販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

苺(イチゴ)の疫病・害虫

炭そ病

炭そ病 の特徴

炭そ病ランナー、葉柄に黒褐色のくぼんだ病斑ができ、株がしおれて枯死することもある。
枯れた株のクラウンを切ると、托葉部分から内部に向かって腐敗し、褐色〜暗褐色に変色している。
育苗ほで多発すると多数の苗が枯死する。
品種間で発病の差があり、女峰、鬼怒甘、麗紅、とよのかに発生が多い。
時期的には5月下旬から発生し、梅雨期に被害が拡大し9月下旬まで続く。

炭そ病 の治療・予防方法

発病株からの苗の採取を避け、育苗時に雨よけや寒冷紗被覆をすると被害が少ない。

 

花と緑の育て方 >> 苺(イチゴ)の疫病・害虫 >> 炭そ病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方