販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

花と緑の育て方

苺(イチゴ)の育て方

家庭菜園編

家庭菜園でいろんな、美味しいイチゴ栽培。 楽しく、美味しく楽しめます。

1.苺畑の準備&植付け

植付け適期:10~11月
収穫時期 : 5月中旬から約1ヵ月位

植付けは禁物。 葉の付け根のクラウンの 部分が地上部へ出ている位

2.追肥

1回目追肥・・移植から30~45位
2回目追肥・・2月下旬~3月下旬位が適期
植付けは禁物。
葉の付け根のクラウンの部分が地上部へ出ている位

3.マルチング、トンネルの栽培

市販の黒色フィルムでマルチし、地温・湿度が保たれ、生育が促進される上雑草の種が土に根付くのを防ぎ、苺の実に土のはね上りによる、果実の汚れを防ぐ事ができます。

冬季(2月上旬)からの栽培方法

家庭ハウス栽培♪

黒色の市販フィルムで苺の畝の上にかぶせて、四周の裾に土をしっかりかけて、固定させます。

苺の苗の場所を軽く摘み上げ 剃刀等で、十文字に切り開き 苺苗をフィルムの上に覗かせます。

ビニールトンネルは2月上旬くらいにかけはじめます。かけてから、2~3週間は密閉して置きます。苗が伸び、新芽が動きはじめたら、トンネルの裾を少し開け温度調節等を行います。

4.管理方法

古い葉や枯れた葉などはこまめに、かき取りましょう。
春になると、ランナーが伸びてきます、はさみ等で切除してください。
(付いている実に栄養を集めるためです)
人工的に授粉をしてあげると、沢山綺麗ないちごの収穫が期待できます。

8ヵ月位で収穫できます。

《プランター編》

苺苗植付け

植付け適期: 9月下旬~10月下旬位
収穫時期 :  5月中旬から1ヶ月位
長さ60cm深さ20cm位のプランターに3株の苺苗を20cm間隔で定植させます。

用土

プランター用野菜培養土に緩効性肥料(マグアンプK)等1株当たり2gをおきます。

置き場所

日当たりの良い場所を好みます。

冬越し

水やりは週に1回位の間隔で、日中の暖かい時に少量を与えてください。   冬の間は肥料は与えません。

追肥

2月下旬~3月上旬に市販の液体肥料等を定期的に与えると効果的です。

マルチング

2月以降、敷きわらやバークなどで苗の株元をおおいます。
果実の汚れを防いだり、土の乾燥を防ぎます。

わき芽かき

定植してから3月頃にかけて、ランナー(子株)が発生します、ランナーははさみ等で切除してください。

いちごの品種

とよのか
とよのか
さちのか
さちのか
女峰
女峰
章姫
章姫
ジャンボ・アイベリー
ジャンボ・アイベリー
イチゴ 宝交早生
イチゴ 宝交早生
レットパール
レットパール

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方