販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ Part4

令和元年9月7日~8日に開催された「街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ」。

これは、農林水産省 次世代花き産業確立推進事業を活用した花きの需要拡大推進を目的とした事業です。

会場を彩った花や緑。。。その装飾をご覧ください。

IMG_5450  IMG_5449

 広島初登場 植物を立体的に360℃全方向から楽しめる グリーンシャンデリア

IMG_5430 広島県花き商業協同組合によるメイン装飾

IMG_5524

サンフレッチェ広島のオフィシャルフラワー ムーンダストを使った紫のスタンドの前で、この度のイベントに参加していただいたサンフレッチェ広島の森崎兄弟のお二人ももちろんこちらのスタンドの前で記念写真♪

IMG_5366
生け花の材料として用意したお花も、会場装飾のお花に。。。

IMG_5482  IMG_5480

IMG_5481

ワークショップが終了したテーブルには、広島発の飾り方提案 「イレカエール」

IMG_5369

中国電力グループで開発された屋内緑化システム Esola(エソーラ)

 69571834_2212991502146180_8121828064914046976_n 緑とせせらぎの音と一緒に癒されましょう。
株式会社西条庭園のPuzz-Green (パズグリーン)
アクアリウムの水槽の上部には観葉植物が植えられています。観葉植物は竹炭に植え付けてあり、水槽内のお水は循環して竹炭の部分をとおり、ろ過されます。きれいになったお水は再び水槽に返され、水替えがほとんど必要ない低メンテナンスな水槽です。
この水槽とパズルのように観葉植物を植栽したユニットを組み合わせて、室内で緑も楽しめるパーテーションにもなります。

2019年9月28日

広島ブログ

街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ Part3

令和元年9月7日~8日に開催された「街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ」。

これは、農林水産省 次世代花き産業確立推進事業を活用した花きの需要拡大推進を目的とした事業です。

この度イベントを開催した場所は、広島市中心部にある地下街の中央広場。都市の中には、建物の中、建物の影、地下街・・・など、太陽がさんさんと降り注ぐ場所ばかりではありませんよね。でも、そんなところでも花や緑を活用して心安らぐ場所がたくさんあるといい。また、最近では、働き方改革にも花やみどりを活用することで、仕事の能率も上がる!!ということも、研究が進み証明されてきています。

このイベントの会場内の装飾やセミナーで、屋内での花や緑の飾り方や活用の仕方を紹介しました。

バイオフィリックデザインによるオフィス空間創造事業 COMOREーBIZ。
会場内にもCOMORE-BIZ(コモレビズ)事業の紹介コーナーを設けましたが、パソナ・パナソニックビジネスサービス株式会社 事業推進・支援本部 本部長  下村卓爾 氏によるセミナーも開催しました。

IMG_5467 IMG_5479
便利になった都会の生活・・・その一方、ストレスを受けやすい場面がいっぱいの都会の生活。
人類の歴史は500万年から700万年といわれているが、都市生活の年数は人類の歴史全体から見るとほんの0.01%だとか。。。日本でいうと都会生活は、どの時代からをさすのでしょうか?明治時代?江戸時代?江戸時代からを都市生活とするとしても500年にもなりませんね。明治時代からだとすると150年にもならない!それ以前は人は常に自然のいっぱいの中で過ごしてきたわけで、植物が周りにあるのが当たり前。そう考えると、都市生活はストレスいっぱいの生活なんです。
そのストレスでいっぱいの生活は花と緑によって救われる部分が大いにある・・・と学んだセミナーでした。
IMG_5470  IMG_5469

2019年9月28日

広島ブログ

街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ Part2

令和元年9月7日~8日に開催された「街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ」。

これは、農林水産省 次世代花き産業確立推進事業を活用した花きの需要拡大推進を目的とした事業です。

開催された日は、9月9日、重陽の節句の直前。ならば、公室ゆかりの花でもある「菊」や、菊の節句ともいわれる「重陽の節句」について、皆様に知っていただこうと、広島県内にある菊の育種会社、イノチオ精興園株式会社さまの絶大なるご協力をいただいて、菊の紹介をしました。

最近では、いろんなタイプの菊があります。花形も色も多彩で洋風な感じのものは、英名「クリサンセマム」を略して「マム」と呼ぶことが多くなっています。

イノチオ精興園さまで作られた新品種のマムを会場ではたくさん見ることができました。
IMG_5487 IMG_5428
重陽の日・・・は、菊を愛でながら長寿を祝い、願う日。。。ということで、「菊湯」のご提案も。
セミナーでは、重陽の節句に菊をつかったいろいろな楽しみ方も教えていただきました。
IMG_5429 菊湯 IMG_5486

二日間とも午前と午後の2回、菊についてのセミナーも開催しました。
IMG_5485 イノチオ精公園株式会社の岸本さんのセミナー

IMG_5391 IMG_5445

初回のセミナーは地元生産者の岡広さん(フラワーグループ花園 代表)と一緒セミナーでした。

2019年9月27日

広島ブログ

街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ Part1

令和元年9月7日~8日に「街にみどりをくらしに花を in 紙屋町シャレオ」が開催されました。

これは、農林水産省 次世代花き産業確立推進事業を活用した花きの需要拡大推進を目的とした事業です。
広島市中心部、紙屋町シャレオ地下街の中央ひろばで開催されました。何回かにわたってイベントの様子をお伝えします。

 

 

広島の著名人によるいけばな展

出品者とその作品の紹介

IMG_5375 IMG_5376-1
広島市長 松井一實 氏

IMG_5362 IMG_5365
広島県副知事 田邊昌彦 氏

IMG_5395 IMG_5407
サンフレッチェ広島 アンバサダー 森崎浩司 氏

IMG_5394 IMG_5412
サンフレッチェ広島 クラブ・リレーションズ・マネージャー 森崎和幸 氏

IMG_5414
全国高校生花いけバトル栗林公園杯優勝チーム「生花潮流」
IMG_5422 広島市立基町高等学校 3年 今村稀美 氏

IMG_5427 広島市立広島市立基町高等学校 3年 貫目優美 氏

 

2019年9月26日

広島ブログ

街にみどりを くらしに花を in 紙屋町シャレオ

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

2019年9月3日

広島ブログ

全国高校生の花いけバトル栗林公園杯 決勝大会 速報

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

先日は、全国高校生花いけバトルの広島大会の様子をお知らせしましたね。
8月10日ー11日に行われた全国高校生花いけバトル栗林公園杯決勝戦。
取材班(?)は予選だけですが、行ってきました。

IMG_5211

会場のレグザムホール。高松駅にほど近い立派な県民ホールの小ホールを使っての立派な舞台です。

IMG_3897

IMG_3898

IMG_3894

香川県での開催ですので、香川県産の花きを中心に全国から種類豊富にお花が集められていました。
お盆前・・・ということで、個人的に私の目を引いた花材は「蓮」。これはどちら産地のものだろうか・・・?
IMG_3901

施設も素晴らしく、花材の種類の豊富さ・・・決勝戦に相応しい舞台で、いよいよ決勝大会が始まりました。

IMG_3908

IMG_3912

IMG_3915

全国各地11地区の激戦を勝ち抜いてきた11チーム。
昨年より2地区予選大会が増えたそうです。
広島大会代表のチーム「生花潮流」も堂々としていますね。向かって右から4番目です。IMG_3918

IMG_3919

ご覧のように予選はステップ1⇒ステップ2・・・と進んでいくことが説明されました。
予選で1位と2位は自動的に明日の決勝戦に一発で決まり、3位以下は再び対戦して決勝戦を目指す。。。というルールで進められていきます。

広島代表のチーム「生花潮流」は最初の試合に早くも登場しました。

IMG_3927

この対戦の各チームの作品です。

いかがですか、どれも5分間で活け上げた作品です。

IMG_3939

IMG_3937

真ん中の「白」が広島代表の作品です。後で聞くと、4分で仕上げていくのを目標としようと練習を重ねてきたのだそうです。
この大戦の結果は・・・

IMG_3943

勝ちました♪

これが4対戦続き、休憩をはさんだ後、予選順位が発表されました。その結果は・・・

IMG_3997

なんと!!予選一位通過!
したがって、この時点で決勝進出が確定しました。
いい線行くとは思いましたが、予選とはいえ、一位だなんて!すごい!

この後3位以下のチームが決勝戦を目指して、ステップ2⇒ステップ3と進んでいき、予選は終了いたしました。

IMG_4061

そして。。。今日、決勝戦。。。

速報をを入れてもらうように頼んできました。そうしたところ。。。

なんと!広島大会代表 チーム「生花潮流」優勝したそうです!!

詳しいことは、こちらをご覧ください。

https://hs.hanaikebattle.com/2019/08/11/3100/?fbclid=IwAR0t5gSroSTOsDQ_wwrJ682lGxhzBptGHteaH15m-ZDvOuMc_uTJiGtkjBA

基町高校 チーム「生花諸流」、おめでとうございます。

2019年8月11日

広島ブログ

お寺の日曜学校でのいけばな教室 ~双葉園~

連日猛暑が続きます。お元気でいらっしゃいますか?

岩国の花屋 双葉園です。

子供たちも夏休みに入りました。
この度、岩国塩隣町、山口県玖珂郡和木町の浄蓮寺の若奥様より、
小学生たちにいけばなの指導の依頼を受け、当店の林 園子が
教授いたしました。

miniDSCF3566

miniDSCF3564

浄土真宗 本願寺派 流見山 浄蓮

天文17年(1548年)に開山され、現住職が15世となります。
築110年の本堂では、年に6回の法座と、毎月開かれる子供たちとの日曜学校中心に
ご門徒の皆様と共にお念仏の輪が広がりますようにと願い、活動しておられます。

miniDSCF3567

本堂の真ん中に、生け込の準備です。

miniDSCF3568

始まる前に、仏様にごあいさつ。

miniDSCF3569

若奥様が、初めての生け花教室を開催する旨、お話しされている間、みんなお行儀よく耳を傾けています。

miniDSCF3570

続いて、先生の林さんがご挨拶。

miniDSCF3571

そして、今日使う花材を男の子に黒板に書いてもらいました。

miniDSCF3576

そして、材料の説明と道具の説明。花器や兼山の使い方、木ものの切り方。お花の切り方を説明。
生けるお花のどこがきれいに見えるのか・・・など、自分で探してもらい、そのあとは各自自由に活けてもらいました。

miniDSCF3578 miniDSCF3579

我々大人の感覚と違い、子供達は思いもかけないユニークな発想で活けていきます。
私の目を引いたのは、ガーベラ3本をササっと差込み、形を整えた作品。

miniDSCF3586

思わず、この女の子に「算数は好きですか?」と問いかけますと、「ハイ、好きです。」と答えました。
中学生になったら、幾何学が得意になるかも・・・?と思いました。

夏休み後半に、もう一度おけいこがあります。
皆さん、楽しみにしていてくださいね。

miniDSCF3588

 

2019年8月9日

広島ブログ

全国高校生の花いけバトル栗林公園杯 広島大会 in アルパーク

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

7月20日、広島市西区にあるショッピングセンター アルパーク。
この施設の「時計の広場」において、高校生の花いけバトルが開催されました。
この大会は、全国高校生花いけバトル栗林公園杯の予選大会も兼ねていて、この大会の優勝チームは、高松市で開催される決勝大会への参加権が獲得できます。

昨年(2018年)も実は、アルパークで開催予定でした。
昨年、西日本豪雨に襲われた日・・・高校生の花いけバトルのオリエンテーションの前日でした。
そのため、オリエンテーションは中止。。。異例ではありましたが、オリエンテーションなしで本番を迎える予定でしたが、その本番の日も台風(2018年の逆走台風)がちょうど広島を通過し、やむを得ず、アルパークでの開催を断念した経緯がありました。
(翌週、会場を市場にかえて、広島大会自体は無事開催いたしました。)

ですから、今年は特にアルパークという一般のお客様にも見ていただける商業施設を会場に高校生の花いけバトルが開催できることを楽しみにしていました。

IMG_4988

朝のアルパーク 時計の広場。。。ここが、高校生花いけバトルの会場となります。
参加校は、広島県・岡山県から7校、15チームのエントリー。
予選を行い、上位4チームが決勝戦に進むことができます。
参加高校生たちは、集合時間として指定した時間よりも30分も早く集まり、これまでの会場の雰囲気とは違うアルパーク会場に緊張した様子でした。

IMG_5034

花材が並べられた会場で、出場生徒たちは材料の吟味に余念がない様子でした。

IMG_3684

IMG_5052

ご覧のように花材もきれいに並べられ、お客様もいっぱい待っていただいているこの会場で、いよいよ高校生の花いけバトルが始まりました。

IMG_3682

IMG_3711

いよいよ、一般社団法人花いけジャパンプロジェクトの日向代表の進行により、広島大会が始まりました。

IMG_3709

オリエンテーションの時に対戦組み合わせ抽選が行われていましたので、その対戦順に予選は3チームずつの5回の対戦に入っていきました。

すべての様子をお見せしたいところですが、ちょっと全部写真が揃っていませんので、その一部をご覧ください。

IMG_3719

IMG_3805

IMG_3722

IMG_3723

IMG_3766

IMG_3811

いかがですか?すべて、予選で5分間でチームで活けた大作です。
初めてのチーム、昨年も出場したチーム・・・男子チーム・男女チーム・女子チーム・・・作戦を立て作戦通りに活けることのできたチーム・思うようにいかなかったと悔しがるチーム・・・
でも、どのチームも5分という限られた短い時間、一生懸命、花と向き合い花を活けていました。

これらの作品の評価をするのは、二人のプロの審査員と会場の皆さんです。
IMG_3856

こんな風に、いいと思った方の色を上げてその数をカウントして、場内のお客様の評価をいただきます。
プロの評価と会場の評価は4:6。会場のお客様の評価も重要です。
高校生の花いけバトルは、観覧している皆さんも参加できるという楽しみもあります。

予選5回戦を終え、休憩をはさんだのち、上位4チームの発表でした。
IMG_3826

ご覧の4チーム・・・なんと、上位1~3位までは、広島市立基町高校が独占!続いて、昨年の広島代表を出した広島県立誠之館高校という結果となりました。
準決勝からは個人戦。先鋒同士、次鋒同士の対戦となります。
決勝戦は残念ながら、福山誠之館高校は敗退し、基町高校のチーム同士の対決となりました。

IMG_3861

IMG_3873

IMG_3879

IMG_3878

IMG_3882
会場の皆さんの評価を受けてカウントしている間は、バトラー(選手をこう呼びます)はお客様に背を向けて待ちます。その時の様子。。。

広島大会の決勝を制したのは、広島市立基町高等学校のチーム「生花潮流」。
先鋒同士の対戦では、リードされながらも、次鋒戦で逆転しての勝利でした。

IMG_3890

「生花潮流」の二人。
手には優勝の賞状とうどん県へのパスポート♪「これから決勝戦に向けて練習します!」とやる気いっぱいでした。

残念ながら、敗退した14チームですが、チームの中の1~2年生チームには、来年3月に岐阜県で高校生花いけバトルの選抜大会というのも計画されており、それへの出場のチャンスも残されています。
いけばなにスポーツ的要素を加えた今の時代にあった競技としての花いけバトル・・・いかがですか?
高校生たちは、本当に一生懸命に練習し、一方で緊張感を楽しんでいました。
文化部では味わうことが少なかった勝敗が付いたことによる喜び・くやしさ、他校との交流、また勝ったチーム・負けたチームへの称賛・思いやり・・・など、味わえていると思います。

IMG_5037

同じフロアでは、高校生の花いけバトル連動イベントとして、ポップアップショップとフラワーアレンジメントワークショップも行いました。
IMG_5015

IMG_5017

広島県には、菊・・・最近では、洋風の菊のことをマムと呼ぶのですが、マムの育種開発をされているイノチオ精興園という会社があります。
そちらの協力をいただいて、精興園さんで開発された新品種の紹介も花いけバトルの合間に紹介もさせていただきました。
IMG_3825

IMG_3822

従来の菊といわれている花の形とは違って、洋風な花形も知ってもらおうと、ワークショップそばに紹介コーナーも確保し、アルパークにご来場いただいたお客様に、楽しんでいただきました。

IMG_5041

2019年7月29日

広島ブログ

高校生の花いけバトル アルパークで開催!!

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

来る7月20日、高校生の花いけバトルがアルパーク東棟 時計の広場で開催されます。

この花いけバトルは、来月8月10~11日に高松市で開催される「全国高校生花いけバトル」の地方大会(広島大会)としての位置づけでもあります。
今回の花いけバトルにエントリーしたチームは、広島県、岡山県から7校15チーム(1チーム2人)。先日(7月7日)にはオリエンテーションも開催され、ルールを確認し、20日に大会の対戦を決める抽選会も行いました。

IMG_3552 IMG_3564

真剣な表情の高校生のバトラーたち。。。あ!花いけバトルに参加していけてくれる人を花いけバトルでは「バトラー」と呼んでいるんです。
対戦相手が決まる抽選会。。。ドキドキしながらくじを引いていましたよ。
そして、本番で実際使用する普段いける機会はあまりない大きなツボやユニークな形の花器に実際に花を活けてみました。
花を生ける時間は5分。この5分間に花を選び、一生懸命活けていきます。

IMG_3588  IMG_3647 IMG_3635

写真をご覧になってもわかる通り、お花を取りに行くときには走ったりしています。
とても躍動感があり、一生懸命さが伝わってくる5分間の花いけを高校生たちは見せてくれます。

さて。。。本番は7月20日。みなさま、是非!高校生たちが一生懸命花を生ける姿を見に来てください。

どのチームが、高松市で開催される決勝戦に出場できる権利を獲得するでしょうか?

広島大会チラシ表

広島大会チラシ裏

2019年7月10日

広島ブログ

ひろしまフラワーフェスティバル いけばなライブ

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

時代は令和に変わって初めての10連休のゴールデンウィーク。広島のゴールデンウィークといえば「ひろしまフラワーフェスティバル」。今年もお祝い気分いっぱいの雰囲気の中、華やかに開会しました。3日間での来場者数は170万3千人で過去4番目に多い動員とのこと。
その今年のフラワーフェスティバルにも花き業界ひろば・・・「ピースフラワーひろば」に参加しました。

今年のピースフラワーひろばのステージのメインイベントは、5月4日の「いけばなライブ」。
運営は一般社団法人花いけジャパンプロジェクト県外からの華道家、フローリスト3名、地元のフローリスト3名、そして、地元高校4校から14名が次々にステージに上がってパフォーマンスを行いました。
その様子は、花いけバトルのHPにも掲載されています。
↓↓↓
https://hs.hanaikebattle.com/2019/05/05/1928/?fbclid=IwAR1NREjLiBp6ZakCxndMmbp7KmtYMvQKdJJYeFFhXPAeReIVG6B-YHCHkSg

IMG_3939 IMG_3937
ピースフラワーステージはこんな感じでした。花いっぱいのステージ。間違いなくフラワーフェスティバルのステージの中でいちばん花の多いステージです。

IMG_3940
花き業界5団体の他、一般の企業様にも協賛頂いています。
協賛頂いて出来ているのは・・・このひろば、ステージの他・・・

IMG_3896 IMG_4018
ピースフラワープロジェクト花育
平和公園内の芝生広場を幼稚園・保育園・小学校・中学校・市民グループの皆様に育てて頂いたパンジーやペチュニアで花絵を描きます。
59375740_2444276082250535_5101887850148790272_nたくさんの皆様のご協力です。

そして。。。
IMG_3892
平和の池の花飾り

 ピースフラワーひろばには、
IMG_3972 IMG_3901
花キューピットさんのご協力で毎年設置しているハートのオブジェのフォトスポット。今年は、子供たちに大人気の「花カッパ」に加え、新田真剣佑さんのポスター効果もあり、これまで以上に大人気でした。

IMG_3994
イノチオ精興園さんのピースフラワーひろば特設マムショップ♪
IMG_3993 (1) IMG_3992 (1)
ピースフラワーひろばで、すっかり定着したマムの販売。ブーケの販売とマムバイキングを楽しみに毎年来られる人も増えてきています。そして、今年初めて「マムゼリー」を販売されました。
IMG_3970
こちらも定着。一木一草庵さんのお花の販売。
IMG_3240 IMG_3241
子供さんに植物を育ててもらいたいという思いから、子供でもお小遣いで買えるように小学生以下であれば、一鉢のみ税込み100円で買える激安コーナーを作られます。
IMG_3232
そして、花つながりでみつばち本舗さんのはちみつ販売。


ステージの前の花飾りはご覧のように。。。
IMG_3937
IMG_3966
イノチオ精興園さんのマムとサントリーフラワーズさんのムーンダスト。
会場装飾にと協賛頂いています。

IMG_3986 IMG_3988
元サンフレッチェ広島の選手、森崎兄弟によって平和の灯火から採火された聖火がパレードの先頭としてメイン会場に届けられ花の塔にともされてひろしまフラワーフェスティバルは開会しました。

さて。。。、5月4日、メインイベントのいけばなライブ。。。
花いけジャパンプロジェクトの皆さんも8時半に集合して現場で会場設営。
IMG_4022
前日の装飾に加えてライブ用の花もステージの両脇に!超!華やかです。
IMG_4032 IMG_4025
高校生も集合し、現場で打合せとリハーサル。。。本番は11時からです。
IMG_4043 IMG_4037

午前11時前。。。ピースフラワーひろばは
IMG_3285
パノラマで撮ってみました。たくさんの人が開演を待ってくれています。
さぁ、いよいよ開演!
IMG_4054

全体進行のMCさんのご紹介から広場の紹介をしてもらった後
IMG_3302
いけばなライブのMC 花いけジャパンプロジェクト代表の日向雄一郎さん
IMG_4103
そして、和太鼓奏者の大多和正樹
さんとの競演です。
まずは、県外から来広していただいた3名のみなさんのパフォーマンス。
59339665_2006643532791401_8937472603879112704_n
曽我部翔さん、宮永英之さん、細川康秀さん。

IMG_3291 (1)
2幕目は、地元高校生
広島県立福山誠之館高校 × 広島市立舟入高校

IMG_3316
第3幕も地元高校生
広島工大高校 × 広島市立基町高校
IMG_3333
こちらの生徒さんが元気よく花を活けました。全員の皆さんの活ける様子の画像がないですが。。。雰囲気を少し。。。
まず、個人戦を2回、その後チーム戦で1回・・・と2幕、3幕と行いました。

IMG_5186 IMG_5161
IMG_5204 IMG_5132

IMG_6667_trim2そして、第4幕は地元フローリストの競演。
IMG_3347
高橋元太さん、林泰寛さん、宮田宣明さん。

そして、フィナーレとして 花活け×氷彫刻×和太鼓 のコラボ!!
初めての試みです。
まず、
氷彫刻家 池田 誠さん(己斐製氷)がチェンソーやのみを巧みに扱い、観客の目の前で四角い氷が削られていきます。
IMG_6473_trim
そして、削り出された氷のオブジェに花を活けていきます。
IMG_6522-1
見応えありました。
IMG_3376 IMG_3377

IMG_3374 IMG_4061

2019年5月11日

広島ブログ

「平成」から「令和」へ・・・~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

2019年5月1日、時代は「平成」から「令和」となりました。おめでとうございます。

岩国には、観光交流所として「本家松がね」という国登録有形文化財がございます。

59301550_852857898391496_551925425207508992_n 58691911_2413084592055329_7151245144841256960_n
施設の中には、江戸時代からの面影をとどめるものがいくつか残されております。
また、岩国を代表する特産品を楽しむこともできます。

こちらの施設のオープン当初からいけばなの提供をさせていただいておりますが、この度の「改元」という記念すべき日に桜を咲かせて観光客の皆様をお迎えしてみようと思い、桜を約半月ほど遅らせて開花させてみました。

58825837_829047517457023_4296717770051026944_n 58659956_2376823912642533_5293990420060045312_n 57348185_315623705779029_5801281149263151104_n 59481330_336969426868262_412328435352862720_n 58667532_284411232469602_5815130657856159744_n 58701308_2131560057135030_3384347307699863552_n

錦帯橋の桜は、若い葉桜となっておりますが、「本家松がね」館内は、八重桜(関山)の明るいピンクの花がとても印象的です。
活け込み時には七分咲き、5月5日までに満開に・・・という思いで調整いたしました。
・・・ということで、「本家松がね」ではもうしばらく桜が楽しめます。
今シーズン最後の桜。。。是非、岩国にいらっしゃった際は、お立ち寄り頂き、「令和」の時代を祝う桜をご覧下さい。

本家 松がね
岩国市岩国一丁目7-3
国登録有形文化財 國安家住宅内
TEL 0827-28-6600
URL http://honke-matsugane.jp
本家松がねMAP

2019年5月1日

広島ブログ

平成時代の大晦日。。。明日から「令和」の時代へ。

今日は、平成最後の日です
天皇陛下におかれましては、最後に三つの公務をこなされ、退位されます。

本当にありがとうございました。

明日から「令和」の時代に入ります。
「時に、初春の月にして、気淑よく風らぎ、
は鏡前の粉を披き、は珮後の香を薫らす。」

この万葉集の詩から命名された「令和」の時代、
この詩の中には「梅」、「蘭」と春の美しい花も読み込まれています。

変化の激しい時代ではありましょうが、
そんな中にあっても自然を忘れず大切にして、
「花」や「緑」にかこまれた平和な時代であるよう願います。

まさに春爛漫、花にあふれたこの美しい時期に始まる
「令和」の時代スタートを花いっぱいでお祝いしましょう。

2019年4月30日

広島ブログ

今年も得意な季節のウエディング さくらウエディング ~双葉園~

たいへんご無沙汰しておりました。
岩国の花屋 双葉園です。

昨年は假屋崎省吾先生とのお仕事が何度かありましたが、先月(3月)の23日に広島そごうデパート一1階でスカーフのお見立てがございました。先生に内緒で拝見しに行きました。。。が・・・、「あら!!どうしてここに!?」・・・と先生。びっくりされて、いつものようにこのショット♪

miniDSCF3454

林さんにと見立ててもらったスカーフ。派手かな・・・?と思いましたが、着けてみるとなかなか感じの良いスカーフでした。

さて、本題の当店の仕事でございます。
4月13日(土)に久々の桜一式のコーディネート、錦帯橋スタイルの結婚式のお仕事をいただきました。

まず、お式は岩国国際観光ホテル 5階屋上にてチャペル結婚式。錦帯橋を眺めながらのお式でございます。
miniDSCF3483 錦帯橋すぐ側のホテルなんです。

miniDSCF3482 miniDSCF3484

そして、宴会場の準備です。錦帯橋の模型に三つの器を準備し、セットいたしました。
ステージ上には、関山・御車返し手大きく生け込みました。

miniDSCF3458 miniDSCF3459

miniDSCF3460 miniDSCF3461

miniDSCF3462

卓上には、御車返し、関山、虎の尾の三種類のさくら。

miniDSCF3469 miniDSCF3464

miniDSCF3463

メインテーブル

miniDSCF3465 miniDSCF3466

ケーキ

miniDSCF3468

花束

miniDSCF3475

婚礼に桜を使用するときは、「桜咲く」という言葉にこだわりがあり、

miniDSCF3473 miniDSCF3474

miniDSCF3477 全体の咲き方を九分咲きに止めています。

宴会が始まりますと、また徐々に開花し、宴会終了くらいに満開となるように調整をしております。

 

平成時代も残り少なくなりましが、「令和」元年5月1日に向け、岩国の観光交流館「本家 松がね」で「桜咲く」の準備もしております。
「本家 松がね」は錦帯橋の南側にある町屋の面影が残る町並みがあり、そこに1850年頃立てられたとされる岩国を代表する商家で、現在は岩国市の観光交流所となっています。
万葉集の「時に、初春の月にして、気淑よく風らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。」から付けられた元号の「令和」。本当は梅の花が良かったかもしれませんが、時期が合いませんからね。

5月1日、令和初日には、岩国の観光交流館「本家 松がね」で今シーズン最後の桜で、新しい時代のお祝いとして飾り付けます。岩国に来られたら、是非、見てくださいね。

2019年4月18日

広島ブログ

「花活」シンポジウム

新年明けましておめでとうございます。

平成最後のお正月・・・春には、天皇のご退位と新天皇のご即位を控えています。

今年は特別な年ですね。

そんな新年早々、広島の花き業界もいろいろなイベントを控えています。

まずは、「花活」シンポジウムのご案内です。

花と緑の効用を私たちのくらしに活かして豊かな暮らし、健康的な暮らしを!!・・・と

アピールしてきた五年間の総まとめのシンポジウムとなります。

業界内で共有するだけでなく、一般の皆様にもより広く知って頂き、ゆたかで健康的なくらしが出来るよう、広めていきたいものです。

お問い合わせは、広島花きイノベーション事業推進協議会事務局  (株)花満 内

TEL 082-279-2611  FAX 082-279-5429  (担当: 和田・中村)

本事業の基本となるフラワーアレンジメント法は、さらに研究・実証され、昨年末ニュースリリースもされました。

関連ページは・・・

農研機構のプレスwebページ
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nivfs/120587.html

農研機構の望月研究紹介ページ
http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nivfs/research/amenity/index.html

H31シンポジウム

2019年1月20日

広島ブログ

Grand Empire Hotel 福岡 ~双葉園~

年末にさしかかってきました。
お久しぶりでございます。岩国市の花屋 双葉園の佐古でございます。

miniDSCF3296

去る11月8日から11月17日まで、福岡県大野城市にてグランドエンパイアホテル福岡という豪華なホテルがオープン。

miniDSCF3298

その記念に、假屋崎先生の個展が開かれました。10月はじめに連絡を頂き、その個展に使用する枝物、花物に関するすべての調達を任されました。
miniDSCF3242

miniDSCF3251

miniDSCF3262

枝物に関しては、2.5m~3mの桐、貝塚息吹、馬酔木(あせび)、松が各々12~13本。つる梅もどき100本、野バラ30本、山帰来(さんきらい)20本。

そして、全国でも広島市場 花満でしか絶対に見ることが出来ない玉水木。(これに関しては、搬入当日の11月5日に出荷されており、私の判断で追加して納品することにしてトラックに積み込みました。)
tamamizuki 玉水木

花物は、アンスリウム(赤、ピンク、白)、オリエンタル百合(白、濃い赤、黄)、トルコキキョウ(ピンク、濃い紫)、グロリオサ(赤、黄)、オンシジューム500本、カスミソウ400本、シンビジューム(黄)300本、モンステラ200枚。活け替えを含めると、総計 約2500本の調達でございました。
miniDSCF3256

miniDSCF3257

常日頃からお世話になっている広島生花出荷協同組合の理事長の濱崎さん、役員の小野川さん、山崎さん、ありがとうございました。(広島生花出荷協同組合は、広島市中央卸売市場に枝物を中心に出荷する出荷者の組合です。)
枝物は「基本的に佐古さんにおまかせする」という文言に責任を感じましたが、OKでございました。
特に玉水木に関しては、お手伝いされた九州の方々も初めて見るということで、大人気でございました。
もちろん、先生、スタッフの皆さんも初めて見るということでございました。

(株)花満の和田相談役、井上さん他各担当の社員の方々、本当にありがとうございました。
特にシンビジューム300本がこの時期に品揃えされたのを見たときには、感無量でございました。

私と林は、11月5日、花満から岩国に帰り、午前9時に岩国を出発。12時30分に現地到着。11月7日まで、しっかりとお手伝いをしました。

miniDSCF3259

miniDSCF3266

miniDSCF3273

miniDSCF3270

miniDSCF3264

miniDSCF3277

miniDSCF3280

miniDSCF3382

広島生花出荷協同組合の理事長の濱崎さんが、設営中のグランドエンパイアホテル福岡に駆けつけられました。
忙しい中にもかかわらず、この度の枝物の手配の件の事もあり、假屋崎先生と一緒に記念写真を撮っていただく時間も取って頂けました。濱崎さんのご了解も頂いて。。。記念写真も掲載いたします。

minihamasaki

そして、私たちもいつものように假屋崎先生と記念写真です。

DSC_1317_

11月7日午後6時。ホテルを出発するときのイルミネーションがとてもきれいでした。

mniDSCF3389

miniDSCF3391

2018年12月2日

広島ブログ

秋のグリーンフェア2018 秋本番を植物公園で楽しもう!!

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

10月も三分の二が過ぎて、秋本番!スポーツの秋!我らが広島カープは、日本シリーズ目指し、クライマックスシリーズで奮闘中です。昨年みたいに日本シリーズに出られないなんてコトはありませんように。。。サンフレッチェも最後の追い込み。。。優勝目指してラストスパートです!

秋はスポーツにもいい季節ですが、花の季節でもあります。もう少ししたら、紅葉の季節にもなります。広島県内にはたくさん花が楽しめる場所がありますね。備北丘陵公園、世羅のお花畑、紅葉は宮嶋。。。イベントでは、広島城大菊花展ももうすぐ。。。
その前に、今週末から始まるイベントがありますよ♪
秋のグリーンフェア2018が広島市植物公園で開催されます。10月20日(土)~28日(日)まで。

秋のグリーンフェア_表

今、ちょうどバラの花がいい感じで咲いているようですよ。その他になんと言ってもオーストラリアからこの春大温室リニューアルオープンに合わせて長旅の末やってきた巨大な バオバブ をまだ見ていない人は見てくださいね。20日土曜日には、「タッチングイベント」もあるじゃないですか!!大きなバオバブちゃんにぜひ触ってみましょう!!

翌日21日(日)には、毎年恒例ですが、花のオークションが開催されます。これも毎回人気イベントで、中央市場の花市場から、プロのセリ人がやってきてお花のセリ市を行います。お目当ての花があったら、誰よりも早く!誰よりも大きな声で!!誰よりも高い値段をつけていけば、ご自分の手にGETできますよ。誰よりも高く・・・といっても、みなさんとてもお得な価格で競り落とされています。毎回大盛り上がりしていて、きっと楽しいお買い物が出来ると思いますよ。

秋のグリーンフェア_裏

他にも週末には、かわいい動物もやってきたり、音楽ステージがあったり。。。いろんな体験も出来ます。

今週末はお天気もいいようです。秋の一日を植物公園で満喫しましょう!

2018年10月18日

広島ブログ

秋のお月見。。。十五夜と十三夜

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

暑かった夏・・・災害が多かった夏・・・秋分の日が過ぎ、その後毎週のように襲来した台風も、もうこれでおしまい!。。。のはず!これからが秋本番になってくるはずです。
ここ近年、暑い夏の名残が続いて、秋が短く感じられますが、今年はこれからどんな秋になるでしょうか?10月はじめに襲来した台風25号が去った後、夏を思わせるような気温にもなっていますが、朝晩は確実に涼しくなってきていていますね。秋の花の季節もこれからです。

21616549_1314648871967258_7552762056837932860_n秋の七草。。。ってありますね。ご存じですか?

ススキ(尾花)、フジバカマ、萩、女郎花、桔梗、撫子、葛。。。これが秋の七草。春の七草は若い食べられる植物(七草がゆにして。。。)に対して、秋の七草は、この時期の花が七草となっていますね。
画像は、花と緑のコンシェルジュにいつも情報を投稿してくれている岩国の双葉園さまが毎年受けられる「お月見の会」の見事なススキの壺活け。旧暦の8月15日の十五夜にあたる日(満月ではないんですよ、十五夜は。。。)、今年は9月24日、秋分の日の次の日でしたね。今年は広島では、十五夜のお月様は残念ながら見ることが出来ませんでした。だけど、次の日の満月は、なんとか見ることが出来たんですよ。

秋のいちばん美しいお月様の十五夜がお天気のせいで見られませんでしたが、10月にもう一度チャンスがあります。十三夜です。十五夜の次にくる十三の月(旧暦の9月13日のお月見)です。十五夜は里芋が収穫できる頃と重なることから「芋名月」とも呼ばれていますが、十三夜は、栗や大豆が実る頃とかさなり「栗名月」・「豆名月」とも呼ばれるそうです。今年の十三夜は10月21日。この日のお月様は、是非楽しみたいですね。

お月見は、きれいなお月様を眺めることだけが目的ではなく、秋の収穫を祝い感謝をする収穫祭も兼ねたものだと言われます。ススキを飾るのは、稲穂によく似ていることからとも言われます。そして、その秋に収穫された作物(芋、栗、豆。。。など)をお供えしたのだそうです。日本人は、季節の植物と共にある。。。といってもいいのではないでしょうか?季節感が薄れた現代。。。季節の行事を楽しむことで、自然と共に過ごし、大事にしてきた日本人の習慣に立ち返って、恵みに感謝したいものです。きっと心の豊かさが加わり、大切な美しいときが過ごせることと思います。

2018年10月8日

広島ブログ

広島県花き品評会 with 高校生

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

前回告知した『広島県花き品評会』。。。無事終了いたしました。
ここ近年、「厳しい暑さのなか生産され・・・」という言葉が審査講評のなかに見られるのですが、今年はこれに加え、豪雨災害の影響を大きく受け、出品点数は目標を大きく割り込む厳しい点数となりました。
IMG_0431

 

IMG_0432 IMG_0433

出品点数 64点
県内花き生産者の中には、生死に関わるほどの被害はなかったのは幸いでしたが、生産圃場が被害を受けた方もあり、品評会よりもこれから先に生産していくための対策の方を優先した方もいらっしゃいます。

猛暑と豪雨の影響を受けながらも出品された花き。。。厳正なる審査の結果、最高賞である広島県知事賞には、広島県江田島市の川尻一行氏出品の輪菊(寄の山陽)が選ばれました。

IMG_2949

次点は広島県議会議長賞
江田島市 田中ローズガーデン スプレーバラ(アンティークブーケ)

IMG_2950

そして、中国四国農政局長賞に

江田島市 小滝農園 ガーベラ(ボルデモルド)

・・・他、入選花きは19点、選ばれました。

この度、初めて装飾とイベントを全国高校生花いけバトル広島大会で縁が出来た広島工業大学高等学校の日本文化部の生徒さんたちとコラボレーションすることとなりました。
・・・といっても、会場設営は、ショッピングセンター(LECT)のお客様が一段落してから、時間は午後8時から。。。ということで、生徒さんたちが手伝ってくれるのには時間が遅くなります。なので、顧問の先生が、生徒さんたちの考えを一手に背負って、装飾のお手伝いをしていただくことになりました。

IMG_0442

 

IMG_2916

 

IMG_0444

花き業界の。。。それも生産者や市場の者がすると、並べるだけになりがちですが、高校生たちは「秋らしく」というイメージでレイアウトを考えてくれました。
花もお客様が良く見えるように、高い台には置かず上から花も良く見えます。

IMG_2988

後ろ側についたてがないので見えにくいですが、ステージ上のアレンジメントは、市場で品評会の審査をしている間に、学校で高校生たちが挿してくれました。
IMG_2921
上の写真。。。花いけパフォーマンス前の様子です。手前に見える大きく割れて穴が空いた壺が見えますね。そして、その向こうに茶色い箱のようなものがみえるでしょうか・・・?
パーテーションの役目もする茶色い箱二つと大きな壺に、LECTがオープンしてから最後の仕上げとして、高校生たちがこれらに花を活けてくれました。
今回出演してくれたのは、一年生中心のメンバー。最初は7人の予定でしたが、一人体調を崩して出演できなくなり、最終的には6人で。一人2年生のパフォーマーは、高校生の花いけバトルに出場してくれたチームまんじゅしゃげの一人、佐藤くん。その佐藤君が、時間制限内に大きな作品を活けたことがほとんどない一年生たちを引っ張って出場します。
約5分間のBGMの間に作品を完成させていく。。。ということで打合せをして臨みましたが、花いけバトルとはちょっと違いますが、ほぼぶっつけ本番のようなもの。花だけは自分たちが活けたいイメージを考えてもらい、活ける花も自分たちで選んでもらいましたが、選んだ花は本番用。。。実際の花を使っての練習は全くなしです。
一年生二人ペアのチームが2チームがパーテーション用の箱に活けてくれました。
そして、花いけバトル経験者の佐藤君を含む、2年生と1年生ペアが大きな壺に活けてくれました。

時間制限の中、初めて活ける1年生たちは、時間が少なくて完成。。。とは言いにくいかんじでタイムアップ(><;)

経験者の佐藤君のチームも、あまりに大きな壺に大苦戦!そこそこ見栄えがするところまでには持って行けましたが、はやり時間が足りなくて、完成までには今一歩というところでした。

お客様の前でのパフォーマンスの後、みんなで手直し。。。でも、その時にみんなが花を活けている姿はとても楽しそうで、それまでおとなしそうに見えた子たちが、私たちにも話しかけてくれながら、活き活きと花をいけてくれました。

「花を活けるの。。。好き?」と聞くと、「たのしい!」と答えてくれた笑顔や、その日の朝初めて会ったときの表情とは全く違う活き活きとした表情を目の前で見て、花や緑の力をあらためて感じさせられました。

そして、最終的に出来上がった高校生たちの作品が・・・

IMG_2970

 

IMG_2989

 

IMG_2990

 

IMG_2942

一人人数が少ないですが、活けてくれた日本文化部の生徒と顧問の先生。

次の日、花のオークションの時にも顔を出してくれた子もいました。
いろんな機会にコラボレーションのお話しも出来そうですし、高校生の花いけバトルに参加してくれた他の学校にも、出来れば声をかけて学校間での交流のお手伝いなどもできたらいいな。。。と、思いはふくらんできます。

*********************

ICHIBまん 集合(ポース)

目利き鮮隊ICHIBA 3(いちばぁすりー)

広島のお花がらみの情報は、広島市中央卸売市場のツイッターからも発信されています。野菜やお魚の情報もありますので、是非、フォローしてみて下さいね。

2018年9月24日

広島ブログ

広島県花き品評会(告知)

こんにちは♪ 花と緑コンシェルジュ、記事担当の和田です。

なんだか。。。ついこの間まで猛暑だったのが嘘のように過ごしやすくなってきました。

先週末、敬老の日を含む三連休。。。そして、今週末は秋分の日(秋のお彼岸)を含む三連休・・・という人も多いのではないでしょうか?
今週週末に、#LECT にお出かけしてみませんか?・・・何があるかって。。。?

「広島県花き品評会」が9月21日に開催(非公開)されるのですが、品評会に出品された全出品作品が9月22~23日にLECTイベントスペースでお披露目されます。そう。。。その時には栄えある賞も決定しています。
今年の天候は、ただでさえ猛暑で厳しい夏だったので、農家のみなさまのご苦労は計り知れません。それに加えて、今年の豪雨災害。。。広島県内の花の生産者さんの中にも、被害を被られた方もいらっしゃいます。心からお見舞いしながらも、元気を届けることができる花の品評会です。中止することなく今年も開催いたしますが、お世話をする関係者の今現在の心配は。。。「どれくらいの数が出品いただけるだろうか・・・?」ということではないでしょうか。
IMG_3488
この画像は昨年の審査前・・・出品された花々が並べられている様子です。

去年も猛暑で厳しかったのですが、今年はその上に災害も。。。
IMG_3523
#広島県花き品評会 の最高賞は「広島県知事賞」。昨年の「#広島県知事賞」は江田島市の田中ローズガーデン出品のスプレーバラ「アンティークブーケ」でした。

今年の広島県知事賞は、誰の手に・・・?広島県内花き生産者さんの自慢のお花を間近で見ることが出来ますので、22日、23日には、是非!!LECTに足を運んで下さいね♪

期間中のイベントとして。。。

9月22日 11時~ 広島工業大学高等学校 日本文化部 「花いけパフォーマンス」

今年は会場のレイアウト、装飾を #広島工業大学高等学校 日本文化部の皆様に協力いただき、飾り付けます。その最後の仕上げを会場でお客様の目の前で行おう!。。。ということで、#花いけパフォーマンス を行います。いったいどんなお花がいけられるのでしょうか・・・?是非、お花を活けていく過程も楽しんで下さい。

9月23日 15時~ 会場を飾った広島県産の花のオークション

約2日間、会場を彩ってくれたお花を皆様に値段を付けていただいて買っていただく「花のオークション」を開催します。会場を飾っていたとはいえたったの2日間。。。自慢の花なので、まだまだ元気に咲いてくれる花たちです。最高賞を受賞した花だって買えますよ♪オークション(セリ)形式で販売するので、誰よりも「早く」、誰よりも「高く」値段を付けて、お気に入りの高品質の花をGETして下さいね。

*********************

 

ICHIBまん 集合(ポース)

目利き鮮隊ICHIBA 3(いちばぁすりー)

広島のお花がらみの情報は、広島市中央卸売市場のツイッターからも発信されています。野菜やお魚の情報もありますので、是非、フォローしてみて下さいね。

2018年9月19日

広島ブログ

山口ゆめ花博 9月14日~11月4日まで開催

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

今年の夏は、自然災害の猛威をあらためて思い知った夏でしたね。
花の生産者も、流通業者も、もちろん小売店(花屋・園芸店など)もそれらの影響をしっかり受けました。
西日本豪雨災害に台風襲来、記憶にいちばん新しいのは、北海道で発生した震度7の大地震。。。と被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。

さて、ついこの間まで続いていた猛暑が突然一段落したかのように感じています。ここ広島でも朝晩はすっかり気温も下がり、過ごしやすくなりました。日中も大きな気温の上昇はなく、季節は秋にむかっているなぁと感じるこの頃。。。タイトルにもある「山口ゆめ花博」(←公式サイトはこちらをクリック)がいよいよ今週末、開幕します。

会場は、山口きらら博記念公園。
山口ゆめ花博パンフ

以前、準備に関わられた山口県岩国市の花屋さん、双葉園さんからの記事でも紹介しました。
その記事は・・・⇒こちら(click)。(記事の中頃以降にその時のお話しがあります。)

オープニングを華やかに彩るのは、假屋崎省吾氏によるど迫力なウェルカムフラワーだとか。。。これはオープンから10日間くらい飾られるらしいです。
会場内はいろんなゾーンに分かれていて、大人から小さなお子さんまで楽しめ、日中はもちろん、暗くなってからも楽しめる工夫がいっぱいなんだそうです。

季節も過ごしやすくなりましたし、これから連休もたびたびありますね。「山口ゆめ花博」へ是非お出かけしてみてはいかがでしょう?

開幕をお祝いして記念フォーラムも開催される予定です。

IMG_0210

IMG_0211

2018年9月13日

広島ブログ

広島大会代表「みなづき」 全国大会で準優勝!

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

今年は、全国高校生花いけバトル広島大会開催まで多難な道のりでした。オリエンテーションは西日本7月豪雨のため開催できず、広島大会本番予定の日は台風12号襲来のため、その日の開催はあきらめ順延に。。。いろいろあった広島大会でしたが、8月4日の広島大会には、優勝チームを決定!広島大会代表として、チームみなづきを全国大会に送り出すことが出来ました。
(広島大会開催までの経緯は・・・⇒ こちら)
それと・・・本ページの画像は大きめサイズで投稿していますので、画面サイズによっては横スクロールして画像をご覧頂かないと活けないかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

IMG_9570

「みなづき」のふたりは、8月17日に高松入りして、全国高校生花いけバトル全国大会に臨みました。
昨年は、今年の広島大会での決勝戦カードと同じ対戦を制したチーム「まんじゅしゃげ」が出場しました。私は昨年は都合がつかず応援に行くことが出来ませんでしたが、今年は一日目の予選大会に応援に行ってきました。

会場は、香川県県民ホール レグザムホール小ホール。午後1時からの開演でした。

IMG_9853

ロビーに設置されたバナー。。。その近くにはお出迎えの花。季節柄もあるでしょうし、元気な高校生をイメージさせるひまわりのウエルカムフラワー。。。これからの熱戦に期待が増してきます。
IMG_9854

IMG_9739

受付を終え、パンフレットとジャッジに使うためのうちわを受取り、会場内へ。。。
とても立派なホールで、こんな会場での決戦ということで、きっと出場高校生チームはワクワク感と緊張でいっぱいだったことでしょう。

IMG_9742

IMG_9740

ステージ下には、これからの対戦で使うことになるであろう大きなユニークな形の花器、流木や加工品。。。そして、両側には、香川県産中心に集められたであろう色とりどりの花々や枝物。

IMG_9737

IMG_9736

こんな雰囲気の中、決勝戦本番は始まりました。
まず、全国で開催された地区大会での一コマ一コマで作り上げられたスライドショー。。。この中には、惜しくもこの場に出場できなかった高校生たちの顔も。。。とても個人的なことで申し訳ありませんが、お手伝いさせていただいた立場としては、この動画を見るだけで感動して涙が出そうでした。
IMG_9752

司会進行は、もちろん、一般社団法人花いけジャパンプロジェクトの日向代表。地区大会もていねいな進行をされていますが、この度は全国大会。全国大会にふさわしい演出から始まりました。高校生の花いけバトルのために作られた合唱曲「いま、はなのように」が、この日初めて披露されました。
そして、いよいよ出場チームの紹介。。。各地区大会を制してきたチームが、一チームずつステージに登場です。
広島大会優勝チーム 「みなづき」のふたり。三島 千采さんと高橋 愛さん。広島県立福山誠之館高校の3年生です。
IMG_9747

IMG_9748

ステージにそろった各地の優勝チーム。いよいよ予選大会が始まります。

まずは、予選第一回戦。前日の抽選によって、3つの組み合わせが決まっていて、各ラウンド3チームが、ふたりで一つの作品をいけます。それを審査し、予選第二回戦の組み合わせを決定します。各ラウンドの対戦は。。。

IMG_9749

「みなづき」は第3ラウンドでした。
IMG_2859

IMG_2862

IMG_2866

IMG_2868

IMG_2872

IMG_2877

IMG_2882

各チームとも大きなユニークな形の器に負けないように、なかには、流木などもつかってダイナミックな作品で観客の目を引いてきます。
予選第一回戦が済んだところで休憩に入りました。実は、各ラウンドの順位を決める第一回戦では、「みなづき」は対戦チームの中で票がいちばん少なく最下位でした。二人は少しがっかりした様子ではありましたが、もしかしたら、このことが二人の闘志に火を付けたのかもしれません。昨年の第一回大会では地区大会代表としては出場できず、一年間悔しい思いを抱いて、やっと今回地区大会優勝を勝ち取って来たのでした。
「まだ、チャンスはあるよ。これからが本番よ。」と声をかけると、頼もしいことに「がんばります!」と力強く返してくれました。
会場には、なんと!広島大会での決勝戦の対戦相手チーム「まんじゅしゃげ」のメンバー、浜本君も応援に来ているではありませんか!
チーム「みなづき」とチーム「まんじゅしゃげ」は、昨年の高校生の花いけバトルにエントリーし、決勝戦で対決したことが縁で、広島でゴールでウィークに開催される全国でも有数のフェスティバル、「ひろしまフラワーフェスティバル」で、たくさんの観客の見守る中、大きなステージで競演しました。(その時の様子は ⇒ こちらから)この休憩時間に声をかけて、エールをおくっていました。
予選第一回の対戦で、各チームの順位が決まり、予選第二回戦の組み合わせが決まりました。IMG_9778

これからは、個人戦。チームで対戦しますが、一人ずつが違う花器で各々の作品を5分間の中で活けていきます。
全チームを紹介したいところですが、チーム「みなづき」の対戦を中心にご覧下さい。第4ラウンドで「みなづき」の登場。

IMG_9779

まずは関東地区大会代表のチーム「花音」との対戦。

IMG_9781

IMG_9782

IMG_9757

観客は、こんな風にうちわを高く上げて、自分が良かった・心を動かされたと思う方に投票します。そして、結果は。。。

IMG_9790

青のチーム「みなづき」が勝ち上がることが出来ました。
この後、第5ラウンド香川大会代表「エスポワール」対近畿大会代表「七変化」の対戦で、近畿大会代表「七変化」が勝利。
第6ラウンドでは、東海大会代表「Tinker Bell」対九州大会代表「リトルウッズ」の対戦で、東海大会代表「Tinker Bell」が勝利しました。

さて、今度は次の日の決勝戦の出場権をかけての対戦になります。
第7ラウンド、「みなづき」は第一予選一位通過の北陸大会代表、男女ペアチームの「SAKURA」との対戦です。

IMG_9807

「Ready GO!」・・・のかけ声から競技は始まります。

IMG_9811

北陸大会代表チーム「SAKURA」は競技テーブルの足下にも竹や流木を使って、より大きく華やかな作品を目指していますね!!

IMG_9812

そして、出来上がった作品を鑑賞し・・・いよいよジャッジメント。。。

IMG_9820

青の「みなづき」が勝利しました!

その後の第8ラウンドは、四国大会代表「松浦・河原フラワーチーム」対 近畿大会代表「七変化」で、勝者は、近畿大会代表「七変化」。
予選大会最後の第9ラウンドは、東北大会代表「天華」対 東海大会代表「Tinker Bell」で、勝者は東海大会代表「Tinker Bell」となりました。
第7~9ラウンドで惜しくも敗退したチームは、準決勝の前に敗者復活戦もあり、決勝トーナメント進出のチャンスもまだ残っている。。。というようなところで、第一日目の予選大会は終了しました。

8月19日決勝戦。。。「あぁ。。。泊まって観て帰りたかった。。。」と思いながら、フェイスブックなどから少しでも情報は無いかとチェックをしていました。
決勝戦の動画を撮ってくれて、フェイスブックにアップしていただいていた方がいらっしゃって、そのおかげで「みなづき」が見事決勝まで勝ち残ったことを知ったのです。
決勝は、先鋒・次鋒と別れ、一対一の対戦です。動画をご覧になりたい方は、★こちら★の中に動画をシェアしていますので、ご覧になってみてください。
その動画を見て。。。先鋒は、三島千采さん。彼女は、お花が大好きだと言っていました。(フラワーフェスティバルで話してくれました。)花をいけるのが大好きだという思いがずんずん伝わって来るようでした。この決勝までは、おそらくお客様からの見栄えを考えたり、作品の大きさでダイナミックさを出したり。。。とか、対戦で勝つための作品を活けていたかもしれません。でも、この決勝戦で、最後の対戦。彼女は自分が本当に活けたかったスタイルで、活けたい花を選び、一生懸命ていねいに活けているように思えました。観客席からみた作品の大きさとしては、少し小さく見えたかもしれません。結果は、対戦相手の大きなダイナミックな作品が多くの票を集めたようです。

次鋒は、高橋 愛さん。彼女は、仲良しのお友達のチームメイト、三島千采さんに誘われて、お花をはじめたそうです。(これもフラワーフェスティバルで話してくれた話です。)私の印象ですが、負けん気の強さはピカイチ。そして、彼女は流木や竹などを使って、ダイナミックで独特な発想の作品を活けあげます。この度の決勝でも運営スタッフをドキドキさせるパフォーマンスを魅せています。私も彼女の力強く最後まであきらめないパフォーマンスには感服します。

広島大会前のリハーサルの時、花いけバトルのバトラー経験もある志穂美悦子さんが、会場に来られたことは前の記事でも書きました(前回の記事は⇒ こちら )が、志穂美悦子さんのお話の中に「花いけバトルでは、出来上がった作品だけが勝負ではなく、活けていく過程の空間空気を大事に、残り時間最後の最後まで逆転の一発が放てるようなものを活けていく・・・」というお話しがありました。これは志穂美さんが、花いけバトルに出場するに当たって教えてもらった極意・・・だと伺いました。広島大会代表チームは、この話がバッチリ頭に入っていたんだ。。。と思ってしまいました。

先鋒に続いて次鋒の勝敗の結果は、東海大会代表「Tinker Bell」。従って、先鋒・次鋒合わせての総合得点でも勝者は東海大会代表「Tinker Bell」。広島大会代表「みなずき」は善戦するも敗れ、準決勝となりました。
本当に惜しい結果となりましたが、あとでメッセージで「自分たちなりの花がいけられたので、よかったです。」と言ってくれました。高校生最後の年にきっといい思い出になったに違いありません。

 

昨年から開催されている全国高校生花いけバトル、日本の伝統的な文化「華道」をより今の時代に、今の若い世代にも合った形で、そしてそこにスポーツ競技の手法を盛り込み、なおかつ観客も参加し楽しめる形にすることで、花に親しむきっかけとなりえるすばらしいイベントです。広島大会終了後の感想に「昨年よりも進歩している」「また、出場したい。出てみたい。」「続けて欲しい」との感想、意見が多く寄せられています。伝統的な華道も継承しつつ、花を扱うジャンルを超える交流の一手段として、多くの人が花に親しむ一つのきっかけとして、高校生の花いけバトルも大きく発展していって欲しいと心から願います。

全国各地で開催された地区大会から決勝まで、全国高校生花いけバトルホームページの「花いけだより」からご確認いただけます。⇒ https://hs.hanaikebattle.com/hanaike-dayori/

2018年8月22日

広島ブログ

全国高校生花いけバトル広島大会

こんにちは。花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。
ことのほか暑い夏。。。酷暑が続いた夏ですが、お盆を過ぎ、いくつかの台風が過ぎ。。。何となく暑さが和らいだような気がするこの頃です。

タイトルの全国高校生花いけバトル広島大会ですが、結果として無事、広島大会代表を全国大会に送り出すことが出来ました。
しかし、大会までの道のりが険しかった広島大会でした。
hanaike_3前の記事では、7月29日の開催案内を掲載していたのですが、この日は今までに無いルートをたどった台風12号の直撃予報が出ていた広島地方でした。前日の28日、大会準備のため各地からスタッフが広島に集まってくれていたのですが、ご存じの通り、7月初旬の西日本豪雨災害で広島県内各地で大きな被害を受けた直後でもあり、まず、予定通り開催すべきかどうかの検討から入りました。
その日は広島でも数多くのイベントが開催予定でしたが、地域経済のためにも開催できるイベントは基本的に開催の方向で準備を進められてきたイベントがたくさんあったのですが、台風直撃予報にはさすがに勝てませんでした。
悩みに悩んだ結果、やはり、参加高校生や観客の安全をいちばんに考え、7月29日の開催は断念し、8月4日に順延して開催としました。

日程が変わったことで、参加者にももちろん連絡をし、開催会場も再検討。。。たくさんの人に「高校生の花いけバトル」を見て頂けると期待していた商業施設(三井ショッピングパーク アルパーク)での開催は、難しくなりました。

花いけバトル開催の機会に、花き業界の者が、西日本豪雨災害被災者に何が出来るか・・・と考え、チャリティ販売を計画していました。「花いけバトル」の開催は出来ませんでしたが、チャリティ販売のためにご協賛頂いていた花がたくさん集まっていましたので、花いけバトル開催順延を告知しながらチャリティ販売はさせていただきました。この売上金は全額、中国新聞社会事業団・山陽新聞社会事業団を通じて、広島県・岡山県の被災者支援のため寄付させていただきました。

IMG_2845

IMG_9319

こうして、やっと迎えた全国高校生花いけバトル広島大会を8月4日(土)に、開催場所を広島市中央卸売市場花き部オークションルーム(昨年と同じ開催場所)にかえて開催いたしました。

IMG_9403
当初は18チーム(11校)の参加予定でしたが、スケジュールが変更になったため16チーム(9校)での大会となりました。

日程変更になったことで、サプライズもあったんですよ。
ちょうど、長渕剛さんのツアーで広島でコンサートがある日にちょうど重なっていたんです。長渕剛さんの奥様は志穂美悦子さん。志穂美悦子さんは、今「フラワーアクティビスト」として花業界で活躍中です。花いけバトルにもバトラーとして参加経験もあります。高校生の花いけバトル広島大会があると耳にされ、高校生がリハーサルをしているところに駆けつけてくださいました。そして、高校生たちにエールもおくっていただきました。

IMG_9426

やっと開催できた広島大会では、参加チーム16チームが接戦!昨年初めて開催された高校生の花いけバトルの内容よりも明らかに良くなっていると感じました。高校生たち・・・結構すばらしい作品をいけるんですよ。IMG_9501

IMG_9464

IMG_9463

IMG_9465

IMG_9467

IMG_9480

IMG_9500

これら全部、予選の時に活けたものです。

予選~(休憩)~準決勝~決勝と進み、決勝戦カードは奇しくも昨年と同じカード「まんじゅしゃげ」(広島工大高校)v「みなづき」(福山誠之館高校)。

IMG_9529

IMG_9528

激戦の結果、昨年の雪辱を果たし、「みなづき」(福山誠之館高校)が優勝しました。

IMG_9570

IMG_9559

8月18日~19日。。。高松市でいよいよ全国大会が開催されます。
全国9地区で開催された予選大会を勝ち抜いた強豪チームが集まって、熱い競技が開催されます。
優勝を勝ち取るのは、どのチームでしょうか?どのチームにもがんばって欲しいですが、やはり、いろんな苦労を乗り越えた広島大会代表の「みなづき」には、是非!奮闘してもらいたいです。

がんばれ~♪「みなづき」♪

2018年8月17日

広島ブログ

全国高校生花いけバトル広島大会 開催のご案内

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

西日本各地をおそった豪雨のため、各地で大きな被害が出ています。
至る所で河川が氾濫し、土砂崩れ・水害が発生し、交通網・物流に大きな被害をもたらしました。
命を落とされた方、家を失った方・・・未だ不自由な生活を強いられている方は本当に多くいらっしゃいます。
心から、お見舞い申し上げます。

 

全国高校生花いけバトル広島大会の事前オリエンテーションは、実はこの豪雨の翌日に行うことになっていました。
実施する予定の時間には、大雨の峠は過ぎてはいましたが、特別警戒警報は解除されていませんでしたし、現実実施しようと思っても、参加者が会場に集まることは出来ない状態でしたので、急遽、中止させていただきました。
なんと言っても、安全が第一ですから。

大雨が過ぎ、徐々に被害の様子が明らかになるにつれ、被災状況に愕然といたしました。
復旧・復興に向かう中、広島大会開催の可否も含め、検討して参りましたが、全国大会を目指す高校生の皆さんのためにも、また、花と緑を扱う関係者もこのようなイベントで何か力になれることがあると信じて、予定通り、開催することにいたしました。

【画像はスクロールしてご覧下さい】
hanaike

この広島大会にエントリーし、8月18~19日に香川県で開催される全国大会を目指すチームは、18チーム。
広島県から13チーム、岡山県から5チームです。
hanaike_1花いけバトルは、もともとは花を扱うプロが行っていた競技ですが、高校生の花いけバトルも基本的にはルールは全く同じです。
5分間という短い間に、即興で一生懸命花をいける・・・というのは、プロであろうと素人であろうと、大人であろうと高校生であろうと同じ。一人一人の感性を大事に、活ける姿、そして出来上がった作品を最初から最後まで見ていただく人に評価していただきます。
そう!観に来ていただいた人も参加出来るのが、花いけバトルです。

hanaike_2なさま、是非、高校生チームの一生懸命花を活ける姿を観にいらして下さい。
きっと、そのがんばりに感動されることと思います。

是非!みなさま、出場チームを応援しに来て下さい!

花と緑は、人の生活になくてはならないものです。
自然の力の大きさを思い知ったところですが、一方で、草木のおかげで被害を免れたところもあるはずです。
自然の偉大さに敬意を表し、植物の生命に感謝して高校生の花いけバトルを実施したいと思います。

そして、このような時期に全国高校生花いけバトル広島大会を開催する機会に、決勝戦終了後、西日本豪雨災害チャリティ販売を行いたいと思います。
花いけバトルのスタッフのフローリストが、花束を作り販売いたします。
非常事態ではありますが、微力ではあっても何か復興の力になれるものと思います。
チャリティ販売の売上金は、中国新聞社会事業団、山陽新聞社会事業団を通じ、全額、西日本豪雨災害被災者義援金として寄付させていただきます。
どうか、主旨をご理解いただき、ご協力下さいますようお願いいたします。

【広島大会の花 もみじ(Maple)】hanaike_3

 

2018年7月20日

広島ブログ

和モダン サマーブライダルフェア ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

例年より早い梅雨明けを迎え、一段と暑いように感じます。
梅雨の最後に西日本を豪雨が襲いました。中国四国地方各地で大きな被害が出ています。テレビ等で伝えられる映像を見ると本当にひどい状況です。被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

双葉園は幸いなことに被害はありませんでしたが、周辺の街を繋ぐ道路は、一部崩れたりしているところもあり、通行止めのところもあり、配達などの際は時間がかかってしまいます。でも、被害がなかったことはありがたいことで、感謝しなくてはいけません。

皆様が早く通常の生活に戻ることを望みつつ、岩国国際観光ホテルでは、ブライダルフェアが開催されました。

37167562_1714371672011955_4207991266203402240_n 37185114_1714371522011970_7443328849686822912_n

ご覧のように、和室・・・畳のお部屋での披露宴。
当店が得意な枝物は、和室のお部屋にもぴったりです。ふんだんに自然の枝を使いながらも華やかな洋花とのアレンジで「和モダン」に。

37136448_1714371085345347_3289810975821135872_n 37122056_1714371348678654_678011912532787200_n

37133918_1714371722011950_2703774392067817472_n 37127982_1714371825345273_2593547269051514880_n

今の季節は暑いので、すずしげにみえるようにガラスの花器を使っています。
が、季節によって、またご希望によっては竹の花器でも。。。

37208239_1714375752011547_7809923670112993280_n 37245637_1714371568678632_2556568975022489600_n

37185114_1714371522011970_7443328849686822912_n 37132268_1714375825344873_1295284053968158720_n

37137157_1714371048678684_5313755133706764288_n 37186652_1714375925344863_9019834090748116992_n

シルエットになってしまいましたが。。。メインテーブルの両側のスタンドにはドーダンツツジ。

37189688_1714375788678210_3891144412016672768_n 窓の向こうには錦帯橋。。。見えますか?

37135673_1714371788678610_1131736720153247744_n 37134327_1714371282011994_1378522036288094208_n

37124641_1714371632011959_1928413631272189952_n 37217410_1714371378678651_3070460463369158656_n

37107660_1714371708678618_5721243093672394752_n

また、秋に向けたブライダルフェアも開催予定です。

2018年7月16日

広島ブログ

第二回全国高校生花いけバトル 広島大会 が開催されます。

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

毎年、毎年、異常気象だ・・・と口にしている気がしますが、今年も同じように口にしてしまいますね。
どうしちゃったんでしょうか?関東地方の移譲に早い梅雨明け。。。また、西日本にはまだ梅雨真っ最中だというのに、台風が日本列島に接近して大きな影響を与えてくれています。
今年の夏は長くて厳しいんじゃないかって言う予想も立てられているとか。。。?
暑さに負けないように自己管理もしっかりしないといけませんね。

今。。。サッカーワールドカップの熱戦のさなかですね。今の時期に負けず、熱い戦いが繰り広げられていますが、この暑い夏。。。花の業界でも熱い戦いが繰り広げられようとしています!
昨年も初めて開催された『全国高校生花いけバトル』が今年も開催されることとなりました。今年も決勝の地は香川県高松市の栗林公園。「第二回全国高校生花いけバトル 栗林公園杯2018』が正式な名称です。

決勝戦を目指して、全国各地9カ所で予選大会が開催されますが、そのうちの一つが広島大会です。
開催日時は、7月29日(日)、開催場所は、アルパーク東棟 時計の広場。

先日、広島大会の申込が締め切られ、参加チーム数が確定しました。
昨年は、15チームでしたが、今年はそれを上回る18チーム。昨年も参加してくれた学校からもエントリーはありますし、もちろん初めて挑戦してくれる学校もあります。

5分間という時間の中で、花を選び、一生懸命花を活け、高校生たちの創造性と感性をステージ上で披露し、競います。花を活けたいという思いが何より。部活・流派・所属など全く関係なく、高校生であれば誰でも参加出来ます。活けた作品はもちろんですが、活けていく過程・所作を評価するのは観客の皆様。観客の皆様も参加出来るのが、花いけバトルです。

IMG_2832

写真は昨年の予選大会の一コマ。昨年は広島市中央卸売市場花き部のオークションルームでの開催でしたが、今年は、商業施設(アルパーク)での開催ですので、たくさんの方に観ていただきたいです。観戦料は無料。

是非、7月29日(日) 午後1時から。アルパーク東棟 時計の広場にお越し下さい。

2018年7月3日

広島ブログ

緑のカーテン in シャレオ

みなさま、こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です♪

梅雨に入ったものの、あまり梅雨らしいお天気ではないですね。今年は。。。
今週末は、雨予報が出ているものの、その後の予報は☀(張れ)マークがずらり並んでいる広島の週間天気。
このまま梅雨が明けるのでは。。。という人も!
そうだったら、困りますよね。。。ちゃんと雨も降ってもらわないとこの夏の水不足を心配しないといけません。

さて、広島市の中心部には少しだけ地下街があります。
広島は、三角州にある街です。基本的に山から流れてきた砂がベースだと思われます。
なので、広島市には地下街が作れない、地下鉄も作れない。。。って、小学生の時に社会科で聞いたような記憶があります。
でも、砂地の街でも技術の進歩で地下街も出来ていますし、新交通システムの電車の駅も一部地下に出来ています。
IMG_8764地下へ向かう入り口。。。ちょうど広島県庁の前から地下街に入るところに、最近設置されました。

←緑のカーテンを育てていまーす♪・・・とのPOP。

地下街の入り口の石の壁面に緑のカーテンを作ろうと、植物を育てているんです。

育てている植物はPOPにもあるように3種類。
● マンデビラ
● オーシャンブルー(琉球朝顔)
● フーセンカズラ
IMG_8763植えて間もないときの様子がこんな感じでした。

5月の終わり頃です。

向かって左に「マンデビラ」のプランター2個、真ん中に「オーシャンブルー」、右側に「フーセンカズラ」のプランター2個。

全部で11個のプランターが置いてありますが、真ん中のオーシャンブルーの植えてあるプランターが一番多くて7個です。

IMG_8861

 

← 6月の10日ごろ行って見るとこんな感じになっていました。

 

 

 

IMG_8864 IMG_8866

真ん中のオーシャンブルーがぐんぐん元気よく育っていました。
そして、昨日、近くまで行ったので、様子を見に行ってみると。。。
IMG_9059← こんなになっていました。(H30年6月27日)

すっごいですね!オーシャンブルーの成長!
ネットもオーシャンブルーの部分は、両側のマンデビラとフウセンカズラよりも高い位置まで張ってあります。IMG_9054 IMG_9056 IMG_9055

植物の種類が違うので、同じように伸びる・・・というのには難しいですが、どんどん緑のカーテン成長中です。

次に行く時には、涼しげな緑の壁面にだいぶなっているかもです。

広島では2020年、オリンピックイヤーに広島都市緑化フェアを開催することが決定いたしました。
その機運醸成のためにもまずこの緑のカーテンを設置しました。
屋外の緑化ももちろん必要ですが、最近では室内の緑化も環境面だけでなく、健康面にも大きな影響力を及ぼしますし、仕事の能率にも大きな影響を与えるという研究成果もあがってきています。

2020年。。。オリンピックイヤーには広島にもたくさんの人が来られるに違いありません。
屋外は当然のことながら、殺風景になりがちな地下街でも雰囲気は暖かく、目には涼しくお客様をお迎えしたいものです。

2018年6月28日

広島ブログ

父の日の花は?

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

梅雨に突入していますが、広島地方はちょうど梅雨の晴れ間・・・なのでしょうか?
おまけに湿気も少なくて朝晩はひんやり。梅雨に入っているとは思えないような気候です。
暑くてじめじめが嫌いな私は、快適~♪ こんなお天気が続いて欲しい。。。って思うのですが、本当に続いたら、水不足になるのでしょうね。
その時期にはその時期らしいお天気なのがやっぱりいいんですよね。

さて、今週の日曜日は、6月第3日曜日。何の日ですか・・・?
そう♪「父の日」です。

「母の日」の花はなんですか?・・・と聞かれると、おそらくほぼみんな「カーネーション」と答えられるのではないでしょうか?
でも、「父の日」の花は・・・?と聞くと・・・、これが答えが案外返ってこないんです。皆様はご存じですか?

IMG_8853「父の日」の花は・・・ バラ です。

「母の日」習慣と同じく、父の日もアメリカから始まったそうです。母の日に習って、提唱され広がったようです。
男手1人で6人の兄弟を育て上げた父に対して、「母の日」と同様、お父さんに感謝する「父の日」もあってしかり!だと、アメリカのドット夫人が提唱し、それが広まっていったとのことです。
では、どうして父の日の花は「バラ」なのかというと、「父の日」提唱したドット夫人が、お父さんの墓前に白いバラを供えたことに由来しているそうで、そのエピソードから、存命のお父さんには赤いバラを、亡くなられたお父さんには白いバラと贈る習慣になっていったそうです。

?え? っと思う人もきっといると思います。
「だって、最近は父の日っていうディスプレイの辺りは黄色っぽいようにおもうけど。。。」という人もいると思います。
そうですね、最近では「ひまわり」なんかも父の日にはたくさん飾ってありますよね。

日本で父の日と黄色が結びついているのは、おそらく「日本ファーザーズデー委員会」が提唱する黄色いリボンキャンペーンの影響を大きく受けているものと思われます。
古くからイギリスでは、「黄色」は身を守るためにいろとされているそうです。それがアメリカに伝わり、「黄色いリボン」となり、「愛する人の無事を願うもの」となったようです。
黄色には『うれしさ』『楽しさ』『暖かさ』『幸せ』『富貴』『希望』『向上』というような意味もあり、それが父の日の花、バラと結びついて「父の日」には黄色いバラを贈る・・・という人が多くいます。最近では、黄色は「ビタミンカラー」といって、元気をもらえる色としても定着しています。これがお父さんの健康も願う・・・という意味とも繋がっているのかもしれませんね。

広島は、規模は大きくはないもののバラの生産が盛んで、広島市のすぐお隣の街、廿日市市、江田島市をはじめ、呉市、竹原市、世羅町・・・とバラの切り花、それも高品質なバラが生産されているんです。
IMG_8886-1父の日があるこの時期、県内のバラ生産者は、「父の日にはバラを!」と30年以上桃前から、イベントを開催して来ました。
つい先日も、広島県内のバラ生産者が、湯崎広島県知事をお父さんに見立てて、かわいい県民代表がバラの大きな花束のプレゼントをしてきたんですよ。

かわいいプレゼンターのおかげか、地元メディアが3社も取材に来てくれました。

RCC中国放送のニュース

広島ホームテレビのニュース

この日、贈られたバラは、「フルフル」という品種で、私も大好きな花です。知事も絶賛されていましたね。

知事のところに伺うよりも一日前、広島市のお隣の街、廿日市市の市役所にも県内のバラ農家さんが父の日に向けてバラのPRに伺いました。

廿日市市には、4名のバラ農家さんがいらっしゃって、県内でも一番バラ農家さんが多い街になります。
中央卸売市場のある広島市のすぐお隣の街なので、ピッチピチの鮮度抜群のバラがすぐにでも手に入って、市場としてもとてもありがたい環境にあります。
でも、こんな近くで鮮度のいい高品質なバラが作られているっていうことは、広島市はもちろん、廿日市市の消費者の皆様もあまりご存じないことかもしれません。
消費者の皆様には、あまり実感は無いかもしれませんが、切り花のバラに関しては、広島県の皆様はとても恵まれているって言っていいと思います。

IMG_8857眞野廿日市市長にプレゼントされたバラは、市内の4農家さんが、それぞれ自分のハウスで作ったものを持ち寄って、廿日市市内の花屋さんで花束にしてもらったものです。IMG_8858

花束には、『廿日市産バラ』というタグ。

花屋さんが、地元産のバラをアピールして地産地消をすすめようと作っていただいたタグだと言うことです。

廿日市市では、父の日のPRやバレンタインの時にも地元のバラをプレゼントしてもらおうと活動されています。

眞野廿日市市長は、バラの色にはもちろん意味がありますが、贈られる本数にも意味があることをご存じということでした。

この度は、4農家さんからの持ち寄りなので、本数には特別に意味は無かったんですって♪ でも、地元産のすばらしいバラに満面の笑みで、日頃のお疲れも吹っ飛んでいったことでしょう。

最近では、黄色いリボンキャンペーンの影響か、黄色い花も父の日に選ばれるようになってきています。
最初に少しだけ言いましたが、「ひまわり」も父の日のプレゼントに選ばれているようです。
IMG_2471-2ひまわりにも黄色の色が少しずつ違ったり、芯の色が違ったり。。。種類がいっぱいです。

「母の日」に比べ、ちょっとマイナーなイメージの「父の日」ですが、お父さんがいなかったら、私たちはだーれもこの世の中に存在しないわけですし、大きく育って行くのも来たのもお父さんが家族のために働いてくれたからですよね。

「父の日」提唱者のドット夫人も「お父さんに、感謝しないのはおかしい」と言われたのも当然ですね。

あ!それと、「お父さんだって、花をもらったらうれしい」・・・って、さっきのニュースでも言ってましたね。

今年はお父さんにお花を添えて感謝の気持ちを伝えてみませんか?

 

 

2018年6月14日

広島ブログ

全国高校生花いけバトル 今年も開催されます。

昨年初めて開催された「全国高校生の花いけバトル」。

今年も第二回目の開催が決まっています。

香川県 栗林公園での全国大会を目指して、各地でこれから予選大会が開催されます。

お近くの地区大会の挑戦してみませんか?

https://hs.hanaikebattle.com/ ←click♪

2018年6月5日

広島ブログ

季節の花の生け込み ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

桜のシーズンも終了し、若葉の季節になりました。
去る5月22日に岩国国際観光ホテルにて、久々なのですが、船舶関係の某会社のお祝いの席がございました。
その席に季節のお祝いのお花を生け込んでくださいとのこと。。。

お造りを盛る大きい竹籠を使用して

miniDSCF2970

メインにドウダンツツジを使用。

miniDSCF2972

真と横枝にて空間を利用し、シャクナゲの幹をしっかり割り、水揚げを良くします。

miniDSCF2974

miniDSCF2973

このシャクナゲは出荷日から25日ほど開花を遅らせております。
このピンクと対照的に足下を梅花ウツギのホワイトでメリハリをつけておきます。

miniDSCF2976

そして、菖蒲の足下はナルコユリで引き締めて、和の感じを引き出しておきました。

miniDSCF2978

miniDSCF2980

miniDSCF2985 出来上がり。

PM7時からの開宴でございましたが、紫・白の菖蒲が、スタート時から開花が進むように調整いたしました。

いかがでございましょう。

2018年5月29日

広島ブログ

ひろしまフラワーフェスティバル いけばなライブ

31948352_1033593083459307_8056270014820384768_n

5月4日に開催されたひろしまフラワーフェスティバルでのいけばなライブ。

東京の花のプロ、地元の花のプロ、そして、高校生の8人でコラボして制作した舞台いっぱいの花いけ。

その活けていく過程も楽しんでもらい舞台いっぱいの花緑の大作を多くの人にご覧頂きました。

その様子は中国新聞アルファ【下記リンクからどうぞ】でも紹介されています。

http://www.chugoku-np.co.jp/animation/article/article.php?comment_id=6816&comment_sub_id=0&category_id=1056

31949900_2552249214914059_1842589507409412096_n

2018年5月17日

広島ブログ

ひろしまフラワーフェスティバル2018

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

いよいよGW(ゴールデンウィーク)に突入です。
花業界にとっては繁忙期。この時期にガーデニングしたり、家庭菜園に挑戦したり。。。
帰省の機会に結婚式など行われる方もいらっしゃるでしょう。そして、そのあと控える母の日。花業界にとっては一大イベントです。

IMG_1793こんな時期ですが、広島ではひろしまフラワーフェスティバルが開催されます。
日本のGW期間中、有数の動員数を誇るおまつりに成長したフラワーフェスティバルです。
今年42回目を迎えるひろしまフラワーフェスティバルですが、8年前始まった「ピースフラワープロジェクト花育」から、本格的に協力をはじめました。
フラワーフェスティバルと言いながら、あまり花がない・・・ということから、新しい企画を立ち上げようと取り組んでいるのが「ピースフラワープロジェクト花育」です。

IMG_1792先ほど言ったように、花業界は生産者から小売店までGW期間中はとても忙しい時期ですから、みんなが期間中に集まって・・・というようなことが難しいんです。
ですが、「ピースフラワープロジェクト花育」は準備期間も含めて長期間かけてフラワーフェスティバルを目指して取り組みますから、花業界の各分野の人が手分けをしてお手伝いしています。

生産者は、花苗の準備、花屋さんや園芸店さんは、学校などで育てて行く過程でのアドバイス、市場はお届けなどのお手伝い・・・そして、本番を迎えます。
IMG_1782
皆さんが育ててくれた花苗には、ラベルに育てた人の思いや願いが込められています。

芝生ひろばに花絵として並べられる他にも
平和公園の慰霊碑に向かう参道にも毎年並べられています。

良かったら、ラベルも見てください。
平和であればこそ、出来るフェスティバルだと実感していただけるのではないかと思います。
2012-05-03 10.31.51IMG_1791そして、フラワーフェスティバルの時にだけ許されているのが・・・

慰霊碑の後方にある平和の池にフラワーフロートの飾り付けです。

まるで、花が池に浮かんでいるように見えて、とても素敵です。平和を願う人々の思いを吸い上げて美しい花が咲いているというように感じています。

 

そして、花いっぱいのひろば「ピースフラワーひろば」も花業界関係業者で運営しています。

IMG_1833 IMG_1834

おそらく、フェスティバルの中で花を販売しているのはピースフラワーひろば周辺だけ。ピースフラワーひろばにはステージもあって、地元でがんばっているアーティストのステージの他、人気が定着してきた花のセリ市も行われます。

IMG_1590(1) IMG_1587(1)

是非、ステージイベントも楽しんでいただきたいです。

そして、昨年から新しい企画に挑戦しています。
それが、「いけばなライブ」。通常はいけばなの作品は、完成したものを見ていただくことが多いと思いますが、「いけばなライブ」では、生けていく過程も楽しんでいただきます。
「花いけバトル」という5分間で花を活け、その出来映えを競うイベントが、近年全国各地で開催されているのですが、その「花いけバトル」の2015年と2016年の年間チャンピオンと地元のフローリストの競演のライブをピースフラワーステージで昨年行いました。

IMG_1601-1

昨年の「いけばなライブ」はじまりの前の様子です。
たくさんの皆様にたいへん興味を持って頂いたようで、こんなに集まってもらいました。

IMG_1631 IMG_1648

この「いけばなライブ」、大変好評かを頂き、今年はランクアップしてフラワーフェスティバルのメインステージであるカーネーションステージでの開催になりました!
昨年も初めてでしたが、今年も初めてのようなもの。昨年のステージよりももっと広いステージで、どんなステージをお見せできるか。。。ドキドキです。
日時は、5月4日 午後1時~。カーネーションステージ。
皆様、どうぞ楽しみにしてください。是非ご覧になってください。

その他にも花き業界でお手伝いしているグループがあります。
TOYOTA86’s 愛好家の皆様が全国からフラワーフェスティバルのパレードのために集結!
各自がご自分の車にご自身で生花を飾られ、パレードされます。

IMG_1839

今年も5月3日にパレードされます。多くの方が造花を使われますが、生花で、飾り付けもご自身たちで飾り付けられ、まさにフラワーフェスティバルのパレードです。この光景は、圧巻です。

あとはお天気が心配ですが、何とか雨だけは許して頂きたいものです。
是非、ゴールデンウィークはフラワーフェスティバルにお出かけ頂き、ピースフラワープロジェクト花育会場やピースフラワーひろばにもお立ち寄りください。

2018年4月29日

広島ブログ

山口ゆめ花博 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

例年、桜の時期に開催される海上自衛隊岩国基地の観桜会の時期で今年は3月29日に生け込みました。
いつもは私と林さんで生け込むところですが、今年は仕事が重なり、ピンチヒッターで息子に行ってもらいました。
29543117_1589343664514757_1495044390305481408_n  29572422_1589343691181421_3868261515127313203_n
桜はいつものようにしっかり選んで用意。御車返しと松前紅豊の二種類の八重桜で濃淡をつけて広い会場で見劣りしないように5mくらい立ち上げた生け込みです。

そして、重なったお仕事が今日のメインの話題です。

本年9月14日から、山口市で開催される全国都市緑化フェア「山口ゆめ花博」に向け、県内の19の市、町の自治体の花と木をおのおのの市町の指定する花器に生けます。
生けた作品の写真を大きなパネルにして、メイン会場の入り口に展示されます。
制作されるのは、假屋崎省吾先生。
昨年の秋にこの仕事の材料調達とお手伝いを依頼されておりました。先生とお付き合いが始まって、ちょうど10年の節目でございます。

材料としては、春、夏、秋、冬の四季がありますが、これを3月28日・29日・30日の3日間で仕上げることになりました。各自治体の花に桜が多かったということからこの日程にしていただいたのですが、ツツジ・シャクナゲは早めに咲かせる・・・、梅は島根県境付近の遅いものを・・・、みかんは夏に向けての実を落とされていないものを探す等々、生けこみ撮影の日の5日前から材料集めには苦労いたしました。

特に桜に関しては、假屋崎先生から「佐古さんなら7種類は集められるね。」と昨年秋に打合せのために上京したときに念を押されておりましたので、出荷組合の濱崎理事長に早々にお願いをして本番を迎えました。

3月28日午後、空港から直接当店に来られ、花器・剣山・大工道具などの打合せをして、改装した店の前で。
29683430_1489898221108988_3047820192519457776_n作業と撮影場所は、岩国国際観光ホテルの写場をお借りいたしました。
先生のお迎え用に玄関ロビーに八重桜の松前紅豊、オオデマリを約4.5mに立ち上げました。
29572959_1488277844604359_9099068182372304356_n  29597833_1488277914604352_7772384059481286070_n (1)

二日目の3月29日は、9:00 am~9:00 pmまで、12時間通しての作業となりました。

集めた花材です。
DSCF2894  DSCF2895

作業風景
DSCF2897  DSCF2929

DSCF2921  DSCF2909

私も林もお手伝いです。

DSCF2900  DSCF2904

先生自身も出来上がった作品をご自身のスマホでパチリ。

DSCF2915

決められたサイズに納めるためにチェック、チェックの連続でしたが、3日目の3月30日 11:45amに最後の宇部市の作品が出来上がった時に、「皆さん、どうもありがとう。ご苦労様」とひとこと。
スタッフ・私たち・県の職員さんたちと拍手、拍手!
その直後、「さぁ!記念撮影よ!佐古さん、林さん」と呼ばれ・・・
DSCF2935「終わったね。佐古さん、林さん、ありがとう!」とのひとことに肩の力が一気に抜け落ちました。

9月14日に向けて、会場には先生の大作も企画されています。
チケットも前売りされていますので、皆様どうぞきらら浜にお越し下さいませ。
山口ゆめ花博パンフ

2018年4月10日

広島ブログ

春のグリーンフェア2018

こんにちは。花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です♪

朝晩はやはり少し冷えますが、暖かくなりましたね。
3月も今日で終わり。今、広島市内は桜真っ盛りですね。

毎年4月に開催される「春のグリーンフェア」が今年も広島市中区の中央公園で開催されます。
開催機関 : 平成30年4月13日(金)~22日(日)
開催場所 : 広島市中区基町 中央公園自由広場

お散歩がてら、お出かけになりませんか?

春のグリーンフェア 案内ページ ←click

以前は植木まつりも開催されていましたが、諸々の事情で開催がなくなりましたので、花や植木が買えるイベントはグリーンフェアだけになってしまいました。
草花、鉢花、そして植木までたくさんの業者も集まりますので、是非お出かけ下さい♪

2018年3月31日

広島ブログ

第6回 ツバキ展 開催

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。
3月のお彼岸を目の前にしたこの頃・・・、暖かかったかと思えば寒くて震える日もあり、
寒暖の差が大きいこの頃です。
皆様、体調など崩されないようにお気をつけ下さいね。

今年は急に暖かくなったせいか九州南部、高知で桜の開花宣言が合ったかと思えば
その間を飛ばして、東京で桜の開花宣言。
今、この時点で広島での開花宣言は出ていませんが
ちょうどこの時期、桜の咲く時期でもありますが、ツバキの花の季節でもあるんです。
そこで。。。イベントのご案内です。H30-3

街のなかのお寺をお借りしてのツバキ展ですが、
会場いっぱいたくさんの種類のツバキがご覧頂けます。
はじめてご覧になった方はきっと「ツバキってこんなに種類があるんだ!」と
驚かれると思いますよ。
是非、お散歩がてら、お出かけされませんか?

2018年3月18日

広島ブログ

第64回 広島花の祭典

ポスター2018(64回)-1

今年も開催いたします!広島花の祭典♪
一足早い春を・・・一足早い桜を・・・楽しみませんか?

2018年2月13日

広島ブログ

世界標準 バレンタイン は、フラワーバレンタイン♪

fv2016_bunner_336_280

男子の花贈りを応援!フラワーバレンタイン♪

2月14日は、バレンタイン。
日本では、女性が男性にチョコレートをプレゼントして
愛の告白をする日。。。となって久しいですが・・・

世界では、男性からお世話になった女性に
花束を贈るのがポピュラー
日本の男性も世界の男性同様
かっこよく花贈りが出来るように。。。

お花屋さんは、日本の男性を応援します!!

2018年2月12日

広島ブログ

「花活」シンポジウム

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

国産花きイノベーション推進事業に広島でも取り組んで4年目。
先般も開催をご紹介していたこの事業内で継続している「花活」シンポジウム。
花の効用を少しでも多くの人にお知らせする機会として続けてきています。

IMG_6537これまでは、年度の初めにシンポジウムを開催していたのですが、
今年は年度の終盤、今年度の事業が終了してその報告も兼ねて
1月24日にメルパルク広島で開催いたしました。

毎年継続してきた教育施設や福祉施設での「花活」講習会。
今年は竹原市的場会さまの施設で、補助事業での講習会だけでなく
花活講習会のプログラムが有効かどうかを測るために
一回きりの講習ではなく継続して実施し、その効果を測るという
事業をされました。
IMG_6557歳を重ねれば、程度の差はありますが、認知機能が衰えてきます。
だれもが出来るだけ身体も頭も出来るだけ長く健康でいたいものです。
シンポジウムでは、基調講演の他に
花を使ったアレンジメントが認知機能を保ったり、
衰えたものが改善したりする期待がもてるかどうかを検査したこの事業の発表もかねて
パネルディスカッションも行われました。

IMG_6569

竹原市のこの取組は講習会実施の段階から新聞でも取り上げられていて
注目を浴びていたといっても良いかと思います。
シンポジウムを前に、その概要が新聞記事にも掲載され、ちょうど良い
告知にもなりました。
その記事のおかげで、一般の方からの問い合わせも多く、
新聞の持つ力もあらためて感じさせられた次第です。

この度は、ディスカッションの後の質疑応答がたいへん盛り上がりました。
フラワーアレンジメント法という吸水スポンジに印をつけて、
それをガイドにアレンジメントを作るという手法を使って、
講習会を実施しているのですが、それに対して、

「単調で飽きてしまう」という言う意見も出れば、
「健常だからそうかもしれないが、認知症が進んだ人にとっては、
毎回が新鮮でそれが楽しいトレーニングになっている。」・・・とか
「この事業で終わりにせず、継続できるシステムを構築していくべき」
「花屋さんの理解と関わりが必要」・・・など、
これまでに無い意見がたくさん出ました。
継続してきた成果がみなさんに認知され、イベントではなく日常に、
嗜好品ではなく必需品に・・・花や緑がなっていくことで
需要に繋がっていくことを願って、地道にこの事業を続けていかなければ・・・と
一層感じた今回のシンポジウムでした。

この花活シンポジウムの様子を大田花き花の生活研究所のブログ
花研コーヒーブレイクでも紹介いただきました。

⇒ その記事はこちら

IMG_6597

2018年2月2日

広島ブログ

広島県ラン展 今年も開催されます♪

H30ポスター

新年の恒例の花やみどりの催し・・・「広島県ラン展」。

今年は35回目の開催となります。

会場はいつものように福屋広島駅前店、8階大催し物会場。

会場いっぱいのランで皆様をお迎えします。

ご来場をお待ちしております。

2018年1月21日

広島ブログ

「花活」シンポジウム2018開催のお知らせ

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

広島花きイノベーション事業推進協議会では、
今年度も「花活」シンポジウムを開催いたします。(参加費:無料)
花や緑に触れたり、フラワーアレンジメントをすることによる
「脳の活性化」機能に着目し、医療・福祉へ活用していくことを提案しています。

植物とヒトとのつきあいは、人類が誕生して以来のもの。
植物とヒトとは、切っても切れない関係にあります。
ヒトとしてこの地球上に誕生したときから現在までの長さを100とすると
人間社会の都市化の中の生活の長さは、100のうちの0.1にも満たないとか。。。
それだけ自然との、植物とのつながりは長いのです。

ここで、あらためて植物と人間とのつながりを
花と緑が人間にもたらす効果を考えてみませんか?

参加ご希望の方は、広島市中央卸売市場中央市場花き部 株式会社花満 内
広島花きイノベーション事業推進協議会事務局(担当:和田・中村) まで
ご一報下さい。
TEL 082-279-2611 FAX 082-279-5429
「花活シンポジウム参加希望」と氏名・ご住所・ご連絡先をお伝え願います。
なお、懇親会参加希望の方は、会費が別途必要です。

花活シンポジウム2017チラシ

2018年1月11日

広島ブログ

2018年 明けましておめでとうございます。~双葉園~

明けましておめでとうございます。
岩国の花屋 双葉園です。

皆様良いお正月を過ごされましたか?
当店では、毎年、干支のアレンジメントを制作しておりますが、
今年も平田支店のスタッフが、画面のワンちゃんを考えてくれました。

100匹限定販売でございましたが、
お客様にとても好評で、早々に完売でございました。

26055784_1398565510242260_5369809342441021612_n IMG_6309

IMG_6314  IMG_6313

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年1月8日

広島ブログ

2018年、新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます♪
花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

2018年、平成30年のお正月はいかがでしたか?
広島はとても穏やかな、比較的暖かい三箇日ではなかったかと思います。
今年は「平成」の丸一年ある最後の年。
次の年には元号が変わります。
区切りの年ですね。

広島市中央卸売市場では、今年の取引が始まりましたよ。

IMG_6254 1月4日 切り花初市
各売り場の前にはお重ねのお餅がありますね。
IMG_6259 取引が始まる前、市場長のご挨拶。
その後、業界関係者のあいさつがあり、取引が始まりました。

IMG_6279 IMG_6280
一番最初に販売する商品と一緒にお餅もつきます。
最初の商品にはお餅もつくので、セリに参加するお花屋さんはご祝儀相場で競り落とします。
次の日1月5日は切り花に続いて鉢物の初市。
IMG_6283
お餅の下に書いてある「寿」という字。
当日販売担当セリ人が書きます。
IMG_6296

広島市中央卸売市場の初市は、1月5日と決まっているのですが、
今年、花き部は、一足早く初市を行いました。
市場全部の部が取引が始まった1月5日には、
中央市場の関係者が集まって新年互礼会も行われました。
IMG_6303

市場で営業する業者代表して市場連合会長のごあいさつ。

IMG_6304

市場の開設者である広島市を代表して広島市長のごあいさつ。
広島市とその周辺地域に生鮮品を供給する役割をあらためて認識して
広島の市場は動き始めました。

2018年1月7日

広島ブログ

2017年大晦日

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

今日は12月31日、大晦日。
今年のお仕事も終了し、テレビでは今。。。紅白歌合戦。
今年もいよいよ終わります。
来年は2018年。。。平成のまるまる一年ある最後の年。。。ってことが
もう既に決まっていますね。
ひと区切りの年をこれから迎えると言ってもいいでしょうね。

皆様、今年はどんな年でしたか?
来年はどんな年にしたいですか?

IMG_6139

この前の記事でも紹介しましたが、これが広島西部地区のしめ飾りです。
今はデザインされたおしゃれなしめ飾りというかリースと言ってもいいような
しめ飾りがたくさんありますが、各地域にはその土地独特な
新しい年に向けての祈りが込められたしめ飾りがあります。
そして、門松。歳神様をお迎えする目印となるよう各家々の前に飾られていましたが、
最近は住宅事情もあり、門松が描かれた印刷物。。。残念ですが。。。
でも、門松にも歳神様の依り代というだけでなく、これから来る年が
幸多い年になるようにと言う願いが込められた日本人の深い思いのこもった
すばらしい文化の一つです。
IMG_6225 広島の花市場の門松。
若松ではなく、老松を使います。

IMG_6195 お正月には定番のお花だったり、

IMG_6161 IMG_6164
春の香りいっぱいの草花など、お部屋に飾って
新年を迎える準備をされたご家庭も多いことでしょう。

花を飾って迎える新年。。。その続きも花のある暮らしを続けませんか?
きっと季節の花々は幸運を運んできてくれるはずです。

2018年が平和で美しい年でありますように。
皆様良いお年をお迎えください。

2017年12月31日

広島ブログ

お正月を前に、縁起の良い植物いろいろ

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪
今年も残すところあと一週間とすこし。
今週末はクリスマスを楽しんだら、いよいよ年末ですね。
前回の記事で、お正月用の商品、松、千両のお話しをしましたが、
その他にもこれから来る年が、幸多き一年となるよう
願いを込めて飾る縁起の良いとされる植物は他にもたくさんあります。

IMG_5614 (1) 門松。
家の前の門松の松を目印に
歳神様がおりてこられると言うことから
以前は各家々の入り口に門松が多く飾られていました。
最近では各家の前では見なくなりましたが、
印刷物で配布されるお正月の飾り。。。
家の入り口に貼り付けているおうちもたくさんあります。
これには必ず松が描かれていますよね。
松だけでもいいので、本物を飾って
歳神様をお迎えしたいものです。
他にも縁起の良いとされる植物。。。松と来れば次は。。。
IMG_6058 竹
IMG_6060 梅

松竹梅♪ 鉢植えの盆栽もあります。
IMG_5610

他に縁起の良い植物は・・・

IMG_6059 南天
難を転じて福となす。
IMG_6070 ゆずりは
広島県西部では、譲り葉の葉っぱをしめ飾り(輪飾り)の飾りにも使います。
親から子へ、子から孫へ譲って活けるように。。。という思いを込めて。
松とヤブコウジをユズリハの葉で撒いたものが
↓ これです。
IMG_6076
これを。。。輪飾りの三連の輪と角の間に飾って。。。
IMG_6127 (1)
これ(↑)が広島の・・・というか、安芸地域の輪飾りです。
松は神様の依り代、ヤブコウジは「お金に困らないように」との
願いをこめて。
裏白(しだ)は裏の白い方を表にして、
白髪が生えるまで長生きできるようにとの願いを込め、
三連の輪は「親・子・孫」を表し、
その間に橙の実を飾り付けて、代々子孫が繁栄するようにと願うのです。

皆様の地域では、また違った形のしめ飾り(輪飾り)がある事と思います。

新しい年の幸せを願って思いが込められているものに違いありません。

2017年12月23日

広島ブログ

新年を迎える準備 千両・松特別市

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪

この冬はラニーニャ現象が起こっているとか。。。
ラニーニャ現象・・・赤道近辺の海水温が低くなっている影響で
日本付近を通る偏西風のルートがかわって
寒気がぐぐっと南の方に下がってくるんだそうですね。
おかげで、今年の冬は寒い。。。らしい。
今のところそれはぴたっと的中だと思わざるを得ないこの頃。
来週12月最終週も一段と冷えるとか。。。?
皆様ご自愛いただいて、忙しい年末を乗り越えて下さい。

さて、全国の花市場ではお正月用の特別商品といってもいい
松、千両などの特別市はこの時期すでに終了しています。
え?こんな時期にお正月用品目が終了・・・?って思われるでしょうね。

お正月用品の松のセリは、12月の前半に。。。
赤い実の付いている(黄色意味もありますが)千両は12月の半ばまでには
終わるんですよ。
まず、広島の松市に出荷された松です♪
IMG_5880 IMG_5874 IMG_5887 IMG_5897

 

 

IMG_5885 IMG_5894

若松の他にも老松、五葉松、大王松、値引き松・・・そして、幸来松などなど・・・
年が明けたらその年の歳神様がおりてくる依り代と言われるがいろいろ勢揃いです。
用途、飾り方によっていろんな松があります。

セリの様子を少し。。。

IMG_5905 人の身長よりもずっと大きな松!!

IMG_5901 広島 地元の松 幸せが来る松「幸来松」。いい名前でしょ♪

IMG_5909 若松のセリです!
松をお正月に飾るのは、松が神様の依り代だと言われているからです。
その年の歳神様が、松を目印に天からおりてこられるのだとか。
新しい年を神様をお迎えしてお祝いし、その年の家内安全や繁栄、
商売であれば繁盛を願います。
松の内が過ぎて、とんどなどの催しがあると思いますが、
そこでお正月飾りを燃やし、その煙と共に神様は天に帰られる。。。と聞きました。
地域によってもいろんな風習や言い伝えもあるでしょうね。

週が明けて、千両市がありました。
今年の千両の生産者さんにはたいへんな苦労があったんです。
千両の大産地、茨城・千葉を台風場通過したために
煙害の被害がありました。
台風が通過した後、被害が出ないように生産者の皆様は努力されましたが、
全国一時期にある需要に応えるための畑全部に対応しようとすると
自然の猛威には。。。なかなか対処来ないという現実。
そんななか、出来るだけのことは生産者さんにはしていただいています。
皆様♪千両の葉先がちょっと茶色いのは台風のせいです。
しかし、今年の実付きはとてもいいようですよ。
自然の大いなる力には勝てませんから、今年はおゆるしいただければ幸いです。
IMG_5951 IMG_5955

これらは立派な千両です。

千両は、お正月の縁起物の植物。
「お金に困らないようにという願い」を込めて飾ります。
黄色い実の千両は、その年にご不幸があった家では赤い実が飾りにくいことから
黄実の千両を飾るとも聞きます。

お正月の飾りは、松、千両の他にもいろいろありますが、それぞれに願いを込めて飾るんですよ。
お正月飾りには思いがいっぱいです。

2017年12月20日

広島ブログ

12月12日 今日は何の日?

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です♪
今日・・・ものすごく寒い・・・というか、冷たい広島です。
皆様のお住まいの地域は、いかがですか?
昨日夕方から、白いものがチラチラ。。。
今朝起きたら真っ白か?と思いましたけど、
それはなかったのでホッとしましたが、とっても冷たい朝でした。
午後になっても気温は上がらず。。。そんな12月12日ですが。。。

タイトルをご覧下さい!!
「今日は何の日?」でしょう。

調べてみると、今日は「漢字の日」なんですね。
だから、今日、清水寺で「今年の漢字、一文字」が発表されるのですね。
今年の漢字は「北」だということです。
この文字のついた国にはらはらドキドキさせられたし、
これからも心配ですね。。。

でも、お花の業界的には漢字じゃないですよ。

今日は「ダズンローズディ」です。12本のバラの日。
ヨーロッパではダズンローズのブーケを恋人に贈る事で
幸せになれると言われています。
IMG_527112本の一つ一つに意味があるとされ、
「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」を
バラが象徴し、これらを全部まとめてあなたに誓います。。。ということだそうです。
欧米では12は聖なる数字とされています。
そういえば、イエス・キリストの弟子も12使徒ですね。
男性がプロポーズにダズンローズを女性に贈り、
12本のうちの一輪を男性の胸に挿すと、そのプロポーズを
受ける応えとされています。
このことが、ブートニアの本になったとも言われているそうです。
そして、男性のスーツやジャケットの左の下の襟にあるボタンホールのようなもの。。。
これはボタンホールじゃないですよ。
これの名前は「フラワーホール」。
これもダズンローズのプロポーズに由来するものだと言われています。

 

ちょっと現実に戻って、話は変わりますが、

今年の12月12日は。。。
広島の花市場は、今日が2017年の千両市でした。
お正月に飾る赤いきれいな実がたわわに付いている
縁起が良いとされている植物「千両」の特別市です。
IMG_5951 IMG_5955
黄色い実もあります。
こちらはご不幸があった家は赤い実は飾りにくいので黄色い実を飾るとも言われています。

今年はちょっと不安になる漢字の日になってしまったので、
お花つながりの日のうんちくで、気分をあげていきましょう♪

2017年12月12日

広島ブログ

TGC(東京ガールズコレクションinひろしま)の花装飾 Making~完成!!

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

テレビでもニュースで盛んに放映されていましたが、
去る12月9日、『東京ガールズコレクション』が初めて広島で開催されました。
地方で開催されるのは、福岡に続いて2カ所目。。。ということです。
東京に出向くか、テレビでしか見られない一大イベントが広島にやってきました!

このイベントの協賛者名が並ぶフラワーボードの装飾の話が、
突然(!)花き業界にお話しが舞い込みました。
取り組むことに決まったのは、本番2週間半前くらい。
急に降ってきた仕事に、せっかく広島での開催なのだから、
なんとか広島の花き業界で形にせねば・・・!と生産者にも声がけし、
バラを中心に草花を集め、
お花屋さんたちは、若手(花き商青年会)中心に集合をかけ、
業界のみなさん、生産者~花屋さんまで協力して取り組みました。

IMG_5776
フラワーボードのベースと集まった6000本もの花を前に
作業手順の打合せをし・・・取りかかりました。
IMG_5778
中心のTGCの文字が映えるようにハートのくりぬき部分は白で。
そして、左右と上・中・下段と担当を分けて取りかかりました。
IMG_5793
うまく下側の赤~ピンク~淡いピンク。。。のグラデーションになるよう
花の色を少し離れてチェックし、花を選び・・・
IMG_5804
一輪一輪ていねいにハートの周りの埋め尽くしていきます。
IMG_5810完成が近くなりました。。。
IMG_5818 IMG_5834
このフラワーボードの前で、記念写真を撮っていただくもう一つの小道具制作。。。
IMG_5823 細か~ぃ作業のすえ、
IMG_5861 バラとかすみ草で『TGC』
IMG_5867
周りの足下にもアレンジを。
そして、少し広島らしさを。。。折り鶴のオブジェ。
TGC広島 当日は、たくさんの人がこのフラワーボードの前で
記念写真を撮っていたとのこと。
人気イベントに、まさに”花を添えられた”でしょうか。
最後に。。。

IMG_5872
最後に制作スタッフ記念写真。
生産者の皆様も、ありがとうございました。こんな素敵なボードになりましたよ。
他にもご協力いただいた方、たくさんいらっしゃいます。
皆様、ありがとうございました。

2017年12月11日

広島ブログ

切り花を長く楽しんでももらうために。。。

こんにちは♪花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

11月も最終の週になりました。来月は先生も走る(?)師走・・・12月です。
一年が経つのは早いですね。2017年もあと一ヶ月と少しです。

この記事を読んでいただいている人は、きっとお花が大好きな人が見てくれているんだろうと思います。
おそらくお花も買っていただいている方が多いと思います。
せっかく買ったお花ですから、少しでも長持ちした方がいいですよね。
私たち、買っていただく側も少しでも長く楽しんでいただいて、お金を払って頂いた甲斐があるほうがうれしいです。

お花を販売する方もそんな気持ちでいます。。。ということは、生産する生産者も同じように、自分たちが作った花を買っていただいた方に少しでも長く楽しんでもらいたいと思っています。
生産者と花屋さんを繋ぐ流通の立場でも、その思いを途切れさせないように想いを共有しています。

IMG_5504そんな思いを繋いでいく努力をしている取組「リレーフレッシュネス」。

生産者は、出荷する切り花を出来るだけ早く鮮度をキープさせるための処置をして、温度湿度に注意を払いながら、市場に出荷します。
それを受け取った市場では、市場にある間、切り花に適切な温度湿度管理をして、買っていただいた花屋さんにお渡しします。
花屋さんは、そのお花を水揚げしてきれいなバケツにいれて店頭に並べます。
こうして文字にして書いてみると、当たり前なことのように思われますね。
だけど、がんばって生きている花たちに甘えてる面もあるのか・・・最後まできれいに咲こうとしている花の命を削っているような状態に時においてしまっているのも否定できません。
がんばって咲いている花たちのためにも、花屋さんでお花を買っていただくお客様のためにも、出来るだけ長くきれいにお花を楽しんでもらうための努力・・・それが「リレーフレッシュネス」です。
先週・・・そのことをアピールするフェアが開催され、広島でも2件のお花屋さんが参加されました。

IMG_5512 フラワーショップ みなと(HANAZUKI  MINATO)  さん

アルパーク店
戸坂店
安古市店
戸坂店
宮内店

・・・と広島市とその周辺で5店舗展開されています。

写真は、アルパーク店 店頭です。

 


IMG_5500
 フラワーショップ みやもと(花の森みやもと) さん

ゆめタウン 広島店
ゆめタウン 東広島店
サンリブ  五日市店
マダムジョイ楽々園店
ゆめタウン 黒瀬店
ゆめタウン 五日市店

・・・と広島市とその周辺で6店舗展開されています。

写真は、サンリブ 五日市店 店頭です。

 

IMG_5509どちらのお店も鮮度にこだわって、「リレーフレッシュネスフェア」に参加されました。
このフェアは、リレーフレッシュネスのための認証を取った生産者や業者が繋いだ商品を特にアピールして販売するものです。
生産者~市場(広島の花市場も認証を取得しました。)~花き小売店の取組をpopで表示して、買っていただいた花を安心して飾ってもらえますよ♪とお知らせしながら販売されています。

「そんなフェアがあるのなら、早く言ってくれなくっちゃ!」・・・って言われそうですね。。。ごめんなさい。m( _ _ )m
だけど、フェアの時だけじゃないですから。この取組は♪
普段のお買い物でも、ちゃんと安心して長く楽しんでいただけるよう取り組んでいらっしゃいますよ。

お花の業界では、「日持ち性向上」は取り組むべき大きな課題となっています。
ご紹介した2社は先行して取り組んで認証も取得されていますが、他のお花屋さんもこの課題にはとても真剣に取り組もうとされています。
IMG_5255 IMG_5250 なになに??
この固そうなお勉強シーンの写真は・・・?

先日「花き日持ち保証販売啓発セミナー」が、広島市中央市場で開催されました、全国各地で開催された同様のセミナーの中でも参加者数がいちばん!!という盛況ぶり。
IMG_5251 IMG_5264
それだけ、なるべく新鮮な状態でお客様に花を楽しんでもらいたいと思っているお花屋さんが多いことの表れではないでしょうか。

お花屋さんも生産者も、そして市場も、出来るだけ長くお花を楽しんでもらいたいと思って、それぞれが出来る努力をしています。
わからないことがあったら、お花屋さんにいろいろ聞いてみて下さいね。
皆様の花や緑のある潤いあるくらし、花を囲んで笑顔あふれる豊かなくらしを私たちは心から願っています。

2017年11月27日

広島ブログ

今週はあなたのパートナーと大切な時間を。。。

こんにちは♪花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

さて、今日、11月22日は何の日でしょう?
そう・・・以前に比べてずいぶん浸透してきたと思います。

いい夫婦文字なし250718「いい夫婦の日」ですね。
「いい夫婦の日」をすすめる会のHPでは、今年も”いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2017”の発表もありました。

お花の業界では、パートナー・・・二人の時間を大切にするには、お花は欠かせない!!と、プレゼントに、二人の食卓に・・・お花を使って頂きたいとお勧めしています。

明日は、勤労感謝の日の祝日。
きっと多くの人は、今日はお休みの前日ですよね。
大切な方とゆっくりと過ごすには、ぴったりな日。
お花を飾ってゆっくりとお食事されながら、大切な時間を過ごして下さい。

 

IMG_4681-1いくつか前の記事に紹介しましたが、いい夫婦の日キャンペーンをお花の業界でも行っていますよ。
是非!ご応募を!(プレゼントもとってもいいんです!!)
上のポスターと同じデザインがcocoarのマーカーにもなっています。
応募手順はキャンペーンを紹介した記事にありますので。。⇒こちらの記事でご確認下さい。
応募〆切は12月10日まで。

IMG_4746今日はいい夫婦の日・・・明日は勤労感謝の日・・・、そして、明後日は今月のプレミアムフライデー。
今週末にかけて、パートナーでゆっくりと時間を過ごすには最適な日じゃありませんか!!
二人の間にさりげなく一輪の花でもあれば、きっと二人の間にも愛の花が咲くことでしょう♪
是非、お試し下さい。

IMG_5234-1 IMG_4266 IMG_4870 IMG_4846

2017年11月22日

広島ブログ

下関シーモールは花いっぱーぃ♪

22815053_1367667376692131_1108848928892812349_n

 

2017年11月18日

広島ブログ

大盛況♪フラワーアレンジメント体験~広島市佐伯区民まつり~

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

IMG_4879早いもので11月ももう半ばにさしかかっています。
秋のイベントも真っ盛り!
あちらこちらでいろんなイベントが開催中。
広島市には8つの区があります。
全部の区ではないのですが、秋に区民まつりを開催する区があります。
そのうちの一つ、佐伯区民まつりに
「広島花いっぱい推進委員会」として参加しました。

IMG_4873花贈りにぴったりの日「いい夫婦の日」が今月にはありますので、
花き業界挙げて目下宣伝中。
ちょうどこの時期に開催のこのおまつりでもしっかりアピールさせていただきました。

 

 

 

IMG_4875 IMG_4888

こんなアレンジメントを作っていただきました。
IMG_4886限定50名様。
ほんと!出血大サービスのこの体験価格!
おわかりになる人は、「げっ!安っ」。。。
などどおっしゃりながら
たくさんの人に体験いただきました。

「あぁ・・・いい夫婦の日ね」
「私ら・・・いい夫婦に見える?」・・・と
ポスターを見ながら、お話しいただきながら
お花を活けてもらいました。
オープンして早々、ご夫婦で体験していただいた
熟年カップルもいらっしゃいました。
IMG_4905-1そして、たくさんの子供たちも!
みんな「やりた~ぃ!」っていってくれて、
「はい♪じゃぁ、どうぞどうぞ・・・」って言ううちに
はっと気がついたら、席がいっぱい!!

「少し待って下さいね」
・・・なーんて言いながらご案内。
ほとんど途切れなく皆様に体験いただきました。
予定していた50名分は午前中のうちにすんでしまい、
お昼の休憩を取らせていただく間に、
急遽、午後からの20名様分を追加の手配!
おまつりの終了は午後3時半だったのですが、午後からの追加分もあっという間になくなり
終了の時間を待つくらいの状況でした。
お天気も良くて、人の出足も多く、賑やかなイベントになりました。
いい夫婦の日のアピールもですが、半分くらいは花育イベントでもあったかしら・・・?

本番のいい夫婦の日は、来週。
次の日23日は、勤労感謝の日で祝日の前日です。
大切な人へのプレゼントには、是非!お花を添えて。。。
食卓にもお花を飾って大切な時間を過ごしていただきたいです。

2017年11月13日

広島ブログ

11月06日。。。今日は何の日?「いいマムの日」です。

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

タイトルを見て、何・・・?「マム」って。。。て思う方もいらっしゃるでしょうね。
「マム」・・・お母さんのこと? イエイエ、Chrysanthemum(クリサンセマム)の最後のマムを採用した言い方でしょうか?Chrysanthemum(クリサンセマム)とは、菊の学名とのことです。

IMG_4747最近は、洋風の菊のことを「マム」って呼ぶことが多いです。
私も家のリビングにピンクのマムをいけています。
「菊」と聞くとどうもお悔やみのような連想をされる方が多いと思いますが、このピンクのマム(菊)はぜんぜんそんな感じがしないでしょう?
とてもかわいい花です。
そんなマムですが、本当にいろんな種類があります。本当に紹介しきれないくらいです。

IMG_4617 IMG_4563

今シーズンにうちにリビングを飾ってくれたマム。↑
DSC_5656 DSC_5650
DSC_5680  DSC_5677
DSC_5674 DSC_5673
DSC_5670

うちに飾ったことのあるマムの写真を片っ端から集めてみました。
マムをモリモリ活けたときに撮ったので、1本ずつ撮っていなくて。。。あまりきれいな写し方じゃないのは、ごめんなさい。。。
でも、全部、かわいいでしょ?
まだまだたくさん種類はあるし、飾ってみたい種類はいーっぱいあるんです。

また、この子たち、とっても長持ちさんなんです。
変な話・・・種類によっては首の所が折れなかったら、いつ枯れたのかわからないようなものまであるくらい。。。
最近、お花屋さんでくれることも多い花持ち保持剤をいれて、時々お水を替えてあげるともっと長持ちしますよ。

今日は「いいマムの日」。かわいいマムでもいいかな?
かわいいマムを見つけにお花屋さんにいってみてはいかがですか?

2017年11月6日

広島ブログ

お花屋さんでいい夫婦の日キャンペーンに応募しよう♫

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

IMG_4428季節外れの台風がふたつも襲来した10月も過ぎ、いよいよ11月。
朝晩と日中との寒暖差も10℃以上というような日もありますが、なんと!もうインフルエンザにかかった人もいるんだとか。。。
みなさま、体調には注意して下さいね。
彼方此方で秋のイベントも真っ盛りです。秋はお花のイベントも多いですね。
花展なども開催されています。
是非、お花で季節感も感じてくださいね。

cocoar使い方さて、11月22日。。。何の日?って尋ねられて答えられない人は少なくなってきたようです。
そう!「いい夫婦の日」ですね。
「いい夫婦の日」ってお花を贈るとってもいいタイミングだと思いませんか?
私はそう思うんです!
皆様も大切なパートナーに日頃いえない感謝の気持ちをお花に託してプレゼントされてはいかがですか?
そして、いい夫婦の日に合わせて、とっても素敵なキャンペーンも実施されるんです!
大切なパートナーと一層素敵な思い出を作れそうな時間のプレゼントがGET出来るかもしれないキャンペーンです。

このキャンペーンに応募するには、無料のスマホアプリ「cocoar」(ココアル)が必要です。
cocoarダウンロードApple storeやGoogle Playから入手して下さいね。
cocoar2 もありますが、「2」じゃない方です。
cocoarをダウンロードしたら、起動させて、植物についているいい夫婦の日のタグやポスターなどに写真をうつすようにして読み取ります。
すると、いい夫婦の日プレゼントキャンペーン特設サイトにジャンプしますので、そこに必要事項を入力して、応募完了です!!
是非、お花にまつわる素敵なエピソードを教えて下さい。
何が当たるの・・・?
それが、結構豪華な賞品ですよ!
大切なパートナーとさらに素敵な思い出が作れるに違いないひとときのプレゼント。

プレゼント

ね♫ 結構豪華で素敵でしょ?当たったらうれしくないですか?

みなさま♪ いい夫婦の日はお花を側に置いて、大切な人との時間をワンランクアップさせて下さいね。
そして、せっかくですから、このキャンペーンにもご参加頂き、さらに極上のひとときを手に入れるチャレンジもしてみてくださいね。

2017年11月1日

広島ブログ

スポーツの秋・文化の秋・芸術の秋 どれにも花は欠かせません。

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

10月に入って超特大台風の襲来がありました。
この時期に日本列島に襲来する台風は、
大きな被害を残すことが多いということですが、
皆様のお住まいの地域は大丈夫でしたか?
広島地方は、幸いにも台風のルートから離れていたので、
この度は大きな被害はありませんでした。
しかし、しっかりと雨は降りました。
この記事の前に紹介した
「サンフレッチェオフィシャルフラワー」でブーケを作るイベントの
真っ最中でしたが、願いむなしく雨にたたられました。
サンフレッチェも敗戦。。。(泣)
しかし、お天気の割にはイベントは盛況でした。
IMG_4473-1 IMG_4506-1
IMG_4511-1イベントに参加いただいた皆様に
作っていただいたブーケは・・・
⇚ これ ♪

袋の中にうっすら見えるのが、
オフィシャルフラワーには必ず
セットのオフィシャルフラワー
ステッカー♪ それに選手のサイン
入りのお持ち帰り袋がプレゼント。
参加された方は、とても楽しそうに、たいへん喜んでお持ち帰りになりました。

ちょうどこの時、広島市内では・・・
IMG_4468広島いけばな 代表作家展が
開催中でした。
広島だけでなく、いろいろな
地域でも開催されていることと
思います。
前期・後期に分けて、広島で
活躍されるいけばな各流派の
皆様の作品が一堂に見ることが
できるある意味お得ないけばな展。
いけばなの三大流派(池坊・草月流・小原流)の他にもたくさんの流派があります。
それらの流派の作品を大作から小さい作品まで見ることが出来ます。
前期大作の中から少しだけご紹介・・・
IMG_4444 IMG_4447

IMG_4426
順番は違いますが、三大流派の大作を掲載させていただきました。
いけばなは文化であり、芸術でもあり。。。
そして、秋は花に加えて、紅葉や実のつく枝物も美しくて
本当に素敵です。

広島市は、「花と緑と音楽のおもてなし」をと取り組んでいる一環として
IMG_4577-1 「音楽の花束」
広島交響楽団の名曲コンサート
春を終えて今度は「秋」。11月3日に開催予定です。
春には、ナビゲーターとして假屋崎省吾さんが出演されました。

まさに盛りだくさんのイベントですが、
どのイベントも花つながり♪
あらゆるイベントをお花を絡めて華やかに楽しみましょう♪

2017年10月24日

広島ブログ

サンフレッチェ広島のホームゲームでイベント開催!

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

10月も後半に入ってきますね。
11月22日、みなさまご存じの「いい夫婦の日」まであと一ヶ月ほど前に当たる10月21日。
サンフレッチェ広島は川崎フロンターレを迎えてエディオンスタジアムでホームゲームを行います。
今季なかなか思うように勝てていないサンフレッチェです。
でも、これからでも少しでも上へ上へという上昇志向は選手もファンも一緒。
「今こそ一心」選手もファンも心を一つにして臨む川崎フロンターレ戦です。

そのホームゲームのイベント広場で、サンフレッチェ広島オフィシャルフラワー「ムーンダスト」を使用したサンフレッチェオフィシャルブーケイベントを行います。
これは、サンフレッチェ広島ホームページでも紹介されています。⇒こちら

IMG_4269

おまつり広場の一角にブースがありますので、是非お立ち寄りください。
当日つくるブーケは左の写真のブーケ。
初めての方でも優しく教えていただけるので、どなたでもご参加できます。

花材・指導料込みで参加費1000円です。そして、エディオンスタジアムおまつり広場ブースならではの特別なプレゼントもあります!それは・・・、ご参加いただいてのお楽しみです♪

IMG_4266当日のブースでは、一ヶ月後の「いい夫婦の日IMG_4267」のプレゼントにもぴったりのサンフレッチェオフィシャルフラワー「ムーンダスト」を使ったフラワーアレンジメントの予約も承ります。
このアレンジメントには、公式グッズのシュシュもアレンジしてあるんですよ。

IMG_4268そして、もう一つ・・・サンフレッチェリースなんていかがですか?
これにももちろんサンフレッチェオフィシャルフラワー「ムーンダスト」が使ってありますし、公式グッズの星形キーホルダーもアレンジしてあります。
ムーンダストがだめになってしまっても、またムーンダストだけを求めて頂いて差し替えることも出来ますよ。
あたらしい年への変わり目、しめ飾りとしても使ってもいいですね。

これらのご予約商品。。。
今回のイベントでご予約頂くと特別価格でお求め頂けます。

どちらも・・・ イベント特別価格 3500円

イベントが終了すると500円高くなってしまいますので、イベントでのご予約がお得です。

2017年10月15日

広島ブログ

お花のキャンペーン いろいろ♪

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。
食欲の秋・・・文化芸術の秋・・・スポーツの秋・・・読書の秋・・・いろんな秋がありますが、みなさまはどれですか?
私はお花の業界にいますので、「そりゃ!文化芸術の秋よ♪」なのですが・・・やっぱりおいしいものは外せない。
きっとそんな仲間は多いはず!ですよね。

そんな仲間にぴったりのコラボキャンペーンが!!
ハロウィン_レシピブログコラボフライヤーWeekend  Flower × レシピブログ

ハロウィンをお花でもっと楽しく!

レシピブログ登録ブロガーさん対象にこんな企画が開催中です。
投稿期間は11月6日までで期間中お料理をお花と一緒にコーディネイト♪
それをブログやインスタグラムで3回以上投稿された人の中から抽選で、クリスマスにぴったりのアレンジメントが当たる!!という素敵な企画です。

当たるかもしれないクリスマスアレンジメントは、なんと5000円相当!!・・・ってことは、かなり豪華なものになるのでは。。。と筆者は思うのです。
是非、たくさんの人に参加していただきたいです。
QRコードをスキャンしてキャンペーン企画ページをご覧いただけますが、皆さんが投稿されたテーブルコーディネートを見るだけでもとても楽しくて、参考になって、私もやってみたい!って思っちゃいます。
業界関係者だってこと内緒にして、いい感じに出来たら応募してみよっかな・・・♪

ハロウィン_レシピブログコラボフライヤー-2他にも・・・花やグリーンの大好きな人たちが写真投稿することによって繋がるSNSアプリで、「秋のリビングフラワーフォトコンテスト」が開催中です。
来れも現在開催中で、11月5日まで。
もちろん此方も素敵な景品がご用意されていますよ。

秋はイベントが盛りだくさん。それに合わせていろんなキャンペーンも盛りだくさん。
11月にはいい夫婦の日・・・お花で気持ちを伝え合うにぴったりの日も。。。
いい夫婦の日のキャンペーンもありますので、また、ご案内しますね。

お料理も旬の食材を使うと栄養面も抜群ですよね。
お花も同じ♪ 旬のお花を毎日の食卓にほんの少しでも取り入れれば、いつもの食卓がランクアップ♫会話も弾み、素敵なひとときが過ごせること間違いなしです。

IMG_4258大切な人との大事なひととき。。。ていねいな暮らしをお花でブラッシュアップしましょう。

⇚主役には秋の旬の花 ダリアを使ってみました。
ちいさなちいさな柿がたくさんついた豆柿(食用ではありません)も秋ならではの花材。
秋は、紅葉した枝や実がたわわについた枝も種類がいっぱいです。是非、この時期の花飾りを楽しんでください。

2017年10月12日

広島ブログ

錦の宴 ~双葉園~

こんにちは、岩国の花屋 双葉園です。

秋はいろいろとイベントが多くて・・・続けての投稿です。
A4

10月1日から14日まで錦の宴が開催されていますが、10月7日(日)に祭典が行われました。
主催者のいろやのオーナー、江岸可織さんには当店より会場装花を提供協賛することに・・・

miniDSCF2822 いろや前。

7日のメインステージには、特大の白波、まゆみ、ナツハゼ、あせびを使用。
4.5mに立ち上げました。
miniDSCF2823亀の置き場所はここに。

miniDSCF2824上を見上げると岩国城が見えます。

この場所は、ベテランの林さんと二人での作業です。

miniDSCF2826  miniDSCF2829 miniDSCF2828  miniDSCF2827

miniDSCF2843 お客様の通路は、洋と真紀子の仕事。

入り口玄関の生け込は三人での作業でした。

miniDSCF2830 miniDSCF2831 miniDSCF2834 miniDSCF2835 miniDSCF2836

とてもきれいに仕上がりました。

miniDSCF2838  miniDSCF2842

***☆*************☆***

・・・ここまでが、双葉園様から届いた記事。
この情報を事前に聞いていた本サイト記事担当も7日、土曜日、メインイベント当日、陣中見舞いに伺いました。
「錦の宴」の主催者である江岸可織さんは、本サイト「花と緑のコンシェルジュ」でもたいへんおせわになっています。
IMG_4103私も大変ご無沙汰していまして、久しぶりにお目にかかりました。
酒どころ岩国。。。酒井酒造・村重酒造にも特別協賛いただいて、酒とアートの芸術祭はとても盛大でした。
でも、午前中はお天気が悪く、大雨。。。大変だったそうです。

 

 

 

 

IMG_4112

IMG_4101

IMG_4113 「いろや」さんのお店にも初めてお邪魔しました。
こちらでは酒器の展示があり、とてもきれいな器を拝見しました。
どんな作品が並んでいたのか。。。ご覧いただきたいですが、撮影NGだったので、ぜひ、ご自身でご覧になってください。

花と緑のコンシェルジュにもいろんなコーナーがありますが、「活けメン!」(双葉園様も登場!)、「花を贈ろう!!」(双葉園様にも協力いただきました。)、「フラワーヘルスケア」で江岸さんの素敵な解説もいただいていますので、こちらもご覧ください。

2017年10月10日

広島ブログ

花育ワークショップ ~双葉園~

こんにちは、岩国の花屋 双葉園です。

来年、秋に向けての山口ゆめ花博の事前プログラムとして、假屋崎省吾先生をお招きしての花育プログラムが、10月4日、岩国で開催され、孫の凛生くんが真紀子ママと参加いたしました。
次年度に向けて企画のお手伝いも依頼されており、私と林も参加させていただきました。
miniDSCF2781 假屋崎先生と村岡 山口県知事のごあいさつ。
miniDSCF2796  miniDSCF2787
まずは、假屋崎先生のご指導で、ピンクのカーネーションを使い、作成手順を習います。
miniDSCF2788仕上がりは、テディベアですよ♪

miniDSCF2791 miniDSCF2798
親子で熱心に作成中。
miniDSCF2801 先生も指導してくれます。
miniDSCF2809 県知事さんとも一緒に写真に写ってもらいました。
miniDSCF2807 最後に参加者全員で。
行事がひととおり終了し、これから来年に向けての仕事のお話をしたあと、
先生が「全員で写ろうね♪」とおっしゃり・・・
miniDSCF2819 特別な記念写真。

来年秋にきらら浜で開催される山口ゆめ花博。
どうぞ、みなさまお楽しみに。

山口ゆめ花博公式ホームページ ⇒ http://yumehana-yamaguchi.com/
【ゆめ花博】で検索してみてください。

2017年10月9日

広島ブログ

呉花供養

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ お知らせ担当、和田です。

日本人らしいなぁ・・・って思う行事に、「〇〇供養」っていう行事があります。
いろんな業界や地域で催されていますよね。花き業界でもあるんです。
22310669_1429085843848813_2950139580419805479_n10月第一土曜日、7日に呉市中央公園の一角にある「華魂碑」前で呉花供養が開催されました。
ちなみに広島市では、春、5月第三土曜日に広島城近くに花の精群像というのがあって、そこで開催しています。

私たち花や緑で生業を立てている者は、普段は自分達の生活のため、花やみどりの命を扱っているということをどれだけ意識しているか・・・といわれると、常に考えているとはいえません。
せめて、年に一度くらいは花や緑の命に感謝の気持ちを表したいものです。

呉花供養では、仏式で式典は執り行われます。
呉市は戦時中、軍港のある海軍の都市で、文化レベルはとても高い都市です。
呉市内のいけばなの各流派からも参加されますが、毎年順番に式典に入る前に献花式が行われ、お供えのいけばなを活けて式典へと入って行きます。

018cf9507043856938e1c88db82f878903109a7ff5また、呉花供養を前に、呉みどり会に所属される造園業者のみなさまが、ご奉仕で華魂碑周辺の樹木の剪定などをされ、花供養当日は、華魂碑はきれいに装飾されます。

今年は終了いたしましたが、花供養への参加は花き業界関係者だけに参加が限られているわけではありません。
お花が好きな方、植物が好きな方・・・どなたでもご参加いただけますので、来年の呉花供養にはぜひご参加下さい。

なお、広島の花供養も同様でどなたでも参列できます。

2017年10月8日

広島ブログ

『世界一、花や緑が身近な日本に』Flower Summit in Hiroshima

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ お知らせ担当、和田です。

もしかしたら、花き業界にいらっしゃらない方も読んでいらっしゃるかもしれませんが、この度は、業界内行事の告知で、恐縮です。
お花屋さんの勉強会のお知らせです。
どんなお仕事をされている方も、時代の変化に一生懸命ついていこうとされていることと思いますが、お花屋さんだって同じです。

磯村塾ごあんない・・・ということで、Flower Summit in Hiroshima powerd  by 磯村塾 のご紹介です。
磯村塾・・・?って思われますよね。磯村さまは、東京都中央卸売市場大田市場に入場している株式会社大田花きという荷受会社の社長様で業界の歴史をよ~くご存じの方で、日本花き卸売市場協会の会長をされている方です。そんな方をはじめ、大都市中心に店舗展開をされている今をときめく成長著しい青山フラワーマーケットの井上社長、皆様のよくご存じでしょう日比谷花壇の宮嶋社長のお三方が広島に集合!「これからのお花の業界をどう盛り上げていくか」とか「どんなことにとりくんでいるか」とか・・・業界のトップリーダーのお話からヒントを掴んでいこう!という勉強会です。お花に関係している方なら、どなたでも参加出来ます。

滅多にないこの機会、一緒に参加しませんか?

2017年10月4日

広島ブログ

今年(2017年)の十五夜は・・・

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ お知らせ担当 和田です。
お彼岸も過ぎ、もう今は夜の時間のほうが長くなってきているんですね。まだ、いくらか日中は気温も高いですが、やはり何か空気が違います。
これから、文化・芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋・・・皆様はどれですか?
秋のお花のシーズンにも入ってきます。この時期ならではのお花をたのしんでくださいね。

十五夜

十五夜

さて、タイトルにもある今年の十五夜は・・・何日?だかご存じですか?
この記事の前の双葉園様からの記事をご覧になった方はわかると思いますが・・・、そう!今年の十五夜は遅いんですよね。10月4日(水)です。
「十五夜っていったら9月15日なんじゃないの?」って思われている方も多いと思いますが、十五夜は実は、旧暦の8月15日の満月を指すんだそうです。旧暦の8月15日は新暦では9月15日頃ですが、ご存じのとおり、今は新暦、太陽暦。月の周期を基準にした旧暦とは違いますね。太陽暦になっても4年に一度、閏年があって、一年が一日増えますね。旧暦(太陰暦)では、2~3年に一度、閏月をもうけて13ヶ月になる年もあるんだそうです。
だから、十五夜は毎年同じ日にちにはならず、9月中旬~10月中旬の間という約一ヶ月も幅があるんですね。
旧暦で秋は7月~9月のことで、十五夜の8月15日は中秋となり、『中秋の名月』ともいいます。

IMG_3437今年はこれからでもお月見の準備は間に合います。
秋の七草(萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗)の中にお月見に欠かせない植物があります。
「・・・ススキ・・・でしょ?ススキはないじゃない!」
イエイエ、ありますよ。「尾花」がススキのことです。
右の画像・・・、市場に出荷されたときのススキの荷姿です。ススキを切って新鮮なまま、市場~花屋さん~ご家庭にお届けしようと思うと、乾燥を防がないといけません。だから、こんな形で出荷されるんですよ。

ススキを飾る由来は、江戸時代頃からだとか。。。ススキが実った稲穂に似ていることから収穫を祝い飾るようになったのだそうです。また、ススキは神様の依り代ともされています。
ススキを触るときは、注意しないと活けないことがあります!気をつけないと葉っぱで手などを切ったりすることがあります。その鋭い切り口からか、魔除けになるとも信じられており、お月見で飾ったあと軒先につるしておく風習がある地域もあるそうです。

2012-09-28 17.16.06古くから、収穫への感謝や祈りが込められた日本の季節の行事となっているお月見ですが、日本古来からの風習も頭に置きながらも今のくらしに合わせて、今の季節を楽しみましょう。
お花屋さんに出かけてみて下さい。お月見セット・・・いうふうに秋の七草や秋の花(秋桜、リンドウなど)を組み合わせた花束も並んでいるお花屋さんもありますし、気軽に相談しながら素敵な秋のお花を組み合わせてもらって下さい。

あとはお天気が心配ですが・・・、今のところは雨予報にはなっていないようです。
お月見するときは、月見台をおいてお団子(秋のお団子は、おはぎですよ。これも秋の七草の一つ「萩」に因んだ呼び方です。)や里芋(十五夜は芋名月ともいうんですね。)などをお供えして、秋の七草を飾って月を見ながら静かに秋の夜長を楽しんではいかがでしょうか?

2017年9月30日

広島ブログ

お月見会、今年も。。。 ~双葉園~

暑さ寒さも彼岸まで。。。とはよく言ったものですね。
日中も過ごしやすくなって参りました。
皆様、いかがお過ごしでしょう? 岩国の花屋 双葉園です。

先日、9月20日(水)に岩国国際観光ホテルにて、第46回目のお月見会が開催されました。

miniDSCF2752 21558625_1314584391973706_799775473885064243_n
今年の玄関ロビーのカメには、白波を真に使用。
ナナカマド、灌木(カンボク)のオレンジ、赤の実物でメリハリをつけ、足下の空間にはナツハゼを使用。
ツバキの緑の葉にて底面を〆ております。
高さは4.5m弱くらいでしょうか。

玄関から入館されて正面。
miniDSCF2744
この器は、お造りや天ぷらなどを盛りつける特大のかごです。
これに秋の七草をいけた混ぜ活け。
miniDSCF2736 miniDSCF2737 miniDSCF2742 21752324_1314650858633726_3202079505114741932_n
21558976_1314650908633721_4011145434501823564_n 21740240_1314650821967063_4055584517804249058_n
すすき・オミナエシ・われもこう・ケイトウ・スプレー菊・マイクロマム・リンドウ・ナツハゼ・タマシダ

エレベーター横にはすっきりと生花、三種生け。
21618028_1314651241967021_5821636841461138235_n 21616138_1314651291967016_6163860918267803104_n
ノカイドウ・エニシダ・リンドウ

宴会場のステージには、いつものように4.5mに立ち上げたススキ。
今年の活け込みは9分20秒で120本のススキを使用した作品になりました。
いかがでしょう?バッチリですかな?
21617626_1314648908633921_3224212804715759970_n miniDSCF2764
待合のお茶席にはこの度初めてラックを使用しました。
miniDSCF2760 miniDSCF2762
ススキ・ツルウメモドキを使用。

miniDSCF2770 miniDSCF2773

そして、メイン会場の卓上には、キャンドルに合わせた秋の装花です。
21617538_1314649655300513_4581868467346182658_n 21752003_1314649691967176_4755082516494435649_n

今年2017年の十五夜(旧暦の8月15日)は、いつもよりも遅く10月に入ってからです。
10月4日が今年の中秋の名月(十五夜)。
お月見にススキを飾るのは、月の紙様の依り代になるといわれて供えられていたとも。。。
またススキには魔除けの力があるとも信じられていたそうです。
10月4日、お天気に恵まれてきれいなお月様が見られるといいですね。

2017年9月25日

広島ブログ

広島県花き品評会 in LECT ・・・無事、終了!

これまでも告知をしてきた広島県花き品評会 in LECT 。
平成29年9月15日に審査を終え、16~17日にはこの春広島に新しい形態でオープンした大型商業施設LECTで展示。。。というスケジュールを無事終了することができました。
たくさんの人にご披露出来る形であることや、品評会開催時期が生産者の出荷の多い時期にうまく設定できたことから出品点数が伸びるのでは・・・という期待を持って受付に臨みました。・・・が、ここ近年の猛暑・・・というよりも酷暑に天候不順の影響か、前年を下回る70点の出品に止まりました。特に草花類の出品が極端に少なく寂しく感じました。

IMG_3487

品評会当日の市場は、秋のお彼岸に向けて繁忙期に入る時期なので、受付は午後から。地元の生産者、広島県花き園芸農業協同組合・広島県東部花き生産者組合の役員の皆様が広島市中央卸売市場花き部に集結、準備にかかりました。出品点数も少なかったため(泣)準備もスムーズに終了し、審査に入りました。

IMG_3507 IMG_3508

入賞点数は19点、そのうちの最高賞は広島県知事賞です。1次審査から2次審査・・・とすすめ、最終的に

広島県知事賞    スプレーバラ アンティークブーケ 田中 明  (江田島市)
広島県議会議長賞  りんどう   しなの3号       山本 清美 (府中市)
中国四国農政局長賞 石化柳              中原 義夫 (浅口市)

・・・他16点の入賞が決定いたしました。
最後の審査委員長に講評を頂いて無事終了いたしました。
IMG_3510
出品された皆様のこの夏のご苦労は、たいへんなものだったと想像します。育っていく植物にも厳しい夏は、それを作る生産者の皆様にもそのまま当てはまります。植物の生命力と生産者のご苦労あってこそのきれいな花々。。。それに私たちは癒やされ、元気をもらっているんですね。

さて、そんな花々を見ていただくために、品評会終了後、市場のすぐ近くにこの春オープンした大型商業施設
LECTのイベント会場の装飾準備に入りました。
IMG_3504  IMG_3500
装飾用にご寄付いただいた花を挿していきます。
役員総動員で手際よく進めて、準備OKです。
商業施設なのでお客様が多い時間の搬入は避けて、午後8時からの搬入です。
IMG_3512-1 IMG_3513
閉店前の会場で入賞作品を中心に展示していきます。
同じイベント会場で音楽のステージもあるということで、せっかく同じ日程での開催なので、ステージの装飾も。
いつもよりも華やかなステージです。
IMG_3516  IMG_3517-1
翌朝、お客様をお迎えする前に花筒のお水もチェックして準備完了です。

IMG_3523 IMG_3522 IMG_3524
入賞作品の上位3賞です。

IMG_3542 IMG_3528

IMG_3526 IMG_3588

二日間の展示期間の締めくくりは、会場を飾った花々のオークション。
もちろん!入賞した花もご来場頂いた皆様にオークションで値段を付けて頂いて買っていただきました。

その時の様子を感じていただきたいのですが。。。、準備~販売まで手が取れず、画像がありません。(汗)
ちょうど台風襲来の日、最接近に近い時間だったので、お客様が集まってくれるだろうか・・・?と心配もしましたが、そこは大規模商業施設の強いところ。建物の中にその時にいた人は、帰りにくい・・・ということで、賑やかにオークションを行うことが出来ました。
きっと初めて参加された方もいらっしゃったのではないかと思いますが、楽しく買っていただけた様子だったので、私たちも喜んでいます。

こんなにたくさんのお客様に見ていただけるのですから、来年は、もっと出品点数を増やしていかないと!!

2017年9月20日

広島ブログ

広島県花き品評会

9月に入り、先日日本列島の側をかすめていった台風が、秋を運んできたのでしょうか?
最近、朝晩少し涼しく感じられるこの頃ですね。

さて、広島県では、毎年9月に県内花き生産者の技術研鑽や広島県産花きのPRを目的に広島県花き品評会を開催していますが、今年もその季節になりました。
今年は、この春、堂々完成した商業施設『LECT』イベントスペースで開催が決定しました。
昨年までは、広島県農業技術センターでの開催でしたので、一般公開・・・といっても限られた人しか見られなかったというのが本当のところです。
しかし、今年はきっとたくさんの方々に県内花き生産者が丹精込めた花を見ていただけるものと期待しています。

IMG_3349  IMG_3351

広島県花き品評会
開催日時 平成29年9月16日(土)~17日(日)
開催場所 LECT  広島市西区扇二丁目1-45
LECT イベントスペースにて

こんなイベントの後のお楽しみといえば・・・「オークション」ですね。
もちろん行いますよ♪

オークション 平成29年9月17日(日) 午後3時より
場所は、展示会場と同じイベントスペースです。

DSC_1963

DSC_1963

二日間、展示させていただいた後のお花ですが、すべて出品した生産者の自信作ばかり。
フラワーフェスティバルの時もオークションを開催しますが、人気イベントの一つになっていると思っています。
是非!オークションに参加して、自分で値段をつけて買うという「オークション」(=「セリ」)に参加して見られませんか?

2017年9月4日

広島ブログ

NHK「ひるまえ直送便」に花いけバトル中国大会代表が出演決定!

今日明日(8月19日~20日)、香川県の高松市では全国高校生花いけバトル栗林公園杯 全国大会が開催されます。

先日の記事でも紹介しましたが、高校生花いけバトル中国大会(リンク先に中国大会の様子がレポートされていますので、ご覧下さい。)も開催され、その優勝チーム、広島工業大学高校「まんじゅしゃげ」もこの決勝大会に臨んでいます。
花いけバトル全国大会のホームページでも、各地の大会を勝ち抜いたチームが紹介されています。
中国大会優勝チーム 「まんじゅしゃげ」は ⇒⇒⇒ こちら

全国各地の予選大会にエントリーをしたチーム総数は123チーム。高校生花いけバトルの全国大会。。。初めての開催にもかかわらず文化部に所属する高校生も「花をいける」という表現方法でパフォーマンスを魅せたい・・・と参加してくれたチームがこんなにもいることに筆者も感動です。
残念ながら高松市には行くことが出来なかったチームのためにも、各地の代表の健闘を祈ります。

IMG_2778 ⇚中国大会の時のチーム「まんじゅしゃげ」

そう!このチーム「まんじゅしゃげ」が来週のNHKのローカル情報番組「ひるまえ直送便」に出演します。
全国放送番組ではないので、すべての皆様にはご覧いただけませんが。。。(><)
放映日時 : 平成29年8月24日(木) 午前11時半~

生放送なんです!
「まんじゅしゃげ」のお二人にとっては、この夏、とてもいろんな経験ができる夏休みになることと思います。

24日なので、全国大会の結果は決まっています。どんな結果を持って帰ってきてくれるでしょうか?
中国地方のエントリーチームを代表して参加してきたふたりのインタビューなど、全国大会の様子も交えながら紹介されることと思います。

中国地方で放映されるローカル番組ですので、中国5県の皆様、是非ごらんくださいね。

2017年8月19日

広島ブログ

華道部も熱い!

月遅れのお盆に入って参りました。
昨年から始まった8月11日の山の日からお盆休みに入った方も多いようですね。
ニュースでは、帰省ラッシュの話題ものぼっていますね。

その直前、8月10日、広島でIkenobo 花の甲子園 中国地区大会が開催されました。
午後1時、広島駅南口の地下広場を会場に、1チーム3名、15チームが勢揃い。
IMG_3035

それぞれのチームの出場者の皆様の前には、花器が3種類。共通の花器は2種類。黒一色のコンポートと池坊自由花指定花器。もう一種類はミニチュア花器で各チームが自由に持ち込みますが、既存の花器は使わないこと・・・と決められています。
IMG_2364

花材が各チームに配られます。花材は各チーム共通。出場者はその中の種類は知らされていません。花材は20種類、1本から3本くらい用意されていました。その花材とは別に、各チーム一種類だけ持ち込み花材が許可されています。これらで3種類の器にそれぞれ担当を決めて作品を活けていきます。
IMG_2374 IMG_2381
活けている最中、10名の審査員の皆様が各チームを審査していきます。いけばな作品として構成や技術・表現力だけでなく、チームワーク、パフォーマンスも審査の対象です。チームワーク、パフォーマンスは作品完成後、各チームがどんな思いで作品を活けたか、何を表現したかったかなどプレゼンテーションをする時間が3分30秒の制限時間で与えられているので、それも審査対象となります。
また、出場校同士の相互投票も行われ、それも審査員の評価に考慮されます。
メディアも入り、作品を一生懸命作り上げている出場者の様子や手元を取材していました。

45分で作品を活けた後、プレゼンテーションです。自分たちの作品を自分たちの言葉で、中にはパネルなども用意しているチームもあり、思いを一生懸命伝えます。

 

 

IMG_2393 IMG_2395 IMG_2399 IMG_2403

全チームのプレゼンテーションが終了して、審査に入ります。
審査の間、休憩。。。休憩の間、各チームの皆さんの作品を間近で観ることが出来ました。

45830C9F-F4C7-439B-98C2-0E3764D29AE0

出場チームの作品の審査には、予定時間を越える時間がかかりました。接戦だったのでしょう。丁寧な審査が行われた後、いよいよ結果発表。4位・3位・2位・・・と発表され、晴れて1位の優勝チームは・・・!

IMG_2417

広島市立基町高等学校 チーム名「からくれなゐの花守」。感激の瞬間!!
IMG_2418
IMG_2421

11月12日に京都六角堂で開催される全国大会への切符を見事GETです。

最後のあらためて参加校全チームを讃え、敢闘賞も各チームに贈呈されました。

今まさに、高校野球が甲子園で熱戦中ですね。スポーツ系の部活(クラブ)は、競技会・大会など華やかに行われますが、文化系ではなかなか注目を浴びる機会も少ないですね。
でも、おとなしい・・・と思われている文化系所属の生徒だって熱い想いをもってチャレンジしたいんですね。

7月には、全国高校生花いけバトルの中国大会も開催されました。

IMG_2832
花いけバトルのお手伝いをしましたが、華道をしている生徒がどれだけ応募してくれるんだろうかとの心配をよそに、締め切ってみれば、こちらも15チームのエントリー。高校生の花いけバトルの全国大会は、次の週末、8月19~20日にかけて、香川県の栗林公園で全国大会が開催されます。中国大会(リンク先に中国大会の様子をご覧いただけます)を勝ち抜いた広島工業大学高等学校のチーム「まんじゅしゃげ」が全国大会に参加します。
日本で大事に育てられた「いけばな」文化も今の時代に合わせ、グローバルな感覚も加わって、変化、発展していくのでしょう。まずは、すべての人々に興味を持って頂く機会をどんな風に提供出来るか。。。これまでの固定観念に縛られず、まず花や緑のすばらしさを知って頂かないと。。。

この春から夏、いろんなお手伝いをさせていただいて、そんなことを考えさせられました。

2017年8月12日

広島ブログ

国境の無い花たち展 2017

広島の原爆の日。。。その日一日だけの花展『国境の無い花たち展2017』が、
広島平和公園の近くの商業施設「紙屋町シャレオ」の中央広場で開催されました。
IMG_3014

10時からのオープンを前に、多くの方々が開会を待っておられました。
この「国境の無い花たち展」は、花いけのジャンルを越え、生け花の流派を越えて
広島の原爆の日、8月6日に合わせて開催されています。
いけばなインターナショナル広島支部が、現在その実行委員会の事務局を引き受けられています。
平和祈念式典に続き、参加して頂いた方も多くいらっしゃいました。

広島の水で献杯を行い、開会いたしました。

IMG_3017
オープニングセレモニーには、たくさんのご来賓にご臨席いただきました。
IMG_3019 記念写真を撮らせていただきました。
ウルグアイ大使夫人、注イエメン大使夫人、そして、片野いけばなインターナショナル会長。

そのほか、いけばなインターナショナルの会員でもある松井広島市長夫人も。
作品も出品されていました。
IMG_2963

ウルグアイ大使夫人も出品されていました。
IMG_2977 いけばなを通じてたくさんの友人が出来たとごあいさつでおっしゃっていました。

今年は、高校生の皆様の作品も並んでいました。
IMG_3025

IMG_2968 IMG_2969 IMG_2970 IMG_2971 IMG_2972 IMG_2973 IMG_2974 IMG_2975

どの作品にも出品者のメッセージが書かれています。

平和であればこそ花が活けられる・・・8月6日に平和への願いを込め、また、花を活けることで全世界の人と繋がれる、花で平和に貢献出来るに違いないということが今日のたった一日の花展でも確信できたはずです。
IMG_3022

今日一日、多くの人にいけばなで平和へのメッセージを伝えられたものと思います。

2017年8月6日

広島ブログ

平和を願い ~広島平和祈念式典準備~

1945年8月6日午前8時15分 広島に原子爆弾が投下されて今年は72年目の夏を迎えます。
多くの被爆者がその当時のつらい思い出を持っていて、この時期、メディアで多く取り上げられます。
筆者も被爆2世。家族から原爆投下の日からその後の様子を家族からも聞かされています。
両親とも被爆者である事から、私も小さい頃、病気をすると白血病かと疑ったとのこと。
お陰様で白血病ではなく、現在まで暮らすことが出来ています。
私の叔母(父の姉)は爆心地近くで被爆して、祖父は叔母を3日間収容所となっていたところを巡り、
やっと探し当てて自宅に連れ帰ったそうです。
叔父(父の弟)は、小学校に登校する前、玄関を出たところで父を待っていて、その時に被爆し、
即死だったそうです。
叔母は、全身やけどでたいへんな状態だったそうですが、亡くなった弟の話を聞き、
「かわいそうに・・・、かわいそうに・・・」と言ったそうです。
自分の状態が厳しいのに、10代初めの娘からよくそんな言葉がでた・・・と思います。
この話を思い出す度、目頭が熱くなるのを感じます。

平和がどれだけ有り難いことか、今年もあらためて感じているところです。

8月6日広島平和祈念式典を前に、数日前から式典の準備は始まっています。
慰霊碑周りの花き装飾は、平和祈念式典前日に入ります。
その様子を今回はお伝えします。

IMG_2316 IMG_2330

広島の慰霊碑周りの飾り付けは、黄色の輪菊一色で、シンプルに飾り付けます。
IMG_2320  IMG_2338

IMG_2326  IMG_2341

飾り付けを進めているすぐ側では、式典の時の合唱のリハーサルも。
IMG_2321

正面の飾り付けがすんだら、サイドへ。
IMG_2344  IMG_2347

IMG_2354 IMG_2349

IMG_2352

最後に全体のチェック・・・。広島市のチェックを受けて。。。

IMG_2356  なんとか日が暮れないうちに完成です。

広島は、8月6日、平和への祈りの一日となります。
平和公園近くの商業施設、紙屋町シャレオの中央広場では、
静かに平和を願う『国境の無い花たち展2017」が開催されます。

「明日も、花がいけられますように。」
(昨年の出品者のお一人のメッセージより)

2017年8月5日

広島ブログ

秋のブライダルフェア2017 ~双葉園~

毎日厳しい暑さが続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょう?
岩国の花屋 双葉園です。

7月も終わり8月に入りましたが、およそ一週間前の7月23日に岩国国際観光ホテルにて、秋に向けての恒例のブライダルフェアが開催されました。
メインテーブルにはいつものように、赤・黄・緑のもみじを使用。床面から4.5mに立ち上げています。

miniDSCF2668

miniDSCF2673 miniDSCF2674

メインテーブル

miniDSCF2671 miniDSCF2672

卓上は7種類ご紹介しました。

miniDSCF2683  miniDSCF2685 miniDSCF2684  miniDSCF2677 miniDSCF2679  miniDSCF2680 miniDSCF2681

ケーキ
miniDSCF2675

キャンドル
miniDSCF2676

ちょうど別の会場では、フェアではなく、結婚披露宴も。
盛夏にあわせて、ひまわり使用のコーディネートでございます。

miniDSCF2664 miniDSCF2666

miniDSCF2663 miniDSCF2661

暑さはまだまだ今からが本番。

どうぞ皆様、熱中症に十分注意してくださいませ。

2017年8月2日

広島ブログ

国境の無い花たち展 2017

今年も原爆の日が近づいてきました。
8月6日、静かに続けられている花展、「国境の無い花たち展 2017」が今年も開催されます。国境の無い花たち展2017

いけばなの流派を問わず、花を活けるジャンルも問わず、プロであろうとアマチュアであろうとどなたでも出展出来る花展です。

「平和であればこそ花をいけることが出来る。
ナイフを武器としてではなく、平和を紡ぐ道具として。」

出展される皆様ひとりひとりの思いが作品にも添えられています。

8月6日一日だけの平和への思いを込めた花展・・・、入場無料で平和公園のすぐ近くの地下街、「紙屋町シャレオ 中央広場」で開催されていますので、お近くにおいでの際はどうぞお立ち寄り下さい。

(2016年の様子です)

DSC_1829

00300005

昨年、出展された方のメッセージにとても心に残ったフレーズがありました。

明日も花がいけられますように

DSC_1814

2017年7月30日

広島ブログ

全国高校生花いけバトル 栗林公園杯2017 中国大会

IMG_2717 H29年7月16日
全国高校生 花いけバトル 栗林公園杯2017 中国大会が広島市中央卸売市場中央市場花き部 (株)花満のオークションルームで開催されました。
参加したのは、広島県・岡山県から9校15チーム、30名。花の活け手をバトラーと呼び、わずか制限時間5分という時間内に、即興で花を活け、より観客を魅了・感動させてたバトラーが勝利します。

これまでは、プロの間で行われることが多かったこの「花いけバトル」ですが、高校生による花いけバトルが初めて実施された香川県において、全国大会を開催すべく実行委員会が立ち上がりました。
全国を8ブロックに分け、各ブロックの勝者が、8月、栗林公園に集結し、全国大会が開催されることとなりました。
中国大会がこの度開催され、15チームの頂点を目指し、男女30名が競いました。

IMG_2729 IMG_2742 IMG_2753 IMG_2776

普段は、こんなに大きな花器に大きな枝物や花を活けることは少ない高校生達。
今日のこの日のために練習を重ねてきました。
15チーム30人全員が予選では一通り花を活け、観客の皆様の審査によって上位4チームが準決勝・決勝とコマを進めます。

IMG_2763 IMG_2762

予選が終了し、集計している間には、プロの大人のエキシビション・・・の予定でしたが、急遽、選手交代!! 福山誠之館の英語の先生、エリック ウェイド先生。
E ウェイド先生がプロ(曽我部 翔氏)に挑戦・・・という対戦もありました。
今年、初めての大会で、地元メディアもたいへん興味を持っていただき、休憩の間には出場者や主催者にインタビューも。。。

IMG_2801 IMG_2803

IMG_2815      IMG_2812

決勝戦は、広島工業大学高等学校「まんじゅしゃげ」と福山誠之館Bの対決。
どちらのチームの選手も、攻めの姿勢での花いけ。
高校生がこんなにすばらしい大作をいけられるなんて・・・感動しました。

決勝戦を制したのは広島工業大学高等学校「まんじゅしゃげ」。
男の子のチームでした。

IMG_2827

8月には全国各地の大会を勝ち抜いたチームが、香川県高松市の栗林公園に集結して、全国大会が行われます。
どのチームにもがんばって欲しいですが、中国大会で競った他のチームのためにも、チーム「まんじゅしゃげ」には特にがんばっていただきたいです。

皆様の健闘を祈ります。

 

2017年7月18日

広島ブログ

高校生の花いけバトル オリエンテーション

映画では「花戦さ」が公開中ですが、高校生も花戦さ・・・イエイエ、「高校生の花いけバトル」で、この夏、日本を熱くしてくれそうです。

IMG_1816最終的にエントリーチームは9校15チーム。岡山県から1校、広島県から8校です。テストなどの関係で出席できない人もいましたが、中央市場花き部の会議室で1時間ほどの説明会、その後、オークションルームに移って、実際の会場で本番でも使う花器や花々を実際に触り、活けてもらいました。
IMG_1765

講師は、花いけバトルのバトラーでもあり、華月流 副家元の細川康秀氏、そして、地元広島のバトラーで、ひろしまフラワーフェスティバルのいけばなライブでも曽我部 翔氏(花いけバトル2015年間王者)、藤本 浩司(花いけバトル2016年間王者)と競演したフラワーショップ ドゥジエムの山村多賀也氏。

花いけバトルとは、5分という短い時間に懸命に花を活ける姿を、作品を、観客の前で披露します。それをジャッそジするのは活けていく過程、姿を見守っていた観客。今回のオリエンテーションの講師からもおわかりと思いますが、いけばなの流派、ジャンルをこえ、花を活けるということに焦点を当てた競技です。この度エントリーしたチームの中でも、華道部の皆さんも多いですが、華道部ではない高校生もいらっしゃるんですよ。だけど、ルールは高校生であろうとプロであろうと「花いけバトル」のルールは同じ。地元高校生達は緊張した面持ちで、説明を聞いている様子でした。
IMG_1766  IMG_1763

IMG_1753  IMG_1754
オークションルームに移って、大会当日の進行なども含めて説明があったあと、いよいよ実演。
・・・とその前に、プロである講師2名のデモンストレーション。
IMG_1773   IMG_1772
講師の先生方の作品も、観客が座った位置によっても見え方も違います。。。とのアドバイス。実際に見る位置をかえてみたり・・・
IMG_1776   IMG_1774
自分たちが活ける位置からもどう見えるかも確認します。

いよいよ、実際に大きな器に活けてみよう!・・・ということで、参加してもらった高校生全員に本番でも使うかもしれない花器に活けてみました。
IMG_1813
全員の作品ではありませんが、いくつかご紹介します。
IMG_1797   IMG_1795

IMG_1842   IMG_1809

一つ一つの作品に丁寧に講師の先生からのコメント。5分という短い時間を区切られて活けたのは初めてだったと思いますが、みんな、なかなかの作品です。

「全国高校生 花いけバトル 栗林公園杯2017」中国ブロック大会
平成29年7月16日(日) 午後1時~
広島市中央卸売市場中央市場花き部 株式会社 花満 オークションルーム

中国ブロック大会は、一般の方も観戦可能です。
高校生の皆さんが一生懸命花と向き合って、活ける姿、活けた作品を目の前で観てみませんか?

 

2017年6月18日

広島ブログ

父の日を前に

こんにちは。梅雨入りしましたが、今年は梅雨前線がもう一度下がったままでもう6月半ば。。。、今のところ全く梅雨らしくないお天気が続いていますね。
今週の日曜日は、6月第三日曜日。。。父の日ですね。
広島花いっぱい推進委員会は、父の日を前に松井広島市長にご挨拶に伺ってきました。

IMG_2382母の日にならって、アメリカで生まれた父の日。提唱者であるソノラ・スマート・ドッドが、父の日に男手ひとつで育ててくれた父親の墓前に白いバラを供えたことからとされています。
イギリスでは「黄色」は身を守るための色とされており、アメリカに伝わり、黄色いリボンは「愛する人の無事を願うもの」となったそうです。
日本では、父の日黄色いリボンキャンペーンがはじまり、父の日に黄色いリボンを添えてプレゼントを贈ろうという動きが始まりました。花き業界では、父の日の花「バラ」と黄色が結びついて黄色いバラを父の日に贈るという提案も始まりました。

写真のバラは、広島県江田島市の田中ローズガーデンのライトニングという品種の黄色いバラです。
黄色は、元気のもらえるカラーですよね。ビタミンカラーとよく言われます。
市長にも、父の日のシンボルでもある黄色いバラをはじめ花を贈ることで、花を扱う業界としてPRしました。
是非、松井広島市長も黄色いバラに込められた願いのとおり、 元気に広島を引っ張っていっていただきたいです。

DSC_1745

DSC_1745

DSC_1750

DSC_1750

2017年6月13日

広島ブログ

全国高校生花いけバトル中国地区ブロック大会開催決定

この夏、8月19日~20日にかけて、香川県高松市において「全国高校生 花いけバトル 栗林公園杯2017」が開催されます。

全国各地で近年開催され、人気を呼んでいるイベント「花いけバトル」。「花いけバトル」は2011年に開催されるようになり、いけばなの流派、ジャンルをこえ、花を活けるということに焦点を当てた競技。
最初は花を扱うプロフェッショナルを対象としたイベントとして成長してきました。
16265319_1897163897226832_2647415912679652406_n-2

5分という短い時間に懸命に花を活ける姿を、作品を、観客の前で披露し、それをジャッジするのは活けていく過程を見守っていた観客。
作品の出来映えはもとより、観客をより感動させた、より魅了させたチームが勝者となります。

この「花いけバトル」が高校生対象に開催されるのが高校生花いけバトル。
ルールは全く同じ。
華道部、フラワーアレンジメント部・・・などあるかと思いますが、そのような部に所属していない生徒でも参加出来ます。

次世代を担っていく若い高校生に日本に古くから伝わる「花をいける」、そして、その花に感動するということから日本の花文化を新しい手法で伝え、育む。。。その一つが「高校生の花いけバトル」ともいえます。

この「全国高校生 花いけバトル 栗林公園杯2017」にむけて、先日ブロック大会参加〆切を迎え、中国地方でも予選大会としてブロック大会が開催されることとなりました。
エントリーチームは、中国地方の高等学校8校から14チーム。
このブロック大会での勝者が、高松氏で回される全国大会に招待されます。

開催日時と場所は、7月16日(日)、広島市中央卸売市場中央市場花き部で開催されます。

全国高校生 花いけバトル ⇚こちらをclick !!

全国高校生花いけバトルPV

全国高校生花いけバトル 公式WEBサイト

 

 

2017年6月3日

広島ブログ

母の日を終えて ~双葉園~

すっかり初夏の陽気となりました。皆様、お元気ですか?
岩国の花屋 双葉園です。
さて、去る5月14日、平成29年の母の日が終了いたしました。
今年は、5月の第二日曜日(母の日)は、一番遅い日曜日でございました。
それだけに連休明けてからのPR活動や準備にはある程度余裕がございました。
お陰様で、すべての配達業務は昨年の430件の数を大きく上回って、500件に到達いたしました。
ご利用頂いたお客様、本当にありがとうございました。
また、当店のスタッフはいつもは私以下8名でございますが、過去の双葉園のOB他、当日は25名でがんばってくれて、母の日当日、夕方4~5時には留守宅を除き、ほぼ配達終了。
みんな「ご苦労様、本当にありがとう。来年もまた来ます。」と手を振ってくれました。

miniDSCF2640 店頭には、寄せ鉢がずらり・・・。

miniDSCF2642 赤いカーネーション1本のラッピング。
今年は1200本。
平田支店の藤井京子、通称、京ちゃんのひたすら・・・ひたすら・・・のお仕事でした。
ありがとう。

miniDSCF2647 miniDSCF2648
配達の荷造り作業は、森 智園を頭にバイト3人との共同作業。
13日の夕方の集荷に間に合いました。
ありがとう。

miniDSCF2650 miniDSCF2651
協力してくれたヤマト便のトラックは2台に満載でした。
ドライバーさんお二人、悲鳴でした。
ありがとう。

miniDSCF2646  miniDSCF2644 miniDSCF2645
いつものように低温倉庫の中には指定されたアレンジがいっぱいです。

miniDSCF2655 14日当日は店の前に配達車がズラリ・・・計8台でございます。

miniDSCF2656
毎度のことですが、私と林 園子は郡部の山奥に向けて、当日200kmを走りました。
毎年、ご注文頂くお客様から、「いつもご苦労様」と・・・
miniDSCF2657 タマネギをお土産に頂きました。
ありがとう。

さて、この次は父の日ですね。
既に、ヒマワリの1本巻きなどのオーダーも入っております。
お父さんの日もどうぞ双葉園にお越し下さいませ。

2017年5月24日

広島ブログ

岩国観光交流所「本家 松がね」~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

長い連休が終わりました。
いいお休みを過ごされましたか?

さて、3月25日に新しくオープンした岩国観光交流所「本家 松がね」をご紹介したいと思います。
miniDSCF2607  miniDSCF2608

国の登録有形文化財にも指定されている國安家住宅を改修し、江戸時代の城下町のたたずまいを今に伝える施設として錦帯橋のたもとにオープンしたものです。。
建物も本瓦葺と虫籠窓、欄間「七宝繋ぎの透彫」など見どころ満載です。
岩国市内の観光・物産・情報などをパネル紹介もされており、地酒や岩国寿司などの特産品・郷土料理の試飲、試食(有料)も楽しめるということです。
宅内には市内の方々から提供された骨董品が展示されています。
miniDSCF2606  miniDSCF2605
その一部のブースに、当店から生け花の提供させていただくことになり、生け花(三種生け、二種生け、一種生け)を基本に生け込みを考えています。

miniDSCF2604
初回は、シャクナゲ・沖縄シャガ・ナデシコの新風体でスタートです。

また、5月1日~7日まで、観光客のお客様にこの春最後の桜を観賞していただきました。
miniDSCF2610 低温庫にて開花を15日ほど遅らせています。

昨年12月24日からスタートした桜の仕事も5月7日で終了でございます。

連休期間中、5月4日にはアレンジメント教室も開催いたしました。
18268363_1191489104283236_4711942466459951610_n  18198628_1191489064283240_8708730040509769417_n  18195094_1191489077616572_3592051299252689307_n
端午の節句が目の前でしたので、菖蒲の花を使用した和と洋が融合したアレンジメントを体験していただきました。

次回は母の日の報告いたします。

2017年5月10日

広島ブログ

海上自衛隊の観桜会 ~双葉園~

お元気ですか、皆様? 岩国の花屋 双葉園です。

今年の桜は、全国的に若干の遅れがあるようでございます。
岩国の錦帯橋の桜も例年より5日遅れ位の4月1日でございました。

恒例の海上自衛隊の観桜会は少々早く、3月30日、3年ぶりに格納庫で行われました。

生け込みはいつものようにベテランの林と一緒に行動でございます。
3月27日に入荷した松前紅豊御車返しをいつものように電気ストーブで開花させ、当日に間に合わせました。

さて・・・、どの位置にしましょうか・・・?

miniDSCF2517   miniDSCF2518

林さん・・・カメの台車を移動します。
生け込みのバックには広い会場にお客様用のフードテーブルが設営されています。

miniDSCF2519

淡いピンクの御車返しを中心に紅豊の濃いピンクでメリハリをつけました。

miniDSCF2522  miniDSCF2523

miniDSCF2520  miniDSCF2521

下方の最後の仕上げに、林さん、がんばっています。
最後はツバキの葉で足下を隠します。

miniDSCF2524  miniDSCF2525

平成29年の桜・・・出来上がりました。

miniDSCF2527  miniDSCF2526

格納庫の外には・・・

miniDSCF2528  miniDSCF2529

さて、夕方の6時から我が奥様とご招待を受け、宴席に行って参りました。
会場に入りますと、おいしそうなお料理がずらり・・・

miniDSCF2537  miniDSCF2531

そして、生け込んだ桜には、紅豊御車返しの説明文が掲げられています。

miniDSCF2533

松前紅豊(マツマエベニユタカ)
北海道の松前で浅利正俊が松前早咲(マツマエハヤザキ)と龍雲院紅八重(リュウウンインベニヤエ)を交配させて作り出した。
花径は5cmくらいある大輪で、八重咲きである。花の色は濃い紅色で花弁数が15~20枚くらい。
御車返し(ミクルマガエシ)
花径は3.5cm以上の大輪で、一つの木に一重の花と八重の花が咲くことが特徴。毎年、一重と八重の咲く一もかわると言われる。
花の色は全体に淡く紅紫であり、花の先端ほど色が濃くなっている。
*「御車返し」は牛車に乗った二人が、通りすがりの桜を一重か八重かで論争に也、御車を引き返して確かめたことから名付けられ、「八重一重」とも呼ばれる。

miniDSCF2536 奥様と二人でのショット

余興として山口市の陸上自衛隊による太鼓の演奏がとても迫力がありました。

自衛隊の観桜会に限らず、当店では婚礼、お花見の会、入学式 etc 桜の仕事で忙しくしています。
4月下旬まで続く感じです。
毎年の桜のイベント等々、ご相談を年間通して承っています。

2017年4月11日

広島ブログ

オフィシャルフラワームーンダスト これで母の日は大丈夫♪

サンフレッチェ広島にはオフィシャルフラワーがあるのはご存じですよね。
そう!! ムーンダスト♪
花言葉は、「永遠の幸せ」

そんな花をつかって、アレンジメントをつくる講習会が、4月16日のエディオンスタジアムで、サンフレッチェ広島のホームゲームで開催されますよ♪

もう一ヶ月もすれば、「母の日」。
サンフレッチェファンでもそうでない人でも、こんな素敵な花言葉をもったオフィシャルフラワー「ムーンダスト」を母の日にプレゼントしてはいかがですか?
それも自分でアレンジできたら、きっとお母様も大感激!!
4月16日には、エディオンスタジアムでフラワーアレンジメントを体験して、いざ!!母の日には自分で!!っていうのも素敵ですね。

http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=10533

DSC_1401

DSC_1401

サンフレッチェ広島オフィシャルフラワーで盛り上げよう!!

2017年4月7日

広島ブログ

本日2月23日からツバキ展が始まります。

ツバキ展

今年が5回目になる ツバキ展。

今年も開催いたします。

この時期、桜の開花予想に気持ちが行きがちですが、ツバキも花の時期になります。
日本ツバキ協会広島支部主催です。
愛好家の皆様のご協力で、小さいながらも華やかなツバキ展を続けて参りました。
広島駅からあまり遠くないお寺をお借りして開催します。

是非ご来場下さい。

会場: 広島市南区松川町3-1 妙詠寺
開催日時: 3月23日~27日 午前10時から16時まで

2017年3月23日

広島ブログ

第63回広島花の祭典

3月に入り、春を思わせる暖かい日、まだ冬のなごりのある寒い日が順番巡ってきています。
花粉の飛散もはじまり、鼻がムズムズ・・・目がショボショボ・・・という人もいらっしゃることかと思います。
そんな春本番前に今年も開催されました!

広島花の祭典
miniIMG_0856 お客様を迎える入り口の装飾
この度は、コンパクトなスペースでの開催となりました。
コンパクトといってもデパートのいちばん大きな催し物会場です。
会場は春の花でいっぱいになりました。

もともと広島花の祭典は、広島県内の生産者の技術研鑽、品質向上などを目的とした
花き品評会から始まった催し物です。
この度は、初心に返って、花き品評会をメインに据えて開催することになりました。
しかし、これまでの開催の中でご来場の皆様に大変ご好評をいただいていた「桜」は
やはり楽しんでいただきたい・・・という思いで会場も装飾いたしました。
昨年の大河ドラマ「真田丸」もあり、大阪城と豊臣秀吉の「黄金の茶室」をイメージして
花いっぱいの会場を作り上げました。

miniIMG_0921 miniIMG_0920

黄金の茶室 黄金の茶室

お城も茶室も手作りなんですよ!

そして、花き品評会。。。この度は広島県内外から325点の出品があり、
とても華やかな品評会となりました。

miniIMG_0859 miniIMG_0861

miniIMG_0863 miniIMG_0871

miniIMG_0872 miniIMG_0875

miniIMG_0876 miniIMG_0878

miniIMG_0879 miniIMG_0880

miniIMG_0882 miniIMG_0890miniIMG_0868 miniIMG_0989

これら多くの出品された花きの中から選ばれた最高賞「農林水産大臣賞」と獲得したのが・・・

花の祭典花き品評会農林水産大臣賞
広島県山県郡北広島町 岡広 勲氏出品 スプレーストック カルテットホワイト です。
続いて・・・広島県知事賞

miniIMG_0916
広島県
廿日市市 (有)とくなが園芸出品 スプレーバラ ピンクワルツ

広島市長賞
miniIMG_0914
広島県
江田島市 田中ローズガーデン出品 スタンダードバラ サムライ08

農林水産省生産局長賞
miniIMG_0917
広島県江田島市 田中 智氏出品 トルコキキョウ ロジーナブルーピコティ

中四国農政局長賞
miniIMG_0913
広島市佐伯区 谷本農園出品 パフィオペディウム

・・・上位受賞をご紹介いたしました。
が、他の花き品評会ではあまりないであろう賞もありました。

外務大臣賞
miniIMG_0898
高知県 森 隆明氏出品 オリエンタルリリー オリエンタルカナレッド

現在外務大臣でいらっしゃる岸田大臣は、広島選出で
広島の花き業界ではたいへんお世話になっています。
業界の行事にもご案内差し上げますが、お忙しい中、いつも気を配っていただいています。
外務大臣をおつとめの間に、是非、賞を出して頂きたいと相談したところ
快くご了承いただきました。
とても有り難いことで、生産者の皆様にとっても励みになることです。

miniIMG_0857 miniIMG_0977
壁面緑化の飾り付けや、緑のある生活のご提案。

miniIMG_0925  miniIMG_1002
生け花も前期・後期にわけて出展していただきました。

miniIMG_1001 黄金の茶室の側では、お茶席も♪

miniIMG_0980
お花を見て楽しんだ後にはお買い物も楽しんでいただきました。

2017年3月15日

広島ブログ

バレンタインフェスティバル in 広島市植物公園

こんにちは♪
立春も過ぎ、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続いているこの頃です。
花き業界では、数年前から一押しの『フラワーバレンタイン』♪
広島市植物公園でもそれに呼応して・・・

16601661_1203961349694598_4948307786237593108_o バレンタイン フェスティバル ♥

日本では、当たり前になっている女性から愛の告白のためのチョコレートのプレゼント。。。
これが、実は日本だけの習慣だって!!・・・知っていらっしゃいますか?
欧米から伝わった習慣なのかしら・・・?・・・と思ってしまいそうなこのイベントは
実は、日本独自のイベント!!

本来のバレンタイン・・・欧米では、大切な人(女性)に男性から花を贈るのが一般的。
特にヨーロッパでは、一年で一番お花が売れる日がバレンタインデーとか。。。
そこで、日本の花き業界でも世界標準のバレンタインを目指そう!!・・・くらいの勢いで
『フラワーバレンタイン』をお勧めしています。

バラの花束 99本 ・・・ってなかなかお目にかかれませんよね。
バラ自体にも花言葉はありますが、贈る本数によっても花言葉がバラにはあります。
99本のバラの花言葉は・・・ 『永遠の愛』
そんな花言葉のバラの花束をもって、記念写真の撮れるコーナーはじめ
日本でのチョコレートを贈るバレンタイン文化も否定せず、日本のバレンタインに因んで、
カカオから石臼でつくるチョコレートをテイスティングしてみよう!!・・・っていうようなイベントもあります。
ロマンチック♪・・・な上に、なかなか興味深いですよね。

広島市植物公園でのイベントは・・・

H29年2月11日~14日まで。
初日には、フラワーバレンタインも近いと言うことで、ご来場の方にお花のプレゼントもあります。
正直、まだ、寒い時期ではありますが、一足早い春を感じられる植物公園でひとときを過ごしてみませんか?
チョコもお花も・・・日本の習慣も欧米の習慣も・・・両方とも楽しめる植物公園のバレンタインフェスティバル♪
たのしんでみませんか?

 

2017年2月6日

広島ブログ

春のブライダルフェア・・・裏話・・・ ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。
立春も過ぎ、暦の上では春ですね。
先般、1月22日に岩国国際観光ホテルにて恒例のブライダルフェアが行われました。
春に向けて、桜がやはり人気でございました。

16174822_1092826160816198_3499411703884119274_n 16266250_1092826197482861_1514150835561834163_n
残念なことに広島産の桜がまだ出荷が無かったので、山形産の145cmの啓翁桜を使用いたしました。
長さが少々短いので、やぶ椿の特大の枝で真を取っています。
16114984_1092825944149553_5048116131373672635_n 16266356_1092826650816149_3008710240044869158_n
一週間前に仕入れた花芽は、1mmほど。ピンクの芽が覗いたカチカチのつぼみでございます。
当日に『桜咲く』という状態にするために、まず、バケツに40℃程度のお湯に幹の下をはさみで割った枝を浸けます。
場所は、私の自宅の寝室なのですが、電気ストーブで終日温度管理をいたします。
日中は太陽の光が入るような状態にして、22℃~24℃くらいの温度を保ち、夜はオイルヒーターで15℃くらいの温度にいたします。

太陽の光に当たると、桜の花はきれいなピンク色になり、温度のみなら白色の状態になります。
又、30℃以上の高温をかけると花が咲かず、緑の葉っぱだけが出て参ります。

午前4時くらいから温度が最も下がりますが、外が氷点下になるような時には、お湯を足してやることもございます。
新郎新婦のために、桜散るというような状態には絶対に出来ませんので、八分咲きくらいで当日に照準を合わすのにゆっくりと睡眠もとれません。
寒い1月~2月の桜は、仕入れて店に置くも、温度・日光が足らず、咲かずにだめになってしまうことも多く、長年、桜と向き合って経験してきた開花調節でございます。

反対に4月くらいになると開花を遅らせなければならないときもあるのですが・・・、この件については、また、次回に。

16266247_1092826484149499_319333032832125243_n 16143072_1092826080816206_701863455475053762_n 16142258_1092826444149503_7432325268674120255_n 16114644_1092826394149508_847788527006703308_n 15966165_1092826037482877_393536449967761793_n 15338812_1092826330816181_6940278890877780022_n 16114643_1092826547482826_7165794577690132409_n 16195695_1092826244149523_5102713032729574791_n

卓上花は金魚鉢のこの作(↓)が一番人気でございます。

16266096_1092825980816216_4110890782122306405_n

2017年2月6日

広島ブログ

博物館に初もうで in 2017 ~双葉園~

新年、明けましておめでとうございます。
岩国の花屋 双葉園 です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年のお正月はとても穏やかで暖かいお正月でした。皆様もそれぞれに新年をお迎えになったことでしょう。
昨年最後の記事でもお知らせしましたが、東京国立博物館の新年のイベント「博物館に初もうで」の生け花の花材の松の調達のお手伝いをさせていただきました。

dsc_6235-1

昨年12月22・23・24日の3日間、岩国から東京まで、往復2000kmを走り、双葉園号に積んだ赤松を搬送して参りました。
(記事は ⇒ こちら
往路は静岡付近で強風にあおられましたが、復路はとても良い天気で、富士山もご覧のとおり・・・
minidscf2436   minidscf2437

さて、年が明けまして、1月2日の朝、東京国立博物館に行って参りました。
JR上野駅から歩いて10分、いつものように正門の前の公園には色とりどりのチューリップが咲いております。
時間を決めて上がる噴水と調和して、とてもきれいです。
minidscf2447   minidscf2471
minidscf2449 博物館の正面です。

正門に向かって、左側に組まれた 松、竹、梅。
minidscf2450
正門から入り、日程が掲げてある看板には、「いけばな: 池坊 藏重 伸氏」と先生のお名前も記載されています。
minidscf2452

今年は初めての試みで、本館前の水場の真ん中に、竹、梅、柳、グロリオサの装飾。
minidscf2454   minidscf2453

そして、いつものように本館の両サイドに・・・左側が松、右側には梅一式。
minidscf2456   minidscf2455

minidscf2457  いよいよ、中に入って参ります。

さて、メイン作品は、本館1Fから2Fに上がるところに、高さ3.5mの巨大な立華。
minidscf2460    minidscf2463
真に使用されている松は、広島生花出荷協同組合の河野好一さんの松でございます。
minidscf2462

今年の記念に、藏重先生ご夫妻と共に。
minidscf2466

だんだんと老松の材料を集めるのが厳しくなって参りますが、お正月初めから博物館に足を運んで下さったお客様方は、とても熱心にこの大作をカメラに納めていらっしゃいました。
イベントスケジュールにもあるとおり、15日まで生け花の展示がございます。
東京の方、東京にお出かけの予定の方、是非、東京国立博物館にも足を運んで、ご覧いただければ幸いです。

2017年1月9日

広島ブログ

東京国立博物館の生け込み用の松~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

今年も残すところあと数日という時期に入って参りました。
皆様、お正月の準備は進んでいらっしゃいますでしょうか?
当店では、新年を迎えるにふさわしいお正月のお花を取りそろえて皆様をお待ちしています。
 
さて、これまで何度か国立博物館の生け込み用の松の手配の依頼を受けましたが、
今回二年ぶりに依頼を受けることになりました。
そこで、今年の松市で、お正月用の大作の生け込みにふさわしい2.0~3.5mの松を用意いたしました。
 dsc01814  dsc01830
dsc01817  dsc01841   dsc01837 dsc01834  dsc01818
沢山の松をのせ出発いたします。
dsc01861 dsc01863
これから松をいっぱい積んで、双葉園号で東京までお届けします。
DSCF1100  ⇚ちなみにこれは約二年前、昨年のお正月の国立博物館の正門の作品。
正門だけでなく、博物館の内外にお正月の生け込みがされます。
この度用意した素材が、どんな作品になるのか楽しみにしております。

2016年12月24日

広島ブログ

花活講習会

今年度も進行中の花活講習会。国産花きイノベーション補助事業で取り組んでいる広島県の事業です。
今年で3年目のこの事業。福祉施設、学校、保育園・幼稚園などで花の効用のアピールや花育を目的に取り組んでいますが、全部で30カ所の実施のうち大半が終了しました。
今年度は福祉施設や教育施設に加えて、一般の消費者にも花の効用を知ってもらい、日常生活に花や緑を採り入れてもらう・・・すなわち、それが花緑の消費拡大につながる方向に繋げていく方向に向けていくための講習会も実施しています。

12月8日、広島市内中心部にあるちゅーピーメディアプラザをお借りしての花活講習会、12月10日、道の駅たけはらでの花活講習会がそれに当たります。
どちらの講習会も地元の新聞社のフリーペーパーで一般公募いたしましたが、定員を大きく上回る希望者で抽選で参加者を決定しました。
ご指導頂くのは日本園芸福祉普及協会の皆様。花き業界は材料供給でバックアップします。
一般の方が対象なので、講習会の中で、花き振興法、国産花きイノベーション補助事業、そして、花活講習会の主旨なども説明し、花活パンフレットを利用して花きの効用についても施設での説明よりもより丁寧にしていきました。

8日の講習会の様子です。
miniimg_1263 miniimg_1265

園芸福祉士の先生のご指導で、まず、広島の花き生産者発案のイレカエールを組み立てるところから。。。

miniimg_1272 ものさし代わりのストローの長さに合わせて、花材を切ります。
フラワーアレンジメントのメイン花材のバラは、江田島市の田中ローズガーデンさまのバラです。

miniimg_1271 miniimg_1278

○、△、□ のマークの入った吸水スポンジのマークをガイドに花を挿していきます。

miniimg_1283

出来上がったフラワーアレンジメントをイレカエールの一つのポケットに入れて。。。ポット苗を後の3つのポケットに入れると

miniimg_1286 miniimg_1290

そして、12月10日の道の駅たけはらでの花活講習会の様子。。。8日の手順と同様に進めて参ります。
こちらのフラワーアレンジメントのメイン花材のバラは、まさに竹原市地元のバラ生産者、神田京果園さまのバラです。

miniimg_1309 miniimg_1315

miniimg_1318 miniimg_1321

miniimg_1322 miniimg_1327

DSC_6159

どちらの講習会も盛況に終了いたしました。

講習会参加者は、男女問わず、子供さんからご高齢の方まで、フラワーアレンジメントの経験のある方もない方も一緒に作品をつくり、その出来映えは画像でもご覧いただけるようにすばらしい物です。

講習会後、参加者から「知り合いにも教えたいので、何処で売っているか?」とか、「仲間でこれを楽しみたい。」というご意見や質問もいただき、これからの消費につながるのではないかという期待感もいただきました。

植物は、人に対してすばらしい調整機能を発揮してくれます。
それも、植物が好きであろうとあまり興味がなかろうと、その効果はかわらないということです。
皆様も花やみどりを側に置いて活き活きとしたくらしを送りましょう。

2016年12月11日

広島ブログ

錦帯橋スタイルウエディング

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

去る10月30日、岩国の老舗酒蔵である村重酒造のご子息様の結婚披露宴がございました。
山口県岩国の日本酒は注目されていますが、村重酒造の「金冠黒松」 も全国的にも名が知られています。
披露宴会場の岩国国際観光ホテルのブライダル課の支配人からの提案で、松を使用した錦帯橋スタイルの装飾は出来ないか?と相談を受けました。
これまでに松を使用した ことは、2回ほどございますが、「金冠黒松」の村重酒造のお祝いの席なので、今回は松が本当の主役です。
年末のように大きい幹の自然枝が入手困難なため、在庫してある直径20cmほどの幹に中作用の松を木ネジで縫い合わせる手法で、ステージより 高さ約5mの装花に仕上げました。

中央はメン(女)松。

両サイドの第一橋と第五橋にはオン(男)松を使用。

お祝いの感じを出すために紅白のウメモドキ、季節感を感じていただくために中央のあしらえに紅葉のモミジをメリハリをつけて生け込みました。

お二人の席にも松を主に洋ランのみで。。。

オン松(男松)、メン松(女松)を使用して、お祝いの夫婦松に仕上げたこの作、いかがでございましょう?

2016年11月7日

広島ブログ

假屋崎省吾の世界展 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

去る9月30日、恒例の目黒雅叙園、百段階段で開催される假屋崎省吾先生の個展に行って参りました。


2000年の第1回から今年で17回目となる百段階段での個展は千秋楽ということで、今まで拝見した中でも大作に特に力が入っている作品ばかりでした。
特別選考内覧会に招待を受けて、私の姉とベテラン社員の林と3人で行って参りました。

ホテルの玄関ロビーには、お祝いの生花スタンド、胡蝶蘭がずらり。。。

そして、メインのお迎えの大作。

エレベーターで4階会場に上がりますと、「あら、いらっしゃい。佐古さん、岩国からようこそ。」と假屋崎先生に声をかけていただき、

・・・と、まず、このショット。
そして、 早速、百段階段の部屋の作品を拝見しに。。。

太い白い白樺を組んだ大作が目を引きます。
假屋崎先生は、「メリハリをつける」という言葉を使われますが・・・

まさに、1本1本の花の表情が良くうかがえます。

今、大流行のダリア。

そして、私が大好きなのですが、

流木を使用した大作。

最近は、お猫たちが人気ですよね。

売店にて私も購入しました。

当店のお客様も何名かチケットを下さいといわれ、上京されました。
目黒雅叙園での個展は、今回で終了されますが、 今度は「日本の名城へ活ける」というシリーズに移行されるとのことです。
昨年12月に、そのシリーズ第一回の松山城に行って参りましたが、

その時の記事は⇒こちら

今年は、12月16日~12月25日には、名古屋城にて開催されるとのことです。
是非、足を運んでみてくださいませ。

2016年10月19日

広島ブログ

毎年恒例の秋のお月見の会 ~双葉園~

勢力の強い台風16号も関東の沖に去り、お彼岸の中日を迎えています。

『こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です』。。。と始まるこのコーナーですが、今回は本サイト取材班が双葉園に密着(・・・?)取材させていただきました。以前から、情報として記事・画像を頂いてアップしていたのですが、是非、実際に実際の作業風景も含め、見て欲しい・・・とご要望を承っておりました。やっと今年、その機会をもつことが出来ました。


会場は、山口県岩国市の岩国国際観光ホテル。。。 錦帯橋のすぐ側のホテルです。錦帯橋の架かる錦川では鵜飼いもやっていたのですが、これは8月末で終了いたしました。しかし、これからは秋にむけて風情のある雰囲気を楽しめる紅葉シーズンに入って参ります。
岩国市にも飛行場が開港し、東京羽田からも一日5往復の便があります。広島市・・・特に広島市の西部地域からだと・・・実は、広島空港に行くのも岩国錦帯橋空港に行くのもさほど変わりません。県外からお越しの方でも、岩国錦帯橋空港から岩国駅経由錦帯橋・・・という便利なバスもありますので、JR利用でも、飛行機利用でも気軽に訪れることが出来ます。無理をすれば、日帰りも・・・。でも、せっかくなのでゆっくり滞在していただき、広島などへもお立ち寄り頂いて、安芸の宮島~平和公園・原爆ドーム・・・と世界遺産を巡っていただいて、楽しい秋の旅行を楽しんでいただきたいと思います。

さて・・・、前置きが少し長くなりましたが、

会場のホテルに到着すると、ロビーに入って一番に目に飛び込んできたのが・・・

秋の枝物 紅・白のウメモドキと立派なナツハゼ、足下にツバキの大きな壺活け。

それぞれの素材そのものの存在感も大きいですが、それがうまく調和し合って秋の雰囲気いっぱいの生け花です。秋と言えば、実がついた枝物・紅葉した葉の枝物が欠かせませんが、それを惜しげも無く使った作品です。

あ・・・もしかしたら、人によっては隣にずらりと並んだ地元のお酒の数々が目に入る場合もあるとは思います。せっかくなので、地元のお酒もご紹介。山口も広島も酒所でございます。

八百新酒造、村重酒造、旭酒造、酒井酒造、堀江酒場・・・と五つの造り酒屋さん。

旭酒造さんの「獺祭」が有名になったのがきっかけで、地元の他の銘柄のお酒もとても人気が出ているようです。結局、水が良いからなのでしょうね。

山口県酒造組合さまから詳しい情報は見ていただきたいと思います。

あ・・・この中に、なぜか広島の「白牡丹」も並んでおりました。広島のお酒もどうぞごひいきに。


会場に到着したことを双葉園 佐古社長に連絡すると、ロビーまで迎えに来ていただきました。
本日の宴会会場にこれから ススキの壺活けをするということで、会場へ向かいました。

会場までの通路には・・・金の屏風の前に秋の草花を中心にいけたもの。。。
少し暗いですね。。。申し訳ありません、カメラマンの腕が悪いものですから。。。

近づいて撮影してみました。

桔梗、オミナエシ・・・といったような秋の七草も入った生け込み。こちらも、秋らしい。これらの他に小ぶりなものも会場までのポイントポイントに午前中から生け込み作業をされていたようです。

そして、秋の七草の一つ、尾花(=ススキ)の大きな壺活けをする会場に入ってきました。

ステージの上に寝かせておいてあるススキの長さ・・・ご覧になれますか?どれくらいあるでしょうか・・・?2.5m・・・?いや、3m?・・・というような長さのススキが約200本弱。
広島市場から調達したものですが、乾かないようにビニールできれいに包んであります。さぁ、これから生け込むぞ・・・と作業を始めた時間が、午後3時頃でしたでしょうか?

ススキの足下を林さんがパチンパチンと切り、壺の中心から佐古社長がススキを立てていきます。
皆様、ススキは草ですよね。それなのに、足下の茎を着るときに『パチン、パチン」という音がするということは、2m、3mと長く育って木のように固くなっているんです。
佐古社長とベテラン社員さんの林さんが、呼吸ぴったりで手際よく、役割分担もしながら挿していかれます。
ある程度、挿したところで1人が舞台の下に降りて全体のバランス、まばらなところはないか・・・など、最後の調整の作業に入られます。

最後に午後7時からの宴会まで、少しでも感想を防ぐために、霧吹きも・・・。仕上げまでにかかった時間は10分くらいだったでしょうか?

これらすべての作業を宴会のためのその他の作業と並行して行っていきますので、慣れたお二人は時間の計算もしながら手際よく活けていきます。
ススキをいけるのは一番最後。宴会の時にススキの穂がなるべく良い状態であるようにとの配慮をされてのことです。
ススキを生け終えたら、ステージの照明は必要以上にはつけないようにお願いもされているそうです。

そして、お茶席のお部屋にもススキを。。。
例年は屋上にお茶席を設けられるそうですが、この度は前日に台風が通り過ぎていったばかりということもあり、室内でのお席になったそうです。
ステージの生け込みと同様に・・・でも、室内なので、ステージよりは小ぶりなものです。

ここでもお二人の息はぴったりです。

お茶席は、武家茶 上田宗古流のみなさまによるものです。

そして、午後7時より200名ものお客様でのお月見の会。
このお月見の会は45周年を迎えられるという岩国国際観光ホテルでも長年続けられてきた大事なイベントとなっているようです。

お客様をお迎えする直前の会場・・・ステージ上には、穂も出ることなく良い状態のススキの壺活け、お月見の会にふさわしくお団子もそえられていました。
こちらの席で ご来場のお客様はお料理を楽しまれ、その後、全国デビューもされている地元ご出身の歌手「京太郎」さんによるステージを楽しまれ、秋の初めの夜を過ごされました。

この度は、一からではなかったですが、会場の装花に関わるメイキングのところから拝見いたしました。
ご苦労はあるに違いないと思ってはいましたが、長年お世話をされてきたなかで出来る配慮を精一杯されながらも自信をもって取り組まれているお仕事を拝見する機会を頂いて、たいへん感動いたしました。このお月見の会は、地元のお客様も多く、なおさら気の抜けないお仕事なのだとも感じました。

また、このような作品がいけられるのも、ここまでの素材を提供してくれる生産者の目利きと出荷までの丁寧な作業があってのことだとも佐古社長はおっしゃっていました。

「おもてなし 」には花は欠かせません。
見ていただくその花飾りにお客様への想い、気遣い、願いがたくさん詰まっています。
花飾りを見ていただいたお客様が、「きれいね・・・」と感動して笑顔で喜ばれることに双葉園さまも喜びを感じていらっしゃるのだと感じた一日でした。

2016年9月22日

広島ブログ

秋のブライダルフェア ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

お久しぶりでございます。

全国的に梅雨も明けて、暑い日が続きますね。
そんな中ですが、7月31日に、秋に向けてのブライダルフェアを行いました。
恒例の紅葉もみじ使用の錦帯橋スタイルです。

メインテーブルの後ろにもみじです。

メインテーブル。。。正面から。

お客様の各卓に、卓上装花。いろいろご提案出来ます。

お好みのものはどれでしょうか?

もちろん、チャペルウエディングも。

この秋、挙式予定のカップルのみなさま、錦帯橋スタイルウエディングでの和モダンな挙式・披露宴をご提案しています。

人生の大切な節目に、お二人で錦帯橋を渡りながら・・・というプランなど、きっと心に刻まれることと思います。いかがでしょうか?

2016年8月1日

広島ブログ

「花活(花をくらしに活かす)」シンポジウム 今年も開催されました。

去るH28年6月21日、メルパルク広島において、「花活(花をくらしに活かす)」シンポジウムを開催いたしました。

このシンポジウムは、国産花きイノベーション補助事業を受けての広島県での取組の中のひとつで、今年は3回目。
花や緑の効用を活かしながら、それをくらしに取り入れていくことによって、より幸せにより健康に・・・を提案しています。

今年も講演会~(休憩・・・フラワーアレンジメント体験)~パネルディスカッションという流れで、進めて参りました。

⇚ 今年のスケジュールと講演会講師 & パネルディスカッションメンバー

講演会には、屋内・屋外問わず、様々な花飾りの提案をされている、株式会社伊藤商事の伊藤社長のお話。

講演会のなかで、たくさんの興味深い花緑の装飾の仕方をみせていただきました。

講演会とパネルディスカッションの間の休憩を利用して、花活講習で行っているイレカエールをつかったアレンジメントをご来場者の中から数名に体験していただきました。

パネルディスカッションでは、これまで2年間取り組んできた「花活」講習を振り返って、それに取り組まれてきた施設の立場から、指導してきた園芸福祉士の立場から、そして、花緑を供給してきた花き小売店の立場から・・・と感想や意見、今後の取組に向けてのお話し。

今年から、広島で行ってきた花活講習会が、東京都でも取り組まれることになり、「花活」の活動も広がっていきます。
東京都花き振興協議会からもパネラーとしてご出席いただき、取り組み方などについて率直な ご意見、疑問点などもだされました。
そして、花と緑がこれからの社会にどう取り入れられるべきか、成熟社会を迎えている日本として、アジアのお手本となる社会、幸せを感じる社会を構築していくのには、花と緑は欠かせないのではないか・・・というような締めくくりでパネルディスカッションも終了いたしました。

最後に日本園芸福祉普及協会 理事長の吉長先生のごあいさつ。

今年も花き業界以外の皆様も多くご参加いただき、盛況に終了することが出来ました。
これからは、県内各地の福祉施設や教育施設(保育園・幼稚園)で行われる 講習会に花活の活動の場は移っていきます。

2016年6月27日

広島ブログ

サンフレッチェオフィシャルフラワー誕生秘話 サッカー専門誌「サッカーキング」(Web版)に掲載されました。

2016年月 サントリーフラワーズ(株)が開発した世界で唯一の青いカーネーションがサンフレッチェ広島オフィシャルフラワーに認定されて初めての母の日をもうすぐ迎えます。
その機会に、 サッカー専門雑誌であるサッカーキングのWeb版に誕生に至るまでの経緯が掲載されました。

サッカーファンの皆様にも是非ご一読いただけると、サンフレッチェ広島の青少年への思いや地元貢献への思いも感じていただけると思います。

こちらからご覧下さい。⇒ サッカーキング

ムーンダスト

2016年5月6日

広島ブログ

サンフレッチェオフィシャルフラワー ムーンダスト は広島のお花屋さんでお求めいただけます。

広島市内の小畑百花園さまの店頭です。
サンフレッチェを愛するお母さんに・・・広島を愛するお母さんに・・・

サンフレッチェ広島オフィシャルフラワー ムーンダストの花束はいかがでしょうか?

本HPのサイドバーにサンフレッチェオフィシャルフラワーのバナーから、ムーンダスト取扱お花屋さんがご確認いただけます。
お近くのお花屋さんでお求め下さい。

・・・それにしても、小畑百花園さんのサンフレッチェ愛も感じますね。。。♪

2016年4月19日

広島ブログ

サンフレッチェ広島オフィシャルフラワー ムーンダスト

もうすぐ母の日ですね。
母の日のプレゼントと言えば、カーネーションが定番ですが、サンフレッチェ広島ファンのお母さんには、サンフレッチェ広島オフィシャルフラワーの世界で唯一のカーネーション『ムーンダスト』はいかがでしょうか?
ムーンダスト

今年1月、公認されたムーンダストはまさにチームカラーにぴったり。
花言葉は「永遠の幸福」。サンフレッチェファンにはサンフレッチェの活躍がまさにしあわせ。
高貴で美しい 紫は、昨年年間王者のサンフレッチェ広島にぴったりです。

今年の母の日には、ムーンダストのブーケで、お母さんに感謝し、家族の『永遠の幸せ』を願いましょう。

2016年4月12日

広島ブログ

平成28年 観桜会 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

錦帯橋のソメイヨシノはほぼ終わりになりました。
先般、4月3日に海上自衛隊第31航空群主催の観桜会が開かれました。いつもは岩国基地の格納庫が会場でしたが、今年は岩国国際観光ホテルにて開催されました。

4月3日に向けて、3月28日に仕入をした八重の『御車返し』、『松前紅豊』を開花させるため、透明のビニールシートをかけ、前日まで電気ストーブのファンヒーターを使用して徐々に開花させます。

⇚生け込み前の空の瓶をステージ上に設置。

8~9分咲きにした桜をステージ上に運びます。5mの高さのものはエレベーターに入らず、非常階段寄りの搬入でした。
ステージ上から5mの高さに立ち上げるため、最初に前後左右のバランスを取るため約25cmの太さの幹の胴木も使用し、その後、枝をつくって参ります。いつものように林さん、がんばっています。


出来上がりです。

会場全体・・・

来賓控え室でも桜でお出迎えです。

会場入り口の両サイドには、海自の装備品などが展示されました。その2カ所にも・・・

今まで数多くの桜の生け込みをして参りましたが、今回の仕事が最大の大きさでございました。

2016年4月11日

広島ブログ

自分でできるおいしい空気の作り方

先日、岐阜県で国際花きシンポジウムが開催されました。

その講演会で講師を務められたのは、インドのカマール・メトル氏。ご自身、肺の病気を患われたことから新鮮な空気を作り出す植物の研究に取り組まれました。

TED.comにおいて、200万回以上視聴されたカマール・メトル氏による「自分で出来るおいしい空気の作り方」 を是非ご覧下さい。植物は、私たち人間が生きるために大事な働きをしてくれています。古代から自然・・・つまり植物と共生してきた人間ですが、急激な発展・都市化の中で、無くてはならない植物の力を見落としてはいないでしょうか?

植物を身近におくことで、人間はさらに健康に、無駄なエネルギーも使わずに生きていける・・・そんな事を教えて頂けるスピーチです。英語のスピーチですが、字幕が出ますのでご安心ください。

是非、ご覧になってみてください。

カマール・メトルによる自分でできるおいしい空気の作り方 ⇚ CLICK

2016年3月9日

広島ブログ

第62回広島花の祭典 アレンジメントコンテスト ~双葉園~

こんにちは。 岩国の花屋 双葉園です。

去る2月18日~23日まで、今年も広島花の祭典が開催されました。

昨年は最優秀賞、優秀賞と獲得いたしました。

今年も忙しい仕事の合間の時間に作品作りに集中いたしました。

出品した4人中、二人が入賞。

昭和25年に創業して65年、生け花を主に営業している当店の目玉商品は、花木。

特に春の桜は双葉園のメイン商品です。

4作の中で、必ず1作は桜(八重)を使用することを促し、結果、装飾技能賞を頂きました。

佐古 洋は、初めての受賞、真紀子は昨年に続いての入賞でした。

来年は全員入賞を目標にしてがんばりたいと思います。

別件ですが、2月20日に、オープンのお祝い花に桜一式の装花そ受注いたしました。

これから4月にかけて桜を使ったお仕事をたくさん頂いておりますので、頭の中は「桜」だらけです。

2016年3月1日

広島ブログ

假屋崎省吾邸 新年会 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

先月の事になりますが、1月13日に假屋崎先生の妹さん、郁子さんより「1月24日の夜の先生を囲んでの新年会にいらっしゃいませんか」との電話が入りました。

「10名くらいまでのお知り合いを誘ってもOKですよ。」という内容。

私と妻の洋子、林、そしてご近所の友人、当店のお客様2人の7人で行って参りました。

1月24~25日は10年ぶりの大寒波でしたけれども、各地で欠航の多い中、岩国錦帯橋空港⇒羽田空港は予定通り。

楽しい新年会を体験いたしました。

表参道に位置する邸宅。

招かれた地下の広間には立派なグランドピアノ。

天井には大きなシャンデリア。

当日は、持田正樹、日南由紀子両先生のすばらしいピアノ演奏があり、参加された120名のお客様は熱心に聞き入っておられました。

その後は先生を囲んでの記念撮影。

ワインを片手に食事をしながらの歓談でございました。

2016年2月3日

広島ブログ

サンフレッチェ広島 オフィシャルフラワー ムーンダスト

サンフレッチェ広島 オフィシャルフラワー ムーンダスト

平成28年1月9日 サンフレッチェ広島は、世界で唯一の青いカーネーション「Moondust(ムーンダスト)」を、このたびサンフレッチェ広島オフィシャルフラワーとして公認したことを発表されました。サンフレッチェHPのニュースリリース記事は・・・

↓↓↓

http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=9085

昨年の年間王者、そして、クラブワールドカップでも3位に輝いたサンフレッチェ広島と広島の花き業界がタッグを組むことになりました。サンフレッチェ広島は、サッカーを通じて青少年育成のための社会貢献活動にも熱心で、同じく花を通じて子供達が心健やかに成長することを願い取り組んでいる花き業界の花育活動と通じることがありました。

この度、サンフレッチェ広島のチームカラーにふさわしい美しい青紫色のカーネーション「ムーンダスト」をオフィシャルフラワーとして認定して頂き、それを掲げてタイアップしていくことで両者の目的、共通の方向性で取り組んで参ります。そのような中で、花き業界は、地元スタジアムへの観客誘導のお手伝いやクラブチームのイメージのさらなるアップや親近感へ繋げ、サンフレッチェ広島は様々なイベントなどでオフィシャルフラワーを利用頂くことで、オフィシャルフラワーのムーンダストを軸に花き全般の需要促進へとつながっていくものと思います。

1月11日 ANAクラウンプラザホテル広島にて、新入団選手発表の記者会見が開催され、その機会にオフィシャルフラワーのお披露目、紹介もありました。

サンフレッチェ広島オフィシャルフラワー ムーンダスト

来シーズンのクラブスローガンは「挑戦」。年間王者に輝きながらも、自らに甘えすチャレンジャー精神でとの思いがつまった謙虚で且つ力強いスローガンです。

サンフレッチェ広島 オフィシャルフラワー ムーンダスト

記者会見の様子。テーブル装花はもちろん、壇上の織田社長、新入団選手4名、足立強化部長の胸元にはムーンダスト。

地元スポーツWEBメディアでも以下のように紹介されました。

http://hirospo.com/pickup/25299.html

2016年1月12日

広島ブログ

恒例の干支アレンジ ~双葉園~

こんにちは 岩国の花屋 双葉園 です。

御用納めも終わり、お休みに入られて今日から本格的にお正月の準備に入られる皆様も多いのではないでしょうか?

お正月のお花の準備はされましたか?

来年の福を運んでくれる年神様の目印になるように、松を玄関に飾りましょう。

これから来る年に家族の健康、繁栄を願う思いのこもった日本のお正月の花飾りを1本1本の素材からアレンジメントまで、たくさんご用意してお待ちしています。

双葉園の恒例の干支アレンジなどもいかがでしょうか?来年は申年。お猿さんをアレンジしてみました。

それぞれいろんな表情をしているでしょう?

お気に入りの子を探してみて下さい。

本店・平田店共に販売中です。

そのほかにもお正月に向けて華やかなアレンジもご用意していますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

2015年12月29日

広島ブログ

假屋崎省吾先生と松山城 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

12月8日から12月25日まで、愛媛県松山市の松山城で、假屋崎先生の個展が開催されています。

12月9日(火)に当店の四代目、次男の洋と一緒に柳井港よりフェリーに乗り込み、松山に行って参りました。

お城の入り口に大きく組まれた青竹。

約70°くらいの角度の急な細い階段を登るごとに各階にとにかく大きくダイナミックに枝物、菊、バラ、他にもいろいろな花が、太くて様々な形をした流木と共に生け込まれています。

30~40名のスタッフの方々と共に、たった二日間で制作されたということ。。。脱帽です。

ロープウェイを降りて、物品販売所に假屋崎先生がいらっしゃいました。

「先生、こんにちは。」とお声かけすると、「あ~ら、佐古さん!遠いのに岩国からようこそ!」と、いつものように大きな声で握手。次男を紹介しますと、3人で記念写真をと。。。

先生との出会いからちょうど10年になりますが、これからも息子共々よろしくお願いいたします。

最後に、松山での記念サインをと用意していった色紙にも、サインをしていただきました。

12月25日まで開催されています。是非、お出かけになって下さい。

2015年12月16日

広島ブログ

いい夫婦の日 プレゼントキャンペーン

11月22日は、いい夫婦の日。

大切なパートナー日頃の感謝の気持ちや大切に思っている気持ちをお花に託して贈りませんか?

その時に返してくれるパートナーの笑顔がなにより一番だと思います。

・・・が、そんなパートナーとの大事な時をさらに演出する豪華プレゼントに応募しませんか?

今年、初めてのことですが、花と緑の業界で、いい夫婦の日にお花を買っていただいた方対象に

豪華賞品の当たるキャンペーンに取り組んでいます。

⇚ダウンロードの際、こちらのQRコードも利用できますよ。

スマートフォンを利用したもので、「cocoar(ココアル)」という無料アプリをダウンロードしていただきます。

今、話題の「かざす」機能・・・を利用したキャンペーンです。

「cocoar(ココアル)」を起動して、お花屋さんにあるいい夫婦の日ポスター

商品についているいい夫婦の日ラベルタグなどをスマートフォンでかざすと、

特設サイトつながります。そこで花と緑にまつわるエピソードを

教えていただければ、どなたでも応募出来ます。

ご覧のように、プレゼント商品はかなり豪華!!

今年初めての取組なので、今年は当選確率がかなり高いかも。。。

花と緑が二人の大切なひとときをプレゼントしますよ♪

2015年11月10日

広島ブログ

リニューアルオープン ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

平成18年4月に中央フード平田店内にオープンしてから約10年。この度、中央フード平田店が改装されました。10月22日から一週間の工事を終え、10月29日にリニューアルオープン。双葉園平田支店もこれに合わせ、少々レイアウトを変更いたしました。

クリスマスツリーは、ブルーにこだわりました。

当店自慢の投げ入れは、まゆみ・寒桜・ドウダンツツジ。

オープンサービスとして、バラのコーナー

もう11月に入ってしまいましたが、写真を撮ったのは、リニューアル時に撮りましたので・・・、ハロウィン目の前でした。プリザーブドフラワーコーナーもココに。お店の左側には中央フードさんの力のこもったお総菜コーナーがあります。

今年もあと2ヶ月。クリスマス・お正月に向けてどうぞ平田店にもお越し下さい。

2015年11月2日

広島ブログ

假屋崎省吾の世界 目黒雅叙園 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

本年も假屋崎先生より、内覧会にご招待をいただき、9月30日、岩国錦帯橋空港より日帰りで上京して参りました。

すっかりお馴染みになりました目黒雅叙園の正面玄関を入りますと、迫力満点の大作。

そして、お祝いに届けられた胡蝶蘭、スタンド花がずらり・・・。

内覧会が始まる時間まで、喫茶で小休止。

窓の外は、本当にきれいな庭園です。

エレベーターで3階に着いて出たところに「京朋」さんの着物と胡蝶蘭。

そして、バッタリと假屋崎先生と出会い、「あ~ら、いらっしゃい。遠くからようこそ!」とお声かけいただき、

早速、「写真、撮ろうよ。」と・・・

いつもは、撮影禁止なのですが、今回の内覧会に限っては、お許しを頂き、デジカメでパチリ。

トルコ桔梗、スプレー菊、洋らん、バラ・・・すばらしいメリハリがつけられ、1本1本が皆、個性豊かな動きをしています。





ツルウメモドキ、カリン、桐、フォックスフェイス等々を使用した大作は実に見事です。




こんなに大きなカボチャ!百段階段を運び上げるのもたいへんだったでしょうねぇ・・・。

今の若者が好きな、ダリア、ケイトウ。



急ぎ足で見てきましたが、10月14~15日に再度お伺いするつもりです。


2015年10月9日

広島ブログ

東京での池坊華展に広島の松 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

私の大きな仕事として受けている東京国立博物館に使用する「めん松」

⇚これは今年のお正月のメイン作品(東京国立博物館)

去る9月初めに東京文京区にある花屋さんより依頼があり、広島生花出荷協同組合の宇江さんに無理をお願いして、本当に立派な松を調達していただきました。

ありがとうございます。

9月21日の朝、受け取り、23日の朝、双葉園号に積み込み、往復2000キロを走って参りました。

10月3日~4日に東京大崎にて開催された池坊の支部華展に使用されました。

秋の華展は他にもいろんな方面で開催されますが、

広島から出荷された松は、東京でしっかりと活躍してくれることと思います。



2015年10月7日

広島ブログ

お月見の夕べ ~双葉園~

お久しぶりでございます。岩国の花屋 双葉園です。

毎年恒例の岩国国際観光ホテルのお月見会「お月見の夕べ」が9月17日に開催されました。いつものように、私と林のコンビでAM9:00より作業開始です。

まず、林さんは一階玄関のお客様をお迎えする作業。

出来上がりです。

使用花材 : ダリア ケイトウ ワレモコウ あけぼの草 ツルウメモドキ オミナエシ

私は、4階にあります中庭の作業を。

使用花材 : ナツハゼ ススキ アセビ ツルウメモドキ

次に、会場の装飾作業です。ここがメインの作業でもあります。

ステージ上に床から4mに立ち上げるススキの作業。この会場は二人での作業となります。

長さ 2.8mのススキです。

左手に10本ずつ握り、1本ずつ挿し込んでいきます。二人でバランスを取りながら約130本のススキを挿し込みました。ススキの長さをおわかりいただけますか?挿している人の身長の倍以上になります。開始から15分で作業終了。

次は卓上装花。

広い会場、30卓分のキャンドルにアイビーを飾ります。

そして、最後の作業。お茶席にススキの立ち上げです。

こうして準備万端整い、会食のスタートとなりました。

前菜の器  満月に秋の七草の一つ ナデシコが添えられています。

宴席のお料理もとてもおいしく、地元の歌手 京太郎 さんのショーもあり、とても楽しいひとときでした。

2015年9月21日

広島ブログ

生け花レッスン ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

平成27年も半年が過ぎました。梅雨の最中ですが、皆様いかがお過ごしですか?

さて、双葉園では毎月1回、岩国市内6カ所の特養施設へ生け花・アレンジメントのレッスンにお伺いしています。

今回は、週に2~3日デイサービスに来られている方々へのレッスンでした。お若い頃は、お茶・お花・洋裁・和裁などをしっかり習っていたという方々が多く、月に一度のレッスンをとても楽しみにしていただいています。

活けやすいように剣山ではなく、吸水スポンジを使用します。はさみも生け花用ではなく、フラワーアレンジメント用を使用します。

今日は25名の方のレッスンです。

まず始めに、佐古真紀子の説明。。。

花材は、ジャスミンソケイ、ガーベラ、エリンジューム。

みなさん、熱心に生け込み中。

生け込み終了しました。

とてもセンスの良い方ばかりで、私たちも勉強させられることが多い時間でございます。

2015年7月3日

広島ブログ

「花活(花をくらしに活かす)』シンポジウム開催

平成27年6月30日(火) 「花活(花でくらしを活性化)」シンポジウム 開催

シンポジウム参加者は、花き業界内外から約220名。用意された席はほぼ埋まりました。

第一部は、日本園芸福祉普及協会里助長 吉長成恭 教授による特別講演。「植物と人間の絆」

講演タイトルと同じ書籍を監訳されていらっしゃいます。それをベースにしたご講演でした。

その中で、花や緑の力が科学的にも国内外でもデータを取って実証されてきていると紹介されました。

休憩時間には、昨年のシンポジウムで紹介されたフラワーアレンジメント法の体験。広島バージョンで、広島で開発された『イレカエール」との組み合わせで実際に数名のお客様(花き業界以外の方から選ばせていただきました。)に体験していただきました。

そして、第二部では、「花活」をテーマにパネルディスカッション。

コーディネーターとパネラーの皆様は、前回に案内記事でもご紹介していますので、そちらをご覧下さい。

http://hanaconcierge.com/archives/2772

前年度の成果報告から始まり、それに関わった各部門代表の方のご意見ご感想、これからの課題・・・とスムーズに進行されました。

実施施設代表パネラーの(株)ライフアシスト 門田氏のご発言が、たいへん心に残っています。

花活講習会を紹介されたとき、最初はそこまで花の効果効用も期待していなかったし、そこまでの興味もなかったというのが本心だったそうです。.

しかし、実際講習会を行ってみて、利用者様の反応や出来上がったものの完成度が高く、施設職員さまも心から利用者様と喜びを分かち合えた事がすばらしかったとおっしゃっていただきました。そして、この講習会はリクレーションではなく、自立支援・機能回復なども期待でき、さらに進むといわれている高齢化社会の中で、取り組む価値のあるものだという評価もいただいたと思います。

これを進めていくためには、花き業界側がもっと積極的に利用者や施設側のご意見に耳を傾けることから取り組む必要があると感じました。

花活は高齢者だけに効果があるわけではありません。なにわ花市場の大西社長からは、9年前から取り組んでおられる大阪鶴見区での花育活動もご紹介いただきました。

産地と連携して、鶴見区内にある小学校にお花を寄贈されているとのことです。花を目の前にすると、少なくなりがちな家族間での会話も世代間の会話(おじいちゃんやおばあちゃんとの会話)も生まれたそうです。お誕生日にケーキを買って帰ろうということになったとき、子供さんの口から「お花も買おう!」と出たそうです。「どうして?」と訊くと「楽しいから」と答えが返ってきたそうです。

2015年7月3日

広島ブログ

「花活」シンポジウム ご案内

花活シンポジウム

どなたでもご参加いただけます。

お申込は、(株)花満 総務課内 広島花きイノベーション事業推進協議会(中村)  TEL 082-279-2611

2015年6月24日

広島ブログ

松一色の砂物の立花に挑戦! ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

昨年より入荷していた、大物の雌松(めんまつ)も残り少なくなってきて
新芽の時期も参りましたので、当店ベテラン 林 園子 と
松一色の大作立花に挑戦してみようと言う事になり
常々お世話になっている先生のご指導にあずかり2人で作品を手掛けてみました。
(参考: 立花の活け方 正風体)
「華道の広場」~立花~( ikebana.akira5.com/ikenobo/rikka.htm  )のサイト内の画像をお借りしました。
胴木に枝を・・・
骨格が出来上がりました。・・・あれ?
金槌があります。。。
高さ 1700mm 巾 2500mm 奥ゆき 1500mm の作品です。
細かい仕上げはともかく、9割がたの骨格は2時間半程で出来上がりました。
先生いわく、「材料がとても良い松なので枝をそのまま生かせ、とても早く完成しました。」
とのことでした。

2015年5月11日

広島ブログ

ひろしまフラワーフェスティバル2015

ひろしまフラワーフェスティバル2015

ゴールデンウィークに入り、今年もフラワーフェスティバルの時期になりました。

広島の花き業界も参加します。期間中、花き業界関係者で運営するひろばは、「ピースフラワーひろば」。

ここにはステージもあって、ステージスケジュールは次の通りです。

花のせり市もあります。

今年は、花つながりで、はちみつのお店も出店します。

はちみつの採蜜体験も出来るようですよ。

そのほか、フラワーアレンジ体験教室、切り花鉢物の販売、恒例になった精興園の種苗会社ならではのマム(キク)の販売も!

平和公園内の芝生広場のピースフラワープロジェクト花育

芝生広場と慰霊碑廻りの平和の池も必見です。

これも花き業界関係者が冬から県内各地の小中学校などの協力を得て実現している大切なコーナー。

フラワーフェスティバルの公式HPでも大きく取り上げてもらっています。⇒ こちら

そして、今年はもうひとつ・・・

全国から集まる TOYOTA86 の愛好家の皆様のパレードのお手伝いも♪

花キューピット協同組合広島県支部の皆様のご協力で、花の折り鶴みこしに先導され、花飾りをした86が、堂々とパレード!!

13:15、平和大通りを数十台のTOYOTA86がスタートします。

2015年5月1日

広島ブログ

第52回池坊中国五県連合花展 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

錦帯橋の桜も終わり、徐々に初夏の様子となってまいりました。
去る4月1,2日に岡山の天満屋デパートにて、池坊中国五県連合花展が開催され、
双葉園の長老、林園子がコンクール席に出品、結果は「TSCテレビせとうち社長賞」に
個人入賞しました。
立花、生花、自由花の岩国支部からの団体出品ですが、林さんは立花の出品で入賞致しました。
エビデンドラム、黄梅、沖縄シャガ等を使い初夏らしさを出したつもりです。
講師評は・・・
池坊の伝統的砂物立花
会場正面に生け込まれた、とてつもない大きな松の立花にびっくり!!

2015年4月20日

広島ブログ

春のグリーンフェア

春のグリーンフェア  今年も開催されます。

会場はいつものように、広島市中区 中央公園。

全国花のまちづくり広島大会の関連行事でもあります。

皆様是非、お越し下さい。

2015年4月10日

広島ブログ

全国はなのまちづくり 広島大会 申込書はこちら♪

全国花のまちづくり ⇚申込書

広島大会 の申込、受付中です。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

〆切はもうすぐ!! お急ぎ下さい。

2015年4月3日

広島ブログ

全国花のまちづくり 広島大会

全国花のまちづくり 広島大会  H27年4月25日~26日

詳しくは⇒ こちら

広島市では、市民や企業の皆様と一体となって「花と緑あふれる美しいまち ひろしま」の実現を目指す取組を進めています。

「春のグリーンフェア2015」の会期中でもあり、併せてお楽しみいただけます。

皆様のご参加をお待ちしています。

2015年3月19日

広島ブログ

幼稚園での花壇作り ~双葉園~

こんにちは。 岩国の花屋 双葉園 です。

当は、花キューピット協同組合の加盟店です。花キューピット協同組合加盟店は、一般社団法人日本生花通信配達協会の社会貢献活動の一環として、幼稚園・保育園・小学校花壇作りに協力して行っています。これは10年計画で取り組んでおり、本年で9年目の事業です。この度、山口県では岩国市の双葉園が引き受けることとなりました。

幼少期から花に親しんでもらい、自ら育てることを覚え、花を愛し、花のある生活の大切さを知ってもらうことで、心豊かで健康な身体と心をもって成長してもらいたいという願いが込められているこの事業、今回実施されたのは、岩国東幼稚園の年長組の51人です。

植え込み前の説明をしています。

みんな一生懸命耳を傾けて聞いてくれています。

ポットに植える方法を説明しています。

二人一組になって、プランターや花壇に植え付けていきました。岩国ならでは!!国際的!!アメリカの園児も一緒に注意点を守りながら丁寧に植え付けていきました。

手は、泥だらけになっちゃったけど・・・でも、とても楽しそう♪

植え込み終了後みんなで記念撮影。

最後に、花がっぱ、ももがっぱを園児達にプレゼント♪みんな目を輝かせて、とてもうれしそうでした。

話題は、地元紙でも紹介されました。

2015年3月4日

広島ブログ

22年ぶりの最優秀賞 ~双葉園~

こんにちは。 岩国の花屋 双葉園 です。

平成27年2月19日から始まった福屋広島駅前店での広島花の祭典 フラワーアレンジメントコンテストにおいて、当店の作品が最優秀賞に選ばれました。実に22年ぶりの受賞でした。


今回は4点の作品を出品いたしましたが、もう1点、優秀賞もいただきました。

22年前も当店のトレードマークである花木を使用いたしましたが、今回は梅の枯木(ピンクの花付きのよいもの)を使用いたしました。この材料は、先般の池坊岩国支も部華展の大作花材としてもたくさんのお客様の目を引きました。広島生花出荷協同組合の山崎利和さんのお世話による材料でした。本当にありがとうございました。

もう1点、八重桜を使用した作品も出品いたしましたが・・・

これは、残念!!

この桜も山崎さんの出荷された桜です。私自身は、この作品に期待を寄せていたのですが・・・、来年またがんばります。

2015年2月23日

広島ブログ

華道家元池坊岩国支部花展 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。
去る、2月14日15日の両日シンフォニア岩国において、華道家元池坊岩国支部花展が行われました。
好天に恵まれ、多数のご来場いただきました。
老松、苔梅、枝垂れ柳などの大作、伝花、桜、梅等の一種生け、また現代の生活空間にマッチする様な
洋風花材を使った作品など約120点が飾られました。
今回は作品タイトル、花形・作品の花材メモも添え、より興味深くご覧いただける様工夫を致しました。
まだまだ寒い日が続いていますが、一足先に春を感じていただけたら幸いでした。

2015年2月20日

広島ブログ

第61回広島花の祭典

第61回広島花の典

被爆70年の今年、広島から平和への願いを

平成27年2月19日~2月24日まで

福屋 広島駅前店 8階、9階 催場 (即売場 6階マルチの広場)

2015年2月20日

広島ブログ

フラワーバレンタイン


もうすぐバレンタインですね。

女性から男性にバレンタインデーにチョコレートを渡す様になって久しい日本ですが、海外では、バレンタインデーには男性から大切な女性に花を渡す習慣が大半だそうです。

日本でも、そんな愛の伝え方をしてみては・・・♪

先日、広島パルコ前で行われたフラワーバレンタインイベントの時の一コマ。

花贈り男子がたくさん誕生していくと、笑顔いっぱいの女子もあふれていくはずです。

2015年2月12日

広島ブログ

「花活」講習 保育園でも

広島花きイノベーション推進事業の「花活」講習会

今年度、実施中の「花活」講習会では、保育園での花育も実施しています。

事業実施のパートナー、ひろしまね園芸福祉協会のHP(http://heartland.geocities.jp/hiroshimaneefk/)でも紹介されています。

http://heartland.geocities.jp/hiroshimaneefk/hanakatsu150117.html ←保育園での活動記事

2015年1月26日

広島ブログ

平成27年東京国立博物館(Part2) ~双葉園~

こんにちは♪ 岩国の花屋 双葉園 です。

平成27年1月2日、岩国空港朝一便、7:45発で上京です。10:30頃に上野に到着。博物館前の噴水池にはきれいなチューリップがずらり。。。

到着して正門前

今回は初めて、男松の黒松を使用しています。

入館。チケット売り場には約150名の行列。

本館前の両サイド

メイン装飾の本館1F⇒2Fの大作立花。高さは4mあります。藏重先生とのショットも記念に。

新春のイベントとして和太鼓や神楽が行われています。見物客も本当に大勢の方々です。

いつものことですが、JR上野駅からたくさんの人が電車から流れ出されるように上野公園に向かう光景は、圧巻です。

大作の前で、「松がすごい!」といいながら、カメラを向けるお客様に心の中で『ありがとうございます』と、感無量の念に浸りました。

2015年1月14日

広島ブログ

恒例の門松制作 ~双葉園~

こんにちは♪ 岩国の花屋 双葉園 です。鏡開きも済んでしまいましたが、お正月前の大事なお仕事。。。をご紹介します。

東京へ松を搬送した後は、リースしている大きなクリスマスツリーの撤去や各教場へのお正月用のお稽古花の納入も忙しい中、私と林の大切なお仕事、門松がございます。

前年度設営した大手スーパーのメイン入り口がとても好評だったということで、今回はふれあい広場のステージにもというリクエスト。

作業開始です。

竹をオリーブオイルで最後の磨きです。

作業終了、出来上がりです。

下地は吸水性スポンジを使用していますので、3日おきの給水にて最後(1月12日)まで南天や梅も生き生きとしています。

2015年1月14日

広島ブログ

平成27年 東京国立博物館(Part1) ~双葉園~

新年明けましておめでとうございます。 岩国の花屋 双葉園 です。

穏やかに新年を迎えられましたでしょうか?鏡開きも終わりましたが、年末から新年にかけての双葉園で受けさせていただいたお仕事を何回かに分けて紹介させていただきます。

2年ぶりに東京国立博物館のお正月の松竹梅の生け花です。第一弾は、準備~納品まで。。。

国立博物館

昨年、平成26年11月末に池坊アメリカ支部の藏重 伸先生より連絡があり、東京国立博物館でのお仕事を受けたので、松の手配をよろしく・・・とのこと。

大市にて大ぶりな老松、約50本あまりを競り落とし、その中から約35本の松を選び、スーパーロングバンの双葉園号にびっしりと積み込み、12月19日朝、東京に向けて出発しました。

翌朝、生け込みをお手伝いする東京の花屋さんに松を預け、竹柴のホテルにてお休みです。

12月21日朝 7:30、岩国に向けて出発です。ホテル玄関から記念に東京のシンボルをショット!

天気も雲一つ無く、富士川からの富士山がとてもきれいでした。

休憩も含め、約14時間走り続て、岩国到着は午後10時でした。ちなみに、往復約2,000kmのドライブです。年明けの1月2日~3日には岩国空港から空路で東京に向かい、作品を見学に参ります。

2015年1月12日

広島ブログ

広島県ラン展

第32回 広島県ラン展が、今年も開催されます。

広島県ラン展

写真を見てもおわかりのように、今回の目玉は、「青い胡蝶蘭」です。

最近では、さまざまな色の花を目にされていると思いますが、それらはかなりの割合で加工されたものです。

しかし!! この度の「青い胡蝶蘭」は加工されたものではありません

現在、千葉大学で研究開発中で、西日本で初めて、広島で展示が叶いました。

是非!皆様ご自身の目で、夢の「青い胡蝶蘭」をご覧になって下さい。

開催期間 : 平成27年1月15日(木) ~ 1月20日 (火)

場 所  : 福屋広島駅前店 8階 催場

入 場 料 : 当日券 500円(前売り券400円)

2015年1月12日

広島ブログ

「花活」講習が紹介されています。

「花活」講習会が着々と進行中

広島花きイノベーション事業推進協議会で取り組んでいる「花活」講習会が着々と進行しています。その一つの講習会が中国四国農政局のHPに紹介されました。

http://www.maff.go.jp/chushi/seisan/flower/hanaikunorosangakuen.html

2014年12月17日

広島ブログ

花と緑のフリーマガジン フルーブル2014年冬号

フルーブル2014年冬号

配布が開始されました。

この冬の花と緑のイベント情報もいっぱい♪ もちろん記事も充実していますよ。

広島市内のスーパーマーケットのフリーマガジンコーナーをのぞいてみてください。

その他 配布場所の参考にこちらのWEBページも参考にしてください。

⇒ フルーブル

2014年12月6日

広島ブログ

花活講習会 着々と進行中!

広島花きイノベーション事業推進協議会では、

花でくらしを活性化(花活)をテーマに

6月に開催したシンポジウム後、

県内各地の福祉施設・教育施設で

「花活」講習会を行っています。

H26年6月に開催された「花活」シンポジウム ⇒ 関連記事はこちら

広島の花き業界とNPO法人日本園芸福祉協会の広島県を管轄にもっている「ひろしまね園芸福祉協会」所属の園芸福祉士の皆様との合同の事業です。シンポジウム後、9月から本格的に花活講習会が始まっています。この講習会で利用されているフラワーアレンジメントキットは、農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所が開発したフラワーアレンジメント法を活用し、広島県の生産者が考案した「イレカエール」を器として利用します。

先日、その講習会が有料老人ホーム「グランホームあさひ」で開催され、中国新聞の取材を受け、とても大きく記事に取り上げられました。

関連記事は(株)花満のHPにあります。 ⇒ http://hanaman.co.jp/archives/11158

広島で発行されている花と緑のフリーマガジン「FleBre(フルーブル)」 にも、取材記事が掲載されています。 ⇒ HPはこちら。 (配布場所がわかります。)

また、講習会を実施された施設のブログでも、その様子がアップされました。

⇒ http://heartland.geocities.jp/hiroshimaneefk/OYI140925hanakatsu.html

イライラ抑制・ストレス軽減・疲労回復などに繋がるという花や緑が本来持っている効用に加えて、空間に配慮しながら花を挿していくフラワーアレンジメントによって、楽しみながら脳の中の人のいろいろな機能を司る箇所を複数箇所刺激でき、「脳の活性化」も期待されています。

イレカエールにある直径9cmの4つのポケットの内、一つにフラワーアレンジメント、あとの3つに観葉植物のポットを差し込み、簡単に室内に飾ることの出来る花飾りが完成します。植物の組み合わせや位置、フラワーアレンジメントの挿し方で、一人一人の作品が少しずつ違い、作品作りを教え合ったり、見せ合ったり、褒め合ったり・・・。完成した作品の世話をしていくという講習会の時だけに終わらない楽しみも続いていきます。既に、また講習会をしてほしいというリクエストも入ってきており、花きの需要拡大も期待できます。

この事業は、今年始まり、国産花きイノベーション補助事業が継続されると言われている五年は継続して取り組んでいく見込みです。

2014年11月20日

広島ブログ

11月22日はいい夫婦の日

11月22日は、いい夫婦の日です。最近では、この日を結婚記念日にされるご夫婦も多いように聞いています。お花屋さんでも誕生日や母の日などと同様に、「いい夫婦の日」にもお花を贈り、大切な人への思いを伝えていただきたいとおすすめしています。

先日、いい夫婦の日を翌週に控えた11月15日(土)にいい夫婦の日PRイベントが広島市中心部の広島パルコ前で行われました。

いい夫婦の日には、ご夫婦・カップル同士でお花を贈り、日頃の感謝を確かめ合って欲しい・・・という気持ちを込めて、広島市場にご出荷の花の生産者様、広島県内の花屋さんから皆様へのプレゼントをさせていただきました。たくさんのカップルにお花を受け取っていただきました。お天気も良かったこともあって、1時間かからずにプレゼントに用意したお花はなくなってしまいました。

このイベントでは、目の前でフローリストの皆さんによってブーケに束ねられて行きます。一つ一つのお花もきれいですが、いろんな花の組み合わせでもっとステキなブーケになっていく過程も目の前で見ることができるので、皆様たいへん興味深そうにフローリストの手元をじっと見たり、カメラに納めたりされていました。

このイベントを盛り上げるためにお手伝いいただいた寺本ご夫妻によるウクレレとピアノ演奏♪ イベントにふさわしい「いい夫婦」でいらっしゃいました。

いい夫婦の日はもうすぐ♪

是非、ご夫婦で日頃言えない感謝の一言を添えて、

お花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

2014年11月17日

広島ブログ

菊花展 ~精興園~

~ 精興園 菊花展 開催中 ~

広島県にある菊を中心とした種苗メーカーである精興園では、今年、10年ぶりに一般公開の菊花展を開催中。

H26年11月16日(日)曜日まで。開場時間は、9:30~16:00。

切り花用、ガーデン用、鑑賞用・・・など、100種もの菊の展示は見事。

菊の花の旬である秋ならではの懸崖菊はまさに見頃。・・・というか、これからどんどん咲いてきて、これからもっとすばらしくなります。

花刈り体験のできる施設もあり、一本100円で好きな花を切ることができます。新品種がたくさん開発され、「これが、菊?」・・・と思われるような花がたくさんあること間違いなしです。皆様の菊のイメージはきっと変わるはず!!

水盤に浮かべただけなのに・・・とてもきれいです♪

ひろしまフラワーフェスティバルにて。

精興園さまは、ひろしまフラワーフェスティバルのピースフラワープロジェクト花育にも協賛されています。ピースフラワーひろばにも参加され、新しい菊の品種や使い方を紹介されています。写真は、前回のひろしまフラワーフェスティバルでの花キューピットとコラボしたブースの様子です。母の日の花はカーネーションですが、菊=マム・・・と読んで、母の日=マムの日 に新しい提案です。洋風にもアレンジできる菊が本当にたくさん増えています。花カッパの頭の上には、青いカーネーションと菊(マム)。

まさに今!菊(マム)の旬の時期。

他の菊花展では、見られない、体験できないことができますよ!!

是非♪ お出かけ下さい。

2014年11月5日

広島ブログ

假屋崎省吾の世界 第15回 ~双葉園~

こんにちは♪ 岩国の花屋 双葉園 です。

今年も假屋崎先生より、東京目黒雅叙園での百段階段個展の開催初日の祝賀会に招待をいただき、10月1日に行って参りました。

ホテルの正面玄関にはお客様お迎えの花・・・

そして、毎年ですが、個展へのお祝いのスタンド花やコチョウランの鉢がずらり・・・

レセプション開場の前に作品をみせていただきました。残念ながら撮影禁止ということで、作品の写真はお見せすることができません。その後、物品販売ブースで先生とお目にかかることができました。お忙しい中にもかかわらず、恐縮でございました。

午後6時の開場に合わせて2階宴会場に入ります。

午後7時、開演。先生のごあいさつ。

昨年に続き、先生がデザインし、プロデュースされた訪問着、振り袖、打ち掛けと、新作ブライダルブーケ&着物ショー。

ミスター花婿コンテスト

そして、スペシャルゲストのヴァイオリニスト、ヴァスコ ヴァッシレナ氏のすばらしいヴァイオリンの演奏がありました。

この祝賀会で、思いもかけない方に出会いました。

先般、9月18日に岩国国際観光ホテルにお月見会トークショーに来られたデヴィ夫人。

午後9時の終演時に同じテーブルに着席されて、食事をされていたデヴィ夫人に、林さんが岩国で褒めていただいたススキの話をいたしますと、とても感激され、自ら名刺を差し出して下さいまして、私自身も名刺交換をいたしました。本当に、本当に奇遇でございました。

假屋崎先生の個展は10月26日まで開催されております。

是非、お出かけ下さい。

2014年10月9日

広島ブログ

大結婚披露宴 ~双葉園~

こんにちは♪ 岩国の花屋 双葉園 です。

先般、9月23日に約320名のお客様を迎えての大結婚披露宴がございました。

岩国市の周東町にあります酒造会社の副社長さんの婚礼です。

会社に位置するのは、緑の山々にかこまれ、きれいな水が流れる川の側でございます。

婚礼会場の装飾は、その山を表現すべくGreenの枝物を主にし、お花は白の輪菊を使用。

私が過去40年間を振り返ってもこの度のような花材を使用したのは初めてのことです。

まず、枝物を主とした出荷団体である広島生花出荷協同組合にお願いしましたのは、大物のどうだんつつじ、青いツバキの枝張りのよいもの。

いずれも2.5~3m。

ウェルカム用のフレームは、3カ所。

VIPのお部屋。

宴会場、メインテーブル。

会場全体

卓上装花。

メインテーブルの花材や各テーブルの装花の花材は、ジャスミンソケイ、木イチゴ、ドラセナ、稲穂。アレンジメントの中に稲穂があるのがわかりますか?酒造会社様の披露宴ということで、花材の中に稲穂は「是非とも」というリクエストでございました。

そして、お料理に添える直径3cmのスプレーの白菊。15cmの長さにカットした350本です。

前日午後3時~午後8時30分、当日午前7時~午後9時までの長い仕事でしたが、とてもやりがいのある仕事でした。

本当におめでとうございます。そして、ありがとうございました。

全国の皆様、是非岩国市の周東町にお越し下さい。緑がとてもきれいな場所で、今一番人気のあるお酒をお求めになって下さいね。

2014年10月6日

広島ブログ

庄原さとやまガーデンフェスティバル ~備北丘陵公園~

平成26年9月27日から10月5日まで、広島県庄原市で

庄原さとやまガーデンフェスティバル

が開催中です。

会場内のさとやま屋敷の一角を広島県花き商業協同組合青年会のメンバーによるすばらしい花飾りが展示されていますよ。


是非、ご自分の目で見てくださいね。

秋らしい花材がふんだんに使われた花飾りです。

もちろん、屋外の花畑もコスモスが見頃です。

そのほかの花も見頃です。

2014年9月30日

広島ブログ

恒例の「お月見の夕べ」ですが、今年は特別華やかに・・・ ~双葉園~

こんにちは 岩国の花屋 双葉園です。

9月18日に毎年恒例のお月見会が岩国国際観光ホテルで開催されました。

今年は、デヴィ・スカルノ元大統領夫人のトークショーも兼ねての開催です。

岩国国際観光ホテルのトレードマーク 玄関ロビー

花材は、どうだんつつじ、ナナカマド、紅万作、ススキ、椿

エスカレーターの登り口には・・・ ススキ、コスモスの前にお団子。

ステージの大きなカメには、長~いススキ。。。ベテランの林さん、しっかりがんばっています。さて、問題です。

Q : 何本入っているでしょうか? ・・・

出来上がりは、3mの高さです。

答え : 120本です。

ススキの高さを感じていただけるように、後ろに人が歩いている写真を選んでみました。

卓上はいつものようにキャンドル。足下には、アイビーを少し・・・

さて・・・場所は変わって、開演、一時間前の屋上のお茶席です。こちらのススキは80本。

錦帯橋、岩国城・・・と、とてもとてもいいロケーションです。

そして、デヴィ夫人をお迎えする会場です。

デヴィ夫人が座られる後ろには、27年間、着付け室前でがんばってきた造花をきれいに手直し。双葉園の洋子先生と林先生が手早く処理をしています。

両サイドは、「和」 秋のもみじ と「洋」 色とりどりの華やかなダリア でございます。

最後に夫人のお足元は・・・

各地でトークショーをされていらっしゃるデヴィ夫人ですが、「こんなにお花に囲まれることはあまりない」とおっしゃっていたということです。当店の記念にもなる仕事でございました。

デヴィ夫人のお話もずいぶん苦労されたお若い頃からのお話で、お客様にもとても好評だったとのことでございました。

2014年9月23日

広島ブログ

ウエルカムボードやギフトにいかがですか?         ~イレカエール、バージョンアップ~

広島で生まれた イレカエール ♪

お花屋さんでも扱われ始めましたが、そのイレカエールがバージョンアップして登場!! ブライダルギフトやウエルカムボードにもいかがでしょうか?

バージョンアップして登場したのは、広島市中区のちゅーピーウエディングプラザ。この度、移転オープンしました。

その一角に・・・

バージョンアップしたイレカエール。

アクリル製フレームで新登場。フォトフレームとセットになったものもご紹介しています。

是非、一度ご覧になってみてください。

ウエディングプラザでのご紹介なので、ウエディング演出にもお使いいただきたいのですが、その他、ギフトにもぴったりだと思います。

ちゅーピーウエディングプラザでは、ブライダルに限らず、いろんなワークショップなどのイベントも企画されるようですよ。これから、楽しみですね。

2014年9月12日

広島ブログ

花 うたかた

皆様 こんにちは。夏も本番になりました。とは言え、例年の如く暑くて暑くてと言う日があまり無いように思います。冷夏なのでしょうか?少し気候が変わってきているような気がします。と思った瞬間、各地で最高気温を記録する日が続き、また各地で異常な天候が見られ、儘ならぬ自然界をあからさまに見ることになりました。当然植物にとっても良い環境とは言い難い状況です。

八月はお盆月ですが、広島の場合は先ず「原爆祈念日」を先ず迎えます。今年で被爆69年となります。幼きときに被爆した私の母も80歳を過ぎてしまいました。年々被爆体験者が少なくなり、被爆の悲惨な状況を語り続けることの難しさをしみじみ感じるところです。被爆後は草木も生えないとまで言われていましたが、翌夏に花を咲かせた植物もありした。夾竹桃がその一つです。鮮やかなピンクの花を沢山付け、人々に希望を与えてくらました。また、木々も逞しく発芽しました。広島城には被爆ユーカリもあります。青桐も強く生き付いていました。植物の強さをまざまざと見せつけてくれました。そして広島は復興したのです。植物から力を貰ったのです。

私達の周りには多くの植物が生き付いていまが、その植物は殆ど食用であったり、薬用であったりします。また、居を構成する植物であったりします。見るだけの植物は数少ないように気がします。その中で、今回は「蓮」をご紹介したいと思います。 蓮と言えば私共仏教徒にはとても馴染のある植物です。お寺にお参りに行くと、必ずと言っていいほど御仏前に蓮(金色の作り物)が供えられています。これは常花と言われるそうです。生育環境からは想像できない美しい花を咲かせてくれます。聖性を感じるものです。日本では、蓮の根茎をレンコンとして頂きますが、他の国は食するのでしょうか?私は、海外に行ったことが無いので???です。花、葉を使いいけばなを活け、姿を見て様々に思想を展開し、食する。何と人間の行うことはと思います。諺もありますね。「一蓮托生」。良しつけ、悪しきにつけ、行動を共にする。人間の性を見る気がします。また、「ハスの葉商売」と一時の際物の例えとして用いられます。それだけ私達人間の思 想、実生活に関わりを深く持っているものなのでしょう。今後も多くの植物と出会うこととなると思いますが、一つ一つの植物と上手く付き合っていけるとよいと思います。

2014年8月13日

広島ブログ

感謝状 ~双葉園~

こんにちは 岩国の花屋 双葉園です。

約4年前(正確には平成22年9月10日)になりますが、岩国女子刑務所から「職業講話」の講演依頼を受けています。受刑者の社会復帰後に勤労意欲の醸成や、私の仕事内容を紹介することで勤労意欲を喚起し、再犯を防止することに役立てるという目的で約60分の講演です。

講話については、双葉園の約60年の歴史から、仕事内容、業界の実情、この仕事に従事して得たもの、やりがい、心構え、いろいろなお客様との出会い、仕事の苦労、30年も勤務してくれている従業員の自慢、決して楽をしてお金は手に入らないこと・・・などの話を仕事中の様子なども画面で見てもらいながらいたしました。

話の最初と最後に5分、10分の時間で、白いカーネーションを使ったプードルの作成やもみじの枝をはじめ10種類の花材を混ぜた秋の大ぶりのアレンジの実演をし、381名の女子受刑者にたいへん喜んでいただきました。

これを機に、年に数回、フラワーアレンジの外部講師としてお伺いしています。

この度、岩国商工会議所が約20年の協力を経て、法務大臣表彰を受けられました。それに合わせて刑務所長より感謝状をいただきました。

講義の最中は、女性であるが故にきれいなお花に笑顔で接してくれて、熱心に耳を傾けてくれます

感想も送っていただき読んでみると・・・「今日つくったものを家族に贈りたい」とか「習ってみたい」「初めて自分でアレンジメントをつくって楽しかった」など。。。

刑務所内ということで写真はないのですが、これからも矯正活動しっかりと協力していきたいと思います。

2014年7月25日

広島ブログ

「花活」(花をくらしに活かす)シンポジウム


先日、ご案内した広島花きイノベーション事業推進協議会主催の「花活」(花でくらしを活性化)シンポジウムが、去る6月27日(金)、メルパルク広島で開催されました。このシンポジウムは、農林水産省の国産花きイノベーション補助事業を受けて、広島県と広島の花き業界が取り組むもの。花きの活用推進に向けて今年4月に設立となった当協議会では、イライラ抑制、ストレス軽減、疲労回復につながると言われる「花や緑の効果・効用」や、空間に配慮し作成するフラワーアレンジメントによる「脳の活性化」について、花き業界及び園芸福祉関係者だけでなく、新聞等を通じて一般参加者も広く募り開催しました。

当初、想定した定員は200名でしたが、反響は予想以上で定員を超える230人超の参加者がありました。

このシンポジウムは二部構成。第一部は独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所の望月寛子氏が、「花が人に与える効果とその利用」をテーマに特別講演。望月先生の研究成果からフラワーアレンジメントをすることによって、脳障害のある方のリハビリや、認知機能に維持や改善の効果があるということがわかってきたとの講演をいただきました。

望月先生はその研究成果から、脳の機能訓練を目的としたフラワーアレンジメント法を開発され、特許を取られています。この度の講演の中でもその実演も交えてわかりやすいお話をいただきました。

休憩時間にはご来場いただいた方にも、フラワーアレンジメントキットで、実際に体験もしていただきました。

望月先生の研究報告等については、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構ホームページに掲載されていますので、そちらもご覧ください。(⇒http://www.naro.affrc.go.jp/flower/research/amenity/index.html)

第二部は、「花活」(花をくらしに活かす)をテーマにパネルディスカッションを行いました。コーディネーターは、

中国新聞社 文化部くらしデスク  木ノ元陽子 氏。

パネラーとして、

花き研究所 望月 寛子 氏

日本園芸福祉普及協会理事長   吉長 成恭 氏

株式会社大田花き花の生活研究所 内藤 育子 氏

ビハーラ花の里病院 園芸福祉士 藤井 賢行 氏、 末國 恵子 氏

広島県花き商業協同組合理事長  宮本 正直 氏

それぞれの皆様の仕事の現場の実情や思いを語っていただきました。花と緑を扱う花き業界と、花と緑を活かして福祉に役立てていた医療関係者のあいだに、これまであまり接点がなかったのが実情でした。今回の事業をきっかけに、花き業界としては園芸福祉士の皆様と連携することによって花きの利用促進に繋がるだけでなく、社会貢献の一端も担えるようになるでしょう。

これから本格的に各地の施設でフラワーアレンジメント法を利用した講習会も行われて参ります。施設での活用だけでなく、施設を利用されているご本人だけでなく、その家族の方、地域の方、施設で働かれている方、その家族の方・・・と花と緑が繋げる幸せの環が広がっていくことが大いに期待されます。

皆様も一緒に、花と緑で幸せになりませんか?

2014年7月4日

広島ブログ

「花活」(花をくらしに活かす)シンポジウム 開催のお知らせ

空間的な配置に気を配りながら順番に花を挿していくフラワーアレンジメントでは空間認識能力や記憶能力のトレーニングが可能。

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所・望月研究員による研究では、フラワーアレンジメントの「脳の活性化」機能に着目し、医療・福祉への活用を示唆しており、その考え方に沿った「フラワーアレンジメント法」が開発され、特許取得されている。

本事業は、日本園芸福祉普及協会と連携し、園芸福祉士による「花の効用=花をくらしに活かす(花活)」訴求し、さらにメディアともタイアップして花きの魅力を発信し、花き利用増進の啓発を図ることを目的とする。

ご案内はこちらから・・・↓ ↓ ↓

https://onedrive.live.com/view.aspx?cid=7A0138E6DEE1899A&resid=7A0138E6DEE1899A%21110&app=WordPdf

どなたでも参加いただけます。

花き業界・医療、福祉関係業界・教育分野・・・などなど、幅広い皆様の参加をお待ちしています。

2014年6月11日

広島ブログ

サウジアラビアからのお客様 どうだんつつじ ~双葉園~

こんにちは 岩国の花屋 双葉園です。

岩国国際観光ホテルにて某会社の大切なお客様がいらっしゃるということでした。岩国にいらっしゃるものもこれで3度目だったでしょうか?会場に桜をと希望されましたが、5月の半ばでは無理があります。ということで、どうだんつつじで挑戦してみました。

表玄関には、山の自然のどうだんつつじ。

いつものように全体の枝を見ながら、差し込んでいきます。

出来上がりました。


次に お食事会場には・・・

紅どうだんとシャクナゲです。

紅どうだんの枝で型をとり、要所要所にシャクナゲを差し込んでいきます。

出来上がりは・・・

以前いらっしゃった時は、桜、もみじの時季でございました。日本のように四季のない砂漠の国、サウジアラビアでは見ることのできないお花にとても感激されたようでございます。

2014年5月26日

広島ブログ

花うたかた

皆様 こんにちは。五月も半ば、間もなく梅雨を迎えます。いよいよ蒸し暑い夏のスタートです。雨が降ると鬱陶しいとおもいますが、雨が降らないと困ったことにもなります。人間って困ったものですね。市場は母の日も終わり一段落しています。一段落すると、広島の花き業界ではかなり重要な催しがあります。「広島花供養祭」です。この供養祭は今回で53回を迎えました。広島市中区の中央公園の円鍔勝三氏の制作の「花の精」の前で挙行されました。御存知の通り広島出身の著名な彫刻家です。清楚な姿の花の精たちが、花を片手に輪になり、天を仰ぎみる姿は皐月の空に清々しさを見ます。また今回は、岸田外相をお迎えしました。厳粛かつ盛大に行われ、日々扱う「花」への感謝の気持ちを より一層持ちました

今回は「紫陽花」を紹介したいと思います。間もなく訪れる梅雨ですが、毎日鬱陶しい日が続きます。然し、この花を見ると清々しさを感じます。語源も面白く、藍色が集まる花がそれに当たるそうです。古くは集真藍と書きます。誠に青かったのでしょうね。然し、ある反面、意味嫌われていたようでもあります。色が変わると言うところです。それは二心を連想させます。裏切りにつながると連想されていました。また、種が出来るのですが、とても小さく、まるで実がならないよう見えるのです。結果が出ないと言うことです。然し八重の紫陽花は逆に縁起が良いと思われていました。「八重咲くごとく弥つよに・・・・・」と言うことです。本来は一重の萼紫陽花が主です。それがヨーロッパに持ち 帰られ、品種改良が進み、現在の紫陽花になりました。その原木は、シーボルトが持って帰ったと言われ、その原木は現在もオランダのライデン大学に現存しているそうです。シーボルトがお滝さんを思いつつ持ち帰った紫陽花。とてもロマンに満ちていますね。いつまでもオランダの地で美しい花を咲かせて欲しいものです。そのシーボルトが持ち帰った紫陽花から、ヨーロッパで品種改良されたものが「西洋紫陽花」です。ゴージャスで、色も鮮やかです。また、雨に濡れると一層花の色の美しさが際立ちます。寒色の持つ清涼感が私達に梅雨の鬱陶しさを忘れさせてくれます。鉢から地植えにしても大丈夫です。剪定も必要になります。この時期から花を咲かせますが、既に来年の葉芽、花芽の準備をしていま す。出来れば花の直ぐ下あたりを切り込んでください。来年は沢山綺麗な花を咲かせることが出来ると思います。今年は、山口県の阿弥陀寺に紫陽花を観に行きたいと思います。皆様もお近くの紫陽花をご覧になり、爽やかな気持ちで夏に打ち勝ちましょう。

2014年5月20日

広島ブログ

平成26年 母の日 終了 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

H26年5月11日の母の日から1週間が過ぎました。”遅れてごめんなさい”の配達も15日までで終了。

最終的に結果は・・・ 470件の配達・配送、 発注は80件 そして、店頭売りも昨年を大きく上回りました。40年前に亡き父の後を引き継いで、最高の数字でございました。

母の日 企画商品のアレンジ。

インターネットからの注文で宅配する商品。

5月11日 AM 7:00より15分間の朝の朝礼。総員23名。配達に関しての注意、挨拶の励行などの訓示を受けます。当店の車5台と持ち込み車の3台を含め、ふたば1号車~ふたば8号車までの計八台での配達です。

私とベテランの林さんペアに与えられたふたば6号車には、郡部へのお届け商品がびっしり。

車の幅ぎりぎりの杉林の急な暗い坂道をライトを点灯してゆっくりと走ります。時々、サル、イノシシにも会うことがあるのですが、今年は会うことがありませんでした(残念!)。

街中とは違い、郡部の方は地番も飛んでいて配達先を見つけるのも一苦労です。日陰のあるところなどに車を停めては、電話をしながら配達先を探します。

こうして、1件1件探して配達をしても、留守のお宅は店まで商品を持ち帰り、不在票を見て連絡をしてくださるお客様まで、再度配達をしなければいけません。場所によっては、往復120kmにも及ぶところもございます。

一応の目安として、AM7:30からAM8:00までに出発して各方面に走る車は、PM3:00からPM4:00には一度目の配達を終え、店に帰り、再配達に臨むという態勢をとります。

おかげさまで、PM7:00までにはほとんどの方面の再配達までを終えることができました。一週間後の現在まで、クレームもなく、まずは目標通りの母の日の仕事を終えました。

毎年手伝ってもらっている長女の嫁ぎ先のスタッフ、双葉園のOBのスタッフに感謝でございます。

2014年5月19日

広島ブログ

母の日にプレゼントして欲しいものは・・・?

5月第二週目の日曜日は・・・「母の日」ですね。

母の日にプレゼントしますか?

アンケート調査がいろいろされていますが、Amebaの調査では、今のところ87.3%の人が「あげる」派。(この調査は母の日直前の今日 5/10 現在進行中ですが・・・)

母の日にプレゼントして欲しいってものってなんでしょうか?・・・っていう調査では、半数以上のお母さんが「お花がほしい」という結果が出たそうです。

母の日定番のカーネーションをはじめとして・・・

花束や鉢物など・・・

カーネーション鉢物

イレカエールも母の日バージョン♪

お母さんの好みを考えながら、ステキなプレゼントを選んでくださいね。

2014年5月10日

広島ブログ

恒例の海上自衛隊岩国基地観桜会~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

錦帯橋のソメイヨシノも終わり、八重桜の関山が咲き始めています。

先般、4月3日には、昨年に続き、海上自衛隊の地域交流のための観桜会が開かれました。この観桜会は、基地運用に協力する地域関係者に感謝の意を表すと同時に、基地を協同使用している米軍基地隊員に日本の春の行事「花見」を紹介しようと、隊員手作りの料理で行われています。

昨年と同様に大きなカメに桜を高さ4.5mに立ち上げて、さらに今年は主賓席のフードテーブルに桜の装花を飾りました。

3月28日に高さ3.5mの御車返しと松前紅豊を手配してもらいました。

約6日間で、9分咲きの状態にして双葉園号に積み込み。

広~い、広~い格納庫に設営準備を完了しました。


大きく、枝の張った御車返しをまずカメの上口に固定します。

次に紅豊の枝張りのよい3本を順に差し込んでバランスをとります。

下草はやぶ椿です。当店のベテラン、林さんが最後の調整です。

できあがりました!記念のショットです。

ここまでの生け込み作業でかかった時間は、約20分。早いでしょうか?遅いでしょうか?

ベテラン林さんとのあうんの呼吸での作業です。

メイン席のフードテーブルです。

今年は佐古さんもご夫婦で招待します・・・とのことで、会に夫婦で参加いたしました。

いろいろなお料理がたくさんです。岩国の自衛隊さんの考案した「れんこんラーメン」や「岩国海軍飛行艇カレー」がとても美味でございました。

余興として行われたお琴の演奏や和太鼓は桜にとてもマッチし、米軍関係のお客様は熱心に耳を傾けておられました。

2014年4月14日

広島ブログ

名付けて・・・「竹取物語」,「かぐや姫」 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

春のブライダルでは「桜」をおすすめしていますが、以前にもご提案していたこともある「竹」の復活です。

準備もたいへんですが、3月9日のブライダルフェアでは、バージョンアップして再登場しました。

こちらのテーブル装花はこんな感じで。。。

使用する桜も3月下旬には、啓翁桜から八重桜にチェンジしてまいります。

四月の下旬から5月の連休にかけてまで、桜はOKでございます。

ご用命ございましたら是非、お声掛け下さいませ。


2014年3月16日

広島ブログ

桜・桜・桜 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

春のお彼岸も近くなり、寒さももう少しという時期になりました。岩国国際観光ホテルのブライダルも、春の恒例の桜が大人気です。そんな時期に先立って、2月にはホテルの若社長結婚披露があり、いつもの錦帯橋スタイルに立派な老松の枝でラインを取ってみました。葉状のすばらしく良い松で、特に年輩のお客様に好評をいただきました。

双葉園 桜ウエディング

ひな壇の背景

テーブル装花は・・・

玄関ロビーのお迎えの桜・桃・梅

ケーキカット・・・の代わりに、岩国ならではの名物お寿司、岩国寿司のカットです。

待合の席の桜ラックは、池坊東京生成会の加藤先生から譲りうけたものです。

2014年3月16日

広島ブログ

花贈り❁navi デビュー♪

スマートフォン用アプリ

花贈り❁navi

今年、新登場 !!

(↑↑↑フラワーバレンタインHPよりお借りしています。) デキる男、必携! ・・・だって。もちろん、ステキ女子の花いっぱいライフには欠かせませんよ。 花贈りのヒントやアドバイスはもちろん、記念日リマインダーでは、自分の大切な記念日も登録できて便利ですよ。無料ですから、是非ダウンロードしてみて~♪

2014年2月11日

広島ブログ

第60回 広島花の祭典

今年も 広島県花の祭典の開催が間近になってきました。

上記の通り、2月13日から6日間、

広島の老舗百貨店  福屋  広島駅前店の催し物会場すべてを借り切って

第60回広島県花の祭典

開催いたします。

人で言えば還暦にあたる60回目の祭典。こうして開催し続けられたのも、ご来場いただいた皆様のおかげです。

その感謝の気持ちを広島の花き業界あげて、会場いっぱいに表現します。

ここ近年、大評判だった「桜」は、この度はまた違った形で皆様に見ていただこうと思っています。

一足早い春が会場いっぱいに広がることでしょう。

是非、たくさんの皆様にご来場いただきますように。お待ち申し上げております。

2014年2月11日

広島ブログ

假屋崎省吾先生,歌舞伎座 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

東京連合花展の翌日、銀座の歌舞伎座の前に位置する假屋崎先生に、遅くなりましたが、新年のご挨拶を兼ねてお伺いしました。お料理の上手な先生に、岩国名産のレンコンから作った《レンコン酢》をお持ちしとても喜ばれました。

ちょうどいけばな教室のレッスン中でもあり、授業を拝見させていただきました。いつものように、目配り、気配り、心くばりされる社中さんの姿には、本当に頭が下がります。授業の最後に先生自ら桜の投げ入れをされていました。

先生の教室のあるビルの正面には、新しくなった歌舞伎座があります。

まだ関東独特の松竹梅が飾られていました。

そして4Fのエレベーター前のフロアーには、アートで造られているのですが、先生・スタッフのみなさんの大きな作品が展示されていました。

2014年1月25日

広島ブログ

第八十一回  池坊東京連合支部花展 ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園です。

平成26年に移り、1月も後半に入りました。昨年12月に池坊東京生成会の加藤先生より1月13日~10日間にに渡って開催される東京上野の都美術館での東京連合支部展に使用する花材の依頼をお受け致しました。

めん松・苔梅・紅梅・白梅

竹は、花器として使用する為、加工した物。

1月4日に竹林に入り、いつもの様に高さ15mほどの竹を2本カット。店に持ち帰り、長さ、窓、足元に重りを入れる為の蓋付きの窓等を加工しました。

竹林、加工の様子です。

デッサンに近い、めん松、苔梅、他選び抜いた材料を1月8日に発送しました。

1月14日に、朝一番の飛行機で上京し、加藤先生、百嶋先生、福山先生とお会いしました。「自分のイメージぴったりの材料でとても仕事がスムーズでした。」とのコメントをいただきました。

加藤・百嶋先生に作品の紹介をいただきました。早くからデッサンされ、加藤・百嶋・福山先生の作品に対する思い入れの深さに思いをはせ、季節感のある作品の仕上がりに感激いたしました。花材を送らせていただいた、花屋冥利につきます。

他の作品も拝見いたしましたが、どの作品も力のこもった作品でございます。

2014年1月24日

広島ブログ

新春を生ける。~双葉園~

遅ればせながら 明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年も、東京新宿にある証券会社のロビーに生けこむ花材の手配をいただきました。
花満に出荷されるめん松の大ファンの東京生成会の百嶋先生からのご依頼です。
若松、梅、ずばえ、千両、銀柳
東京方面にはこちらの老松が、なかなか入手出来ないそうで、毎年オーダーを頂いております。
遠く離れた都心で、当店の花材が光っているのが本当にうれしく思います。

2014年1月9日

広島ブログ

第31回広島県ラン展

H26年1月16日~1月21日

新春恒例の 広島県ラン展 が、

福屋 広島駅前店 8階催し物会場 にて開催されます。

新しい年の花のイベントのトップバッター

皆様、是非ともお運びください。

2014年1月8日

広島ブログ

花 うたかた 明けましておめでとうございます。

皆様 新年明けましておめでとうございます。
長くにお休みをさせて頂きました。決して病気とかではなく、日々に仕事を熟すスピードが遅くなり、なかなか書くことが出来ませんでした。早い話、要領が悪くなってしまいました。気が付くともう年が明けてしまいました。
昨年も様々な植物と新しい出会いがありました。市場で扱う花は、そう変わるものではありません。確かに新品種もあります。然し、同種の中での新品種です。世界的な新品種ではありません。そのような花を毎日見ていると、私も花の美しさを見落としてしまいます。それはとても寂しいことです。花は見る角度を変えると、その角度により今までにない美しさを見出すことが出来ます。その角度は、その花の生まれ故郷、原産地の気象状況、どう言う道を辿って日本にやって来たか、その花の名前の由来とか、様々に植物を見る角度を変えて見るとても興味深いものがあります。
いけばなではお正月に向けて、「万年青」を活けます。目出度い花として正月花には欠かせない「花」の一つです。皆さん、よく目出度い時に活ける花と言われます。どうしてなのですかと聞くと、皆様はよく解らないと言われます。私も実はよく解りませんでした。目出度いと言われる「花木」は概ね常緑です。一年を通して葉の色が変わらないのです。それは人間の心に通じるものがあると思います。二心無く全うに生きていく姿を意味するものと思います。ですから「神々」も一年葉の色の変わらない木々に降り立つのだと思います。万年青もまさにそれに当たると思います。
万年青自体は日本に自生していますが、現在のように目出度き花として扱われるようになったのは江戸期からの様です。徳川家康公の 御家来衆が、江戸城入城の折に祝いの品として献上したと言われています。時代を経て江戸中期には、日本の観葉植物として一世を風靡しました。その後一旦は落ち着きましたが、明治・大正期にはまたブームが興りました。いけばなの世界では、正月に欠かせない花として英々と受け継がれています。現在も愛好家は多く、昨年も広島で「日本おもと協会」の全国大会が開催され、全国より出品されました。機会を得て私も拙い腕ではありますが、「万年青」を活けさせていただきました。また毎年、徳島の相生の小学校に万年青の授業に行かせて頂いております。徳島の相生は、全国の万年青の7割を出荷されており、地域の特産物として小学生に伝えていこうという授業です。小学生たちは、最初はとても緊張 していますが、徐々に植物の持つ魅力に引き込まれていくようです。最後はとても楽しく万年青をいけてくれます。植物を扱う私達にとってはとてもうれしく感じる機会です。
今年も皆様に植物のあれこれをお伝えして行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。迎えた今年がより良い一年になりますように祈念いたしております。(児玉)

2014年1月8日

広島ブログ

花と緑のフリーマガジン「Flebre」

花は心の栄養源。

花ライフ応援マガジン「Flebre」

H25年冬号(第6号) 発行しました。

Flebre フルーブル

広島発 花と緑のフリーマガジン「Flebre(フルーブル)」冬号、無事、発行されました。お花屋さんをはじめ、広島市内では、地域の公民館や一部の銀行でも置いていただいています。毎号、集めていただければ季節の花と緑のテキストブックとして、花いっぱいライフの力強いバックアップになるはず!!

今号は、冬のギフト~フラワーバレンタイン~春のお花のご紹介・・・。アンケートに答えたら、ステキなプレゼントGETのチャンスも♪目にしたら、是非。手にとって観てくださいね。FREEなので、ご自由にお持ち帰りOKです。Flebre(フルーブル)をご活用されたいご協賛者も募集中です。広島地域に限りませんのでどうぞよろしくお願いいたします。

2013年12月1日

広島ブログ

「いい夫婦の日」イベント情報!!

11月22日・・・もうなんの日かおわかりの方も多いことと思います。

いい夫婦の日イベントそう♪ 「いい夫婦の日」ですね。1985年、ゆとり創造月間とされた11月、語呂合わせもいいことから11月22日をいい夫婦の日として提唱されました。このいい夫婦の日に日頃の感謝の気持ちをパートナーにお花で伝えてみませんか?

広島花いっぱい推進委員会では、いい夫婦の日を前にイベントを計画しています。

写真は昨年のイベントの様子です。

場所  広島パルコ前

日時  平成25年11月15日(金) 午後5時~

ブーケプレゼント広島のお花屋さんの若手フローリストによるブーケパフォーマンスを行います。一本一本もかわいい花たちですが、フローリストたちの手にかかれば、たちまち一層すてきなブーケになります。

Javid&Naokoイベントでは、フラメンコギター デュオ ”Javid & Naoko”の生演奏をバックに、フローリストたちが花を束ねます。そのブーケを街ゆく方・・・主に男性、カップルの方中心に、先着100組の皆様にプレゼントいたします。

女子はお花をもらったらとてもうれしいんです。翌週のいい夫婦の日本番前の予行演習・・・?にぴったりですよ。

2013年11月12日

広島ブログ

錦帯橋スタイルウェディング

日本三大名橋の錦帯橋

岩国国際観光ホテルのブライダル企画としてヒットしている商品です。ホテルの対岸の横山地区の吉香公園内にある白山神社にて式を挙げ、その後、新郎新婦は人力車に乗って、春は桜、秋はもみじの紅葉をくぐって錦帯橋に至り、五連のアーチを渡りながら、観光客の皆様にも祝福をうけつつ、再度、人力車に乗り、ホテル玄関前に到着します。

披露宴会場では、新郎新婦の着席するメインテーブルの後ろには、錦帯橋の五橋の模型の上に、季節の枝物(桜やもみじなど)を高さ2.5mくらいに大きく生け込みます。

錦帯橋スタイルウェディングこの度のお客様は、洋風の装飾であったため、ブライダル課支配人の案もあり、一足早く、白樺を使用してクリスマス調に仕上げてみました。もちろん、初めての試みですが、会場に入場された時のインパクトが強く、お客様から好評でございました。

ちなみに、秋のブライダルは・・・→こんな(クリック)かんじです。

来春の婚礼にと、岩国地域以外のお客様からの問い合わせもいただいております。近々、ご結婚を予定されているカップルの皆様、是非、岩国をお訪ねください。岩国ならではの結婚式をご提案いたしますよ。

2013年11月11日

広島ブログ

花のキャンバス イレカエ~ル 和歌山デビュ~♪

花のキャンバス イレカエール人気急上昇♪

花のキャンバス イレカエール

和歌山市のフラワーアート ポカラ さんでデビュー♪☆

広島県以外でも イレカエールくん 徐々に増殖中♪

手も汚さず、9cmポット苗を差し込めば、まるで寄せ植え!!

季節が変われば、ポッとイレカエて、あたらしい花のキャンバスができあがり!!

お手入れも、超!簡単。 ポット苗の位置を変えるだけでも雰囲気がかわるよ。

ポット苗の他に、フラワーアレンジメントでもOK! 観葉ポット苗と切り花アレンジでも楽しい♪

飾り方もいろいろ、置き方もいろいろ。

壁に掛けたり、テーブルにおいたり。。。玄関におけば、お客様を花のキャンバスがお出迎え~♪

デビュー早々、大人気・・・!! お近くの方、是非、見に来てね。


2013年11月8日

広島ブログ

イレカエール クリスマスバージョン&お正月バージョン

イレカエール

イレカエールの写真クリスマスには、こんな組み合わせはいかがでしょうか?

こちらは、お正月のかんじで。。。

組み合わせは、あなたのお好み次第♪

すてきな組み合わせを作ってみてくださいね。

2013年11月7日

広島ブログ

中東からのお客様を季節の枝物でおもてなし ~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋、双葉園です。

10月に入り秋の紅葉を求めるお客様が多くなってきましたが、今年は夏の異常な暑さのため、モミジやナツハゼの不作に困っています。錦帯橋の桜並木も葉が落ちて枝だけになっている状態です。

さて、10月3日に岩国のある会社のお招きで中東の砂漠の国のお客様が、岩国国際観光ホテルに来られました。昨年の春に同じお客様が一度来られているのですが、その時は、桜の壺活けに感激されました。もう一度、桜が見たいとのお客様のリクエストだったとのことですが、さすがにこの時期には桜はありません。この度は、秋・・・ということで、赤・緑のモミジ、そして、ススキという装飾に決定しました。

まずは、ススキ。

下地はコウボクの葉。そして、約2mのススキ60本です。

モミジは、サンゴモミジの2.5mの大枝です。

赤の色のよい枝をまず一本。

左右にバランスをとりながら、

足下はコウボクの紅葉でまとめていきます。

最後にリクエストの強かった紅白のウメモドキを差し込んで終了です。

右から見てみると・・・

左からは・・・

砂漠の国からのお客様を季節感いっぱいの季節の壺いけででおもてなしをいたしました。

2013年10月8日

広島ブログ

出雲大社 平成の大遷宮記念事業 奉祝の花ーダニエル・オスト

10月・・・は、神無月。しかし、島根県出雲市の出雲大社には八百万の神々が集まり、神在月の出雲となります。縁結びの神様、大国主命がまつられている出雲大社では、 60年ぶりの遷宮が行われています。その記念事業として「花の建築家」「花の彫刻家」と称されるベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏と出雲の地ご出身の繊道家、八幡垣睦子氏による「神々に捧げる花」、花と織の饗宴がご覧いただけます。

ダニエル・オスト氏は、数々の権威あるフラワーデザインの世界大会で賞を獲得し、ベルギー王室のロイヤルウエディングの装飾を手がけたのをはじめとして、多くのロイヤルファミリーにも支持されています。大胆さと繊細さ、そしてそれを上手く調和させる彼の技法と独特の感性が高く評価されています。日本では、京町家・杉本家、京都の仁和寺などで開催された展覧会が話題を呼びました。京都以西で開くイベントはこの度が初めて。出雲文化伝承館を会場にダニエル・オスト氏による奉祝の心がご覧いただけます。

チケットのお問い合わせ・お申し込みは、ダニエルオスト事務局(連絡先は画像内に記載)、または当サイトお問い合わせフォームよりご連絡ください。

2013年10月2日

広島ブログ