販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

苺(イチゴ)の疫病・害虫

灰色かび病

灰色かび病 の特徴

灰色かび病主に果実に発生するが、葉、葉柄、花びらにも発生することがある。
果実では収穫近くのものが発病しやすい。淡褐色の斑点が生じ、これが拡大して果実が腐敗し、表面に灰色のカビが生える。
施設・露地栽培とも発生が見られる。やや低温の多湿な環境条件下で発生し、施設栽培で被害が多い。

灰色かび病 の治療・予防方法

密植栽培を避ける。下葉かきを十分行い、マルチ栽培とする。過熟果実を放置しない。

 

花と緑の育て方 >> 苺(イチゴ)の疫病・害虫 >> 灰色かび病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方