販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

活けメン!

Flower shop くにもと 國本泰治

~デパ地下の花園から季節の花と笑顔を届ける体育会系活けメン~

デパ地下に彩りを添える店づくり

駅前のデパ地下、コンパクトな店内に溢れんばかりに並ぶ色とりどりの花が印象的なFlower shopくにもとさん。その店内には活けメン國本さんの様々な工夫が凝らされています。
國本さんがその日にいちばんいいと感じたメインの花と、それをひきたてる季節の花々。
色や花形を見極め、どう並べたら行きかうお客様から美しく見えるのか、季節感を届けることができるのかを考えた陳列。美しく配列された花々は何気なく歩いているお客様の足を止めるだけでなく、急ぎのお客様にも素早く対応できるよう選びやすさにも配慮してあります。

スポーツインストラクターから花屋の3代目に

学校卒業後はスポーツインストラクターとして仕事をされていた國本さんですが、「両親が一生懸命守ってきた店を継ぎたい」との思いから転職されました。

それまでは花にあまり興味がなかったそうですが花屋の仕事をするようになって初めてその魅力に気づき、花の美しさをもっと多くの人に伝えたいと思うようになったそうです。
インストラクターと花屋の仕事。全く異なる世界のようですが、結局は自分自身を気に入ってもらうことの大切さや、お客様に喜んでもらえた時の感動などは共通だとか。
生き物相手の花屋の仕事は苦労が多い分やりがいや感動も大きいと語る國本さん。デパートならではの目の肥えたお客様や年配の女性からも支持されるのはインストラクター時代に培われたさわやかな接客力が理由なのかもしれません。

店づくりへのこだわり

デパートの地下での営業は今年で2年目。
路面店とは違う雰囲気や環境に最初はとまどいもあったそうです。
デパートだからどんな花でも揃っていると思われたり、予約なしの飛び込みや急ぎのお客様が多かったり。いろいろなお客様に対応する中で、次第にお客様に合わせた仕入れだけでなく、國本さん自身がいちばんいいと思ったものを自信を持って薦めるように変わったそうです。
常に空調が整っている店内での花の管理は大変ですが、生産者の方が大切に育てた花をベストの状態でお客様に届けられるように常に心がけておられます。

活けメン 國本さんとは

さわやかな笑顔に穏やかな口調が印象的な國本さんですが、お花を活けるときは別人のようにキリッした表情に。
その瞬間に全力を傾け るアスリートのような眼差しに体育会系の熱いものを感じました。
そんな國本さんの好きな色は淡いピンク。好きな花はダリアやバラ。
一見穏やかで柔らかい印象に見える國本さんですが熱く情熱的な面も併せ持っておられるのでしょう。

これから活けメンになるかもしれない男性の皆さんへ

「もっと普通に、自然に花を飾ることを楽しんでほしいです。花束を持って堂々と歩いてほしいし、そういう風潮になるようにしていきたいです。せっかくのオープンスペースの店なので話をするだけでも寄ってみてください。」
同じデパート内で2月に開催される花の祭典会場でも國本さんに会うことができます。美しく見える色の組み合わせ方にも精通しておられる國本さんに、さわやかにかっこよく花を飾る方法を教えてもらうのもいいかもしれませんね。

 

フラワーショップ

Flower shop くにもと
〒732-0822
広島県広島市南区松原町9−1 
福屋広島駅前店 B1F
TEL:082-568-3078
地図

「活けメン」ガイド

江岸可織
岩国市出身。カラーリスト&インテリアコーディネーター。
OL時代「自分に似合う色が知りたい」と思ったことから色に興味を持ち一念発起。
会社を退職し数々のアルバイトをしながらカラーとインテリアの資格を取得。
リフォーム会社、建材会社に勤務した後、フリーランスに。 色がもたらす様々な効果や色のおもしろさ、奥深さを伝えるべく活動中。

ブログ:「色で変える!キラめく毎日のススメ」http://ameblo.jp/iroya-168/

 

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方