販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

鉢花の育て方・楽しみ方

キク(菊)

キク(菊)の特徴

キク(菊)
キクは短日植物で昼の時間が短くなる秋になってから花芽をつける植物。芽の先端を摘むことを摘心といい、この摘心を繰り返すと枝数がふえ、花芽がたくさんつく。

キク(菊)の育て方、楽しみ方

日当たり・置き場所
日当たりのよい場所で

水やり
土の表面が乾けば与える(水切れは厳禁) 特に、花の時期には水切れを起こしやすいので注意。病気が出やすいので、雨に当てたり、花や葉に水をかけたりしない。水切れすると、下葉が黄ばんだり、花の形がおかしくなったりする。

肥料
開花期は、液体肥料を月2〜3回

増やし方・来シーズンも楽しむために
花後、地上部が枯れてきたら、3cmほど茎を残して冬越しさせる。

植え替え
鉢が小さく水切れを起こしやすい時は、一回り大きな鉢に植え替える。

キク(菊)の品種



キク(菊)を育てるための商品を探す



花と緑の楽しみ方 >> キク(菊)

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

広島花の祭典

FleBre[フルーブル]

広島の社長TV

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド

お花を楽しむレシピ


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方