販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

なすの疫病・害虫

苗立枯病

苗立枯病 の特徴

苗立枯病発生は発芽直後から、本葉2〜3枚の頃に多く認められる。苗の地際部の茎が暗褐色になり細くくびれ、しおれて枯死する場合(リゾクトニア菌)と、茎が水浸状となり柔らかくなり、腰折状に枯死する場合(ピシウム菌)がある。重粘土質や酸性土壌で発生が多く、温度、湿度が高いと急速に蔓延する。

苗立枯病 の治療・予防方法

育苗土は新しい土を用い、堆肥など有機質はよく腐熟したものを用いる。

 

花と緑の育て方 >> なすの疫病・害虫 >> 苗立枯病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方