販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

なすの疫病・害虫

灰色かび病

灰色かび病 の特徴

灰色かび病ハウスで発生が多く、咲き終わった花びらや幼果に感染しやすい。20℃程度の多湿な環境条件や過繁茂で発病が多くなる。果実の先端やがくに褐色のくぼんだ病斑ができる。病斑はしだいに大きくなり、灰色のカビが密生する。

灰色かび病 の治療・予防方法

咲き終わった花びらはていねいに抜き取り、病気にかかった果実や葉はハウスの外へ持ち出し処分する。畝面マルチやハウスの換気を行い湿度を下げる。

 

花と緑の育て方 >> なすの疫病・害虫 >> 灰色かび病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方