販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

トマトの疫病・害虫

かいよう病

かいよう病 の特徴

かいよう病下葉が垂れ下がり、葉の周縁からしおれて巻き上がる。葉柄や茎のズイの部分が黄変し崩壊して中空、粉状となる。被害が進むと茎に亀裂ができる。また植物体表面に白〜褐色のやや隆起したコルク質の小さな斑点や、果実表面には2〜3ミリの鳥目状の斑点をつくることもある。種子伝染する。発病ほ場では病原菌が土壌中に残り、伝染源となる。冷夏で雨が多いと発生は多くなる。

かいよう病 の治療・予防方法

種子と床土の消毒を行い、連作を避ける。施設内の湿度を下げる工夫や雨よけ栽培をする。摘芽は晴天時に行う。

 

花と緑の育て方 >> トマトの疫病・害虫 >> かいよう病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方