販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

トマトの疫病・害虫

萎ちょう病

萎ちょう病 の特徴

萎ちょう病日中、株の片側の下葉から黄化してしおれ、病気が進むと全葉が黄変、しおれて枯れる。根はアメ色に、維管束は褐色に変色する。連作により病原菌は土壌中に残り、土壌の温度が高く、根に傷があると発生しやすい。J1、J2、J3の3種の萎ちょう病菌がある。J1、J2は高温条件下で発生するが、J3は低温条件下で発生する。

萎ちょう病 の治療・予防方法

抵抗性品種や抵抗性台木による接木栽培を行い、連作を避ける。土壌酸度を矯正し、敷わらなどで地温の上昇を押さえると発病は減る。

 

花と緑の育て方 >> トマトの疫病・害虫 >> 萎ちょう病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方