販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

白のフラワーアレンジメント

ジューンブライド

6月と言えばジューンブライド。
この月に結婚した人は一生幸せな結婚生活が送れると言われています。
残念ながら日本では梅雨時期にあたるため6月の挙式の人気はそれほどではないようですが、それでもジューンブライドにこだわって式の日取りを決める方もおられることでしょう。
今回はそんなジューンブライドの季節にぴったりな白いアレンジメントをご紹介します。

白のアレンジメント

写真のアレンジメントは真っ白なカラーの凛とした立ち姿がとても印象的です。
白と緑の2色だけのすっきりとした配色はとても上品ですがすがしく、初々しく緊張した花嫁さんのイメージと良く合いますね。

和と洋どちらのイメージにも合いそうです。使う色をぐっと抑えることで白の美しさがより際立っています。
白い花はどんな花色のものと合わせても違和感なく美しく調和します。たくさんの色と組み合わせたり、カラフルな色と組み合わせたりした時は、ひきたてたい花の色を邪魔せず脇役として重宝します。また、今回のアレンジメントのように主役として使うとひときわ目を引く華やかな存在となります。
白を主役で美しく見せたい時は、合わせる色数や分量を抑えるのがポイントです。
組み合わせる色の雰囲気が出やすいので、イメージに合わせた色選びも重要となります。
白は祝いにも不祝儀にも使える色ですので、目的に合わせて雰囲気を変えましょう。

ウェディングの白

結婚式といえば真っ白なウェディングドレス。そして神聖な白無垢姿。
神前で純真無垢な姿で永遠の愛を誓う姿に憧れる女性も少なくないはずです。
最近では「結婚後は夫や嫁いだ家の色に染まる」イメージや、「嫁いだ先に骨をうずめる覚悟」を感じる女性は少なくなったかもしれませんが、神聖な白を身にまとい嫁ぐことは厳粛な気持ちになる一瞬かもしれません。
格式ばった結婚式よりもパーティ感覚のカジュアルなレストランウェディングなどが増えている近年。白無垢をまとう花嫁さんも少なくなり、カラフルなカラードレスのバリエーションが人気です。
そんな時代になっても、やはり花嫁さんといえば白。
いつの時代でも人生で最も大きな門出の日には白という色がふさわしいのだと思います。

白という色

白は神聖で純潔、純真、無垢などを意味し、初々しさや処女性を表す色です。
たくさんの光を反射する色ですのでひときわ明るく存在感があります。一見親しみやすく使いやすい色のような印象を受けますが、緊張感や特別感を伴う色でもあります。
冴えた白ほど冷たい印象を与えやすいので使う場所や目的には注意が必要です。
何も無いまっさらな状態を表す色でもあるので、気持ちをリセットしたい時、全てをクリアにしたい時などには気になる色です。
花嫁衣装の白にもこれまでの人生をいったんリセットし、新しいスタートを迎える意味も含まれていることでしょう。

結婚式に限らず様々な祝い事や、新しいスタートや岐路に立つ大切な人に、祝福の気持ちとともに贈りたい白いアレンジメント。

個人的にはどんな色にも染まる可能性と、どんな色にも染まらない強さ。そんな白い花の似合う人に憧れます。
薄暗い中でもひときわ目立つ白は梅雨時期のうっそうとした気持ちをも晴らしてくれます。
たくさんのカラフルな色があふれた時代だからこそ際立つ白の美しさ、この季節にぜひ贈り物に、そして日常に取り入れてみてください。

今回のアレンジメントに使用した花材

白:バラ(オートクチュール)、アマリリス、カラー(ウェディングマーチ)、ビバーナム(スノーボール)、リューココリーネ、アンスリウム
緑:レザーファン、アイビー、アンスリウムの葉、レウカデンドロ

アレンジメントにご協力いただいたお店

双葉園クーポン双葉園
〒740-0017
山口県岩国市今津町5丁目4-5
TEL:0827-24-3513
FAX:0827-23-2828
詳細はコチラ

 

こんなシーンにはこんな配色がオススメ!!

パステルカラーのアレンジメント
白のアレンジメント
白のアレンジメント

梅雨時期におススメの色

さわやかな緑や青に白を加えるとさらにリフレッシュカラーに。
見た目にもさわやかな色を取り入れることで気持ちもさっぱりします。

薄曇りの日は

太陽の光がすくない雨や曇りの日は白や青~紫にかけての色が美しく映えます。アジサイや菖蒲などの色を参考に美しくオシャレしましょう!

父の日には感謝を込めて

いつものプレゼントにさりげなくお父さんの好きな色の花を添えてみませんか。母の日のカーネーションに対して父の日はバラです。
明るい気持ちと幸運を運ぶ黄色や、男性でも違和感のない青系の色がおススメです。リボンの色もお花に合わせて選びましょう。

さわやかに軽やかに

お天気が悪い日は体も心も重くなりがち。そんな時は白の効果を利用しましょう。対照的な黒と比べて感じる重さは半分とも言われています。ファッションにインテリアに白を取り入れて見た目にも心理的にも軽やかに過ごしましょう!


色の紹介者

江岸可織
岩国市出身。カラーリスト&インテリアコーディネーター。
OL時代「自分に似合う色が知りたい」と思ったことから色に興味を持ち一念発起。
会社を退職し数々のアルバイトをしながらカラーとインテリアの資格を取得。
リフォーム会社、建材会社に勤務した後、フリーランスに。 色がもたらす様々な効果や色のおもしろさ、奥深さを伝えるべく活動中。

ブログ:「色で変える!キラめく毎日のススメ」http://ameblo.jp/iroya-168/

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方