販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

苺(イチゴ)の疫病・害虫

萎黄病

萎黄病 の特徴

萎黄病新葉の3小葉のうち1〜2葉が小さな船型となり黄化する。株は光沢、生気を失い、しおれる。育苗ほで発生すると、苗が次々と枯れていく。
クラウン部分を切断すると、維管束の部分が褐変している。
病原菌は土壌に残りイチゴの連作により多発する。風などで土が運ばれても伝染する。

萎黄病 の治療・予防方法

苗によって病気が持ち込まれ、大きな被害となることが多い。無病の親株から苗を採苗するなど無病苗の確保が重要である。
発病ほ場では土壌消毒を行う。

 

花と緑の育て方 >> 苺(イチゴ)の疫病・害虫 >> 萎黄病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方