販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

苺(イチゴ)の疫病・害虫

輪斑病

輪斑病 の特徴

輪斑病葉、葉柄、ランナーに発生する。はじめ下葉に紫褐色の小斑点ができ、広がると不整形の病斑となる。
病気が進むと周辺が紫褐色、内部が灰褐色の明瞭な輪紋状となり、葉の縁に達するクサビ型の病斑となる。
葉柄やランナーでは赤褐色のややくぼんだ病斑ができ、周辺部が赤くなる。

輪斑病 の治療・予防方法

被害葉やランナーから伝染する。苗は発病していない親株から採るようにする。
また、ほ場周辺に発病葉などを放置しない。

 

花と緑の育て方 >> 苺(イチゴ)の疫病・害虫 >> 輪斑病

 

病害虫に関する情報は大阪府園芸植物病害虫図鑑を参考資料とさせていただきました。

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方