販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

苺(イチゴ)の疫病・害虫

ウイルス病

ウイルス病 の特徴

ウイルス病1種類のウイルス感染では草勢低下は少ないが、2種類以上のウイルス感染があると草勢低下が激しく葉が小さくなり小株になる。また、クズ果が増加し減収になる。
ウイルス病は感染親株からの苗を採ることによって広がる。また、アブラムシ類によって伝染し年々感染株が増加する。

ウイルス病 の治療・予防方法

アブラムシ類の防除を徹底する。
無病株を用いる。アブラムシ類の飛来を防止した網室内で、ウイルスフリー株を親株として生産用の株を採苗し栽培する。

 

花と緑の育て方 >> 苺(イチゴ)の疫病・害虫 >> ウイルス病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方