販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

なすの疫病・害虫

菌核病

菌核病 の特徴

菌核病茎の分かれた部分や地際部に水浸状の病斑ができ、病斑より上の茎葉がしおれる。果実では茶褐色、水浸状に腐敗する。果実、茎の病変部には白色綿状のカビが生え、のちにネズミの糞状の黒い塊(菌核)ができる。菌核が土壌中に残って伝染源となる。20℃程度のやや低温の多湿な条件で発生し、連作により多発する。

菌核病 の治療・予防方法

夏期湛水や田畑輪換により土壌中の菌核を死滅させる。マルチや敷きワラによりハウス内の湿度を下げる。病気にかかった果実や枝は見つけしだい処分する。

 

花と緑の育て方 >> なすの疫病・害虫 >> 菌核病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方