販売者さまのご紹介
生産者さまのご紹介
花と緑の生活
フラワーヘルスケア
花と緑の育て方
花と緑の楽しみ方
インフォメーション

花deスポーツ応援プロジェクト【実施報告】

10月に入り、中秋の名月も過ぎました。

8月20日から募集を始めた事業「花deスポーツ応援プロジェクト」。9月17日に募集終了しました。

翌日から集まった資金で行う事業の準備に入りました。
まずは、スタジアム装飾をする予定日は、すでに決まっており、告知もしていましたので、その日(10月3日)に向けての準備に入りました。

サンフレッチェ広島としてもスタジアムを装飾するのははじめて。私ども、花き業界の者もはじめて。それも集まった資金に合わせて、デザインも材料も考える・・・その前に飾り付ける場所も決める・・・と時間がない中、内容を固めていきました。

しかし、初めての事業を取組むときには、イメージの共有が難しかったですね。

 

では、早速メイキングの様子から、ご紹介しましょう。

 

装飾場所は、スタジアムメインゲートの向かう大階段とスタジアム内の選手の入場口からピッチに向かうところをまさに「花道」にすることと決まりました。
10月2日、金曜日、夕方6時に広島市中央卸売市場 花き部卸売場に装飾担当のフローリスト集合。
装飾イメージをもとに花材分けからスタートです。
この度は、サガン鳥栖をホームスタジアムに迎えての試合です。色は、それぞれのチームカラーをベースに。。。プラス、広島県の花と佐賀県産の花をそれぞれのチームイメージ装飾の中に主として使っていこうということで、進めていきました。

各チームのチームカラーイメージのスタンド(衝立型)装飾はサンフレッチェ広島は、「紫」。サガン鳥栖は、「水色」。
大階段下のウエルカムフラワーになる予定の装飾です。

スタジアム内の入場ロード「花道」は各県産の花を中心にアレンジしました。

翌日、スタジアムに10時搬入ということで、市場集合メンバーは9時に集合し、作成したアレンジメントと装飾のための資材、補充のための花材など3台のトラックに積み込み、エディオンスタジアムに出発!!しました。

装飾前のメインゲートに向かう大階段です。

この階段に飾り付けます。

まずは、大階段にアレンジメントを仮置き。
そのあと、スタジアム内の選手入場「花道」を制作するために、スタジアムの中に搬入させていただきました。
エディオンスタジアムは、サッカー専用スタジアムではありませんが、スタジアム関係者、サッカー関係者や陸上競技選手でもない限り、このような事業がないと、中まで入らせていただける機会はありません。観客席を見上げる風景に特別感を感じながら、「花道」制作に入りました。

 

実際の装飾現場に設置して、花を補充して完成させました。

会場準備のために近くにいらっしゃった試合運営スタッフの皆さんの口から、「わぁ!すごい」「こんなに立派な装飾だなんて思わなかった」「毎回、こんな装飾があったらいいのに・・・」「ツイッターでファンの皆さんに伝えよう!!」「表も見た?すごいきれいじゃったよぉ♪」・・・とテンションアゲアゲの言葉が!!それを耳にする私たちのテンションも、もちろんグイグイ上がりました。

スタジアム内を仕上げて、もう一度入り口の大階段へ。。。

向かって左側の大階段は、サンフレッチェをイメージした紫を基調にしたアレンジメント。ちょうど今年の十五夜がすぎたばかりのタイミングでもありましたので、お月見ができそうな和風な感じのアレンジメントです。秋の七草のひとつススキ、他にもリンドウ、コスモス、ホトトギスなど入り、吹いてくる風にさわさわ揺れるススキの穂やコスモスは今の季節にピッタリです。

こちらはサガン鳥栖をイメージしたアレンジ。サガン鳥栖のチームカラーは、青とピンクとのことなので、こちらのアレンジメントにピンクを入れ込んでいます。サンフレッチェイメージのアレンジメントと趣をかえて、かわいい感じの花。でも、(どこの試合もだと思いますが、)アウェイからのお客様は、まだ来られていないそうです。実際にこの花飾りがサガン鳥栖ファンの皆様に見てもらって、コロナでちょっとつらい思いをしたことを吹っ飛ばしてもらったら、なお、よかったのに。。。と感じています。

これで、完成!!お客様をお迎えする準備は完了です。

10月3日のキックオフは、夕方17時でした。今は、コロナ対策でお祭り広場での飲食の提供は控えられていますが、ステージイベントなどはされていますので、早めに来て会場周辺で楽しまれる方もたくさんいらっしゃいます。早めに来場された方が、正面階段の花飾りに足を止められ、たくさん写真を撮られていました。Jリーグのオフィシャルカメラマンさんも写真を撮られているようですねぇ。。。

あ!! サンフレッチェ広島の仙田社長です。ファンの皆様のお出迎えのため、ゲームの時はいつも正面入り口周辺でお出迎えをされています。今回は記念写真にも応じたり、写真を撮ってあげたり・・・大忙しです。
仙田社長にも「いやぁ・・・、すごいことしてくれたねぇ。。。花があるといいねぇ・・・。ん~ん、やっぱり紫はきれいじゃねぇ。」と、喜んでいただいた様子に私たちもやったかいがあったと、うれしくなりました。
でも、こうして実施できたのも、この度のプロジェクトに賛同していただいた皆様があってこそです。

皆様、本当にありがとうございました。

新型コロナに負けてなんかいられません。早くこの時期を乗り越えて、以前の賑わいを イイエ それ以上盛り上がって、サンフレッチェ広島にエールをおくり、サンフレッチェ広島もまたJ1制覇をしていただき、広島に元気を与えてもらいたいものです。そのイベントやお祝いなどに花も添えさせてもらい、盛り上げるお手伝いも是非させていただきたいものです。

キックオフのあと、役目を終えた花たち。。。が集まってきました。装飾を終えた花は、サンフレッチェ広島さんでご自由にご活用いただいて結構ですと相談していたのですが、打ち合わせの中では、このコロナ禍でお客様に配ったりすることで「密」になったらいけないなど、様々な配慮が必要なことから、「はやり、撤収してください。」ということになっていました。「では、せめて、少しでもオフィスなどに飾ったりしていただければ。。。」というやり取りをしていました。
しかし、搬入した花を見られたサンフレッチェ関係者の皆様の気持ちが、一変しました。おそらく「この花の一部だけを飾るだけなんてもったいない。。。」と思われたのでしょうか?「渡し方を工夫して、持って帰りたいお客様に少しずつもって帰ってもらいましょう。」ということになりました。
私たちも”撤収”=”廃棄”となってしまってもったいないので、ありがたかったです。ぜひ、おうちでお花を楽しんでください。そして、「花っていいなぁ」って感じてください。ただ。。。皆様にはいきわたらなかったのは、申し訳なかったです。

 

そんなこの度のホームゲーム・・・試合結果は・・・「3対0」でサンフレッチェ広島の勝利!!
花のパワーが伝わったのか?!・・・と思ってしまう結果となりました。
サガン鳥栖は、サンフレッチェ広島には負けちゃいましたが、コロナには負けないでください!!

お月見にピッタリの和風アレンジのお話をしましたが、今年の中秋の名月を愛でる日、十五夜(今年は(10/1)は、満月ではなく翌日(10/2)が満月だったそうです。十五夜の次の日の月は十六夜(いざよい)の月ですが・・・、今年の場合、10/2と10/3の月とどちらが十六夜の月なんだろう・・・と東の空に昇ってきたばかりの美しい月を見て考えながら家路に。。。

今回のススキをお持ち帰りになった方も、帰宅されて月の見える窓辺に飾られているかもしれませんね。持って帰ったお花が足りなくて寂しいようでしたら、お近くの花屋さんで買い足して下さいね~ ^^

最後に。。。この度の試合のハイライトがYouTube  にアップされています。
最初にほんの少しですが、選手入場のシーンにお花が映っていますので、気に留めていただけると幸いです。

広島はなのわ

Facebookページはこちら

カジュアルフラワー

活けメン!

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワー

カジュアルフラワーガイド

カジュアルフラワーガイド


花を贈ろう

花を贈ろう

いちごの育て方