販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

バレンタインに贈るカジュアルフラワー

女性だけでなく男性にも気軽にお花を楽しんでもらうためのカジュアルフラワーガイド。今回は目前に迫ったバレンタインがテーマです。日本では女性がチョコレートに思いを託し告白をする日のイメージがすっかり定着していますが、海外では様子が違うようです。
もともと愛の聖人ウァレンティヌス(バレンタイン)の殉教の日とされる2月14日が恋人の日となり、女性からも男性からも関係なく愛する人や大切な人に贈り物をする習慣が根付いたようです。
特に男性から女性への贈り物としてはお花が最もポピュラーなプレゼントなのだとか。
そんな海外の習慣にならって、今回は男性から女性にお花を贈るフラワーバレンタイン初体験のご主人様に密着してみました。

気軽にフラワーショップに入りましょう。

多くの日本人男性にとってフラワーショップに入ることが最初の難関なのかもしれません。
花を買いに行くのは女性がすること、なんて考えは過去のこと。自信を持ってお店に入りましょう。最近は男性のフローリストさんも珍しくありません。男性店員さんがいるお店を狙うのもいいかもしれませんね。
お店に入って伝えるのは、贈りものであるということと、予算とイメージなどです。あとは花束にするか、花器のいらないアレンジメントにするかくらい。

フラワーバレンタインにおすすめの花

おすすめはやはり愛の象徴赤いバラです。1本でも十分存在感があり、愛を伝える力は一番です。赤には力強い男性のイメージもあり、贈る側のイメージアップにもつながることでしょう。どんな女性でも憧れる赤いバラの花束、ぜひ挑戦してみてください。
もちろん赤いバラ以外でも大丈夫。お相手の女性の好きな色やイメージを店員さんに伝えて相談してみてください。フローリストさんに全部お任せでもよいのですが、より心がこもったプレゼントにするためにも、お相手の女性のイメージや好みを考えながらとりあえず3本お花を選んでみましょう。

まずは1本目にお相手のイメージにあった赤やピンクのお花をチョイスしましょう。愛をストレートに伝える赤や優しさや愛情、かわいらしさのピンクは愛を伝えるバレンタインには欠かせない色です。
1本目に選んだ花を主役として2,3本目は主役の赤やピンクを引き立てるような花を選ぶとよいでしょう。後はフローリストさんがそれらのお花を活かして素敵にまとめてくれるはずです。
春先の2月はカラフルでかわいらしいお花がたくさん出回る季節。お相手の女性の喜ぶ顔を思い浮かべながら花選びを楽しんでくださいね。

さて、今回初めてのフラワーバレンタインに挑戦されたご主人様が1本目に選ばれたのはピンクのガーベラでした。かわいらしく、でもまっすぐ顔を上げて咲くガーベラが奥様のイメージにピッタリでした。そして何よりもお花を受け取られた奥様の笑顔が本当に素敵で印象的でした。やっぱり自分のために選んでくれたお花をもらうのはうれしいものですね。きっと今回のご夫婦お二人にとって、思いが伝わりあう最高のバレンタインになったことでしょう。

バレンタインには花を贈りましょう

ある統計では女性がもらってうれしいバレンタインのプレゼントの筆頭がお花だそうです。
世の男性の皆さん!もはやバレンタインはチョコがもらえるのを待っている日ではありません。大好きな人の最高の笑顔のためにもぜひフラワーバレンタインに挑戦してみてください。
そしてお花をもらった女性の皆さん!幸せな気分をお家でもしっかり楽しめるようお部屋にいけてみてくださいね。
日本のバレンタインもお花を通して大切な人との絆を深めあう素敵な日になるといいですね。

フラワーバレンタイン公式サイト

大工くりきさんご夫婦に撮影にご協力いただきました。

なんでもある時代だからこそ、ホンモノにこだわりたい。 をモットーに自然素材の木から得る豊かさと安らぎを感じるリフォーム・リユースに取り組んでおられる広島市西区の「大工くりき」さんこと栗木斎さんに花を贈って頂きました。くりきさんはご自身で改装された自宅を公開しております。花の映える空間をぜひ直接ご覧になってみてください。
ブログ:エコ的大工くりきのリフォーム考

撮影にご協力いただいた、フラワーショップ

M2 Flowers(エムニフラワーズ)
〒730-0847
広島市中区舟入南4丁目16-8-1F
TEL:082-231-0001
地図

「カジュアルフラワー」ガイド

江岸可織
岩国市出身。カラーリスト&インテリアコーディネーター。
OL時代「自分に似合う色が知りたい」と思ったことから色に興味を持ち一念発起。
会社を退職し数々のアルバイトをしながらカラーとインテリアの資格を取得。
リフォーム会社、建材会社に勤務した後、フリーランスに。 色がもたらす様々な効果や色のおもしろさ、奥深さを伝えるべく活動中。

ブログ:「色で変える!キラめく毎日のススメ」http://ameblo.jp/iroya-168/

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

広島花の祭典

FleBre[フルーブル]

広島の社長TV

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド

お花を楽しむレシピ


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方