販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

トマトの疫病・害虫

灰色かび病

灰色かび病 の特徴

灰色かび病はじめ咲き終わった花びらやがくに感染が見られ、やがて果頂部やへたが侵され、果実が腐敗する。湿度が高いと被害部に灰白色のカビが密生する。果実に径1〜2ミリの黄白色円形の斑点(ゴーストスポット)ができることもある。施設栽培で発生が多く、被害部のカビが飛散して伝染する。12〜5月にかけて20℃くらいの多湿な環境で発生しやすい。

灰色かび病 の治療・予防方法

多湿にならないように通気や換気に努め、敷きワラやマルチを行う。病気にかかった果実や茎葉はていねいに取り除く。

 

花と緑の育て方 >> トマトの疫病・害虫 >> 灰色かび病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方