販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

活けメン!

花の店りんりん 林泰寛

~造園から室内装花までマルチにこなすハイレベルな脱力系活けメン~

銀座から広島に

まるでカフェかケーキ屋さんのような、おしゃれなお店で造園業と花屋を営むりんりんさん。
このお店の2代目が今回の活けメン林さんです。
家業を手伝ううちに自然と花屋になるべくフローリスト養成の学校へ入学、卒業後しばらくは銀座のお店に勤務。大企業のイベントやモーターショーなど刺激的でハイレベルな現場を数多く体験されてきました。
広島ではなかなか大規模な装花の需要は無いものの、第一線で培った技術やノウハウは様々なところで活かされています。

どんな環境でも最高の花を

東京にいた頃、花持ちの悪い環境でも花を枯らすことが許されなかった経験から、今ではどんな場所でも1週間必ず花を保たせる自信があるという林さん。
環境に合わせたメンテナンスや花選びなど、そのノウハウは多くの企業や店舗からの依頼や常連客の信頼につながっています。
「当たり前のことをしているだけ」とひょうひょうと語る林さんからは数々の厳しい現場を乗り越えてきた自負がうかがえます。

お客様の顔を立たせるサービス

「花を贈ることはその人の顔を立たせること」プレゼントの花は、もらう側の立場に立った花選びをしてもらえるよう心掛けています。ふだん花を贈り慣れていないお客様に多い、思いが強いがために起こりがちな自分中心の花選びを優しく修正するのも大事な仕事の一つです。花を渡す場所、時間、相手の年齢など、時には健康状態まで、事細かな情報を聞き出して最高に喜んでもらえる花を提案されています。
また、花屋に慣れていない男性客の場合は、いかにスムーズに手早く仕上げてあげるかも大事とのこと。
接客は苦手と語る林さんですが、一人一人のお客様に対しての心配りなど細やかな配慮はしっかりとお客様に伝わっています。

活けメン 林さんとは

淡々ひょうひょうとした話しぶりからは、いい意味で力の抜けた自然な印象を受けました。
熱い思いや夢を語るのではなく、細く長く愛される花屋でいたいという林さん。フラワー装飾1級、園芸装飾1級、造園技能士1級、(農)職業訓練指導員のすべての資格保持者は広島でただ一人だそうです。エクステリアの植物からアレンジメントまで、幅広い知識と経験をもとに暮らしに花と取り入れるトータルサービスを提供されています。
全ての花が素敵でそれぞれ全部が好きという林さん。好きな色も特に無いそうですが花の雰囲気を引き立てるのは淡いピンクと白がいちばんと感じるとか。花屋にとって大事なことは自分のこだわりに偏ることなく、いろいろなものを受け入れて表現する幅を持つことという林さんならではの感じがします。

これから活けメンになるかもしれない男性のみなさんへ

「女性はきれいでかわいいものを喜びます。とりあえず女性にちっちゃくて丸いお花をプレゼントしてみてください。」
林さんのお店では土木などのガテン系の男性が女性へのプレゼントを買いに来られることが多いそうです。林さんの正確なアドバイスで成功をおさめた方々がリピート客になられているのでしょうね。
確実に喜ばれる花の贈り方、これからも多くの男性方に伝授して頂きたいものです。

 

フラワーショップ

花の店りんりん
〒731-3161
広島県広島市安佐南区沼田町大字伴7820−1
電話:082-848-3191
地図

「活けメン」ガイド

江岸可織
岩国市出身。カラーリスト&インテリアコーディネーター。
OL時代「自分に似合う色が知りたい」と思ったことから色に興味を持ち一念発起。
会社を退職し数々のアルバイトをしながらカラーとインテリアの資格を取得。
リフォーム会社、建材会社に勤務した後、フリーランスに。 色がもたらす様々な効果や色のおもしろさ、奥深さを伝えるべく活動中。

ブログ:「色で変える!キラめく毎日のススメ」http://ameblo.jp/iroya-168/

 

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方