販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

なすの疫病・害虫

半身萎ちょう病

半身萎ちょう病 の特徴

半身萎ちょう病下葉の葉脈間に周縁が不鮮明なうすい黄色でクサビ形の病斑が現れ、しだいに上位葉に進み、株の片側もしくは全体がしおれる。茎を切ると維管束が変色している。ナス科の作物を連作すると発生が増加する。発病株の葉、茎などの病原菌が土壌中に蓄積して被害が増加する。地温が25℃程度で根から作物体内に侵入し、道管内で増殖してナスを枯死させる。

半身萎ちょう病 の治療・予防方法

抵抗性の台木に接木する。7〜8月にほ場を湛水し、太陽熱による土壌消毒を行う。発生が多いほ場では苗床や畑の土を土壌消毒する。

 

花と緑の育て方 >> なすの疫病・害虫 >> 半身萎ちょう病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方