販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

ダイニングに生けるカジュアルフラワー

食事は目からという言葉もあるように、食事をおいしく摂ることとカラフルな色彩はとても深い関係があります。 今回は毎日の食卓を明るく彩る季節の花をダイニングに飾ります。
秋は紅葉や様々な花が楽しめるカラフルな季節。豊かな実りの秋をインテリアにも取り入れて楽しみましょう。

秋の色とダイニングルーム

秋の野山は黄色やオレンジ、朱赤などの温かみのある暖色系に染まります。このような色たちはまさにダイニングにぴったりの色と言えます。

食事をしたり、会話を楽しんだりするための部屋であるダイニングには明るさやリラックス感が求められます。またテーブルの上でお花と食べ物とが一緒に視界に入る場合なども考えられるため、食べ物をおいしく見せる色を選ぶことも大切です。

その点、秋らしい黄色やオレンジなどの色は、気持ちを明るくし食欲も促進、会話もはずませてくれる色ですのでダイニングにはとてもおすすめの色なのです。

花器との調和

写真のように秋らしい暖色系の花々には温かみのある花器が似合います。今回はお手製の焼き物の器を使っていますが、素朴な感じが秋の色ととても調和していますね。

花器を選ぶ時、器の色を花よりも暗い色にすると落ち着いた感じや安定感が出ます。反対に花よりも花器の色を明るくすると軽やかで明るい雰囲気にすることができます。 今回は高さのあるものと低いものと、タイプの違うものを2つ使って変化をつけていますが、このように大きさや形の違うものでも色味を同系色にすることでまとまりが出ます。

2つの花器を並べてコントラストを楽しむのはもちろん、気分に合わせて別々に飾ることもできるので、いつもの花器にちょっとプラスして小瓶やおちょこなどでぜひ試してみてください。

おすすめカラー

ダイニングのいちばんの目的は食事を楽しむことですので、暖色系のような温かみのある色がおすすめなのですが、他にも効果的な色をご紹介します。

まずは食品のパッケージでもよく用いられる白です。白は清潔感やすがすがしさを感じさせたり、気持ちのリセットをしてくれたりする色です。気持ちよく食事をしたり、食卓に座ることで気持ちを切り替えたりするきっかけを与えてくれることでしょう。

また、最も自然を感じ、様々な色の名脇役になる緑もダイニングにふさわしい色と言えます。緑は食欲を刺激する黄色、オレンジ、赤などととてもきれいに調和しますし、赤系の色みをより鮮やかに見せてくれる視覚効果もあり食卓にはおすすめです。

家族団らんの花

ダイニングはキッチンやリビングとつながっている場合がほとんどです。だからこそ家族みんながリラックスして団らんを楽しむ場所にふさわしい花を選びたいものです。

不自然なほどの豪華な花や香りの強いものはダイニングには似合いません。

こういった場所にこそ、気取りのない自然で優しいカジュアルフラワーが似合います。

まずは季節のお花を少しだけ食卓に飾ってみてください。いつもの食卓が見違えるほど素敵に変わるはずです。花や花器に合わせてランチョンマットやテーブルクロスを添えるとなおさらです。

お花を飾ることで家族との毎日のくつろぎの時間をより楽しんでもらえたら嬉しいです。

堀田建設さんに、撮影にご協力いただきました。

今回は堀田建設さまのモデルハウスにて撮影をさせていただきました。
このモデルハウスには東日本大震災でもグラス一つ倒れなかった『エアー断震システム』に加え、広島初登場の液状化現象に対応する特許技術『ハウスバランサーシステム』を搭載しております。
Webサイト:堀田建設株式会社

「カジュアルフラワー」ガイド

江岸可織
岩国市出身。カラーリスト&インテリアコーディネーター。
OL時代「自分に似合う色が知りたい」と思ったことから色に興味を持ち一念発起。
会社を退職し数々のアルバイトをしながらカラーとインテリアの資格を取得。
リフォーム会社、建材会社に勤務した後、フリーランスに。 色がもたらす様々な効果や色のおもしろさ、奥深さを伝えるべく活動中。

ブログ:「色で変える!キラめく毎日のススメ」http://ameblo.jp/iroya-168/

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

広島花の祭典

FleBre[フルーブル]

広島の社長TV

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド

お花を楽しむレシピ


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方