販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

高校生の花いけバトル アルパークで開催!!

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

来る7月20日、高校生の花いけバトルがアルパーク東棟 時計の広場で開催されます。

この花いけバトルは、来月8月10~11日に高松市で開催される「全国高校生花いけバトル」の地方大会(広島大会)としての位置づけでもあります。
今回の花いけバトルにエントリーしたチームは、広島県、岡山県から7校15チーム(1チーム2人)。先日(7月7日)にはオリエンテーションも開催され、ルールを確認し、20日に大会の対戦を決める抽選会も行いました。

IMG_3552 IMG_3564

真剣な表情の高校生のバトラーたち。。。あ!花いけバトルに参加していけてくれる人を花いけバトルでは「バトラー」と呼んでいるんです。
対戦相手が決まる抽選会。。。ドキドキしながらくじを引いていましたよ。
そして、本番で実際使用する普段いける機会はあまりない大きなツボやユニークな形の花器に実際に花を活けてみました。
花を生ける時間は5分。この5分間に花を選び、一生懸命活けていきます。

IMG_3588  IMG_3647 IMG_3635

写真をご覧になってもわかる通り、お花を取りに行くときには走ったりしています。
とても躍動感があり、一生懸命さが伝わってくる5分間の花いけを高校生たちは見せてくれます。

さて。。。本番は7月20日。みなさま、是非!高校生たちが一生懸命花を生ける姿を見に来てください。

どのチームが、高松市で開催される決勝戦に出場できる権利を獲得するでしょうか?

広島大会チラシ表

広島大会チラシ裏

2019年7月10日

広島ブログ

ひろしまフラワーフェスティバル いけばなライブ

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

時代は令和に変わって初めての10連休のゴールデンウィーク。広島のゴールデンウィークといえば「ひろしまフラワーフェスティバル」。今年もお祝い気分いっぱいの雰囲気の中、華やかに開会しました。3日間での来場者数は170万3千人で過去4番目に多い動員とのこと。
その今年のフラワーフェスティバルにも花き業界ひろば・・・「ピースフラワーひろば」に参加しました。

今年のピースフラワーひろばのステージのメインイベントは、5月4日の「いけばなライブ」。
運営は一般社団法人花いけジャパンプロジェクト県外からの華道家、フローリスト3名、地元のフローリスト3名、そして、地元高校4校から14名が次々にステージに上がってパフォーマンスを行いました。
その様子は、花いけバトルのHPにも掲載されています。
↓↓↓
https://hs.hanaikebattle.com/2019/05/05/1928/?fbclid=IwAR1NREjLiBp6ZakCxndMmbp7KmtYMvQKdJJYeFFhXPAeReIVG6B-YHCHkSg

IMG_3939 IMG_3937
ピースフラワーステージはこんな感じでした。花いっぱいのステージ。間違いなくフラワーフェスティバルのステージの中でいちばん花の多いステージです。

IMG_3940
花き業界5団体の他、一般の企業様にも協賛頂いています。
協賛頂いて出来ているのは・・・このひろば、ステージの他・・・

IMG_3896 IMG_4018
ピースフラワープロジェクト花育
平和公園内の芝生広場を幼稚園・保育園・小学校・中学校・市民グループの皆様に育てて頂いたパンジーやペチュニアで花絵を描きます。
59375740_2444276082250535_5101887850148790272_nたくさんの皆様のご協力です。

そして。。。
IMG_3892
平和の池の花飾り

 ピースフラワーひろばには、
IMG_3972 IMG_3901
花キューピットさんのご協力で毎年設置しているハートのオブジェのフォトスポット。今年は、子供たちに大人気の「花カッパ」に加え、新田真剣佑さんのポスター効果もあり、これまで以上に大人気でした。

IMG_3994
イノチオ精興園さんのピースフラワーひろば特設マムショップ♪
IMG_3993 (1) IMG_3992 (1)
ピースフラワーひろばで、すっかり定着したマムの販売。ブーケの販売とマムバイキングを楽しみに毎年来られる人も増えてきています。そして、今年初めて「マムゼリー」を販売されました。
IMG_3970
こちらも定着。一木一草庵さんのお花の販売。
IMG_3240 IMG_3241
子供さんに植物を育ててもらいたいという思いから、子供でもお小遣いで買えるように小学生以下であれば、一鉢のみ税込み100円で買える激安コーナーを作られます。
IMG_3232
そして、花つながりでみつばち本舗さんのはちみつ販売。


ステージの前の花飾りはご覧のように。。。
IMG_3937
IMG_3966
イノチオ精興園さんのマムとサントリーフラワーズさんのムーンダスト。
会場装飾にと協賛頂いています。

IMG_3986 IMG_3988
元サンフレッチェ広島の選手、森崎兄弟によって平和の灯火から採火された聖火がパレードの先頭としてメイン会場に届けられ花の塔にともされてひろしまフラワーフェスティバルは開会しました。

さて。。。、5月4日、メインイベントのいけばなライブ。。。
花いけジャパンプロジェクトの皆さんも8時半に集合して現場で会場設営。
IMG_4022
前日の装飾に加えてライブ用の花もステージの両脇に!超!華やかです。
IMG_4032 IMG_4025
高校生も集合し、現場で打合せとリハーサル。。。本番は11時からです。
IMG_4043 IMG_4037

午前11時前。。。ピースフラワーひろばは
IMG_3285
パノラマで撮ってみました。たくさんの人が開演を待ってくれています。
さぁ、いよいよ開演!
IMG_4054

全体進行のMCさんのご紹介から広場の紹介をしてもらった後
IMG_3302
いけばなライブのMC 花いけジャパンプロジェクト代表の日向雄一郎さん
IMG_4103
そして、和太鼓奏者の大多和正樹
さんとの競演です。
まずは、県外から来広していただいた3名のみなさんのパフォーマンス。
59339665_2006643532791401_8937472603879112704_n
曽我部翔さん、宮永英之さん、細川康秀さん。

IMG_3291 (1)
2幕目は、地元高校生
広島県立福山誠之館高校 × 広島市立舟入高校

IMG_3316
第3幕も地元高校生
広島工大高校 × 広島市立基町高校
IMG_3333
こちらの生徒さんが元気よく花を活けました。全員の皆さんの活ける様子の画像がないですが。。。雰囲気を少し。。。
まず、個人戦を2回、その後チーム戦で1回・・・と2幕、3幕と行いました。

IMG_5186 IMG_5161
IMG_5204 IMG_5132

IMG_6667_trim2そして、第4幕は地元フローリストの競演。
IMG_3347
高橋元太さん、林泰寛さん、宮田宣明さん。

そして、フィナーレとして 花活け×氷彫刻×和太鼓 のコラボ!!
初めての試みです。
まず、
氷彫刻家 池田 誠さん(己斐製氷)がチェンソーやのみを巧みに扱い、観客の目の前で四角い氷が削られていきます。
IMG_6473_trim
そして、削り出された氷のオブジェに花を活けていきます。
IMG_6522-1
見応えありました。
IMG_3376 IMG_3377

IMG_3374 IMG_4061

2019年5月11日

広島ブログ

「平成」から「令和」へ・・・~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

2019年5月1日、時代は「平成」から「令和」となりました。おめでとうございます。

岩国には、観光交流所として「本家松がね」という国登録有形文化財がございます。

59301550_852857898391496_551925425207508992_n 58691911_2413084592055329_7151245144841256960_n
施設の中には、江戸時代からの面影をとどめるものがいくつか残されております。
また、岩国を代表する特産品を楽しむこともできます。

こちらの施設のオープン当初からいけばなの提供をさせていただいておりますが、この度の「改元」という記念すべき日に桜を咲かせて観光客の皆様をお迎えしてみようと思い、桜を約半月ほど遅らせて開花させてみました。

58825837_829047517457023_4296717770051026944_n 58659956_2376823912642533_5293990420060045312_n 57348185_315623705779029_5801281149263151104_n 59481330_336969426868262_412328435352862720_n 58667532_284411232469602_5815130657856159744_n 58701308_2131560057135030_3384347307699863552_n

錦帯橋の桜は、若い葉桜となっておりますが、「本家松がね」館内は、八重桜(関山)の明るいピンクの花がとても印象的です。
活け込み時には七分咲き、5月5日までに満開に・・・という思いで調整いたしました。
・・・ということで、「本家松がね」ではもうしばらく桜が楽しめます。
今シーズン最後の桜。。。是非、岩国にいらっしゃった際は、お立ち寄り頂き、「令和」の時代を祝う桜をご覧下さい。

本家 松がね
岩国市岩国一丁目7-3
国登録有形文化財 國安家住宅内
TEL 0827-28-6600
URL http://honke-matsugane.jp
本家松がねMAP

2019年5月1日

広島ブログ

平成時代の大晦日。。。明日から「令和」の時代へ。

今日は、平成最後の日です
天皇陛下におかれましては、最後に三つの公務をこなされ、退位されます。

本当にありがとうございました。

明日から「令和」の時代に入ります。
「時に、初春の月にして、気淑よく風らぎ、
は鏡前の粉を披き、は珮後の香を薫らす。」

この万葉集の詩から命名された「令和」の時代、
この詩の中には「梅」、「蘭」と春の美しい花も読み込まれています。

変化の激しい時代ではありましょうが、
そんな中にあっても自然を忘れず大切にして、
「花」や「緑」にかこまれた平和な時代であるよう願います。

まさに春爛漫、花にあふれたこの美しい時期に始まる
「令和」の時代スタートを花いっぱいでお祝いしましょう。

2019年4月30日

広島ブログ

今年も得意な季節のウエディング さくらウエディング ~双葉園~

たいへんご無沙汰しておりました。
岩国の花屋 双葉園です。

昨年は假屋崎省吾先生とのお仕事が何度かありましたが、先月(3月)の23日に広島そごうデパート一1階でスカーフのお見立てがございました。先生に内緒で拝見しに行きました。。。が・・・、「あら!!どうしてここに!?」・・・と先生。びっくりされて、いつものようにこのショット♪

miniDSCF3454

林さんにと見立ててもらったスカーフ。派手かな・・・?と思いましたが、着けてみるとなかなか感じの良いスカーフでした。

さて、本題の当店の仕事でございます。
4月13日(土)に久々の桜一式のコーディネート、錦帯橋スタイルの結婚式のお仕事をいただきました。

まず、お式は岩国国際観光ホテル 5階屋上にてチャペル結婚式。錦帯橋を眺めながらのお式でございます。
miniDSCF3483 錦帯橋すぐ側のホテルなんです。

miniDSCF3482 miniDSCF3484

そして、宴会場の準備です。錦帯橋の模型に三つの器を準備し、セットいたしました。
ステージ上には、関山・御車返し手大きく生け込みました。

miniDSCF3458 miniDSCF3459

miniDSCF3460 miniDSCF3461

miniDSCF3462

卓上には、御車返し、関山、虎の尾の三種類のさくら。

miniDSCF3469 miniDSCF3464

miniDSCF3463

メインテーブル

miniDSCF3465 miniDSCF3466

ケーキ

miniDSCF3468

花束

miniDSCF3475

婚礼に桜を使用するときは、「桜咲く」という言葉にこだわりがあり、

miniDSCF3473 miniDSCF3474

miniDSCF3477 全体の咲き方を九分咲きに止めています。

宴会が始まりますと、また徐々に開花し、宴会終了くらいに満開となるように調整をしております。

 

平成時代も残り少なくなりましが、「令和」元年5月1日に向け、岩国の観光交流館「本家 松がね」で「桜咲く」の準備もしております。
「本家 松がね」は錦帯橋の南側にある町屋の面影が残る町並みがあり、そこに1850年頃立てられたとされる岩国を代表する商家で、現在は岩国市の観光交流所となっています。
万葉集の「時に、初春の月にして、気淑よく風らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。」から付けられた元号の「令和」。本当は梅の花が良かったかもしれませんが、時期が合いませんからね。

5月1日、令和初日には、岩国の観光交流館「本家 松がね」で今シーズン最後の桜で、新しい時代のお祝いとして飾り付けます。岩国に来られたら、是非、見てくださいね。

2019年4月18日

広島ブログ

「花活」シンポジウム

新年明けましておめでとうございます。

平成最後のお正月・・・春には、天皇のご退位と新天皇のご即位を控えています。

今年は特別な年ですね。

そんな新年早々、広島の花き業界もいろいろなイベントを控えています。

まずは、「花活」シンポジウムのご案内です。

花と緑の効用を私たちのくらしに活かして豊かな暮らし、健康的な暮らしを!!・・・と

アピールしてきた五年間の総まとめのシンポジウムとなります。

業界内で共有するだけでなく、一般の皆様にもより広く知って頂き、ゆたかで健康的なくらしが出来るよう、広めていきたいものです。

お問い合わせは、広島花きイノベーション事業推進協議会事務局  (株)花満 内

TEL 082-279-2611  FAX 082-279-5429  (担当: 和田・中村)

本事業の基本となるフラワーアレンジメント法は、さらに研究・実証され、昨年末ニュースリリースもされました。

関連ページは・・・

農研機構のプレスwebページ
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nivfs/120587.html

農研機構の望月研究紹介ページ
http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nivfs/research/amenity/index.html

H31シンポジウム

2019年1月20日

広島ブログ

Grand Empire Hotel 福岡 ~双葉園~

年末にさしかかってきました。
お久しぶりでございます。岩国市の花屋 双葉園の佐古でございます。

miniDSCF3296

去る11月8日から11月17日まで、福岡県大野城市にてグランドエンパイアホテル福岡という豪華なホテルがオープン。

miniDSCF3298

その記念に、假屋崎先生の個展が開かれました。10月はじめに連絡を頂き、その個展に使用する枝物、花物に関するすべての調達を任されました。
miniDSCF3242

miniDSCF3251

miniDSCF3262

枝物に関しては、2.5m~3mの桐、貝塚息吹、馬酔木(あせび)、松が各々12~13本。つる梅もどき100本、野バラ30本、山帰来(さんきらい)20本。

そして、全国でも広島市場 花満でしか絶対に見ることが出来ない玉水木。(これに関しては、搬入当日の11月5日に出荷されており、私の判断で追加して納品することにしてトラックに積み込みました。)
tamamizuki 玉水木

花物は、アンスリウム(赤、ピンク、白)、オリエンタル百合(白、濃い赤、黄)、トルコキキョウ(ピンク、濃い紫)、グロリオサ(赤、黄)、オンシジューム500本、カスミソウ400本、シンビジューム(黄)300本、モンステラ200枚。活け替えを含めると、総計 約2500本の調達でございました。
miniDSCF3256

miniDSCF3257

常日頃からお世話になっている広島生花出荷協同組合の理事長の濱崎さん、役員の小野川さん、山崎さん、ありがとうございました。(広島生花出荷協同組合は、広島市中央卸売市場に枝物を中心に出荷する出荷者の組合です。)
枝物は「基本的に佐古さんにおまかせする」という文言に責任を感じましたが、OKでございました。
特に玉水木に関しては、お手伝いされた九州の方々も初めて見るということで、大人気でございました。
もちろん、先生、スタッフの皆さんも初めて見るということでございました。

(株)花満の和田相談役、井上さん他各担当の社員の方々、本当にありがとうございました。
特にシンビジューム300本がこの時期に品揃えされたのを見たときには、感無量でございました。

私と林は、11月5日、花満から岩国に帰り、午前9時に岩国を出発。12時30分に現地到着。11月7日まで、しっかりとお手伝いをしました。

miniDSCF3259

miniDSCF3266

miniDSCF3273

miniDSCF3270

miniDSCF3264

miniDSCF3277

miniDSCF3280

miniDSCF3382

広島生花出荷協同組合の理事長の濱崎さんが、設営中のグランドエンパイアホテル福岡に駆けつけられました。
忙しい中にもかかわらず、この度の枝物の手配の件の事もあり、假屋崎先生と一緒に記念写真を撮っていただく時間も取って頂けました。濱崎さんのご了解も頂いて。。。記念写真も掲載いたします。

minihamasaki

そして、私たちもいつものように假屋崎先生と記念写真です。

DSC_1317_

11月7日午後6時。ホテルを出発するときのイルミネーションがとてもきれいでした。

mniDSCF3389

miniDSCF3391

2018年12月2日

広島ブログ

秋のグリーンフェア2018 秋本番を植物公園で楽しもう!!

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

10月も三分の二が過ぎて、秋本番!スポーツの秋!我らが広島カープは、日本シリーズ目指し、クライマックスシリーズで奮闘中です。昨年みたいに日本シリーズに出られないなんてコトはありませんように。。。サンフレッチェも最後の追い込み。。。優勝目指してラストスパートです!

秋はスポーツにもいい季節ですが、花の季節でもあります。もう少ししたら、紅葉の季節にもなります。広島県内にはたくさん花が楽しめる場所がありますね。備北丘陵公園、世羅のお花畑、紅葉は宮嶋。。。イベントでは、広島城大菊花展ももうすぐ。。。
その前に、今週末から始まるイベントがありますよ♪
秋のグリーンフェア2018が広島市植物公園で開催されます。10月20日(土)~28日(日)まで。

秋のグリーンフェア_表

今、ちょうどバラの花がいい感じで咲いているようですよ。その他になんと言ってもオーストラリアからこの春大温室リニューアルオープンに合わせて長旅の末やってきた巨大な バオバブ をまだ見ていない人は見てくださいね。20日土曜日には、「タッチングイベント」もあるじゃないですか!!大きなバオバブちゃんにぜひ触ってみましょう!!

翌日21日(日)には、毎年恒例ですが、花のオークションが開催されます。これも毎回人気イベントで、中央市場の花市場から、プロのセリ人がやってきてお花のセリ市を行います。お目当ての花があったら、誰よりも早く!誰よりも大きな声で!!誰よりも高い値段をつけていけば、ご自分の手にGETできますよ。誰よりも高く・・・といっても、みなさんとてもお得な価格で競り落とされています。毎回大盛り上がりしていて、きっと楽しいお買い物が出来ると思いますよ。

秋のグリーンフェア_裏

他にも週末には、かわいい動物もやってきたり、音楽ステージがあったり。。。いろんな体験も出来ます。

今週末はお天気もいいようです。秋の一日を植物公園で満喫しましょう!

2018年10月18日

広島ブログ

秋のお月見。。。十五夜と十三夜

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

暑かった夏・・・災害が多かった夏・・・秋分の日が過ぎ、その後毎週のように襲来した台風も、もうこれでおしまい!。。。のはず!これからが秋本番になってくるはずです。
ここ近年、暑い夏の名残が続いて、秋が短く感じられますが、今年はこれからどんな秋になるでしょうか?10月はじめに襲来した台風25号が去った後、夏を思わせるような気温にもなっていますが、朝晩は確実に涼しくなってきていていますね。秋の花の季節もこれからです。

21616549_1314648871967258_7552762056837932860_n秋の七草。。。ってありますね。ご存じですか?

ススキ(尾花)、フジバカマ、萩、女郎花、桔梗、撫子、葛。。。これが秋の七草。春の七草は若い食べられる植物(七草がゆにして。。。)に対して、秋の七草は、この時期の花が七草となっていますね。
画像は、花と緑のコンシェルジュにいつも情報を投稿してくれている岩国の双葉園さまが毎年受けられる「お月見の会」の見事なススキの壺活け。旧暦の8月15日の十五夜にあたる日(満月ではないんですよ、十五夜は。。。)、今年は9月24日、秋分の日の次の日でしたね。今年は広島では、十五夜のお月様は残念ながら見ることが出来ませんでした。だけど、次の日の満月は、なんとか見ることが出来たんですよ。

秋のいちばん美しいお月様の十五夜がお天気のせいで見られませんでしたが、10月にもう一度チャンスがあります。十三夜です。十五夜の次にくる十三の月(旧暦の9月13日のお月見)です。十五夜は里芋が収穫できる頃と重なることから「芋名月」とも呼ばれていますが、十三夜は、栗や大豆が実る頃とかさなり「栗名月」・「豆名月」とも呼ばれるそうです。今年の十三夜は10月21日。この日のお月様は、是非楽しみたいですね。

お月見は、きれいなお月様を眺めることだけが目的ではなく、秋の収穫を祝い感謝をする収穫祭も兼ねたものだと言われます。ススキを飾るのは、稲穂によく似ていることからとも言われます。そして、その秋に収穫された作物(芋、栗、豆。。。など)をお供えしたのだそうです。日本人は、季節の植物と共にある。。。といってもいいのではないでしょうか?季節感が薄れた現代。。。季節の行事を楽しむことで、自然と共に過ごし、大事にしてきた日本人の習慣に立ち返って、恵みに感謝したいものです。きっと心の豊かさが加わり、大切な美しいときが過ごせることと思います。

2018年10月8日

広島ブログ

広島県花き品評会 with 高校生

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ 記事担当の和田です。

前回告知した『広島県花き品評会』。。。無事終了いたしました。
ここ近年、「厳しい暑さのなか生産され・・・」という言葉が審査講評のなかに見られるのですが、今年はこれに加え、豪雨災害の影響を大きく受け、出品点数は目標を大きく割り込む厳しい点数となりました。
IMG_0431

 

IMG_0432 IMG_0433

出品点数 64点
県内花き生産者の中には、生死に関わるほどの被害はなかったのは幸いでしたが、生産圃場が被害を受けた方もあり、品評会よりもこれから先に生産していくための対策の方を優先した方もいらっしゃいます。

猛暑と豪雨の影響を受けながらも出品された花き。。。厳正なる審査の結果、最高賞である広島県知事賞には、広島県江田島市の川尻一行氏出品の輪菊(寄の山陽)が選ばれました。

IMG_2949

次点は広島県議会議長賞
江田島市 田中ローズガーデン スプレーバラ(アンティークブーケ)

IMG_2950

そして、中国四国農政局長賞に

江田島市 小滝農園 ガーベラ(ボルデモルド)

・・・他、入選花きは19点、選ばれました。

この度、初めて装飾とイベントを全国高校生花いけバトル広島大会で縁が出来た広島工業大学高等学校の日本文化部の生徒さんたちとコラボレーションすることとなりました。
・・・といっても、会場設営は、ショッピングセンター(LECT)のお客様が一段落してから、時間は午後8時から。。。ということで、生徒さんたちが手伝ってくれるのには時間が遅くなります。なので、顧問の先生が、生徒さんたちの考えを一手に背負って、装飾のお手伝いをしていただくことになりました。

IMG_0442

 

IMG_2916

 

IMG_0444

花き業界の。。。それも生産者や市場の者がすると、並べるだけになりがちですが、高校生たちは「秋らしく」というイメージでレイアウトを考えてくれました。
花もお客様が良く見えるように、高い台には置かず上から花も良く見えます。

IMG_2988

後ろ側についたてがないので見えにくいですが、ステージ上のアレンジメントは、市場で品評会の審査をしている間に、学校で高校生たちが挿してくれました。
IMG_2921
上の写真。。。花いけパフォーマンス前の様子です。手前に見える大きく割れて穴が空いた壺が見えますね。そして、その向こうに茶色い箱のようなものがみえるでしょうか・・・?
パーテーションの役目もする茶色い箱二つと大きな壺に、LECTがオープンしてから最後の仕上げとして、高校生たちがこれらに花を活けてくれました。
今回出演してくれたのは、一年生中心のメンバー。最初は7人の予定でしたが、一人体調を崩して出演できなくなり、最終的には6人で。一人2年生のパフォーマーは、高校生の花いけバトルに出場してくれたチームまんじゅしゃげの一人、佐藤くん。その佐藤君が、時間制限内に大きな作品を活けたことがほとんどない一年生たちを引っ張って出場します。
約5分間のBGMの間に作品を完成させていく。。。ということで打合せをして臨みましたが、花いけバトルとはちょっと違いますが、ほぼぶっつけ本番のようなもの。花だけは自分たちが活けたいイメージを考えてもらい、活ける花も自分たちで選んでもらいましたが、選んだ花は本番用。。。実際の花を使っての練習は全くなしです。
一年生二人ペアのチームが2チームがパーテーション用の箱に活けてくれました。
そして、花いけバトル経験者の佐藤君を含む、2年生と1年生ペアが大きな壺に活けてくれました。

時間制限の中、初めて活ける1年生たちは、時間が少なくて完成。。。とは言いにくいかんじでタイムアップ(><;)

経験者の佐藤君のチームも、あまりに大きな壺に大苦戦!そこそこ見栄えがするところまでには持って行けましたが、はやり時間が足りなくて、完成までには今一歩というところでした。

お客様の前でのパフォーマンスの後、みんなで手直し。。。でも、その時にみんなが花を活けている姿はとても楽しそうで、それまでおとなしそうに見えた子たちが、私たちにも話しかけてくれながら、活き活きと花をいけてくれました。

「花を活けるの。。。好き?」と聞くと、「たのしい!」と答えてくれた笑顔や、その日の朝初めて会ったときの表情とは全く違う活き活きとした表情を目の前で見て、花や緑の力をあらためて感じさせられました。

そして、最終的に出来上がった高校生たちの作品が・・・

IMG_2970

 

IMG_2989

 

IMG_2990

 

IMG_2942

一人人数が少ないですが、活けてくれた日本文化部の生徒と顧問の先生。

次の日、花のオークションの時にも顔を出してくれた子もいました。
いろんな機会にコラボレーションのお話しも出来そうですし、高校生の花いけバトルに参加してくれた他の学校にも、出来れば声をかけて学校間での交流のお手伝いなどもできたらいいな。。。と、思いはふくらんできます。

*********************

ICHIBまん 集合(ポース)

目利き鮮隊ICHIBA 3(いちばぁすりー)

広島のお花がらみの情報は、広島市中央卸売市場のツイッターからも発信されています。野菜やお魚の情報もありますので、是非、フォローしてみて下さいね。

2018年9月24日

広島ブログ

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方