販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

なすの疫病・害虫

すすかび病

すすかび病 の特徴

すすかび病はじめ下葉の裏側に黄白色のカビが密生し、やがて灰褐色、ビロード状の丸い病斑(0.5〜1センチ)となる。葉の表面にはうすい黄褐色〜褐色、周縁がぼやけた円形病斑が現れる。多発すると多数の病斑ができ、融合し、葉が黄色くなり、落葉することがある。
高温多湿になる施設栽培で発生が多く、露地栽培では少ない。

すすかび病 の治療・予防方法

ハウスの換気や水管理に注意し、湿度を下げるように努める。
多発すると防除が難しくなる。

 

花と緑の育て方 >> なすの疫病・害虫 >> すすかび病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方