販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

お花屋さんでいい夫婦の日キャンペーンに応募しよう♫

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。

IMG_4428季節外れの台風がふたつも襲来した10月も過ぎ、いよいよ11月。
朝晩と日中との寒暖差も10℃以上というような日もありますが、なんと!もうインフルエンザにかかった人もいるんだとか。。。
みなさま、体調には注意して下さいね。
彼方此方で秋のイベントも真っ盛りです。秋はお花のイベントも多いですね。
花展なども開催されています。
是非、お花で季節感も感じてくださいね。

cocoar使い方さて、11月22日。。。何の日?って尋ねられて答えられない人は少なくなってきたようです。
そう!「いい夫婦の日」ですね。
「いい夫婦の日」ってお花を贈るとってもいいタイミングだと思いませんか?
私はそう思うんです!
皆様も大切なパートナーに日頃いえない感謝の気持ちをお花に託してプレゼントされてはいかがですか?
そして、いい夫婦の日に合わせて、とっても素敵なキャンペーンも実施されるんです!
大切なパートナーと一層素敵な思い出を作れそうな時間のプレゼントがGET出来るかもしれないキャンペーンです。

このキャンペーンに応募するには、無料のスマホアプリ「cocoar」(ココアル)が必要です。
cocoarダウンロードApple storeやGoogle Playから入手して下さいね。
cocoar2 もありますが、「2」じゃない方です。
cocoarをダウンロードしたら、起動させて、植物についているいい夫婦の日のタグやポスターなどに写真をうつすようにして読み取ります。
すると、いい夫婦の日プレゼントキャンペーン特設サイトにジャンプしますので、そこに必要事項を入力して、応募完了です!!
是非、お花にまつわる素敵なエピソードを教えて下さい。
何が当たるの・・・?
それが、結構豪華な賞品ですよ!
大切なパートナーとさらに素敵な思い出が作れるに違いないひとときのプレゼント。

プレゼント

ね♫ 結構豪華で素敵でしょ?当たったらうれしくないですか?

みなさま♪ いい夫婦の日はお花を側に置いて、大切な人との時間をワンランクアップさせて下さいね。
そして、せっかくですから、このキャンペーンにもご参加頂き、さらに極上のひとときを手に入れるチャレンジもしてみてくださいね。

2017年11月1日

広島ブログ

お花のキャンペーン いろいろ♪

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ、記事担当の和田です。
食欲の秋・・・文化芸術の秋・・・スポーツの秋・・・読書の秋・・・いろんな秋がありますが、みなさまはどれですか?
私はお花の業界にいますので、「そりゃ!文化芸術の秋よ♪」なのですが・・・やっぱりおいしいものは外せない。
きっとそんな仲間は多いはず!ですよね。

そんな仲間にぴったりのコラボキャンペーンが!!
ハロウィン_レシピブログコラボフライヤーWeekend  Flower × レシピブログ

ハロウィンをお花でもっと楽しく!

レシピブログ登録ブロガーさん対象にこんな企画が開催中です。
投稿期間は11月6日までで期間中お料理をお花と一緒にコーディネイト♪
それをブログやインスタグラムで3回以上投稿された人の中から抽選で、クリスマスにぴったりのアレンジメントが当たる!!という素敵な企画です。

当たるかもしれないクリスマスアレンジメントは、なんと5000円相当!!・・・ってことは、かなり豪華なものになるのでは。。。と筆者は思うのです。
是非、たくさんの人に参加していただきたいです。
QRコードをスキャンしてキャンペーン企画ページをご覧いただけますが、皆さんが投稿されたテーブルコーディネートを見るだけでもとても楽しくて、参考になって、私もやってみたい!って思っちゃいます。
業界関係者だってこと内緒にして、いい感じに出来たら応募してみよっかな・・・♪

ハロウィン_レシピブログコラボフライヤー-2他にも・・・花やグリーンの大好きな人たちが写真投稿することによって繋がるSNSアプリで、「秋のリビングフラワーフォトコンテスト」が開催中です。
来れも現在開催中で、11月5日まで。
もちろん此方も素敵な景品がご用意されていますよ。

秋はイベントが盛りだくさん。それに合わせていろんなキャンペーンも盛りだくさん。
11月にはいい夫婦の日・・・お花で気持ちを伝え合うにぴったりの日も。。。
いい夫婦の日のキャンペーンもありますので、また、ご案内しますね。

お料理も旬の食材を使うと栄養面も抜群ですよね。
お花も同じ♪ 旬のお花を毎日の食卓にほんの少しでも取り入れれば、いつもの食卓がランクアップ♫会話も弾み、素敵なひとときが過ごせること間違いなしです。

IMG_4258大切な人との大事なひととき。。。ていねいな暮らしをお花でブラッシュアップしましょう。

⇚主役には秋の旬の花 ダリアを使ってみました。
ちいさなちいさな柿がたくさんついた豆柿(食用ではありません)も秋ならではの花材。
秋は、紅葉した枝や実がたわわについた枝も種類がいっぱいです。是非、この時期の花飾りを楽しんでください。

2017年10月12日

広島ブログ

呉花供養

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ お知らせ担当、和田です。

日本人らしいなぁ・・・って思う行事に、「〇〇供養」っていう行事があります。
いろんな業界や地域で催されていますよね。花き業界でもあるんです。
22310669_1429085843848813_2950139580419805479_n10月第一土曜日、7日に呉市中央公園の一角にある「華魂碑」前で呉花供養が開催されました。
ちなみに広島市では、春、5月第三土曜日に広島城近くに花の精群像というのがあって、そこで開催しています。

私たち花や緑で生業を立てている者は、普段は自分達の生活のため、花やみどりの命を扱っているということをどれだけ意識しているか・・・といわれると、常に考えているとはいえません。
せめて、年に一度くらいは花や緑の命に感謝の気持ちを表したいものです。

呉花供養では、仏式で式典は執り行われます。
呉市は戦時中、軍港のある海軍の都市で、文化レベルはとても高い都市です。
呉市内のいけばなの各流派からも参加されますが、毎年順番に式典に入る前に献花式が行われ、お供えのいけばなを活けて式典へと入って行きます。

018cf9507043856938e1c88db82f878903109a7ff5また、呉花供養を前に、呉みどり会に所属される造園業者のみなさまが、ご奉仕で華魂碑周辺の樹木の剪定などをされ、花供養当日は、華魂碑はきれいに装飾されます。

今年は終了いたしましたが、花供養への参加は花き業界関係者だけに参加が限られているわけではありません。
お花が好きな方、植物が好きな方・・・どなたでもご参加いただけますので、来年の呉花供養にはぜひご参加下さい。

なお、広島の花供養も同様でどなたでも参列できます。

2017年10月8日

広島ブログ

『世界一、花や緑が身近な日本に』Flower Summit in Hiroshima

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ お知らせ担当、和田です。

もしかしたら、花き業界にいらっしゃらない方も読んでいらっしゃるかもしれませんが、この度は、業界内行事の告知で、恐縮です。
お花屋さんの勉強会のお知らせです。
どんなお仕事をされている方も、時代の変化に一生懸命ついていこうとされていることと思いますが、お花屋さんだって同じです。

磯村塾ごあんない・・・ということで、Flower Summit in Hiroshima powerd  by 磯村塾 のご紹介です。
磯村塾・・・?って思われますよね。磯村さまは、東京都中央卸売市場大田市場に入場している株式会社大田花きという荷受会社の社長様で業界の歴史をよ~くご存じの方で、日本花き卸売市場協会の会長をされている方です。そんな方をはじめ、大都市中心に店舗展開をされている今をときめく成長著しい青山フラワーマーケットの井上社長、皆様のよくご存じでしょう日比谷花壇の宮嶋社長のお三方が広島に集合!「これからのお花の業界をどう盛り上げていくか」とか「どんなことにとりくんでいるか」とか・・・業界のトップリーダーのお話からヒントを掴んでいこう!という勉強会です。お花に関係している方なら、どなたでも参加出来ます。

滅多にないこの機会、一緒に参加しませんか?

2017年10月4日

広島ブログ

今年(2017年)の十五夜は・・・

こんにちは♪ 花と緑のコンシェルジュ お知らせ担当 和田です。
お彼岸も過ぎ、もう今は夜の時間のほうが長くなってきているんですね。まだ、いくらか日中は気温も高いですが、やはり何か空気が違います。
これから、文化・芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋・・・皆様はどれですか?
秋のお花のシーズンにも入ってきます。この時期ならではのお花をたのしんでくださいね。

十五夜

十五夜

さて、タイトルにもある今年の十五夜は・・・何日?だかご存じですか?
この記事の前の双葉園様からの記事をご覧になった方はわかると思いますが・・・、そう!今年の十五夜は遅いんですよね。10月4日(水)です。
「十五夜っていったら9月15日なんじゃないの?」って思われている方も多いと思いますが、十五夜は実は、旧暦の8月15日の満月を指すんだそうです。旧暦の8月15日は新暦では9月15日頃ですが、ご存じのとおり、今は新暦、太陽暦。月の周期を基準にした旧暦とは違いますね。太陽暦になっても4年に一度、閏年があって、一年が一日増えますね。旧暦(太陰暦)では、2~3年に一度、閏月をもうけて13ヶ月になる年もあるんだそうです。
だから、十五夜は毎年同じ日にちにはならず、9月中旬~10月中旬の間という約一ヶ月も幅があるんですね。
旧暦で秋は7月~9月のことで、十五夜の8月15日は中秋となり、『中秋の名月』ともいいます。

IMG_3437今年はこれからでもお月見の準備は間に合います。
秋の七草(萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗)の中にお月見に欠かせない植物があります。
「・・・ススキ・・・でしょ?ススキはないじゃない!」
イエイエ、ありますよ。「尾花」がススキのことです。
右の画像・・・、市場に出荷されたときのススキの荷姿です。ススキを切って新鮮なまま、市場~花屋さん~ご家庭にお届けしようと思うと、乾燥を防がないといけません。だから、こんな形で出荷されるんですよ。

ススキを飾る由来は、江戸時代頃からだとか。。。ススキが実った稲穂に似ていることから収穫を祝い飾るようになったのだそうです。また、ススキは神様の依り代ともされています。
ススキを触るときは、注意しないと活けないことがあります!気をつけないと葉っぱで手などを切ったりすることがあります。その鋭い切り口からか、魔除けになるとも信じられており、お月見で飾ったあと軒先につるしておく風習がある地域もあるそうです。

2012-09-28 17.16.06古くから、収穫への感謝や祈りが込められた日本の季節の行事となっているお月見ですが、日本古来からの風習も頭に置きながらも今のくらしに合わせて、今の季節を楽しみましょう。
お花屋さんに出かけてみて下さい。お月見セット・・・いうふうに秋の七草や秋の花(秋桜、リンドウなど)を組み合わせた花束も並んでいるお花屋さんもありますし、気軽に相談しながら素敵な秋のお花を組み合わせてもらって下さい。

あとはお天気が心配ですが・・・、今のところは雨予報にはなっていないようです。
お月見するときは、月見台をおいてお団子(秋のお団子は、おはぎですよ。これも秋の七草の一つ「萩」に因んだ呼び方です。)や里芋(十五夜は芋名月ともいうんですね。)などをお供えして、秋の七草を飾って月を見ながら静かに秋の夜長を楽しんではいかがでしょうか?

2017年9月30日

広島ブログ

お月見会、今年も。。。 ~双葉園~

暑さ寒さも彼岸まで。。。とはよく言ったものですね。
日中も過ごしやすくなって参りました。
皆様、いかがお過ごしでしょう? 岩国の花屋 双葉園です。

先日、9月20日(水)に岩国国際観光ホテルにて、第46回目のお月見会が開催されました。

miniDSCF2752 21558625_1314584391973706_799775473885064243_n
今年の玄関ロビーのカメには、白波を真に使用。
ナナカマド、灌木(カンボク)のオレンジ、赤の実物でメリハリをつけ、足下の空間にはナツハゼを使用。
ツバキの緑の葉にて底面を〆ております。
高さは4.5m弱くらいでしょうか。

玄関から入館されて正面。
miniDSCF2744
この器は、お造りや天ぷらなどを盛りつける特大のかごです。
これに秋の七草をいけた混ぜ活け。
miniDSCF2736 miniDSCF2737 miniDSCF2742 21752324_1314650858633726_3202079505114741932_n
21558976_1314650908633721_4011145434501823564_n 21740240_1314650821967063_4055584517804249058_n
すすき・オミナエシ・われもこう・ケイトウ・スプレー菊・マイクロマム・リンドウ・ナツハゼ・タマシダ

エレベーター横にはすっきりと生花、三種生け。
21618028_1314651241967021_5821636841461138235_n 21616138_1314651291967016_6163860918267803104_n
ノカイドウ・エニシダ・リンドウ

宴会場のステージには、いつものように4.5mに立ち上げたススキ。
今年の活け込みは9分20秒で120本のススキを使用した作品になりました。
いかがでしょう?バッチリですかな?
21617626_1314648908633921_3224212804715759970_n miniDSCF2764
待合のお茶席にはこの度初めてラックを使用しました。
miniDSCF2760 miniDSCF2762
ススキ・ツルウメモドキを使用。

miniDSCF2770 miniDSCF2773

そして、メイン会場の卓上には、キャンドルに合わせた秋の装花です。
21617538_1314649655300513_4581868467346182658_n 21752003_1314649691967176_4755082516494435649_n

今年2017年の十五夜(旧暦の8月15日)は、いつもよりも遅く10月に入ってからです。
10月4日が今年の中秋の名月(十五夜)。
お月見にススキを飾るのは、月の紙様の依り代になるといわれて供えられていたとも。。。
またススキには魔除けの力があるとも信じられていたそうです。
10月4日、お天気に恵まれてきれいなお月様が見られるといいですね。

2017年9月25日

広島ブログ

広島県花き品評会 in LECT ・・・無事、終了!

これまでも告知をしてきた広島県花き品評会 in LECT 。
平成29年9月15日に審査を終え、16~17日にはこの春広島に新しい形態でオープンした大型商業施設LECTで展示。。。というスケジュールを無事終了することができました。
たくさんの人にご披露出来る形であることや、品評会開催時期が生産者の出荷の多い時期にうまく設定できたことから出品点数が伸びるのでは・・・という期待を持って受付に臨みました。・・・が、ここ近年の猛暑・・・というよりも酷暑に天候不順の影響か、前年を下回る70点の出品に止まりました。特に草花類の出品が極端に少なく寂しく感じました。

IMG_3487

品評会当日の市場は、秋のお彼岸に向けて繁忙期に入る時期なので、受付は午後から。地元の生産者、広島県花き園芸農業協同組合・広島県東部花き生産者組合の役員の皆様が広島市中央卸売市場花き部に集結、準備にかかりました。出品点数も少なかったため(泣)準備もスムーズに終了し、審査に入りました。

IMG_3507 IMG_3508

入賞点数は19点、そのうちの最高賞は広島県知事賞です。1次審査から2次審査・・・とすすめ、最終的に

広島県知事賞    スプレーバラ アンティークブーケ 田中 明  (江田島市)
広島県議会議長賞  りんどう   しなの3号       山本 清美 (府中市)
中国四国農政局長賞 石化柳              中原 義夫 (浅口市)

・・・他16点の入賞が決定いたしました。
最後の審査委員長に講評を頂いて無事終了いたしました。
IMG_3510
出品された皆様のこの夏のご苦労は、たいへんなものだったと想像します。育っていく植物にも厳しい夏は、それを作る生産者の皆様にもそのまま当てはまります。植物の生命力と生産者のご苦労あってこそのきれいな花々。。。それに私たちは癒やされ、元気をもらっているんですね。

さて、そんな花々を見ていただくために、品評会終了後、市場のすぐ近くにこの春オープンした大型商業施設
LECTのイベント会場の装飾準備に入りました。
IMG_3504  IMG_3500
装飾用にご寄付いただいた花を挿していきます。
役員総動員で手際よく進めて、準備OKです。
商業施設なのでお客様が多い時間の搬入は避けて、午後8時からの搬入です。
IMG_3512-1 IMG_3513
閉店前の会場で入賞作品を中心に展示していきます。
同じイベント会場で音楽のステージもあるということで、せっかく同じ日程での開催なので、ステージの装飾も。
いつもよりも華やかなステージです。
IMG_3516  IMG_3517-1
翌朝、お客様をお迎えする前に花筒のお水もチェックして準備完了です。

IMG_3523 IMG_3522 IMG_3524
入賞作品の上位3賞です。

IMG_3542 IMG_3528

IMG_3526 IMG_3588

二日間の展示期間の締めくくりは、会場を飾った花々のオークション。
もちろん!入賞した花もご来場頂いた皆様にオークションで値段を付けて頂いて買っていただきました。

その時の様子を感じていただきたいのですが。。。、準備~販売まで手が取れず、画像がありません。(汗)
ちょうど台風襲来の日、最接近に近い時間だったので、お客様が集まってくれるだろうか・・・?と心配もしましたが、そこは大規模商業施設の強いところ。建物の中にその時にいた人は、帰りにくい・・・ということで、賑やかにオークションを行うことが出来ました。
きっと初めて参加された方もいらっしゃったのではないかと思いますが、楽しく買っていただけた様子だったので、私たちも喜んでいます。

こんなにたくさんのお客様に見ていただけるのですから、来年は、もっと出品点数を増やしていかないと!!

2017年9月20日

広島ブログ

広島県花き品評会

9月に入り、先日日本列島の側をかすめていった台風が、秋を運んできたのでしょうか?
最近、朝晩少し涼しく感じられるこの頃ですね。

さて、広島県では、毎年9月に県内花き生産者の技術研鑽や広島県産花きのPRを目的に広島県花き品評会を開催していますが、今年もその季節になりました。
今年は、この春、堂々完成した商業施設『LECT』イベントスペースで開催が決定しました。
昨年までは、広島県農業技術センターでの開催でしたので、一般公開・・・といっても限られた人しか見られなかったというのが本当のところです。
しかし、今年はきっとたくさんの方々に県内花き生産者が丹精込めた花を見ていただけるものと期待しています。

IMG_3349  IMG_3351

広島県花き品評会
開催日時 平成29年9月16日(土)~17日(日)
開催場所 LECT  広島市西区扇二丁目1-45
LECT イベントスペースにて

こんなイベントの後のお楽しみといえば・・・「オークション」ですね。
もちろん行いますよ♪

オークション 平成29年9月17日(日) 午後3時より
場所は、展示会場と同じイベントスペースです。

DSC_1963

DSC_1963

二日間、展示させていただいた後のお花ですが、すべて出品した生産者の自信作ばかり。
フラワーフェスティバルの時もオークションを開催しますが、人気イベントの一つになっていると思っています。
是非!オークションに参加して、自分で値段をつけて買うという「オークション」(=「セリ」)に参加して見られませんか?

2017年9月4日

広島ブログ

東京国立博物館の生け込み用の松~双葉園~

こんにちは。岩国の花屋 双葉園 です。

今年も残すところあと数日という時期に入って参りました。
皆様、お正月の準備は進んでいらっしゃいますでしょうか?
当店では、新年を迎えるにふさわしいお正月のお花を取りそろえて皆様をお待ちしています。
 
さて、これまで何度か国立博物館の生け込み用の松の手配の依頼を受けましたが、
今回二年ぶりに依頼を受けることになりました。
そこで、今年の松市で、お正月用の大作の生け込みにふさわしい2.0~3.5mの松を用意いたしました。
 dsc01814  dsc01830
dsc01817  dsc01841   dsc01837 dsc01834  dsc01818
沢山の松をのせ出発いたします。
dsc01861 dsc01863
これから松をいっぱい積んで、双葉園号で東京までお届けします。
DSCF1100  ⇚ちなみにこれは約二年前、昨年のお正月の国立博物館の正門の作品。
正門だけでなく、博物館の内外にお正月の生け込みがされます。
この度用意した素材が、どんな作品になるのか楽しみにしております。

2016年12月24日

広島ブログ

サンフレッチェオフィシャルフラワー誕生秘話 サッカー専門誌「サッカーキング」(Web版)に掲載されました。

2016年月 サントリーフラワーズ(株)が開発した世界で唯一の青いカーネーションがサンフレッチェ広島オフィシャルフラワーに認定されて初めての母の日をもうすぐ迎えます。
その機会に、 サッカー専門雑誌であるサッカーキングのWeb版に誕生に至るまでの経緯が掲載されました。

サッカーファンの皆様にも是非ご一読いただけると、サンフレッチェ広島の青少年への思いや地元貢献への思いも感じていただけると思います。

こちらからご覧下さい。⇒ サッカーキング

ムーンダスト

2016年5月6日

広島ブログ

花のキャンバス イレカエール

花のキャンバス イレカエール

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方