であるリビングには気分を明るくしてくれる色やリラックス効果のある色がおすすめです。
家族の団らんや会話を楽しみたい時は黄色やオレンジ、ピンクなどの暖色系を、ゆっくりと過ごしたい時は心や身体を休める緑や青などが効果的です。
また、暑い時期には涼やかな青系、寒い時期には暖かい赤、黄、オレンジなどをとりいれると体感温度にも違いが出てより快適さもアップします。

応接室の場合

家庭のリビングと違って会社などの応接室の場合は、その部屋を利用するのはお客様がほとんどです。初めて訪れた人にもさりげない気配りや季節感を感じてもらうことは会社のイメージアップにもつながります。
どんな人が利用しても気持ちよく心地よい時間を過ごしてもらえるように、旬を取り入れた花や色使いでもてなしの気持ちを伝えましょう。
好みが分かれるような香りの強いものは避けたほうが無難です。

節句や行事に合わせて

たくさんの人が集まるリビングや応接室だからこそ楽しめるのが節句や行事に合わせたお花です。
もともと季節や節句ごとに様々なあつらえを楽しんできた日本人。
季節感が無くなりがちな今だからこそ、ひな祭りや重陽の節句、クリスマスや十五夜など、お花も一緒に楽しめるイベントをご家庭や会社でも楽しんでみてください。

「カジュアルフラワー」ガイド

江岸可織
岩国市出身。カラーリスト&インテリアコーディネーター。
OL時代「自分に似合う色が知りたい」と思ったことから色に興味を持ち一念発起。
会社を退職し数々のアルバイトをしながらカラーとインテリアの資格を取得。
リフォーム会社、建材会社に勤務した後、フリーランスに。 色がもたらす様々な効果や色のおもしろさ、奥深さを伝えるべく活動中。

ブログ:「色で変える!キラめく毎日のススメ」http://ameblo.jp/iroya-168/

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方