販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

キュウリの疫病・害虫

灰色かび病

灰色かび病 の特徴

灰色かび病施設栽培特有の病害で、花、葉、果実に発生するが、果実への被害が問題となる。幼果期に着花部から感染し、果実が淡褐色となり腐敗する。多湿条件下で腐敗部に灰色のカビが生じ、胞子を飛散して伝染する。病原菌は被害植物とともに土壌中に残り、伝染源となる。やや低温で多湿条件になると多発する。

灰色かび病 の治療・予防方法

開花後、しぼんだ花は伝染源となるので、できるだけ除去する。

 

花と緑の育て方 >> キュウリの疫病・害虫 >> 灰色かび病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方