販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

なすの疫病・害虫

ミカンキイロアザミウマ

ミカンキイロアザミウマ の特徴

ミカンキイロアザミウマ葉では吸汁された部分がカスリ状の白色斑点となり、しだいに光沢を帯びて銀色に光る。水ナス果実では果頂部に円形状の脱色斑点が生じ、症状がひどい場合は果頂部全体が着色不良になる。体長は成幼虫とも0.5〜2ミリで小さい。成虫の体色は黄褐色、幼虫は淡黄色である。寒さに強く、露地作物や、雑草で越冬し、5〜7月に最も発生が多くなる。ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、キク、バラ、トルコギキョウ、ミカンなど多くの作物や雑草に発生する。

ミカンキイロアザミウマ の治療・予防方法

寒冷紗等で成虫の飛来を防ぐ。ビニールマルチし、土中での蛹化を防ぐ。畑の中や周辺の除草を行う。定植時に粒剤を処理する。

 

花と緑の育て方 >> なすの疫病・害虫 >> ミカンキイロアザミウマ

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方